スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇者様にいきなり求婚されたのですが 4

あらすじ

侍女A、そして「勇者の婚約者」ことアーリアです。

魔族に攫われ、なぜか魔王城で侍女をやってます。

どうやら魔族たちは、私を囮にして勇者様を誘い出し、
魔王の仇を討つつもりのようで・・・

お約束無視の新感覚ラブコメファンタジー、ついに感動のフィナーレ!

感想

勇者様にいきなり求婚されたのですがの4巻

最終巻です!

というわけで・・・ついにラスト・・・
あまりに最強すぎて自分の生きる意味は魔王を倒すだけだ・・・と
感情もあまりださず坦々と機械のようだった勇者グリード

だけど小国の姫が魔王に浚われたと聞き・・・訪れたその城で
姫の侍女だったヒロイン・・・アーリアと・・・世界的にはモブキャラである彼女に
一目惚れした事から一気に世界が変わり・・・

強力な結界を張っている幹部を無視

強引に結界を破壊

姫の救出は仲間にまかせる

魔王は一方的に倒す


というデタラメで魔王をとっとと片付けて姫を助け出し・・・
精霊の力で色々と調べたり監視したアーリアの情報を吟味
姫を送り届けてすぐに求婚・・・と

オイ、ストーカー勇者・・・怖ぇーよ!?

って感じだったわけですが・・・まぁなんやかんやあって
アーリアグリードの色々な事情・・・さらに普通なら知ることのない
世界そのものの秘密も知らされ・・・徐々にただ壊滅的に不器用なだけだった
グリードと距離を縮めて・・・ってところで今度は彼女が勇者への人質になるからと
生き残っていた魔族の幹部(いきなり魔王倒されて放置されてた)に拉致された・・・
ってのが前回・・・

一応は貴族の娘とはいえ侍女ごときがグリードと・・・と嫌味をいい
前回の話では彼女の行動のせいでグリードアーリアを助けに行くのが遅れた
アーリアたちが住む『シュワルゼ国』の同盟国の王女であるティアナの存在があいかわらず

うぜー・・・こいつうぜー・・・ってか屑だ!?

って感じだったんだけどね・・・

案の定・・・人生詰んだよ・・・

邪魔者であるアーリアが消えて万々歳・・・それを隠して助けにいこうと・・・
装備を持たず1人で来いという魔族の要求を飲もうとしていたグリード

残念だけど侍女1人の命と勇者の命は引き換えにできない

とのたまって・・・グリードをキレさせるという・・・アホな事を・・・
しかも喜んでた事は精霊からの報告で全部バレてたしね・・・
怒りを向けられてようやくティアナグリードに恐怖を感じ・・・
さらに彼の発する魔力に当てられて気絶・・・そのまま国へ強制送還

この場面ではシュワルゼ国王とかいたんだけど他の人は気絶しなかったのは
魔法使いが防御していたからなんですけどティアナは意図的に外したみたい
アーリアを・・・昔から知る友人の娘を仕方ないから・・・とかいうやつが
どうなろうと知った事か・・・って事だったみたいで・・・

グッジョブ!

って感じでした・・・国王も知らん振りして・・・いいキャラだなこの人達・・・
もちろん国王からしたらティアナのセリフは決して間違っているものではなく
グリードが自分ひとりで・・・ってのを強行しようとした場合は
やっぱり止めなきゃ・・・とは思っていたみたい・・・
同じセリフを言うとしても・・・ティアナと国王じゃそこに含まれた重みが違うけどね・・・

ってか精霊に嫌われまくったティアナ・・・さらに前回、城の結界を魔族に操られて
破壊したのはティアナの国の魔法使い・・・となんかもうヤバイ気がする・・・
精霊に嫌われるといろいろな事で不幸が起こるみたいだし・・・
とりあえずアーリアが仕えるルイーゼ姫の姉でその国の皇太子と結婚しているマリアージュ
不幸にならない事を祈るしかないな・・・まぁ彼女はアーリアを妹のように大事にしてるし
精霊によって不幸にはならないだろうけどね・・・

ティアナはこの後、一連の勇者への迷惑が暴露されてしまい
父親も処罰せずに済ませられず、修道院送りにした模様・・・素行がよくなるまで出れず
最長でもかなり長いらしいので・・・女性盛りの部分を完全に失うわけで
ティアナは・・・うん人生詰んだんじゃないだろうか・・・

いいザマ!!

さて・・・そしてアーリアのほうなんですが・・・

あれ?現魔族最高幹部と仲良くなった?

アーリアを浚った『翠(ヴェルデ)』フォルトゥナート
彼はレン・シロサキが残した著書について彼女に聞いてみたかっただけで
グリードにたいする憎しみとか・・・それどころか魔族が持っている
人間そのものに対する憎しみも持ってない特異体らしく
さらに魔王に次ぐ力の持ち主なので飄々としたその態度を誰もとがめられず
魔族の理に縛られない彼を魔王も気に入っていたらしく自由にしていたみたい。

フォルトゥナートは前回、アーリアルファーガから聞いた世界の真実
そしてレン・シロサキが考えていたらしいその理をなんとかするという夢の話を
彼に聞かせて・・・とても興味を持ったみたい・・・

グリードへの復讐を考えるほかの幹部2人から密かに守ってくれたりと
なんだかんだいって・・・悪いヤツではない感じ。

アーリアを気にいった男

って事で・・・別の意味でグリードに警戒されるわけですけどね・・・まぁ平和だ・・・

この後の展開は・・・まぁお約束・・・グリードは最初1人でアーリアを助けようとしていたけど
仲間達に諭され・・・叱られ・・・アーリア以外にほとんど見せなかった笑顔を浮かべて
彼らへ感謝を伝え・・・そして彼らとともにフォルトゥナート以外の幹部に危害を加えられそうになった
アーリアの危機を腕輪の力で察知して転移・・・

あとはまぁ・・・

地力が違う

って事で・・・アーリアが人質にされたりしたけど腕輪のビッターン能力でなんとかして
結構あっさり撃破・・・

グリードの仲間のファラの幼馴染の魔法使いを眠りに付かせた敵も
彼女自らの手で撃破できたし・・・めでたしめでたし・・・って感じでした。

何気にここにきてアーリアがモブから

勇者に救われるお姫さま

って感じになってるのがなんとも面白いですね・・・さすが『勇者の婚約者』
ジョブチェンジすると巻き込まれる事件も一味違うのか・・・

この後の流れは・・・詳しくは書きません・・・読んでください・・・とりあえず

ハッピーエンド!

である事は間違いないですね・・・
アーリアグリードにはこの後にもう1度、求婚とそれにまつわるちょっとしたアレがありますが
まぁ・・・ここからまた引き伸ばすって事には当然ならなかったし
主要キャラはおおむねみんな・・・幸せなその後を送ったって感じで終わってますね

レン・シロサキの夢についてもフォルトゥナートがその考えに同調して
その後、ルファーガとともに色々頑張って成し遂げて・・・
フォルトゥナート自身も幸せな生活を手に入れて・・・と・・・・

いやぁ・・・よかった・・・

明確に不幸になった!って描写は魔王の真意とかまったく読めずに
ただ復讐を優先して後先考えられなかった幹部2人とティアナくらいでしたしね・・・

腕輪のストーカー垂涎の能力とかが実は今回の事件を想定して作られていて
ビッターンですら解決に役立ったりと・・・必要な能力だったのか・・・って驚きましたけどね・・・
なにはともあれ・・・よかったです。

グリードアーリアがどうなったかは・・・実は表紙見ればわかるんですけどね
1~3巻までは

アーリアを愛おしそうに見るグリードと困惑したり照れたりしてるアーリア

って感じでしたけど今回のは↓の通りですからね・・・まじよかった

レン・シロサキの話とかもうちょっと掘り下げてほしかった気もしますけど・・・
そこらへんはやっぱり蛇足になっちゃうかな?
明らかに現代から召喚されたっぽくてスマホとか駆使して勇者のサポートして
そして世界の行く末を憂いて・・・変革するための種子を残し
その行く末を友人に託して・・・いつしか世界から消えた彼・・・やっぱり気になるところ

なにはともあれ・・・面白かったです。

そして何気に・・・グリードが最後まで無警戒だったルイーゼ姫がある意味で
一番のライバルだったんじゃないだろうか・・・アーリアからの関心を巡る・・・

最後に一文。

物語を締めくくった言葉・・・
定番中の定番だけど・・・だからこそって事でこれで。
グリードアーリアがその後、どうなったのかを凄くしっくりと説明してるので。

まぁこの後にもう1つのエピローグがあるんですが。

”─そして二人は、いつまでも幸せに暮らしました。”

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
勇者様にいきなり求婚されたのですが〈4〉 (レジーナブックス)勇者様にいきなり求婚されたのですが〈4〉
(レジーナブックス)

(2013/12)
富樫 聖夜

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。