スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機巧少女は傷つかない 13 Facing "Elder Empress"

あらすじ

機巧魔術―それは魔術回路を内蔵する自動人形と、人形使いにより用いられる魔術。

硝子奪還から五日。

夜々を労りながらも夜会の再開を待つ雷真に、
神性機巧に関わる秘宝“要石”を奪還せよ、との学院長の密命がくだる。

急ぎ捜索を始める雷真だが、
硝子、さらには夜会を競う相手“女帝”ソーネチカまでもが襲撃され、状況は錯綜。

一方、夜会は最終幕に突入。
ロキを含めた残りの手袋持ちは薔薇の陰謀に巻き込まれ、
戦いは観客の予想しなかった方向へ・・・!?

シンフォニック学園バトルアクション!

感想

機巧少女は傷つかないの13巻

表紙は『雪月花』『雪』いろり『花』小紫

前回の話で硝子の謎の行動とか死にかけていた夜々の復活
危機に陥った学園・・・さらには英国王室のいざこざとかが片付いて
ようやく平常運転で『夜会』が再開・・・と思われていたんですが

残り10日で結果がでる

夜々の寿命は別に復活したわけではなく、いまだに危ない状況で
これまで通りに戦ったりすれば衰弱する一方・・・彼女を助ける方法はただ1つ
夜々『神性機巧』にする・・・という奇跡に縋るようなものであり
その縋る先も『魔王』の傍らにいるのが『神性機巧』らしい・・・という予言の言葉

でもそれしか方法はないし・・・前回の一件で『結社』『紅薔薇』に登用されたって事で
魔術師協会に連れて行かれた硝子の身柄を『魔王』なら特権を使って引き取れるし
同じく特権を使う事ができれば自由に研究ができるから夜々を治す方法も
見つけられるかもしれないって事もあって・・・目指さざるを得なくなる事に。

今までは雷真にとって『夜会』マグナス・・・おそらく兄・天全であろう彼を殺すための
手段であり彼に復讐できるのであれば『魔王』の立場も別に必要なかったわけですが
ここにきて・・・是が非でも必要になったわけですね・・・
しかも根が優しすぎる雷真にとっては復讐のためにではなく

大切な誰かのために

って目的によるものであるからして・・・今までよりは彼に向いている気もしますね。

それにしても・・・ここらへんの話をしていた時の硝子はなんていうか・・・

柔らかく・・・優しくなった

って感じが凄くしますね・・・前回の一件で過去の事とか色々とふっきれて
自分の正体についても雷真に明かして・・・それでも受け入れてもらった事もあって
雷真への好感度もすげー高い・・・日本に帰れないしそのまま雷真の部屋で一緒に暮らそうかしら?
とか言っちゃうくらいだし・・・娘たち3人に・・・夜々たちの髪を整えてあげたりと
凄く素直になった感じでしたね・・・彼女を連行に来たキンバリーの嫌味にも
まっすぐ謝罪して笑顔を見せたりしてたし・・・多分こっちが本当の彼女なんでしょうね・・・
今までは父親に認めてもらいたい、父親の技術を認めてもらいたい、父親の敵を討ちたい
って想いのせいで変な風に歪んでしまっていたけど・・・きちんと彼女の優しさは
娘たちに伝わっていたって事なんでしょうけど・・・ここまで可愛くなるとは・・・
っていうか当初から雷真硝子を意識しまくってたわけで・・・他のヒロインからしたら
強敵過ぎる相手なわけですが・・・どうなるのかな?

魔術師協会もぶっちゃけ硝子『結社』に入り込んだ理由はわかっているし
お互いに利益をだしあえる関係で味方になれるって思っているらしく
硝子を粗末に扱うようなことはしなさそうな雰囲気で・・・怪しい組織ではあるけど
何気に・・・今回の話を読んでるとスゲーいいものっぽい感じ・・・
裏がないとは言えないけどね。

そして『夜会』・・・物語開始時には残り五日になっていて
クライマックスが近づいている感じでありルール変更もあって
残りのメンバー

雷真

シャルロット

ロキ

フレイ

日輪

ソーネチカ


の6人でバトリロイヤルを行い勝ち残った1人がマグナスと対戦するって状況に

その状態の裏側では雷真が学院長であるラザフォードから夜々を助けられる手段の1つを引き換えに
かつて彼が学園の地下から持ち出して硝子に渡した石の奪還を命じられたり・・・

ソーネチカが襲われているのを助けたり

硝子キンバリーが襲撃を受けたり

参加者6人・・・そのうち5人を現存する『薔薇』がそれぞれ支持して
勝った人間が前回死んだとされる『金薔薇』の地位と『神性機巧』を手に入れる
という賭けをしだして・・・5人にそれぞれ脅迫のような手段で
『夜会』を勝ち進むように強制したり

と・・・

うわぁ・・・もう純粋な戦いになりやしない・・・

って感じになっちゃってますね・・・
しかも雷真夜々の体が心配で消極的になってしまっていて
戦いにも基本的にいろりor小紫を連れて挑んで時間稼ぎとか・・・
ソーネチカが襲われた場面を見ても警備の人間にまかせようとしたりと・・・

そんなの雷真らしくない!

夜々に言われて結局動く事になるんですけどね・・・
再開された『夜会』1日目ではシャル&日輪・ロキ&フレイがタッグで
雷真を襲ってきたけどそれも全員が夜々の寿命に気づいていて
雷真たちをこれ以上戦わせないためであり・・・敵討ちに関しては
『夜会』が終わってから自分たちも手伝ってすればいい・・・と考えている模様

お前ら・・・めっちゃいいヤツだな・・・

って感じだったんだけどね・・・それも『薔薇』の干渉のせいで変な感じに

ロキ『黒薔薇』からフレイの蘇生が一時的なもので
彼女の力がなきゃまた・・・と言われて協力せざるをえず

シャルロットはおそらくアンリエット関係で前回の話で失脚したはずの
『銀薔薇』からなんか言われてる感じ

日輪は・・・『紫薔薇』が賭けたみたいなんだけど彼女の場合は
シャルロットが自分の恋敵であると理解してしまい
シャルロットのような素敵な女性に比べて自分は・・・とか考えてしまい
もし自分が雷真に一番に愛してもらえないなら・・・とか発想が言ってしまい
それによって連携に溝が生まれてしまっていた感じ

雷真雷真『金薔薇』代理・・・みたいな感じの状態のエドマンド
今はもう国王に即位した彼の賭けの対象になっていて
利用されたくないと思いつつも彼がくれた情報が『結社』側の一連の賭けの事などを
決めた会議の録音テープなどを渡されたことで完全に関係を切ることもできず
基本的に雷真の自由に動けるんだけど結果的に利用されている感じに・・・
まぁこの組み合わせだけすげー個人的な好意によるものなんだけどね・・・
男から男への・・・うん・・・微妙だな・・・

ただ・・・全員反意はある

ってところが良いよね・・・状況は悪いけどお互いに心の底では
繋がっていて信頼しあっているという・・・
日輪だけ・・・ちょっとヤバイ感じですけどね・・・
こういう状況であまり仲良くできないのでシャルロット日輪から拒絶されたときは
何気に雷真はショック受けてたし・・・なんだかんだでこうなるとは思ってなかったみたいだけど

そしてソーネチカ・・・

13巻でまだヒロイン増えるとか・・・どんだけ!?

彼女はやっぱりロシア皇室の皇女であり・・・危機に陥っている祖国を救うために
王族として『魔王』になる事で国民からの支持を得ようとしている女の子

その一方で戦うのが大好きな脳筋なんだけど・・・

卑怯な手段は嫌

という至極まっすぐな性格で・・・雷真からしたらとても好感が持てる相手だったみたい
ただ祖国の状況とか『薔薇』に狙われたりした事もあって最初は雷真の事も
警戒したりはしてたんだけど・・・

脱いだり・・・同じ部屋で就寝させたり

と・・・わりかし最初のうちから気を許していた感じはありましたね・・・
そんな彼女は雷真と組んで『夜会』に参加

硝子が誘拐されたって事でそっちの救助に向かわなくてはいけなくなった
雷真の代わりにフレイ日輪シャルロットを相手取り

1対1の決闘

を観客の前で宣言して連戦という無茶までやったくらいで・・・めっちゃいい娘

フレイとの戦いは彼女の成長を認め・・・その上で下し

日輪は明らかに本調子じゃなかったけど最強の式神できたけどあっさり撃破

となって・・・最近ライバル視していたシャルロット・・・
入学当初は能力低くて気に入らなかったみたいですが今の彼女なら・・・って事で
かなりノリノリでしたね・・・ただ残念なのは・・・

最後まで正々堂々戦えなかったこと

でしょうかね・・・ソーネチカの魔術はかなり凄いものだったらしく
過去に自分が使った人形に起きた現象を『回帰』することができるというもので
過去に大きさが違えばそれを『回帰』する事でサイズ内で伸び縮み
過去に兵器を搭載してれば『回帰』すればそれが使える
過去に今と違う魔術回路を搭載してれば『回帰』すればそれが使える

という感じで・・・かなりデタラメだったんだけど・・・
彼女自身すら知らない武装を彼女が前から知っていたかのように使い始め
徐々に自分自身が戦っているのではないように思えてきて・・・

自ら手袋をはずして敗北を選ぶ

という結果に・・・なんか凄い残念・・・負けるにしてもシャルロットと全力で戦って
それで・・・とかが良かったよね・・・本人的には・・・
このソーネチカ自身の意識の齟齬の原因は彼女の中にあり

ソーネチカ=灰薔薇シスマ

って事がソーネチカの意識を抑えてでてきたシスマから語られ
ソーネチカがあくまで用意された存在でしかない・・・とかなり嫌らしい感じだったんだけど

そんなわけねー

雷真・・・シスマの魔術が『回帰』の上位・・・『改変』に及んでるのを看破した上で
効果時間などの矛盾を付く事でソーネチカの意識が自分は偽りの存在だと
諦めるのをやめさせ強く意識を持たせる事でついに分離成功

シスマは前に学園の地下で雷真が目撃した巨人を自分のものとして操ろうとしていたけど
そこはシャルロットオルガヴェイロンが協力してくれて弱体化させ
雷真ソーネチカシスマを分離させ・・・とシャルロット以外は新鮮なメンバーによる
連携でしたね・・・

ってか学生間の結びつき強いな・・・

特に上位陣はかなりの絆がある感じですよね・・・まぁ雷真が色々首を突っ込んだ結果
なんですけどね・・・確かにこういうのを考えると今のルールじゃないと
マグナス雷真ハーレムにフルボッコにされる可能性があるからルール変えたの
正解ともいえるよね・・・さすがにルールが一応ある『夜会』でそれで勝ってもどうなの?
って話になるだろうし

これでフレイ日輪ソーネチカが敗北して残りは雷真ロキシャルロットの3人
ソーネチカは何気に雷真になら『捧げてもよかった』って感じの言葉を発したり
次に会うときまでに最高の女になって振り向かせて見せる・・・とか言ったりと
なんかもう完全に雷真に好意を寄せている感じ。
ただ彼女にはやらないといけない事があるので他のヒロインみたいに色ボケになる事は
ないって感じ・・・

最後まで格好いい人だったな・・・

『灰薔薇』『黒薔薇』に始末されて死亡したわけで・・・あいかわらず怖いんだけど
何気に・・・本当に他と比べたら・・・って事になるけどこの人が一番まともっぽいんですよね
いや、あくまで比較してだけど発言が『金薔薇』が大嫌いなのか
実は超ツンデレなのかよくわからんし・・・多分嫌いだと思うんだが・・・

まぁ彼女との決着はロキがつけそうですよね・・・自分の担当って感じだし
同じようにシャルロット『銀薔薇』を倒しそう
っていうかぶっちゃけ『銀薔薇』の場合は

シャルロットが敗北 = 人生オワタ

って感じで前回の事件の犯人としてそのままフェードアウトしそうだから
決着も何もないかもしれないけどね・・

なので問題なのは何を考えてるのかイマイチわからないエドマンド
日輪に賭けた『紫薔薇』

ただこの『紫薔薇』・・・

日輪のばーちゃんじゃね?

って感じがするんですよね・・・硝子キンバリーから聞いた日本人の『薔薇』
そして日輪の部屋に突如現れた彼女の祖母
エドマンドが録音した会議でエドマンドをあしらうそぶりをした『紫薔薇』
あしらい方に覚えがあったという雷真の描写

ここらへんから考えると・・・どうもそうっぽいんですよね・・・
エドマンド『紫薔薇』がどうしても欲しい男・・・と雷真の事を言ってたりしたので
なんか・・・ここら辺にまだ秘密が残ってそうな気がする・・・

『夜会』はあと・・・二日

もうそれだけしかないわけだけど・・・どうやって決着付くんだろうか・・・
楽しみなような・・・怖いような・・・
何せメインヒロインである夜々が爆弾抱えてるようなものだしね・・・どうなるんだろうか・・・

最後に一文。

雷真のセリフ

ソーネチカが誰が見ていなくても太陽が見ているから悪い事はできない
そういって立派に自分の生き方を貫いてきた
そんな彼女に雷真は共感して協力を決めたわけなんだけど
シスマに取り込まれつつあったソーネチカを呼び覚ましたのは
この時、彼女が言っていた言葉

雷真が言ってるので日本式ですけどね・・・似たような言葉があるからこそ
通じ合ったってのもあったんでしょうけど・・・根本的な部分で似てる二人なのかも

まぁこの言葉と共に太陽光を凝縮したレーザーがシスマを襲ったわけで
とんだお天道様からのお仕置きでしたけどね・・・

「違う!そいつはソーネチカ・スニートキナ
 ──ほかの誰が違うと言っても」


「お天道さまが、見てんだよ!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
機巧少女は傷つかない13 Facing 機巧少女は傷つかない
13 Facing "Elder Empress"
(MF文庫J)

(2014/02/22)
海冬 レイジ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。