スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣刻の銀乙女(ユングフラウ) 5

あらすじ

エステルに続き騎士姫ルチルも王宮の動乱を鎮めるためにヒースの元を去った。

小隊をまとめる中核を失った一行は残り3つの剣刻を集めるため、
エリナが発案したヒースとエリナ自身を囮にした誘き出し作戦を実行するのだが、
剣刻の所有者は現れず、剣刻目当ての欲にかられた者たちに襲われるばかりの結果に。

そんな中、ヒースたちに助力する男女の傭兵が現れる。

どこか憎めない風情の兄貴分めいた雰囲気のベニートと、
ヒースたちとさほどの歳の変わらない少女ドゥルセの二人は、
ヒースたちの剣刻を狙ったならず者を瞬く間に倒してしまう。

二人の助力に感謝するヒースとエリナは言葉を交わすうちに二人に親しみを覚えるのだが、
そんな二人に剣刻の封印を解かんと画策する悪魔の道化師クラウンの仕掛けが襲いかかる。

ヒースたちは剣刻の封印を守りきることができるのか。
そして最後の剣刻の持ち主とは?

剣刻争奪ファンタジー、急転の第五弾!

感想

剣刻の銀乙女の5巻

表紙は3巻で表紙だったシルヴィアよりも先の2巻で登場したのに
先に表紙を奪われた作中でも色々と不遇だったエリナ

ってかこんな美少女を『そういえば女の子だっけ?』ってほざいた
主人公のヒースはどんだけ朴念仁なんだろうか・・・ってか

爆発しろ・・・

今回は前回のラスト・・・『魔王』の地位を継ぐために北の地へ戻ったエステル
国王が暗殺され王女として城に戻らなくてはならなくなったルチル

と二大ヒロインが小隊を離れる事になってしまい戦力が大幅に低下
そんな中で残り3個の行方知れずの『剣刻』を探すために残ったメンバー

ヒースエリナマナシルヴィアが動くって話であり
学園の先輩であるカタリーナもそれに協力してくれる感じ

でもあるいみ・・・

中核ってか最強戦力が抜けてる

というかなりピンチな状況なんだよね・・・ただエリナルチルから発破をかけられていて

エリナにとってはチャンス

って感じで恋愛面では色々と出遅れ感のある彼女は頑張ろうと決意する話でもある
この状況下でどうなるのかな・・・そう思っていたら・・・

これは・・・キツイ・・・

でも、すげーすっきりした!!

内容的には凄くシンプルで・・・『剣刻』所有者をおびき寄せるために
あまり容姿が有名になってないエリナが・・・何故か男って噂も多いので
普通のかわいらしい女の子の格好でヒースと小隊の新人に扮して街を歩き回り
自分達を狙ってくる相手を撃退・・・所有者もおびき寄せるって形で話は進み
マナシルヴィアは後方支援。カタリーナは学園の守りって感じ

その過程で襲われていたヒース達を助けてくれた傭兵の2人
ベニートドゥルセ
彼らは英雄として名が売れてきたヒースに取り入りたいと明け透けに言うような
さっぱりしたタイプでいい感じの印象

他にもマナが師事していた『占刻使い』であるファラムンド
エステルが道化師を目指す要因となった彼女の師匠とも言える道化師のパジャッソなど
色々と登場して・・・

名前付とか・・・怪しさしかない

って感じで・・・まぁ順当にベニートドゥルセ『剣刻』所有者であり
ヒース達を狙ってきていたんだけど・・・

こいつら・・・悪人になれんなぁ・・・

ベニートは元盗賊であり仲間達と襲った家の娘がドゥルセ
だけどベニートは彼女を殺せず仲間を殺して助けてしまい一緒に逃走
彼女はベニートを命の恩人と勘違いしているらしいけど
それ以上に今は彼と一緒にいたいって気持ちが強くて・・・
ベニートエリナとも仲良くなったドゥルセヒース達に引き取ってくれと
頼んでいたんだけどそれを察してドゥルセヒース達を襲って
『剣刻』がばれて・・・となって戦いになったわけで
なんていうか・・・こう戦いにくい感じ?

ベニートはあれですね・・・自分の考えに自信がない感じで流れに流されるし
ドゥルセベニートに依存してしまっていて・・・と・・・

ただこれについてはヒースエリナも2人を気に入っていて
ヒースベニートエリナドゥルセの相手をして・・・
特にエリナはかつて兄であるエリオットに依存していてその結果、
エリオットを失った・・・だからこそドゥルセを止めたいと思ったみたい。
『皇禍』としての力を使わずに正面から人として戦ったし・・・こういう部分はまじ真面目

まぁこの戦いについては無事ヒース達の勝利
2人を仲間に引き入れようとした・・・その瞬間に・・・

ベニート死亡・・・ドゥルセ、封印が解けかける

という悪夢が・・・犯人は最後の・・・『剣刻』所持者

ファラムンド

うわぁ・・・って感じでしたけど・・・予想通りでもあったかな?
彼の娘が足が悪くて寝こみがち・・・って感じの描写があったので
それで・・・って感じの予想が思いっきり的中してしまった感じ・・・

エリナドゥルセとの戦いの怪我と彼女の封印を彼女の『皇禍』としての
血を取り込むことで相手を操る力で無理やり封印を保たせるために戦線離脱

マナは恩師の凶行に動揺しつつも役目のためにと奮起して
ヒースと共に彼に挑むことに

あれ・・・マナさん?ちょっと・・・強すぎね?

マナの戦力については今回何回か描かれ、『占刻使い』として非凡すぎる力があり
ベニート達との戦いでも矢に『占刻』をつけて遠距離で発動させたり
洒落にならない精度で矢を当ててきたりと凄かったんだけど・・・
ファラムンドとの戦いではルチルが託していった『悲哀の騎士』
そしてファラムンドから卒業祝いにと貰った『白手の騎士』の2つの『占刻』
ルチルは12本全てを使うけど1本でも奥義とされる『円卓の騎士』の2つを操り戦い

ベニートの『剣刻』である盾
自身の『剣刻』である身体能力を強化する鎧
『円卓の騎士』を5本


とまるでルチルヒースベニートの劣化版だけど
それを全て1人でこなす相手との戦いでもそん色なく戦えていたという・・・

何気にルチルの副官なので彼女こそが小隊の現在のリーダーであり
シルヴィアはせっかくできた友人が危険な目に・・・とか心配していたんだけど
実はこれ・・・

マナ > シルヴィア

というとても残念な事実があって他のメンバーは気にしていなかった感じ・・・
シルヴィア・・・あいかわらずちょっと残念な娘・・・

こっちの戦いもお互い全力を振り絞りカタリーナも参戦して
彼女が捨て身で相手の盾を封じ、マナ『占刻』を封じ
ラストはヒースが受け持って勝利

ファラムンドは狂気に侵されていたわけでも野望を抱いていたのでもなく
ただ娘を助けるために・・・たとえ他を犠牲にしようともって覚悟を持って
正気のまま凶行に走っていたので・・・強かったけどラストは立ったまま・・・事切れる事に

娘・・・どうするんだよ馬鹿親父・・・

ただ・・・こういう悪い事の連続・・・さらにヒース達の心を抉るような事件が
連続して起こるわけもなく・・・ヒースマナカタリーナも倒れ
シルヴィアは情報を得たらしいテルヌーラを迎えに行き襲われ
エステルルチルはいないという・・・状況下で裏で事態を操っていた存在に語りかけ
相手もそれに応える・・・

クラウン

まぁ・・・うん・・・だよねーって感じ
ただこっちの相手はエリナが兄の体を使うクラウンに対して挑むと現れ・・・

あれ?エリナ・・・超強い・・・

『皇禍』パワー全開&『剣刻』を使いこなし
格闘術、特に足技を得意とするエリナに脚甲型の『剣刻』である『フィッシュ』
相性が良すぎる感じで・・・自在に空を翔ける彼女の圧倒的パワーにクラウン悶絶
そういえば・・・エリオットの心臓だからエステルパワーも入ってるわけだしね・・・

そういえば・・・南の魔王候補だったよね

って今更ながらに思わされる圧倒的強さ・・・
『剣刻』の武器と本人の技量の相性がいいとここまでなのか・・・って感じです。
まぁ本人の能力自体が作中屈指のチートなんですけどね・・・
なんかエステルとかルチルが派手で、ヒースの本気モードが凄いせいか
微妙に影薄いけどトップクラスなんだよね・・・

ただクラウンの強さ・・・というか厭らしさは単純な力ではなく
相手の心の隙を突くところでそれを付かれ・・・失われた『剣刻』
クラウン自身がいう13番目の『剣刻』で心臓を刺され・・・今度は彼女の体が
奪われそうに・・・なんかもう完全に追い詰められてましたね・・・

唯一戦えるヒースはすでに満身創痍・・・これはどうすんの・・・って思ったら
待っていたのは・・・

絶望しかない(ただしクラウンの)

ここからはもう・・・あれですね・・・

あれ?これイジメじゃね?

ってレベルのフルボッコでしたね・・・
クラウンは色々と裏で動いてヒース達をバラバラにしさらに痛めつけておいて
最後の美味しい部分だけを・・・って思っていたみたいだけど

全部手のひらの上

という・・・完全にブーメランが戻ってきてます・・・もはや哀れでした・・・

まず誤算1はエリナを殺した・・・と思ったらエリオットが死の間際に仕込んでおいた
仕掛けが発動してエリナの体でエリオットが復活

かつてヒースに友達になれたか?と聞いた感じで改心していたこともあり
ヒースにはお前がついていながらエリナが死ぬとかどういう事だコラ!と怒りつつも
協力してクラウンをボコりはじめ(エリオット当人の体なんだけどね)
ヒースファラムンドを倒したときに得た鎧と盾の『剣刻』の力も使ってブースト
エリオットは元々強いしと・・・クラウンエリオットの肉体を消滅させられ・・・
魂だけの状態で再び逃げようとしたら今度は・・・

ルチル&騎士団登場!

ヒースが事前に空めがけて合図を送っていてすでに人員を配置して囲っていたみたいで
魂だけで逃げようとしたクラウン『円卓の騎士』『占刻』で封じ動けなくし・・・

楔の雷

シルヴィアの固有の力でさらに押しとどめられ・・・これまでの行動が
自分達を囮にして追い詰められるという一連の流れが元々
ルチルたちがいた頃からの作戦の一部でありそれは全てクラウンをおびき出すため

彼はそれにまんまと嵌って姿を現しヒースエリオットにやられ逆に追い詰められ
そしてここに・・・完全に詰む事に・・・シルヴィアが戻ってこれるはずがないと
驚いたクラウンに返ってきたのはもはや終了を告げる笛・・・

北の魔王 エステル・ノルン・シュテルン

あれ・・・なんかクラウンが哀れで涙がでてきそう・・・
『魔王』の地位は満場一致でエステルに引き継がれ、『魔王』だけが受け継ぐ記憶や知識から
『剣刻』クラウンについても色々と知る事ができたみたいで最早完全に終わってましたからね
ラストはエステルの力であっさり・・・消滅

裏で糸を引いて敵を疲弊させ最後の最後で利益だけを持っていこうとしたら
それこそ相手の手のひらの上で分断したはずの力が集結していて
それらの力で圧倒され終わり・・・とか・・・小物すぎる気がしないでもないが・・・

すげースッキリした・・・

クラウンみたいなタイプは個人的にあまり好きじゃないですしね
こういう風に相手のお株を奪って成功を確信していたところでひっくり返すとか
もうおいおいこれはいい感じだろ・・・って思いが止まりませんでしたね・・・

エリオット

勝利を確信した相手の手札を破いてこそ愉悦というものがある

ってセリフを言っていてヒースクラウンにこれを伝えて

どういう気持ち?ねぇどういう気持ち?

って追い込んだシーンはかなり笑った・・・

この後、クラウンエリナを蘇生させる前にエステルに力を戻し
そしてヒースに・・・友に妹を託して再び消えることに・・・力を返すと
もう復活はないみたいで・・・残念ですね・・・

貴重な男友達が・・・

なんていうか今回のクラウンヒースの姿を見てると
本当に2巻での出来事がちょっと変わっていれば日常でこうだった・・・って想像できて
ちょっと切ない感じにもなりましたね・・・勝利時にハイタッチとか・・・
何気にお互い遠慮せずに暴言いいまくったりとか・・・

エステル『魔王』としての正体を明かした上で和平のために戻ってきたみたいで
彼女の正体もみんなに知らされたようだし今後どうなるかはちょっとわからない感じ

『初代魔王』『魔女』と呼ばれた『剣刻』に関わった存在みたいで
元々は人間だったっぽいしエステルはその彼女にそっくりらしい・・・
それに伴って次回は過去編が描かれるみたいだけど・・・さてどうなるのかな?

とりあえずドゥルセの封印はエステルが封じ直したみたいだし
王を暗殺して姿を消したヒネーテが残りを持っているけど
とりあえず『剣刻』は全て集まったわけで『剣刻戦争』は終結
あとはそれらがどんな秘密を持っているかってだけになるわけだし
過去に何があったのかは・・・かなり気になるところ

ヒネーテが国王を殺した理由とかどんな意図があるかとかまだ不安点はあるけど
ここからどうなっていくのかかなり楽しみ

それにしても・・・今回はまたかなり戦力がアップしましたね・・・

ヒースは盾と鎧の『剣刻』を得てそれを使うことでもしかしたら3段突きの
さらに上を目指せそうな手ごたえを感じていたし
マナ『円卓の騎士』2本を使いこなせるようになった

エリナエステルに力を返してしまったために力は落ちるだろうけど元々強いし
なによりエステルが完全体になったのでもう万全って感じですしね・・・

あれ?これ敵ってどうすんの?

ってレベルです・・・並大抵の敵じゃ相手にすらならない過剰戦力ですからね・・・
これがみんな・・・1つの小隊の構成員なんだぜ・・・とか怖すぎだけどね・・・

そして恋愛面・・・

エリナが色々と頑張り女の子らしい格好をしてたおかげでヒースもようやく
彼女をそういう風に見るようにはなったんだけどまだ押しが弱いかな?
って感じだったんだけど・・・今回の話ではそんな彼女に凄まじい支援が・・・

お兄ちゃんが代わりに告白・・・

ってわけでもはや復活できないエリオットエリナが戻る前に
ヒースに妹はお前に惚れてるみたいだから気にかけてやってくれ
クラウンエリナ”俺の”って言ってたんだし任せていいよな?的に言われ
ヒースもてんてこ舞に・・・

そういえば・・・直接聞かされたことないもんね・・・
エリナのは気を失っていて知らないわけだけどコレがばれた時の反応が気になるし
次回以降のヒースエリナへの態度もどうなるか気になるところ・・・

まさかのお兄ちゃん支援で恋愛レースに一気に食い込んできたよね・・・エリナ・・・
まぁエリオット的には恋敵が洒落にならなすぎるからって気遣いもあったんだろうけど・・・

エステルは戻ってきてそうそうヒースに抱きつき
ルチルはそれに対抗して作戦完了のご褒美と頬にキス(その後、エステルにもしてたけど)

この2人はもうヒース当人には言わないけどすでに3人での今後が
それぞれの中で構築されてしまっているからね・・・割ってはいるのは大変だ・・・
ただなんかエステルルチルエリナが入ってきても気にしないような気がするけどね・・・

ヒースの意志は・・・まぁ無関係だけど・・・

bakuhatu.png

ってかまじコイツはなんなんだよ・・・
ちなみに今回エリナとは別の形で体をはってアピールしたのはシルヴィア

入浴中のヒースに相談があると自分も裸で突入
さらにヒースの前で転んでM字開脚とか・・・残念っぷりが凄かったけど・・・ヒース

bakuhatu.png

なんていうかもはやこの独特の残念さがみんな可愛いと思っていて
弄るようになってきていて・・・だけどみんな姉や兄みたいだ当人も嫌じゃないという・・・
なんとも可愛らしい姿を見せてました・・・

恋愛感情とは別にヒースも構いたくなる可愛さだ・・・と認めていたしね・・・
考えれば自分が守ると自身を持っていえる唯一の存在がシルヴィアだもんな・・・
マナも当然そうだけど・・・小隊に入るって話の時に決闘して負けたみたいだし
ヒースの自己過小評価もあって自分より明確に弱いってのはシルヴィアだけなのかもしれん

シルヴィアのほうはヒースが好きっぽいけど・・・ライバル達が
あまりにも洒落にならない存在ばかりで・・・どうするんだろうな・・・これ・・・
負けてないのは出自くらいだからな・・・ヒースは一般庶民なんだけどね・・・

こっち方面の今後の進展も楽しみにしてようかと。

最後に一文。

シルヴィアのセリフ

前回のルチルとの一件があったから入浴中にヒースをたずね
マナのことの相談の他にそれについても聞いたりしてきたシルヴィア

ヒースになら別に裸を見られてもいいとか口を滑らせて焦ったり
↑でかいたM字開脚とか色々と墓穴を掘る残念キャラな彼女

あまりにもあたふたしてるのでそんなんだからみんなに弄られると
ヒースが注意したら返ってきたセリフがコレ・・・

か・・・可愛いじゃないか・・・!?

「・・・いじめられるのは、嫌いじゃないもの」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
剣刻の銀乙女5 (一迅社文庫)剣刻の銀乙女5
(一迅社文庫)

(2013/11/20)
手島 史詞

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。