スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃皇無尽のファフニール Ⅲ クリムゾン・カタストロフ

あらすじ

“赤”のバジリスクがいよいよ動き出した。

視線により海を塩化させて侵攻するバジリスクに対して、
無人の火山島を遮蔽物とした遠距離攻撃で撃退をはかる深月たち竜伐隊のメンバー。

だが、かつて深月が“紫”のクラーケンとともにその手で討った少女・篠宮都の存在をめぐり、
深月とリーザの間にわずかな空隙が生じる。

対立、協調―そして温泉(!)。

揺れ動く心を抱えながらも、彼女たちはミッドガルを護るために戦うが・・・!?

「私が兄さんを守るんです!」

「いいや、俺が守る」

もう二度と届かないもの。

今ここで育まれゆくもの。

紅に染まった終末を越えて、それぞれの想いはどこへ向かうのか―。

アンリミテッド学園バトルアクション第三弾!

感想

銃皇無尽のファフニールの3巻

表紙は主人公であるの義妹である深月

とても切ない関係

になってしまっている義理の兄妹ですね・・・1巻で彼女や他のヒロイン達を
仲間達を守るために力を振るった結果、代償として記憶を失い
それがピンポイントに深月が義理の妹である事と彼女との子供の頃の結婚の約束っていう
2人の関係の根幹となる部分だった為に1巻終了時点からにとって
深月は『血のつながった実の妹』って認識になってしまっていて・・・
でも記憶が消える事は秘密にしているので深月からしたら義兄の態度が
微妙に変わった・・・くらいな感じでしたし・・・

今回は表紙が彼女って事でこっちについて何かあるのかな・・・と
思っていたら・・・

うわぁ・・・メインヒロインのほうと切ない事に・・・

今回の話では前回登場して・・・自分は『ドラゴン』だと頑なに主張した
『D』の女の子ティア『”赤”のバジリスク』に狙われている・・・
番として選ばれて出会ってしまうとティアももう一体の・『”赤”のバジリスク』
なってしまう・・・なんとか守らなくては・・・という話であり
それに対して作戦の中心になるのがもっとも成績がいいたちのクラスであり
指揮官は生徒会長であり最強の『D』でもある深月が担当

ただ・・・彼女はかつて『”紫”のクラーケン』に学園が襲われた時・・・
まだ当時は『ドラゴン』が何故『D』を狙って現れるか判明してなくて・・・
そんな中で深月の親友でありルームメイトでも会ったが犠牲に・・・
『”紫”のクラーケン』の番として選ばれもう1体の『”紫”のクラーケン』に変化
深月はその時に得た『反物質弾』を精製する力で『”紫”のクラーケン』2体を・・・
が変じたほうも倒した・・・という過去があるわけで
クラスで唯一、今もそれについて怒っているらしいクラス想いのリーザとの間で
関係がギクシャクしてしまい・・・

一方で深月との関係を忘れてしまっていて・・・ファーストキスも忘れてるので
1巻でイリスからされたキスが最初だと思い・・・大いに意識していて
お互いに相手の気持ちはなんとなくわかるけど確証はない・・・でも・・・って
微妙な距離感を醸し出していて・・・

悠、てめぇは爆発しろ!!

いや、不可抗力なんだろうけどね・・・でもさぁ・・・それはひでーよ・・・

まぁもちろん・・・深月リーザの関係改善のために・・・妹のためにが動いて・・・
リーザ深月

責められることで罪を抱え込んで自滅しないように

という理由から怒っていただけで実際はまったく恨んでなかったし
深月は全部自分のせいだ・・・って重荷を背負っていたけどリーザの態度に救われてはいたみたい。

実際、『”紫”のクラーケン』になってしまったは意識を保っていて
『”紫”のクラーケン』の固有能力である『反物質弾』の精製能力を深月に託して
自分もろとも殺させた・・・ってのが真相っぽいけど深月はそんな美談にしたくない・・・
って自分で抱え込んでいただけみたいだし・・・真面目すぎるぞ・・・この娘・・・

考えてみたら自分を守るために大好きな義兄が軍に連れて行かれたって過去があるわけで
そう考えると・・・自分が悪い・・・ってネガティブ思考になっちゃうのも仕方ないのかも・・・

深月リーザの関係はリーザがだした『”赤”のバジリスク』戦において
自分達も深月も・・・全員参加した上で全員が無事戻れるような作戦を考えることで
深月は見事にそれを成し遂げて・・・最終的に仲直りに成功・・・これはよかった・・・うん・・・

元々、を殺してしまった時もそれで力尽きて気を失った深月を助けたのは
リーザだったみたいだし・・・元から仲悪いわけじゃ全然なかったんだみたいだしね・・・この2人

そしてはそんな中で・・・新しいフラグを・・・同じクラスのフィリルに対して立てたり
リーザ深月の関係改善に力を貸してくれたからとフィリルがお礼にと
女子の温泉への入浴時間に騙してを入れさせて後から女子勢で・・・という事をしたり・・・
ティアには相変わらず真っ直ぐな・・・素直な好意を向けられて・・・っていか
明らかに前回より強く・・・そしてきちんとした恋愛感情を向けられて・・・
さらにさらに・・・イリスとはいい感じの雰囲気を醸し出した挙句

この戦いが終わった後に想いを伝える

という・・・死亡フラグっぽい事を伝えたりと・・・オイオイ・・・って感じだったんですが
コレも全て・・・

今回のラストへの伏線

だったわけですね・・・これは流石に・・・にも同情したくなる・・・ってかせつねぇ・・・
は自分がイリスの事を好きなんだと自覚して・・・相手もそう思ってくれていると感じてた・・・
だけどエピローグで前向きになれた深月から子供の頃の

たとえ兄妹になっても深月の事を好きでいる・・・大人になったら結婚しよう

って約束をしたことを聞いて自分がとても大切なことを忘れていることを自覚
こんなんじゃもはや自分は別人みたいじゃないか・・・と悩むことになり
イリスへの返事は・・・自分はイリスのことが好きなんだろうけど
その自分は偽物で・・・ほんとうの自分が好きなのは・・・ってところで今回は終了

いや、どうすんのコレ・・・

”今の悠”は間違いなくイリスの事が好き
だけど”昔の悠”はそうじゃないみたいで・・・それは記憶を失ったせい
だからこそ”今の悠”は今の自分の気持ちに素直になるわけにはいかず・・・という

いや・・・マジでどうなんの・・・?

って感じです・・・4巻の始まりがどうなるのか・・・とても気になるところですね・・・

物語そのものについても・・・色々と明かされた部分がありましたし・・・
例えば

『ドラゴン』を倒すとその能力を倒した人間が受け継ぐ

というもの・・・前回の話でが1巻で倒した『”白”のリヴァイアサン』
『反重力物質』を生成して戦うことができるようになっていて・・・
深月『反物質弾』『”紫”のクラーケン』戦において・・・
の声とともに託された力みたいで・・・

もしかしたら今回の戦いに参加した誰かは『”赤”のバジリスク』の・・・
『風化能力』・・・対象の時間を消し飛ばすという力を使えるようになってるのかも・・・

そして前回登場した『D』のテロリストであるキーリ深月の事を

『第六権能(コード・ゼクス)』の継承者

と呼んでいたから・・・彼女は詳しいことを知ってそうだけど・・・あと学園長とか・・・

このキーリはやっぱりに執着し始めていて・・・だけど何者かに監視もされていたみたいだけそ
今回の終盤で彼女が『お母様』と呼んでいる相手に強制的に『ドラゴン』の番に変えられたみたいで
彼女の紋章が黄色に光ったみたいだから・・・『”黄”のフレスベルグ』の・・・って事かな?

現状、一番倒すのが難しい『ドラゴン』みたいだけど・・・どうなるかな?
この一件で性質を変えられたことで『お母様』の監視からは逃れられたみたいで
自由に動けるようにはなったみたいで・・・とある国を利用しようって感じだったし
次回は彼女とその国が中心になるそうな予感

その国は王族に『D』が生まれたから『D』を擁護する活動が活発らしく・・・
そして最近なくなったらしい王のファミリーネームは『クレスト』
上で書いた今回の話でちょっとフラグが立った感じだったフィリルのフルネームは

フィリル・クレスト

なるほど・・・彼女中心の話にもなりそうだ・・・表紙は彼女なのかな?
なにはともあれ・・・今後の展開に期待です。

最後に一文。

のセリフ

今回のラスト・・・イリスへのセリフなんだけど・・・切ない・・・
しかも今まで誰にも離すことがなかった力の代償の事をよりによって
イリスに伝えて・・・ってのがなんともね・・・イリスの気持ちどうするんだよって・・・
という事でコレ

「本物の俺が好きだったのは、たぶん──」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
銃皇無尽のファフニール3 クリムゾン・カタストロフ (講談社ラノベ文庫)銃皇無尽のファフニール3
クリムゾン・カタストロフ
(講談社ラノベ文庫)

(2013/12/27)
ツカサ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。