スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世の学園戦区(ネクスト・ヘイヴン) 2

あらすじ

“人外”吸血鬼・シュルヴェルトとの激戦から数日
―平穏を取り戻したショウは、吸血鬼の末裔・レディを班室に呼び、事情を聴きだそうとしていた。

が、突如、主城のメイドと名乗る女が現れ、主城を連れて帰ると宣言。
後からやってきたフミカは宣言破棄を求め、対決を申込むも・・・異能力の使用を禁止!

公正な判定を求められたショウは、料理対決に、モデル対決!?バニー、ナースに包帯衣装!?
2人に翻弄させられ―!!

一方で、学園最強の霊能力者・カナメから、メディの正体をバラすと脅迫を受けるショウ。
引き換えに要人の護衛を依頼され、再度の“人外”戦。自らの宿命に、血の原点を知ることに!?

感想

新世の学園戦区の2巻

表紙は前回、主人公が助けた吸血鬼との混血であるレディ

さて・・・唐突だったんですが・・・

最終巻です!!

うーん・・・これは・・・打ち切りって感じなんでしょうか・・・
設定とか好きなんですけどね・・・残念・・・

さて・・・前回の話では主人公のショウは子供のころに母親を『人外』と呼ばれる怪物
その中の『吸血鬼』に殺され・・・復讐を誓い、幸いにもほかの人間にはない才能が

魔術・霊能力・超能力の本来ならどれか1種類しか使えない能力の全てに適正があるとわかり
訓練に集中していたんだけど父親と姉から無理するな・・・幸せになれと説得され受け入れ
復讐を諦めていたんだけど・・・幼馴染のネイに学校で行動する班に誘われ
仲間集めを手伝い・・・さらに『吸血鬼』との混血であるレディを助けたりと
戦いの中心に巻き込まれていき・・・最終的にレディを狙っていた『吸血鬼』を倒すために
隠していた己の3つの力を全て解き放って融合させ撃退した・・・ってのが前回

学園の理事長とか『人外』を駆逐するためにショウにはぜひ復讐を頑張ってほしいとか
なんかきな臭いなぁ・・・って感じだったんですが・・・

メイドが来た(いや、妹だ!)

男装の麗人登場!(にぱっ!!)

駄目だ・・・この大人たち(ただし一部、超いい人)

男装の麗人の弟、暴れる(姉を解放したいシスコンの暴走)

俺に選択権はない(いや、お前がリーダーだ!)

あれ?自分も『人外』枠?(いや、それ言った奴の性根が『人外』だ!)

って感じになってました。
()内はツッコミです・・・

今回はあらすじのとおりに・・・学園最強の霊能力者であるカナメから
ショウを自分の班に・・・と誘いがあってそれは断ったんだけど
レディの正体を知ってるから・・・と脅され彼女の頼みを聞くことになり彼女の家へ

心配したアキラもついてきて・・・だけどネイフミカは意固地になって・・・って感じで
班はバラバラ・・・どうしたもんか・・・って感じだったんだけど・・・

あれ?カナメの口封じ完了!?

カナメが部屋でアイドル衣装でポージングしてるのをショウが目撃

これは・・・恥ずかしい・・・

ってかこんなキャラだったのね・・・カナメ・・・
これ今回で終わりじゃなかったらサブヒロイン入りしてたかもしれないなぁ・・・
まぁこれをネタにレディの事は秘密って事で話はついたんだけど
それはそれとして・・・カナメが大変そうだし、脅してつれてきたと入っても
その対応は誠実だし苦しそうだったから・・・とショウが協力を約束

いや・・・それフラグ・・・

しかも秘密のはずのレディの情報を誰がカナメに教えたのかも教えてもらって・・・
まぁここらへんはね・・・予想通りだった・・・

ただここから・・・なんていうか・・・敵の動きが・・・

胸糞悪い・・・

って感じなんですよね・・・直接戦うことになった脅威の方がまだ
理由がストレートでいいと感じたくらいに・・・

前回のラストでアキラと間違えてショウに抱きついたアキラのメイド・・・というミラン
彼女はアキラの父親の命令でアキラを連れ戻すために来て・・・フミカと勝負・・・って展開になり
なんか張り合っていたわけなんですが彼女が誘拐されアキラは敵の言う事を聞かざるを得ず
カナメの家の人間が仕える詠という3つの力のどれにも当てはまらない力を持つ少女と
彼女が封じている『人外』の封印を解こうとしているカナメの弟ナギサの手伝いをさせられる事に
なるんですが・・・まぁこのナギサも・・・いろいろとわかりやすかったですね・・・
当のカナメとかは最後にようやく気づいてましたが・・・

↑で書いたアイドルの姿を目撃するように仕向けたのもナギサだし
ミランを人質にしつつも協力者が彼女を傷つけようとしたら何かしら理由をつけて止めて・・・
セリフの端々に姉のことを心配するセリフがある・・・

うわぁ・・・明らかに悪人じゃない・・・

実際は詠やカナメ『人外』の封印って役目のために家に縛られるのが嫌で
解き放って自由にしようとしたみたいで・・・封印の解き方もまた強引
アキラの力・・・ステルス戦闘機の攻撃で無理やり封印の祠を破壊してまわるというもの・・・

確かに・・・護衛とか結界とか意味ないかも・・・
さすがに重火器による爆撃には耐えられんよね・・・ってか

やっぱ物理最強か!?

覚醒状態のショウでも実はアキラが本気になったら駄目なんじゃないだろうかコレ・・・

そしてここからが胸糞悪いこと・・・復活した『人外』は自分を封じていた一族である詠を
殺そうとして・・・その本性を・・・九尾の狐というトンでも大物な正体を見せて
襲い掛かってきたんだけど・・・

相手が『人外』であること

が発動条件であったらしいショウの力で撃退・・・今回は仲間たちにも目撃されて
その凄まじさを見せ付けたわけですが・・・

これも全部計画のうち

カナメレディの正体を教えてこの場所に導き
ナギサに手勢を貸し与えて
どうにか防げた封印の解放も自らの手で破った

それが理事長である在世羅のやったこと・・・
この女も『魔女』という『人外』と戦ってきた一族の存在みたいだけど
彼女はショウのような力を持つものを『古きもの』と呼び・・・実質『人外』扱いで
ショウの人権とか欠片も考えてない・・・というか考える必要ない・・・ってやつ

ほかにも協力者はいるみたいだけど全てショウの力を覚醒させて
それを今後の『人外』への対策に利用しようとしていたみたい。

それまでならまだ悪党・・・くらいなんだけど目撃者であるネイ達の記憶を消すとか
逆らうならつぶす・・・とかまでくるともう屑・・・あんた理事長ですよね・・・

1巻のレディが学園にきてショウと知り合って『吸血鬼』を呼び寄せたのですら
全部彼女の仕込だったみたいだし・・・最悪ですね・・・

ただ結局、彼女の作戦を全て台無しにしたのは彼女が可哀想なはぐれ吸血鬼と馬鹿にした
レディの存在でしたね・・・

ショウの力は『人外』にしか発動せず・・・相手が人間の姿に変異しても失われる
だからレディショウを覚醒させるために自らの『吸血鬼』としての力を解き放って
在世羅と組み合うことで自分ごとショウ在世羅を攻撃させるという・・・荒業に・・・

あれ・・・いいのそれで・・・

ショウがここでどうにか力を制御して・・・とかならよかったんですが
そのままざっくり・・・結果的には在世羅は重傷を負いながらも生存
捕まったけどすぐに逃亡・・・レディもエピローグで笑顔を見せていたから
大丈夫だった見たいだけど・・・

使いずらい・・・これは使いずらい・・・

まだまだ・・・問題がある力ですね・・・これ・・・
っていうか九尾の狐が人間の姿のまま終始攻撃してきてたら負けてたよね・・・

最後はいろいろ利用されたけどやっぱり青春を謳歌するために学園に戻ることにして終了

事件前にはネイとデートしてすごくいい感じで・・・メインヒロインの面目躍如って感じだったし
この二人の仲は・・・もう鉄板って感じだったけどレディとの関係も気になるところ

アキラフミカといい感じだしミランは離婚した母親についていった実の妹だったという
オイオイ・・・って事で特に問題はなかった・・・というか父親に転校させられそうになったけど
今回の事件で自ら助けに来た父親にきっちり自分の意思を伝えて・・・
父親のほうもショウ達の人柄や息子の決意を見て取ってそれを認めてたし・・・

マジいい大人

って感じで・・・アキラの父親はまじ在世羅とかと違ってまともな大人でしたね・・・
転校も1巻で息子が怪我したから危険な世界から遠ざけたかったみたいだけだし。
アキラが脅されてFALで封印を破壊してるのを知ってFALの権限を止めたけど
ミランが人質ときいてすぐに解除することを決定してたし・・・マジでいい親でもある
ショウとかに力を利用されないように気をつけるように助言したりしてたし・・・
考えてみるとショウの父親とかも子供思いのいい大人・・・なのになぜ
こっちの世界関係者は軒並み屑なんだか・・・

アキラネイから班のリーダーを頼まれ、能力者を使う立場の一般人であり
だけど自分達のこともきちんと考えてくれる彼だからこそ使われたいと
ショウ達のほうから思える指揮官・・・って事で彼が選ばれたみたいだし
やっぱり・・・彼は『王の力』を持っていたって感じでしたね。
ある意味でショウとは別の意味で大きい力を持っていたのが彼

だけど・・・うーん・・・在世羅が逃亡したり班の体制が固まったり
ショウの決意とかがより固まったりしたんだけど・・・

これで終わり

やっぱり残念だな・・・フミカのキャラの掘り下げとかも読みたかったし
カナメの今後とかも気になるし・・・何よりレディの白髪である理由とか
『人外』と同質らしいショウの力の根源とかも謎・・・やっぱり不完全燃焼ぎみだなぁ・・・
残念。

最後に一文。

この本の最後の一節

なんとなくいい感じだったのでコレで・・・
レディのセリフとかショウのセリフとかいろいろ候補はあったんですけどね・・・

       ば し ょ
”この戦区で、僕たちは青春を謳歌する”

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。


新世の学園戦区2 (富士見ファンタジア文庫)新世の学園戦区2
(富士見ファンタジア文庫)

(2014/01/18)
来生 直紀

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。