スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか天魔の黒ウサギ 13 最後の生徒会

あらすじ

“預言”に記された未来は、残すところ24時間。

そんな状況にもかかわらず、
月光と仲間たちは拠点であった生徒会室を放棄せざるを得ないところまで追い込まれていた。

記憶を取り戻したクロガネタイトとサイトヒメア、そして“軍”の追跡を逃れつつ、
逆転の妙手を見つけるためあがく月光たちに、“天魔の黒ウサギ”が語りかける。

『大兎とヒメアを殺せ。そうすれば世界は救われる』

月光、美雷、大兎、ヒメア、泉、セルジュ、ハスガ、日向、生徒会のメンバーは、
果たして世界を救うことができるのか!?

学園リバースファンタジー、ここに完結!

感想

いつか天魔の黒ウサギの13巻

最終巻です!!

ついに完結・・・ですね・・・
巻が進むにつれて絶望度が増していって・・・そして今回は
世界が滅びるまで残り24時間という状況から開始・・・さてどうなる・・・
と思っていたんですが・・・

ハッピーエンドだ o(*^▽^*)o~♪

よかった・・・マジでよかった・・・
っていうかぶっちゃけ主人公兼ヒロインが月光でその相手が大兎っていう
特定の客層を狙ってんじゃねーかコレ・・・って感じがすごくしたけど
まぁ・・・うん・・・とりあえずよかった・・・

いや、まぁうん・・・友情なんだけどね・・・友情・・・
お互い愛情は別の相手に向いてるし・・・それでも世界を救ったのはを
月光大兎・・・そして仲間達との友情・絆・・・という凄まじいテンプレだったわけで
最初のころの月光と比べると・・・

何があった!?

って言いたいくらいですが・・・きっとこれが素の月光なんでしょうけどね。

さて・・・本編の内容なんですが

世界を滅ぼす要因こそが『孤独を埋める人(クロガネタイト)』でありヒメアも彼に協力
それをついに月光は知り・・・日向も喰われ・・・ピンチになったところを
ハスガセルジュの仲間達に救われて逃亡したのが前回だったわけですが・・・

友情・・・それが勝利の鍵だ!!

なんか終始これでしたね・・・いや・・・青春してるなこいつら・・・
この土壇場に来て一気に・・・って感じでしたね・・・

月光は素直になって仲間たちを頼るようになり・・・彼らの話から状況を理解

の頭の中にいた『天魔』から世界を救う方法と力を与えられ
だけどそれには今までの事を全部夢落ちにしたあげくにタイトを殺す必要があると知り
その罪を背負い、仲間達に嘘をついても世界を救おう・・・と思ったけど

やっぱりやめて・・・仲間に相談

初期のころの俺様一人でなんとかするぜ・・・って部分が完全に鳴りを潜め
仲間達の力を借りて・・・そして仲間である大兎を助けるために
最後まであがく・・・

ああ・・・まさに主人公・・・

あれ?大兎のほうじゃなかったっけ?

まぁ・・・うん・・・それは置いておいて・・・ヒロインの方の動きもアレでしたね・・・
正式な契約してなんかもうラブな雰囲気の月光美雷は・・・

月光、爆発しろ

でいいんですがもう一方・・・タイトヒメアのほうは・・・アレでしたね・・・

ヒメアがここにきて・・・仲間との絆に目覚めた!

ってことでタイトから月光たちの存在を密かに隠す魔術を使い・・・
そして前の・・・人間としての心を持った大兎のほうが・・・と思い始め
その結果・・・タイトは彼女を・・・世界の滅びと共に完全に消滅する事を望む
彼らの作り主『最古の魔女(ラミエル・リリス)』
ヒメアの排除に動く前に・・・と彼女を自分の中に取り込み
さらにヒメアが取り込まれながら、彼の中に残っていた
大兎の人間性に近づくのに気づいてコレを消滅・・・と・・・

何やってんの・・・このラスボス・・・

って感じになっててなんか立場が完全に逆転しちゃってましたね・・・・

こんな状態で月光タイトと話し合うためにたちの協力を仰ぎ

セルジュハスガ黒守を足止めするためにその命を賭し

は短い時間だったけど時間をかせいで月光大兎の元へ行かせ
ずっと言われていた頭の中の腫瘍のせいで死ぬ・・・という結末ではない
別の形での死を迎え・・・

そしてようやくタイト月光が対峙して・・・こっからは・・・
燃えた・・・というか・・・萌えた・・・男に・・・orz

月光が・・・泣き落とし・・・だと・・・!?

さらに美雷まで消されて・・・完全に1人になってしまった月光
だけどそれでも大兎を殺す事はできず・・・でも諦められない
だから彼にできたのはやっぱり仲間を信じるって事だけで・・・
そしてそれが奇跡を呼ぶことに・・・

大兎・・・復活!

月光の泣き落としに本来の・・・人間としての彼がヒメア日向の力を借りて復活
タイトの体内からでてきてタイトの邪魔をし・・・さらにここで今まで避けてきた最後の手段

双子合体 スーパー月光!

って事で日向と月光が統合・・・タイトを消滅させる事に成功
大兎ヒメアを取り込んだ状態で・・・つまり

黒魔合体 スーパー大兎!

となり・・・残り数分で世界が滅びる・・・
永遠に疲れた『最古の魔女(ラミエル・リリス)』の自殺のために『預言』
消滅させ全てを無に帰すための滅びが訪れる事になり・・・
最後の話し合い・・・

ラストは・・・この2人か・・・

そして月光が選んだのは『幸福』の魔術の発動
元々、タイトヒメアだけが無に帰した世界に残り
未来を紡ぐために新しい『預言』を作るための試行錯誤をするっていう・・・

俺ら努力してるから・・・しゃーないよね・・・

って妥協ってか罪悪感を薄くするための魔術を使い
元が『預言』を描いていた『天魔』である自分なら可能性はあるって事で
その役割を自分でやると月光が言い出して・・・
そのための力を得るためにって事で・・・

究極合神 アルティメット月光!

になってそれに賭ける事に・・・ちなみにスーパーだのアルティメットなどは
私の独断ですので・・・真に受けないでね?

月光は寂しくないように・・・そして自分につき合わせるために
必ず最初に大兎を新しく『預言』を描いて作ると約束したりと・・・

お前らもう親友だな!?

って感じでしたね・・・っていうか

神じゃん!?

月光・・・何気にもう神です・・・これ・・・自称天才とか俺様とか
はるかに超越した存在にまで駆け上っちゃいましたね・・・

そしてここからが・・・この作品のタイトルの意味だったわけですね・・・

いつか天魔の黒ウサギ

月光は何もないけど時間の認識だけはある『幸福』の世界で狂い始め
自分の永遠を呪い・・・それを終わらせる方法を・・・と考え
さらに微かに覚えていた約束から『黒いウサギ』を生み出そうと考え

『最古の魔女(ラミエル・リリス)』を創造

『最古の魔女(ラミエル・リリス)』『孤独を埋める人(クロガネタイト)』を創造

と・・・あれ?これループしてるの・・・って思ったら
タイトではなく大兎で・・・彼は月光の事を覚えていて行動開始
さらに『最古の魔女(ラミエル・リリス)』からヒメアを創造
もちろん2人とも記憶持っていて・・・ヒメアに負けを認めてと融合した結果
が復活して・・・そして『最古の魔女(ラミエル・リリス)』から・・・
月光の自殺したいという弱さから生まれた彼女の奥から月光を取り出し・・・めでたしめでたし・・・

月光『預言』を作れなくて絶望して自殺を考え・・・
そのためには『黒いウサギ』が必要だと約束と微かな知識から覚えていて
それを生み出すのに必要な『最古の魔女(ラミエル・リリス)』を作る
だけど『最古の魔女(ラミエル・リリス)』『預言』の中でしか存在できないから
そのために『預言』を描いた・・・

という・・・目的として作ろうとしたら無理だったけど、別の目的の
手段として無意識に作っちゃったという・・・なんとも本末転倒っぷりを発揮

だけど月光大兎ヒメアがついているのでもう死のうとは思わず
無意識で自覚的にはできないみたいだけど・・・無事世界は先に進み
セルジュハスガも記憶を保ったまま復活・・・
美雷も当然復活して再会したし、日向『軍』のトップとして復活
黒守は普通に天寿を全うしてすでに死んでいるけど想い人とはちゃんと暮らせたみたい

これにて一件落着・・・最後まで・・・

仲間との絆

で絶望的な滅びを回避して・・・未来を繋げた・・・
どっちかというと最初のころの大兎のキャラを月光が・・・
そして大兎がそれを支えるって感じで成し遂げて・・・

ハッピーエンド!

みんな無事だし・・・もう特に頑張る事ないし・・・日常はどうすっか・・・
とりあえず・・・

みんなでボーリング行くか

という月光の発案で終了・・・流石実はボッチだった月光・・・
日向に覚えて自分を鍛える日々だったせいで・・・今更日常を普通にとか言われても
ボーリング・・・くらいしかでてこないんだな・・・頑張れ・・・

っていうか存続したこの世界で・・・よくある作品みたいに
力を失って・・・って感じではなく全員そのまま力を持ったままっぽいし
ですらと融合した事で『毒(まじゅつ)』が使えるようになったみたいだし・・・

世界最強の生徒会

がここに誕生したわけだけど・・・もう特にやる事はないという・・・
今後彼らがどんな風に生きていくのかわからないけど・・・幸せだといいなぁ・・・

なにはともあれ・・・

おつかれさまでした!

そういえば・・・11月にでた新シリーズ・・・どうしようかな・・・

最後に一文。

月光のセリフ

彼がこのセリフを言える世界・・・その意味が
今までシリーズを読み続けてきたならよくわかるのでコレで・・・

「・・・その、全員で、ボウリングでも、いくか?俺のおごりで」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
いつか天魔の黒ウサギ13  最後の生徒会 (富士見ファンタジア文庫)いつか天魔の黒ウサギ13
最後の生徒会
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/12/20)
鏡 貴也

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いつ天無事ハッピーエンドで終わりましたね~。
この作品・・・初登場のキャラが出たその巻で死んだり・・・いろいろとありましたけど・・・・ハッピーエンド迎えられてヨカター・゚・(ノД`)・゚・
1巻から最終巻までを通してこんなに印象が変わった小説は初めてでした。まさか主人公が変わるとは思いませんでしたしww

あけましておめでとうございます。
今年も小説の感想を楽しく読ませていただきますm(_ _)m

初めまして

いつも読ませてもらってますが初コメントです。
いつ天、後半は色々急展開でしたがハッピーエンドで良かった……
超ハイスペック生徒会の日常をもう少し見たかった……
作品の終わりってホントにあっさりしたもので、何度体験しても慣れません。寂しいです。

もうあのイチャコラ爆発しろ青春横臥しまくり生徒会が見れないんですね……
いやーホントにあと1巻くらい短編集とか出ませんかね?

遅れましたが、あけましておめでとうございます。
今年もあなた様の感想を楽しく読ませて頂きます。
読書量ハンパないですね!自分も見習います
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。