スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイ・ワールド 6

あらすじ

スカイワールド―それは魔法と科学技術が同居する世界で、
無数に浮かぶ島から島へと飛空艇で旅をするオンラインRPG。

封印都市シャッカイの地に降り立ったジュンたちは、第三軌道への手がかりを探しつつも、
レベルを上げ、装備を整えて、チームの戦力をアップさせるべくクエストを進めていた。

そんな中で遭遇した神話的クエスト『真なる竜への試練』。六人しか入れないダンジョンのため、
ジュン、かすみ、エリ、ユーカリア、ヒカルといういつものメンバーに、
サクヤ班からアサシンのチョココロネを借りて挑むことになり―。

竜の歴史の扉を開く、熱きオンライン冒険ファンタジー!!

感想

スカイ・ワールドの6巻

表紙は残念お嬢様なユーカリア
基本的にジュンたちをからかったりするキャラだけどその実
かなり本気でジュンにデレデレな美少女だったりもする・・・

ジュン、爆発しないかな・・・

感想は短めでいきます・・・っていうかぶっちゃけると・・・

ジュン、爆発しろ!

これだけで今回の話の感想は済みます・・・マジで・・・

今回は前回の頑張り・・・サクヤ達と合流してギルド『覇者の御旗(ヘゲモニー)』を立ち上げ
他の冒険者たちに滅ぼされそうになってるドラゴニュートたちを助け
そしてさらに上の軌道・・・まだ誰も到達していない第3軌道の島への拠点となりそうな
封印されていた古代都市にたどり着き・・・そこで久々に姿を現したアリスから
助けを求められて・・・って状況で色々と大変って感じだったんですが
今回はアリスがいるであろう第3軌道に行く方法を探るために・・・

まずクエストだ!

って事でジュンがノリノリになって・・・色々と挑戦
6人目のパーティーメンバーとしてチョココロネを借りて

ジュンかすみエリユーカリアヒカルチョココロネ

という相変わらずの男1女5というハーレムパーティーでそれで挑み
サクヤたちは情報収集やこれから上ってくるプレイヤー達の勧誘とかに・・・
って区分けで・・・ジュンたちはひたすらクエストだったわけで・・・
その中で本筋となりそうなクエストを発見してそれを進めることになったわけなんだけど・・・

ラスボスが

レッドドラゴンなのに氷属性ブレス

とか

それなんて罠!?

って感じだったり・・・実は氷だけじゃなくて3属性を最初は一定ダメージ
後半は時間ごとに変化させて攻撃してくる・・・って感じの敵で

いやらしいなオイ!?

って感じだったりしたんだけど・・・うん読んでてわかった・・・
こいつら・・・

思いっきり楽しんでやがる!

今回はなんかもう普通に・・・

VRMMORPGを楽しんでいるプレイヤー

って感じが強い感じの話でしたね・・・
まぁ前回の話で言われてましたけど楽しんでるからこそ・・・って部分もあるんだろうし
ぶっちゃけ今までが駆け足進行ぎみだったのでこういう話は読んでて楽しかったですね。

レッドドラゴンだから火耐性だろ・・・と思ったら氷ブレスとか笑えた
属性が定期的に変わる敵って強敵だとは思うけど
同じゲームの世界を題材に・・・って感じだとどうしても
某作品のザワン・シンを思い出しちゃうな・・・あれはこのドラゴンより
何度高いよね・・・たぶん・・・

今回挑戦したクエストやスキル上げなどでジュンたちもかなり強化され
ユーカリアは今まで使ってなかったスナイパーライフルを使うようにもなったりと
面白い変化とかもあってよかった。

チョココロネの加入で前衛が強化されたしいい感じでしたね。
ただ・・・うん・・・今回の話はやっぱり上で書いたように

ジュン、爆発しろ

なんですよね・・・

徐々にハーレムへ外堀埋められる

なんて状況を見たらこんな感想しかでてこないよ・・・って感じです

かすみからそれについて聞かれ自分はかすみが好きだ・・・って改めて伝えるけど
かすみとしては・・・サクヤも欲しい

気が弱い部分があるエリジュンを巡る関係から疎外感を覚えて
ちょっと荒れ気味な気配を感じさせていたら

まずはヒカルが注意に現れて・・・

ジュンに告白

ぶっちゃけ近くにいれれば幸せだから・・・ハーレム展開も嫌じゃないみたい

次にユーカリアが現れて

軽く説教

ただし・・・一緒に馬に載ってジュンの背中に抱きついた状態であり
ジュンはめっちゃ意識してた・・・
まぁ彼女の場合はもうジュンもわかってるくらいジュンに依存していて
彼がいないともう駄目・・・って感じだからね・・・
嫉妬とかはしても関係が崩れるような事は望まないわけだし・・・

そして肝心のエリ・・・

やっぱり・・・惚れてるよね!?

今回の敵対策でジュンが耐火属性の指輪を生産スキルで作成して
メンバー全員に配ったわけで・・・かすみユーカリアヒカル

左手薬指

にそれを嵌め・・・何気に・・・エリも試しにはめて顔を赤く・・・

いい加減、認めちゃえよ!?

って感じですね・・・これで仲間として好きで恋愛とはちょっと違う
とかまったく説得力ないよ・・・

ってか・・・
bakuhatu.png
正妻というか分身というか以心伝心なサクヤサクヤで関係をかき混ぜつつも
辛かった自分を救ってくれたジュンのためなら命を賭けられる・・・とか
状況がひと段落したら二人だけの時間がほしい・・・とか好意全開でしたしね・・・
ちなみにこれ明らかにデートしてくれって感じの要請なんだけど
以心伝心のわりにこういう部分は鈍い・・・テンプレラノベ主人公なジュン・・・
bakuhatu.png

この状況下でジュンが選び続けている答えは

保留・・・タヒればいいのに

当人はかすみ1人を選んで他のメンバーとの軋轢を最小限にして
どうにか今まで通りの関係を維持しよう・・・って理屈で考えていたみたいだけど
かすみの方が何気に1人じゃなくても・・・って感じの提案を
サクヤに唆されたとはいえ自分の意志で言ってきたりもしてテンパってる感じ。
事前準備を万端にするタイプなので予想外な事には対応できないみたい・・・

でも爆発しろ!

悩みがすでに世の男を敵に回す内容だしね・・・

ってわけでこんなかんじで・・・今回は普通にクエストを思いっきり楽しみ
そして女の子と関係を深める・・・という内容・・・
主人公の状況に

こいつ爆発しねーかな

と思いつつも楽しくは読めましたね・・・特に重い展開とかはなかったですし。
次回は6人目にサクヤが入って・・・本格的に第3軌道を目指すみたいだしどうなるか楽しみ。

サクヤエリとか・・・関係微妙だしね・・・

あと他にも伏線になりそうな事が色々あって気になったかも

アリスを閉じ込めている彼女の双子の兄?のような存在とか彼女の正体
竜の一族を滅ぼしたといわれる『異物(バロック)』と呼ばれる存在
それに関する神話やジュンたち冒険者の存在そのものの謎
そしてサクヤがラストで持ってきた第3軌道への道を見つけた
3大ギルドの一つである『銀翼騎士団』との同盟
その条件であるギルドマスター・クァンタムジュンの決闘

今後の展開も楽しみ。

最後に一文。

エリのセリフ

今回のクエストのボスは『アヴァター・オブ・ドラゴンエンペラー』
灼熱の溶岩が満るダンジョンでレッドドラゴン型のモンスター

なのに開幕いきなりアイスブレス

そりゃこんなセリフでてくるよね・・・
ってかこの娘がどんどん可愛くなってる気がするな・・・今日この頃

「ありえんっ!アホかっ!ほんともうアホかーっ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
スカイ・ワールド6 (富士見ファンタジア文庫)スカイ・ワールド6
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/12/20)
瀬尾 つかさ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

他愛のない時間、大切な場所【スカイ・ワールド6 (富士見ファンタジア文庫)】

スカイ・ワールド6 (富士見ファンタジア文庫)(2013/12/20)瀬尾 つかさ商品詳細を見る 遥か上空、蒼穹の果てを目指せ 飛空艇で旅をするMMORPG・スカイワールド そんな世界を行く 生粋のゲーマー・ジュンを中心に ひょんなことから出会った ちょっぴりコミュ障な過去を持つ メンバーたちの旅路を描く オンライン冒険ファンタジー 幕間、レべリング回にして人間関係おさらい...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。