スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生 12 ダブルセブン編

あらすじ

西暦二〇九六年四月。
司波達也と深雪は二年生に進級した。

今までの目覚ましい活躍と実績が考慮され、
今年度から新設された魔法工学科コースの生徒となった達也は、
深雪の意向で彼女と同じく生徒会副会長にも抜擢される。

今年こそ、深雪と共に平穏な学校生活を…と考えていた達也だったが、
『新入生』たちはそれを許さなかった。

七宝琢磨。

入試成績トップとして、今年度の新入生総代を務めた『エリート』で、
十師族の脇を固める師補十八家の一つ『七宝家』の長男。

七草香澄、七草泉美。

十師族のひとつ『七草家』の長女・七草真由美の双子の妹たち。

同じ数字を持つ『ナンバーズ』の三人が、
魔法科高校で波乱を巻き起こし―。新展開突入!

感想

魔法科高校の劣等生の12巻

ついに二学年度の部、突入!

という事で達也深雪たちは2年生に進級
3年だった真由美克人が卒業となっている状態

そして新入生が入ってきて・・・そして問題がという展開

副題である

ダブルセブン = 二つの7

というのは入学してきた『七草の双子』と呼ばれる真由美の妹の
香澄泉美のこと・・・ではなく

七草と七宝

『十師族』である七草家とそれと因縁ある『師補十八家』七宝家
この2つの家の事っぽいですね。

七宝家の長男である琢磨が新入生総代として入学
2位・3位が香澄泉美って事で・・・その対立から問題が・・・

って思ったらやっぱり悪いのは大人か!?

という・・・子供利用するのはどうなのよ・・・って感じで
その余波に達也たちが巻き込まれていく感じ

まぁ琢磨は一方的に・・・『十師族』が28の家から選ばれ
なれなかった残りが『師補十八家』になるという制度の中で
元々は第七研究所という施設で生まれた魔法師の血統なんだけど
『七草』が本来は『三枝』・・・第三研究所由来の魔法師でありながら
そこをでて第七研究所の開発していた魔法を取り込み『七草』になり
現状で『十師族』になっている・・・ってのが気に入らないだけで
双子側には特に因縁とかはない感じなんですけどね・・・
挑まれたら迎え撃つって感じなので・・・問題が・・・って感じ

そして何より問題なのが・・・

お前ら身の程を知れ・・・なるべく至急に!

と心配になるくらい・・・この3人がアレです・・・

達也を知らない

ってのが問題なんですよね・・・

琢磨の認識は元二科生で今年からできた魔法工学科に転科した
真由美と親しいらしいので敵視する事にした深雪の兄で劣等生という認識

香澄達也をまったく知らず入学式の日に姉と仲良く話していた
姉に近づく悪い虫って認識で

泉美達也が1年の時の『九校戦』でどれだけの結果を残したのかを
知ってはいるけど彼女の目には『お姉さま』と尊敬する深雪に向いていて
それほど重視はしていない・・・ただ姉に近づく・・・って点で香澄
認識を同じにするけど彼女よりは敵視の度合いは低い・・・って感じの認識

ヤメロ、死ぬぞ・・・

この1年生たちはなんもわかっちゃいない・・・達也はそんな生易しい存在じゃない
案の定、最終的に琢磨は自信満々で香澄泉美と模擬戦して
結果は双方が命に関わる魔法を使ったからと達也が強制停止させたけど
その判定に納得いかず反発

それを彼が所属する事になった部活連の先輩であるにぶっ飛ばされ
さらに模擬戦をしてあっさりぶっ飛ばされた挙句に
目の前でまったく別次元の模擬戦を達也に見せ付けられ自信喪失する羽目に

そういえば達也の世代ってチート多いよね

正確にはその2つ上もそうだったから・・・そう考えると
2年おきに普通と凄いって感じになっているのかな?

新入生3人とも非凡ではあるんだろうけどそれぞれ特色ある
達也の同世代のキャラ達に比べると微妙に及ばない気がする・・・

ちなみに3人の中で達也至高主義な深雪が一番好意的なのは
達也に一番敵意を向けている香澄だったりして面白いかも

達也は劣等生だと蔑む琢磨はもう絶対零度って感じの態度で対応し
泉美のお姉さま攻勢には辟易・・・って感じだけど香澄の兄への敵意は
姉を取られたくないという思いからのもので達也を下に見るものではないし
姉の事を理由に敵対している限りは思いを寄せる事もないだろう・・・という
安心感からみたい・・・それと上の姉妹を思う気持ちも共感がもてるらしい・・・

こっちはこっちで複雑だ・・・

泉美が生徒会に、香澄が風紀委員に入ったのでこれからも何かしら起こしそうですけどね。

こんな感じの学園生活の中で達也の存在が原因で魔法工学科が設立されて
二学年から選択できるようになり達也の肩にもついにエンブレムが付いて
深雪は歓喜・・・達也を慕って入学してきた賢人とか・・・そっちも今後は色々ありそう
何気に達也を恨んで色々してきた千秋も転科してきて・・・彼女を助けたも転科

こっちはこっちで千秋、そして短編で交流した英美との変な三角関係が
生まれたりとちょっと面白いかも

それにしても・・・これってあれだよね・・・学年側が

九校戦ではエンジニアとして担当生徒がお互い以外に無敗

魔法学論文コンペティションでも発表チームに参加

あれ?この劣等性のはずの司波、半端なくね?

この功績で補欠扱いとか他から馬鹿にされかねない・・・

工学系いままで弱かったからそっち作っていれるか!


って感じの流れで新しい学科が生み出されてるよね・・・

どんだけだよ!?

いや、まぁ実際は学園関係者とか達也の実力のごく一部しか知らないわけで
それでこれなんだから・・・一年生達よ・・・これから色々とびびるよ・・・マジで・・・
特に戦闘面とか鬼か悪魔かってレベルだし・・・

彼女達がそれをいつか知る時は・・・来るんだろうか・・・

そういう意味でも香澄は3人の中では一番聡くて
先輩達は自分よりも凄い・・・って一番先に理解したぽかったですけど
達也への敵意とは別で

深雪の新しいガーディアンとして四葉家から送られてきた水波も1年として入学し
実力は隠しているみたいだけど戦闘能力はかなり高いみたい
特に防御能力に秀でてるみたいだしこの娘は・・・これからに期待かな?
あまり感情をださないタイプみたいだし・・・

そしてこんな学園の新しい状況の裏で動いているのは大人達の怪しい策略

こっちは普通の一般人と魔法師の確執
そして『十師族』同士の確執と・・・この世界そのものの問題に触れてますね。
さらにその裏で暗躍する影・・・って感じで・・・

お前らもっと仲良くしろよ・・・

七草家の当主である弘一『四葉』がこれ以上力を集中させるのを防ぐために
魔法師に対する反対キャンペーンを利用して卒業生が
軍学校に入る率が高い・・・という批判、
さらに学生でありながら軍に協力させられているって話をうまく利用して
政治家を動かし達也たちの動きを牽制しようとし

それとは別で女優である真紀が考える魔法師の『新秩序』を達成するために
琢磨に接近して彼をうまく煽って利用しようとし
その一方で弘一にも協力を頼んでいたりと・・・大人たち・・・アカンだろこれ・・・

もちろん弘一は魔法師に不利になるようなことをするわけではないんだけど
目先を第一高に向けさせて達也たちを牽制
反魔法活動を自由にやらせることでガス抜きをして
さらに学生達を対称にする事で世間の同情を集める事もできると
きちんと魔法師全体の事を考えつつってのが余計に性質が悪い感じ

まぁ達也がその活動の事と政治家が突然視察に来るのを
亜夜子文弥から聞いていて、視察に実験を・・・・
魔法の平和利用でエネルギー問題の解決というまたトンデモ実験をやり
見事にその政治家を封殺することに成功したわけで・・・見事だったけど・・・
何気に高校生がやっていい事じゃない気がする・・・

真紀のほうも琢磨に・・・高校生以下に手をださないなら
別に邪魔はしないから子供は利用すんなって警告をして
さらに今回の反魔法師活動の黒幕が邪魔だと彼女を殺しに来た刺客を
ついでに返り討ちにしたりと・・・干渉を封じた感じ
まぁ真紀は襲われそうになっていたことを知る由もなかったけど・・・

ただこの黒幕がかつて真夜弘一を襲い、真夜を誘拐し色々した結果
四葉家の怒りを買い滅ぼされた国の生き残りであり
七賢人の一人でもあるベイグであり
実質的に彼の目的は日本そのものではなく四葉家への復讐みたい

だからこそ黒幕の協力者で今までも裏で暗躍していた公瑾
弘一と接触を持とうとして・・・とまだまだ達也の気苦労は絶えなそうですね・・・

ただわかってるのか・・・相手にしようとしてるのは・・・

世界を滅ぼせる存在

だからね・・・ってかマテリアルバーストが危なすぎるよねあれ・・・
比喩でもなんでもなく加減しなきゃ地球を破壊できるみたいだし・・・
アルマゲドンとかの隕石を達也1人で迎撃できるみたいだしね・・・

やっぱチートだ!?

下手に手をださないほうがいいと思うんだが・・・特に妹への危害とかは
最大限注意を払うべきだな・・・うん・・・
自分へのだったらそれほど気にしないかもしれないし・・・
なにより怖いのはおそらく世界を滅ぼせるだろうと自覚してるところだしね・・・

こんなきな臭い状況下でも十文字家克人や娘である真由美
弘一の行為に反意をしめして抗議
家として正式な抗議を・・・と弘一克人にいい
真由美には何故そこまで?個人的に誰かを気にしてるのか?
って感じのことを聞いたりと・・・先輩勢は味方でいてくれる感じかな?

真由美がことさら第一高で軍事関連に・・・って弘一の誘導に反対したのは
やっぱり気になる相手が思いっきりそれに当てはまるから・・・なのかな?
当人も無意識っぽいけど・・・何気に彼女って達也を意識してるよね・・・

まぁそれでも達也が誰か・・・深雪(実妹)以外とそういう関係になるって
イメージがまったくでてこないんでアレだけど・・・
そっち方面だとまだほのかの健気さで結婚まで行っちゃうとかのほうが
ありそうな気がする・・・

新入生関連の恋愛沙汰とかも色々あるだろうし
何気にサブキャラ同士でのあれこれもあるし・・・そっち方面も楽しみ

弘一が本当に『四葉』に対してそこまでするか・・・ってのも気になるし
なにせ弘一真夜の婚約が解消される原因となった事件の国の生き残りで
自身もその事件で片目失ってる・・・婚約に政略以外の感情もあったとしたら
もしかしたら・・・ってのもあるしなぁ・・・ここらへんは難しいところ

近々『十師族』の選定会議もあるらしいから色々と動きそうな予感ですけどね。
エリカの母方の一族も登場したりしてきたし・・・

新しい環境・新しい登場人物・新しい動き

これからどうなっていくのか楽しみ。
とりあえず次は2回目の『九校戦』

色々とルールや種目が変わって達也たちが対策に・・・って感じらしいけど
これ前回、達也が色々と無双したせいだよね・・・自業自得過ぎる・・・

さらにその裏で暗躍する事件もあるらしく・・・今からどんな感じなのか楽しみ。

そしてさらに一言・・・

アニメ化、おめでとーー!!

めっちゃ楽しみだ・・・

最後に一文。

香澄のセリフ

に敗北し・・・そして鋼と達也の模擬戦を見て実力の違いを思い知らされ
凹んでいた琢磨を見つけ悔しさから拳を木に叩きつけて
怪我をしていた彼の手に治療をしながら言ったセリフ

あれ?もしかしてこの2人にフラグが立ってる・・・?

そして才能とは別のところか・・・確かに訓練の賜物だしね・・・
まぁ達也のチート魔法は思いっきり才能由来だけど
それ以外の頭脳だの体術は全然関係ない部分だしなぁ・・・

「でも、アンタがショックを受けたような『強さ』は・・・
 きっと才能とは別のところから生まれるんじゃないの?」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔法科高校の劣等生 (12) ダブルセブン編 (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (12)
ダブルセブン編
(電撃文庫)

(2013/10/10)
佐島勤

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

凄く遅い!

魔法科高校の劣等生を毎巻の感想を読ましてもらってますけど、今回は凄く遅い!
他の本を買って、仕事か何かやってらっしゃるなら仕方ないけど、読者が読んだ感想を読んでいることを意識してほしいです。
他に閲覧させてもらっているのは、『ソードアートオンライン』や『デート・ア・ライブ』など、突っ込みや面白いところへの記述があって、見ている側として面白いです。
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。