スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロックワーク・プラネット 1

あらすじ

“時計仕掛けの惑星”。

落ちこぼれの高校生・見浦ナオトの家に、ある日突然黒い箱が墜落する。
中にいたのは―自動人形の少女。

破綻と延命の繰り返し。
作り変えられた世界と、変われない人類。

理想と現実が悲鳴をあげる時、二つの出逢いが運命の歯車を回す!
榎宮祐×暇奈椿×茨乃が共に紡ぐオーバーホール・ファンタジー。

感想

臨時収入あったので前から気になっていたシリーズを購入
作者は『ノーゲーム・ノーライフ』の人ともう1人別の方の合作と言う形

前者の人がプロット考えて・・・だけど自分の作風じゃないからと後者の人に
清書を頼んで・・・ってことらしい

さて・・・この作品はすでに地球が滅んでしまってからの物語
しかも滅んだ原因は寿命で・・・一部の人々は新天地を目指して一か八かで宇宙で
残った人々は資源の奪い合い・・・をする余裕すらなく滅びに進む世界で
絶望していたんだけど、1人の時計職人が地球のすべての機能を歯車だけで動かす
設計図を作り・・・そしてマントルや地殻を削り歯車を作って全てを再現し・・・
そして1000年が経った『時計仕掛けの惑星(クロックワーク・プラネット)』が舞台

月の引力で回る赤道ゼンマイとか・・・風とか重力とかすら全部歯車で再現って・・・

どうやって!?

なんかこう・・・

図解が見たい!

せつにそう思いますね・・・正確には『時計仕掛けの惑星』の全体図と
それぞれの区画にわかれ歯車の上に乗っているらしい街の様子とか・・・そういうの・・・
想像力が貧困なせいか上手く想像できない・・・

そんな世界で主要人物は4人

・見浦 ナオト

区画・京都に住む少年で主人公
一言で言うなら

変態

・・・っていっても犯罪者とかそういうんじゃなくて病的なまでに
機械いじりが大好きで自動人形とかパーツとか・・・そういうものが大好き
そしてそれを公言してはばからないために学校でも距離を置かれたり
いじめられたりする劣等生

実際に成績は微妙であり、好きであっても技師としての才能も微妙
ただ一つ・・・人とは違った才能を持っていてそれが

異常聴覚

数十キロ地下の歯車の音を聞き・・・兆や京に達する数の機械パーツの動きを聞き分け
さらにそれらの不調の原因なども全て音から看破する
そして普段は遮音性100%のノイズキャンセラーを付けているけど
その状況下で普通に会話ができてしまう・・・もはやあれです・・・

それってマジ聴覚?

って感じの異能・・・そしてこの力で偶然落ちてきた自動人形・・・後述のリューズを修理し
彼女のマスターとなり事件に巻き込まれていく事に・・・

リューズの事は大好きな機械&圧倒的な完成された精度&美少女って事で
途中で求婚すらするくらい好きになってしまい・・・ぶっちゃけ彼女のためなら
もう論理とか常識とかどうでもよくなっちゃう危ないヤツ

リューズ&彼女の姉妹機 >>超えられない壁>>その他

って感じの思考になっちゃってるしね・・・
ただ考え方は凄いシンプル・・・そうしたいからそうする・・・
どんな困難であってもそれをする・・・そういう点は正直で好ましいかも

リューズ

『initial-Yシリーズ』と呼ばれる『時計仕掛けの惑星』を設計した
『Y』と呼ばれる時計技師が生み出したとされる自動人形
作られたのは1000年前だけど・・・現行の技術を凌駕しすぎてるトンでもチート機体
その壱番機であり『付き従うもの(ユアスレイブ)』とも呼ばれる

自身を200年ぶりに修理したナオトをマスターと認証して彼に付き従う事を
至上使命としていて・・・つねにナオトのフォローをする
ただし

超毒舌

でありナオトですら時に凄まじく卑下されたりする。
ただしあくまで

ナオト > それ以外全部

でありナオト以外の人間とかもはや虫けら以下扱い・・・
ツンデレっぽいなぁ・・・と思っていたんですが実はそんな事無く・・・

毒舌フィルター

って感じの機能が搭載されているらしく当人の意思とは無関係に
自分が言おうとしている事を毒舌に変換して口に出してしまっているらしく
本人に自覚はまったくないと判明・・・これはびっくり・・・

ナオトは彼女の中の歯車の微細な音から徐々に本心を知れるようになったけど
フィルターに気づいた後にそれを突破する事を考えて
喋らずに質問に『YESなら頷く』『Noなら首を振る』って条件を付けて
ナオトの事をどうおもっているか質問してみたら

自由意志はマスターに対して発動するのか?→No

自由意志による好意は俺以外に向けられた?→No

前例はないけどナオトに好意を向けてる?→YES

設計とか使命関係なくナオトが好き?→YES

どれくらい好きか頷いた回数で表現して?→255回


ベタ惚れやん!!?

なんて・・・なんて可愛い自動人形なんでしょう・・・ってか顔真っ赤って・・・
マスターにすら逆らえる自由意志を持ちあくまで側にいて付き従うだけが使命
だから好意はまったく無関係な彼女自身のものらしいけど・・・すげーな・・・
ってかナオトがもう天にも昇る気持ちに・・・

さらに彼女は『initial-Yシリーズ』の最初の機体であるがゆえに
もっとも弱い機体でもあるらしいんだけど彼女の固有能力である

ミ ュ ー ト ・ ス ク リ ー ム
『相対機動』

はまるで夢の中の時間のように本来の時間とは別の時間軸で動く機能で
周りには一瞬だけど彼女の主観では3時間・・・って感じで動く事ができて
そのほとんど時間が止まっているに等しい状態で敵を蹂躙するという凄まじい機能

チートだろ!?

ちょっと強すぎるくらいなんだけど・・・これで戦力的には最弱・・・
じゃあ他の姉妹はどんな機能が・・・と気になってきた・・・
しかも起動時には髪や目の色、服の色も変わるし・・・姉妹機もそうなのかな?

なにはともあれ・・・

リューズさんマジリューズ

・マリー・ベル・ブルゲ

『国境なき技師団』と呼ばれる『時計仕掛けの惑星』の維持と保全を目的とした
国際組織に所属し技師の中で最高峰である『第一級時計技師』に最年少でなった天才少女

『五大企業』と呼ばれる世界的に影響力を持つ企業の1つである『ブルゲ家』の次女で
実家がだす商品を全て・・・利用法から何からまで覚えるという家訓もあって
銃器の扱い・・・はては修理に必要だからなのか体力もあり格闘術も使えるという
色々な面で・・・一言でいうなら

天才

というべき少女・・・そして本来リューズは彼女の家で保管されていて
200年以上・・・家の人間やマリーも起動を試みたけど

壊れていないのに動かない

という結論のまま起動させることができなかった。
これを考えると『故障箇所』を特定して直して見せたナオトの異常さがわかりやすいかも

父親が元世界最高の時計技師、姉が現世界最高の時計技師であるらしく
マリーはその姉の記録を塗り替えて技師になった事もあり色々と誇り高く
そしてすっごい正義感が強い

今回は彼女を通じて彼女の家の権力を下げるために陰謀が組まれたけど
彼女は逃げることなく・・・最後まで見捨てられた2000万人の人々を助ける事を諦めず
頑張り続けた結果・・・ナオトリューズに出会い解決に続いたわけで・・・この娘も凄い

ただし能力高いから自尊心が高いせいか普通の部分が凡人であるナオト
軽く侮辱してはリューズに殺意をむけられる・・・というちょっとアレな部分も・・・
まぁ悪い娘ではない。

夢は惑星全体をオーバーホールして救う事であり・・・実現不可能そうな理想だったけど
ナオトと言う才能を発見して彼となら・・・と思ったわけで・・・
今後の2人の関係がどうなるか気になるところ

ちなみにリューズをはじめとする『initial-Yシリーズ』
惑星のメンテナンス用に『Y』が残したものであると推測していたみたいで
それをリューズに語ったところ一蹴されたりと・・・抜けてるところもある

・ヴァイネイ・ハンター

体を義体化したマリーの護衛兼秘書

見た目、殺し屋だけど

彼自身も二級時計技師である軍用でもありさらに『ブレゲ家』の
次期投入機体のさらに次の世代のプロトタイプなのでかなり強い

戦闘経験も豊富であり色々と常識人でもある・・・

4人で一番凡人

なのが彼であるってのが一番おかしい感じのキャラ
発想とか考えはプロらしく現実的な判断をするんだけどそれでもまだ普通
残りの3人ははっきりおかしいからね・・・



この4人が出会い・・・そしてナオトマリーの才能が組み合わさる事で
リューズをはじめとした『initial-Yシリーズ』とこの『時計仕掛けの惑星』そのものを
作り出した『Y』に届くのでは・・・と思わせる能力が発揮され

ナオトリューズマリーハンターが支え・・・今回の事件は解決に向かうことに

この展開は・・・燃えた・・・

区画を守るはずの『軍』が都市を構成する歯車の致命的な故障をなんとかできず
それを直しにきたマリーが所属する『技師団』を政治的に利用
彼らに罪をなすりつけ、上層部の連中は非難してさらに他の都市に影響を与えないように
区画ごと切り離そうとした政治家達

そしてこの計画に便乗して最年少で『第一級時計技師』になり
『ブルゲ家』の令嬢でもあるマリーの権威や信頼を失墜させる事で
『ブルゲ家』を引きずりおろそうとする企業同士の足の引っ張り合い・・・

こんな・・・くだらない事で切り離され2000万人の人が見捨てられそうになった状況を
たった2人の人間の才能で打開・・・最後は相手が修理完了したのに切り離しを強行してきたら
ついには『Y』以外では誰も手が出せなかった重力や天候を操作する部分にまで
2人の才能はおよびそれによって街を護った・・・

これは・・・いい感じだ・・・

政治だの企業だの利益だの・・・そういうのはどうでもいい・・・
ただ助けたいから・・・それだけの簡単な理由でトンデモない事をしでかすってのが
凄いいい感じでしたね・・・
まぁマリーはみんなをまるっと救いたい・・・という理想と善意からだけど
ナオトの場合は主に・・・自分の嗜好全開だったのが対照的でしたけどね・・・
それでもうまく機能するから・・・すげー面白かった

ただあとがきで作者の人が書いてたけどナオトマリーはそれぞれが考える
天才像を反映しているみたいで・・・ぶっちゃけ同じ天才であってもまったく別の天才

マリーは人本来が持っている基本的な能力などが突き抜けているタイプの天才
主に知識と時計技師としての技能は同じ『第一級時計技師』であっても追随を許さない感じ

一方でナオトの方はマリーと比べても・・・おそらく一般人と比べても
それほど知能とか技術が優れているわけではない・・・というか劣っている感じ
だけど一般的ではない・・・はっきりと異質な才能を1つ持っていて
それだけはマリーとかの普通の天才ですら及びも付かないレベルの異才

って感じであり・・・真逆であるがゆえに歯車のように噛み合えばいいけど
噛み合わないとまったく駄目・・・って感じでもありますね・・・
なんていうか・・・男女なのにまったくそっちに行きそうにないし・・・

マリータイプだと理詰めで・・・膨大な知識や経験からくるもの
さらに自分ができる事の中であるなら最高のパフォーマンスだけど
その外・・・理解できないものはすんなり認められない・・・

ナオトタイプはたとえ常識の埒外のものを見たとしても

これはこういうものだ

と納得してその前提でものを考える・・・こういう部分では相性悪い感じですね。
リューズの『虚数運動機関』についても

『右回りに回るのに、左回りの運動エネルギーを出力する歯車』

であると彼の才能で聞き取りそれを受け入れたうえで見事修理してみせて
マリーの一族が200年直せなかったリューズを3時間で直して見せた
だけどマリーには言葉で説明されても納得も理解もできない・・・という・・・
同じ天才でもまったく違うタイプなので見ていて面白かったですね・・・

まぁ・・・うん・・・

理解できたら色々と駄目

って気もするんですけどね・・・右回りなのに左回り・・・なんじゃそりゃ・・・

そして話は2巻へ・・・
作中でリューズナオトを釣るために話した彼女の妹になるアンクル
彼女は東京へ移送された・・・って話でありそれを伝えたのは
それを伝えに自分の死を偽装しさらに政府上層部や『軍』『技師団』などの
陰謀などをマスコミに暴露し大騒ぎを引き起こしておいて
ナオトたちの学校に転校してきたマリーと教師としてきたハンター

今回のプロローグでは場所は秋葉原・・・すでに歯車を掌握できるようになった4人
時間は1ヵ月後・・・って感じで始まって本編はその回想って感じだったんだけど
2巻はアンクルを追って東京に・・・って展開なのかな?

とりあえず一緒に2巻も買ったんで書きおわったら読むぜ・・・

最後に一文。

ナオトのセリフ

京都を救うために動く事にしたけどマリーはこの時点でもまだ
『軍』の干渉やらなにやらを気にしていたんだけどナオトのこの一言で
吹っ切れた・・・なのでこれで・・・

「政治がどうだ組織がどうだ、
 それ今すぐ大支柱に行って修理するより重要なコトか?」


「─ぶっちゃけ、それ以外全部、どーでもよくね?」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
クロックワーク・プラネット1 (講談社ラノベ文庫)クロックワーク・プラネット1
(講談社ラノベ文庫)

(2013/04/02)
榎宮 祐、暇奈 椿 他

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。
この『クロックワーク・プラネット』と言う作品ですが、確か漫画版が月間少年シリウスで連載されていたように思います。
多分まだ2、3話目程度だった気がするので単行本化は先だと思いますが、赤道ゼンマイをはじめとする各種歯車ギミックが実際に描かれていました。
と言うか寧ろ、私はこの記事を読んであれが原作ありの漫画だったと気付いたくらいです。
単行本化の際には、書店で手に取ってみては如何でしょうか?
リューズも可愛かったですよ(*^^*)

No title

いつも感想みさせていただいてます。
クロックワークプラネットおもしろいですよね~(というか榎宮 祐さんの作品全般が)
絵師さんも神ないの人ですから豪華ですし話の内容も独特で面白いですし・・・・アニメ化しないかな(願望)
2巻の感想も楽しみに待ってます(期待)

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。