スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイスクールD×D 17 教員研修のヴァルキリー

あらすじ

「イッセーくん、…わ、私の彼氏になってください」

ある日、ロスヴァイセさんから突然こう告白された俺、イッセーこと兵藤一誠。

ええーっ!?どうした?何があった?

グレモリー眷属女子たちが大混乱の中、ソーナ会長が計画する冥界の新しい学校の講師として
招かれたロスヴァイセのおばあちゃんが、兵藤家にやってきた。

どーやらあの告白は、このおばあちゃんの来日に関係がありそうなのだが・・・。

悪魔な学園ラブコメバトルファンタジー、この事態はたして収拾つくのか!?
―とにかく今回も、派手に決めるぜっ!

感想

ハイスクールD×Dの17巻

表紙はロスヴァイセ
何気にソロで表紙は飾った回数が2回目なのは彼女が3人目
残りはリアスと朱乃なのでさすが年長組って所でしょうか。

ソロじゃなきゃリアス&アーシアが多いんですけどね

さて・・・今回なんですが・・・

ロスヴァイセ回・・・ついに彼女も陥落

サイコシスコン、マジ怖い

燃える漢の戦い!

ファーブニル・・・こいつ早く何とかしないと

裏切りの皇帝!?

って感じでしょうか・・・

今回は予告されていた通りにロスヴァイセ回であり・・・彼女が中心であり
そして・・・前回存在が明かされた『666(トライヘキサ)』に関しても
今後は彼女がキーになっていくという・・・さすがにちょっと予想外でしたね・・・

ただ予想通りってものもあり・・・

ロスヴァイセ・・・お前もか・・・

って事でまぁ・・・うん・・・一誠に惚れました・・・っていうかとっくに惚れてたのかなこれ・・・
最初はあらすじにあるように祖母がソーナが中心になって作った冥界の学校
どんな子供でも通えるレーティングゲームの学校、そして『666(トライヘキサ)』を研究する
魔法使いによる会合があるって事で講師兼魔法使いとしてロスヴァイセの祖母が来るって事で
ロスヴァイセ一誠を自分の彼氏だと紹介するための・・・って感じの・・・
まぁ彼氏のフリからの・・・っていうラブコメ王道展開だったわけなんですが
明らかに・・・

最初から好感度高い

んですよね・・・一誠、爆発しろ・・・

一緒にお風呂に入るシーンがあり(←ここでもはやなんかおかしい)
そこでロスヴァイセの過去・・・彼女が一族特有の魔法が苦手で
でも逆に別方面・・・特に攻撃魔法に関してはずば抜けていて・・・
才能はあるけど望んだものでも望まれたものでもなく
だからといってそれを誰かに責められたわけでもなく受け入れられて
仕事も十分すぎるほどエリートコースと言える道を歩んできて
そこでも有能ではあったんだけど・・・だからこそ

自分の進むべき道がわからない

という中途半端感に悩まされていたみたい。
ただやっぱり才能はあるみたいで祖母がしていた研究と同じものをして
そして独自のアプローチをした論文を考えていたみたいで

『666(トライヘキサ)』の封印術式

という皆とは逆のアプローチをしていて・・・彼女のこの研究が『666(トライヘキサ)』
復活させるのにも有用だと思われたのか敵であるユークリウッドが自らスカウトに来るくらい
まぁ・・・うん・・・その真意は

シスコン

だったからなんですが・・・ユークリウッドにとって姉であるグレイフィア
尊敬する存在だった・・・だけど彼女は自分たちが仕えるべき『ルシファー』ではなく
別の『ルシファー』・・・サーゼクスと恋に落ちて結ばれてしまった・・・
それだけでしばらく引きこもりになっててくらいショックを受けたみたいで
ずっと

悪魔って何?

って考えていたみたいで・・・だからこそリゼヴィム

『悪魔=悪でなければいけない』

という考えを1つの案として受け入れ・・・さらに一誠の冥界における
ヒーローのような姿を・・・子供たちに見せている彼の行動に関しても認めていて
グレイフィアが自分の意志を優先したこともあって

なら自分も好きなことをしよう。そうだ悪を見せつけよう!

というぶっ飛んだ発想にたどり着いてしまったみたい・・・なんでやねん・・・
リゼヴィムが全て正しいとしているわけではない・・・だけど正義ってのは受け入れられない
でも一誠のように行動で人々の指針になるって部分はリスペクト・・・歪みまくってます・・・
だからこそ『赤龍帝の籠手』のレプリカを使ったりしてるのかも・・・

さらに根底がシスコンなので・・・ロスヴァイセの髪の色が銀髪で姉に似てるから・・・と
彼女自身にも興味を持って欲しがって・・・

あー・・・これ当て馬だ・・・

って感じがでたとおりに・・・ぶっ飛ばされましたね・・・ええ・・・
すでに心が壊れちゃっていてまっとうな思考ができなくなってる感じもあったんですが
彼のこの行動が一誠ロスヴァイセを守る・・・と強く意識させて・・・
ロスヴァイセが自分の価値に悩んでいて、利用されそうになったら自分ごと殺してくれという
悲観的な意見も出てきた事もあって・・・逆に一誠は燃え上がり・・・

ユークリウッド、フルボッコ

でした・・・ロスヴァイセを連れ去ろうとするとか・・・自分の姉になってくれるかも・・・
とか・・・なんかもう色々とアレなキャラでしたね・・・

一誠はこの戦いの中で前回得た『白龍皇の妖精達』をさらに進化
白の『反射』『半減』アルビオンの能力に加えて
赤の『倍加』『譲渡』ドライグの力も反映できる事になり

相手の攻撃を倍加して反射

複数一気に自身の力を倍化して譲渡

などができるようになり・・・禁手状態のユークリウッドを圧倒
さらにラストは自分の力を多重倍加からの譲渡によって一気に高めて・・・

ロンギヌス・スマッシャー

神すら滅ぼすとされる一撃をついに自力で撃てるようにもなり・・・
孫悟空からの修行で地道にパワーアップもしていた事もあって
あのグレイフィアの弟にして地力が一誠を大きく上回る上に
レプリカとはいえ同じ『赤龍帝の鎧』を纏っていたユークリウッドを撃破
登場のしかたとかネームバリューにわりに・・・なんか凄くあっさり倒せました・・・
まじ当て馬状態・・・微妙に肩透かしを感じたくらい・・・

ちなみにユークリウッドは捕縛され、ラストはサーゼクスが彼を訪ねて
会話するシーンがあったくらいなので・・・今度どうなるかは不明
っていうか信念がなさ過ぎる上にやってる事も悪い事なので
一誠も容赦なく・・・特に今までのような脅威も感じなかった様子でしたし・・・
こいつこれからどうなるんだろうか・・・
っていうかここまでシスコンで歪んでるとグレイフィアがお願いしたら
あっさり寝返ったりしそうで怖い・・・怖すぎて使えない気もえうが・・・

ロスヴァイセ一誠に惚れたみたいだけど他のメンバーみたいに
ぐいぐい押すタイプではなくすぐ照れたりする清純タイプで一歩引いたポジションみたい
ただあとがきでは他のメンバーが見てないところで・・・って感じになるみたいだし
新鮮といえば新鮮なヒロインなのかも・・・最近ヒロイン勢のアピールがぐいぐい来てるからね・・・

朝起きたらアーシアレイヴェルが腕を抱いて寝てたりとか・・・
もうシスター属性どこいった・・・とかお嬢様キャラどこいった・・・って感じだし
アーシア含めた教会トリオも何気にムッツリだし・・・

あれ?ロスヴァイセさん、一番乙女っぽい!?

って感じになってる気がする・・・いや・・・うん・・・一誠、爆発しろ。
ロスヴァイセも今回の一件とかで自分の家系とは違う魔法でも
誰かの役に立つから無駄ではないという祖母の言葉を実感できて
吹っ切れた感じもあるし・・・よかったのかな?

今回は他にも色々な展開があって・・・というか長々とロスヴァイセについて書いたけど
実はそっちよりもこっち・・・バトル関連の方が濃かったんですけどね・・・今回・・・

敵は空中都市とソーナ達の夢である学校を同時に襲撃
才能がないゆえに今まで学ぶ機会がなかった子供達に希望を与えられるとして
同じような境遇だったサイラオーグも講師として来て体術を教えていて
自分の生きる意味はこのためにあった・・・とかまで言って乗り気であり
元士郎も自分を『先生』と慕ってくれる子供たちを見て将来の夢を確固のものにしてたのに
そこを襲ってきたわけで・・・迎撃側のテンションは最大であり

元士郎がぼろぼろになりながらもグレンデルと対峙して・・・そこにサイラオーグ合流
タフなグレンデル相手に一誠と二人で猛攻・・・とか

なにこの燃える展開・・・

って感じでしたね・・・ぶっちゃけグレンデル元士郎がやられていた時に

これは来るか!

って思ってたんですが外れ・・・今まで話にでてきていた神滅具『紫炎祭主による磔台』
の使い手であるヴァルブルガによる攻撃でサイラオーグが重傷

悪魔に対して致命傷を与える炎とか・・・相性が悪すぎで・・・しかも当人が被虐趣味

それでもグレンデルサイラオーグ一誠の奮闘、そして『小猫・白音モード』によって
宝玉に封印する事で完全撃破に成功

ヴァルブルガはみんなを苦しめるために学校を狙いソーナロスヴァイセが身を挺して守ろうとして
ピンチに陥ったその時・・・ようやく・・・

バランスブレイク  マーレボルジェ・ヴリトラ・プロモーション
『禁手・罪科の獄炎龍王』

邪龍すら容易く呪殺するヴリトラと融合した元士郎の新しい力・・・ようやくって感じでした。
一誠に対する劣等感を乗り越え守るべきもののために・・・とか能力はともかく正義の味方してましたね。

燃える展開でした・・・

そして・・・今回のギャグ要素・・・

こいつもう手遅れだ・・・パンツドラゴン

ファーブニル・・・やつです・・・やつが・・・またとんでもないものを・・・
子供たちを乗せるという学校でのイベントの時もアーシアにパンツを要求
アーシアの精神が色々とやばい事になっていたんですが・・・

前回の話で一誠『白龍皇の妖精達』を会得して『反射』が使えた
でもそれは『神器』に反映されなかった封印前のアルビオンの力
だからもしかしてまだ力を引き出せるのでは?とドライグアルビオン
まだ過去の使い手の残留思念が残る『白龍皇の光翼』の中へダイブ
それに協力するためにヴリトラファーブニルも呼ばれ
過去の使い手たちが風評被害を受けたと『赤龍帝』を嫌ってるからと
説得に向かったんですが・・・ファーブニルのおかげで無事説得成功

ああ・・・こいつらもか・・・

って事で『ヒップライン』だの・・・『くんかくんか』だの言いつつ
和解に成功したみたい・・・
さらに戻ってきたファーブニル

ディアボラ風アーシアたんのおパンティー揚げ

というのを料理番組風に初めて・・・なんか邪龍たちも影響受けてて・・・
アーシアの精神負担がなんかもうすごい事になってた・・・

これあれだよね・・・アルビオンの精神も心配・・・
あれ?俺の過去の使い手たちがなんかおかしくね?
って感じで・・・そしてヴァーリはどういう気持ちなのか心配・・・
やつまでおかしくなったら・・・

っていうか誰かそのドラゴン早く始末しろよ!?

ドラゴン勢はみんなしてヤツは変わってしまった・・・とか言ってたけど
もはやアーシアの精神を破壊しにきてるよコイツ・・・何してんの・・・

そしてラスト・・・まんまと空中都市を奪ったリゼヴィム
今回の一件で彼に協力したのは学校にも協力的だったレーティングゲームの現チャンピオン
『皇帝』ことディハウザー・ベリアル

ただ・・・本当に裏切ってるかはわからないし・・・彼がリゼヴィムに協力したのは
彼の力を借りて調べたい事案があり・・・それはイリナの父親が関わってる模様
って事で次回は必然的に

イリナ回

って事になりそう・・・冬休みに天界に行くって話もでているみたいだし
子供の頃にイリナ一誠はクリスマスに関してなにか『約束』をしてるみたいだし
いよいよ・・・イリナもヒロインの一人として目立つときが来たのかもしれない・・・
一応、今回の話では羽の数が4枚に増えて天使として成長したって話はでてたんだけどね・・・

この他にも一誠が二人きりのときはリアスとため口を・・・って事になったり
ゼノヴィアが来期の生徒会長を目指す事を宣言したりと・・・色々な変化もありそう。
オカルト研究部も新しい部長を決める時期みたいだし・・・

あとは・・・一誠ルフェイが正式に契約したとか・・・
今回のピンチのとき・・・どこからともなく『黄昏の聖槍』が飛んできて
敵の結界を破壊・・・正式に彼が戻ってきた事を知らされたりもしてたけどまだ未合流
こっち関係も色々と楽しみ

さて・・・楽しみに待っていようかと。

最後に一文。

サイラオーグの言葉

他にも色々とあったんですけど・・・これが妙にグッときたので
滅びの力を継承する家系の直系に生まれながらその力を受け継いでおらず
それでも他で補おうと自分を苛め抜いた結果・・・その成果で認められた

そして今回の学校で才能がないからと学校に通えない子供達に
自らが得たものを教える事でようやく自分の生き方を認められたと感じでいた

そんな彼がその学校を破壊しようとする相手にこのセリフ・・・
これぞ滅びの大王の直系!って感じでした

「──お前を滅ぼすためだ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ハイスクールD×D 17 教員研修のヴァルキリー (ファンタジア文庫)ハイスクールD×D 17
教員研修のヴァルキリー
(ファンタジア文庫)

(2014/02/20)
石踏 一榮

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイスクールD×D17 教員研修のヴァルキリー レビュー

グレモリー眷族の女性陣の中では、唯一イッセーを巡る恋愛関係から距離を置いていたロスヴァイセですが、そのロスヴァイセがイッセーに彼氏になってくれと言い出す所から物語は幕 ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

他のヒロインがエロエロになっちゃってるせいでロスヴァイセのウブなデレが新鮮で凄く可愛いかったです。
今回でかなり好きなキャラになりました。

アーシアの件

ファーブニルの変体要素は今に始まった事でもないけど

でも・・・まあ・・・万が一なんだけどアーシアがファーブニルと合体(バランスブレーカー)に至ったら

アーシア最強になると思うんだが

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。