スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔弾の王と戦姫 8

あらすじ

トルバラン率いる海賊の残党によるレグニーツァ襲撃を受け、
双剣の戦姫サーシャは病身を押して決死の出陣をする。

普段は敵対するエリザヴェータとの共同作戦の下、
消えゆく命の灯火を燃やしながら壮絶な戦いを繰り広げるサーシャの美しい姿は、
見るものにある“伝説上の生物”を連想させた。

一方、ティグル行方不明の報を受けて傷心を引きずるエレンは、
サーシャの危機に駆けつけようと戦地へと急ぐが―。

そして、静かに暗躍するヴァレンティナの企み。
海賊の残党が潜んでいた海岸でエリザヴェータが出会った“ある男”とは・・・?

時代を揺り動かす大きな波に呼応するように、新たなる伝説が生まれていく!
大人気最強戦姫ファンタジー第8弾!

感想

魔弾の王と戦姫の8巻
感想は短めで

表紙は戦姫7人が一周しおわって2週目のエレン

さて・・・前回の話では戦姫であるソフィーを危機から救った事で
フラグが立って・・・同じく戦姫であるオルガが嫉妬したりして
おいおいどこまでフラグ広げるんだよティグル・・・って思ってたら帰り道で襲われて

海に落ちて主人公・・・行方不明?死亡?

って状況であり・・・さらに病床で死が間近っぽい戦姫サーシャ
海賊討伐に出撃する事になり・・・そこを帰り道にティグルを襲った怪物
トルバランに襲われて・・・ってところで終わったわけですが・・・

戦いに勝利し、そして親友に看取られ逝く

サーシャは・・・お亡くなりに・・・これは・・・

残念だ!マジ残念だ!

子供を残したい・・・って思ってたみたいだけどその夢も叶わず・・・
戦姫として最後まで毅然として戦いに挑み、敵を完膚なきまでに滅ぼして
そして静かに逝った・・・凄く切なかったですね・・・

戦場にはエリザヴェータもいて彼女も戦ったけど、彼女はその前の
海賊たちの戦いで疲弊していたし・・・トルバランという怪物の存在も
初めて目にした動揺があり・・・さらにトルバランエリザヴェータ
何ものかと契約して力を得ていることに言及して・・・
それがトルバランの知り合いであり、その契約が下手したら『竜具』から
見放されかねないものだという事を言われて多少動揺したりしてたけど・・・
それでも人間離れした強力でる『砕禍の閃霆』とも呼ばれる操雷の鞭ヴァリツァイフ
振るったけど決定打にはなりませんでしたからね・・・

もちろん海賊との戦いで披露した『竜技(ヴェーダ)』は凄まじかったんだけど
なんていうかこう・・・微妙に他の戦姫と比べると一枚落ちる感じがありましたね・・・
何者かに力を借りて強化してる・・・って部分と彼女自身がそれを無意識かに
感じていそうだ・・・って部分が影響してるのかもしれないし
読んでてそれらが気になってしまっているからかもしれませんが・・・
まぁそこらへんについては感想の後半で書くとして・・・一番の理由は・・・

あまりにもサーシャが強かった!

って事でしょうか・・・元々戦姫3人を相手取って勝利できるくらい強いという
描写はあったんですが・・・命が残り少ない状況下で・・・完全に死を覚悟したうえでの
最後の戦いって意識も当人にあったと思われたせいか・・・

凄まじい

の一言でしたね・・・

『煌炎の朧姫(ファルプラム)』

『刃の舞姫(コルティーサ) 』

という異名通りの圧倒的な剣術の技量と金と紅の炎を纏う戦姫
結果的に彼女はトルバランを倒したわけですし・・・
魔物が完全に倒されたのってもしかして初めてかな?

ただトルバランは長い生のなかで戦姫と何十人と戦っているみたいなので
怪物側と戦姫との関わりや因縁とかは・・・根深そうですが。

その後、サーシャが心配で駆けつけていたエレンと街で再会
最後の話し相手に選び・・・

誰かいい人を見つけて子供を

という自分の夢を親友に託して眠るように息を引き取った・・・

マジかぁ・・・

どうにかなってほしいと思ってたんだけど・・・残念です。

そして上で書いたエリザヴェータの事・・・

かなり傲慢な性格っぽい・・・って印象と子供の頃にあったエレンとの事等で
色々と葛藤があるのはわかっていたんですが・・・

あれ・・・?なんか随分可愛い娘だぞ・・・

って事が判明しましたね・・・サーシャの死は彼女にもかなりショックだったみたいだし
戦闘前のサーシャにあわせてみんなを鼓舞するための行動に赤面する場面とかで
ちょっと印象が変わりつつあったんだけど・・・やっぱり一番彼女の印象を
変えたのはある人物とのであいからですね・・・
サーシャの死を死んだ後に散策していて・・・偶然海賊の残党に襲われていた村人を助け
その中に異常な弓の腕をもった赤髪の青年を見つけ・・・彼が自分の目に対して

昔見かけた猫みたいだ

と自分の立場などを感じ取って綺麗だとか言う普通の人々とは違い
意外な回答で彼女を笑わせた・・・彼の存在によってかなり印象が変化しましたね

ちなみに名前は

ウルス

この後、エリザヴェータに気に入られ彼女の部下に取り上げられ
エリザヴェータ戦姫を継承したときに先代が苦心して集めて育てた
臣下たちが過不足なく揃っていて彼女はそれを引き継いだだけであり、
先代の部下であった彼らは何かと彼女を先代と比べる・・・という状況であり
どうやら自分に自身が持てないような状況だったみたい

戦場ではその強さから自身の力を証明できて、兵達も彼女自身を認めてくれたけど
政務って点では・・・いつもそんな感じであって鬱屈とした状態だったみたいで
ウルスはそんな彼女にとって初めての

自分で選んだ自分の部下

という特別な相手であり・・・色々と気にかけることに
ただ自分の側近にしようとしたら文官から得体の知れないから・・・とか文句出るし
それなら普通の馬丁としてしばらく・・・ってやったらいじめを受けて・・・
ウルスは機転を利かせて反撃・・・

非凡な弓の腕がわかって・・・兵士としての側近はウルスならどんな大金を
はたいても雇う貴族はいる・・・ってくらいだと絶賛したけど
やっぱり贔屓ってみられる可能性が・・・とか文官の文句が・・・と・・・

うわぁ・・・面倒くせぇ・・・

なんかこう自由にできる戦場で暴れてるエリザヴェータの気持ちがわかったかも・・・
自分の領地に自分のコンプレックス・・・『異彩虹瞳』を受け入れてくれたことから
愛着はあるのに・・・先代の臣下たちは自分をつねに先代と比べるし・・・
自分だけの部下・・・を作ろうとしたらみんな文句・・・

可愛いわがまま

って感じなんですけどね・・・まぁ同年代の男女・・・って変な噂が出る可能性があるし
今まで一生懸命働いていた人間を差し置いて重用されたらそれはそれで問題で・・・
そういう前例が作られると今後のやる気にも影響が出るというのはわかるんだけど・・・

エレンとか知った事か・・・って感じで運営していた感じが多かったせいか
妙に生々しくて・・・エリザヴェータが可哀想になってきましたね・・・
これで実際の実力がエレン達と比べると1枚落ちるって事だったみたいだし
コンプレックスとストレスがきつかったんじゃないだろうか・・・これ・・・

ただ・・・ストレスさらに倍加

って事になるとは・・・エリザヴェータも思わなかっただろうけどね・・・
物語の後半・・・ジスタートの王位継承権7位の人が8位の人に殺されかけた・・・として出兵

7位はエリザヴェータが懇意にしていて
8位はエレンリムに色々と教えてくれた師匠みたいな人

国王は8位の人を護ってくれとエレンエリザヴェータに依頼して・・・
エリザヴェータは7位の人を庇いたかったけど・・・ウルスが手柄をたてれば
側近に取り上げられるいい機会だと思っていたんだけど・・・

エレンの率いていた軍と合流したとたんに彼女と言い合いになり・・・

お互い『竜具』を抜いて戦いに

ってことで今回は終了・・・どうしてこんな事に・・・ってのはまぁあれだ・・・

ウルス = ティグル

ってそりゃもうわかりきった真実ゆえになんですけどね・・・

ティグルさん、まじパネェ

でしたね・・・やっぱり・・・海に落ちて弓から聞こえる声の主に助けられたんだけど
その後記憶喪失になり・・・思い出せた名前が父親の名前であるウルスで・・・
そしたらトントン拍子にエリザヴェータに取り上げられちゃって・・・
自分の初めての部下・・・ってことですげー執着を受けるようになっちゃったわけで

記憶喪失なのに戦姫とフラグを立てる

とか・・・記憶とかまったく無関係にいつものティグルでしたね・・・
ラッキースケベがなかったくらいか・・・?
何気にエリザヴェータに出会う前に世話になっていた村でも海岸で彼を見かけた
村娘と思いっきりフラグを立てていて別れ際に悲しまれていたし・・・

ティグルさん、やっぱまじパネェ

って感じです・・・エレンとかは3ヶ月以上経ってしまっていて流石に諦めて気持ちの整理をしつつ
やっぱりどこかで生存を信じたい・・・って感じであり・・・それがマジで生きてて歓喜
でもティグルの様子がおかしい上に・・・仲の悪いエリザヴェータと一緒って事で
最初からかなり辛辣な口調でエリザヴェータを問いただしてましたからね・・・

その他にもリムとかティッタも悲しませていたし、彼の事を報告にブリューヌ王国に行った
外交官は怒り心頭な女王に・・・レギンに拘束されたり・・・
ルーリックや他のエレンの部下たちも落ち込んでたし
前にティグルの指揮する軍の前に撤退し・・・今もブリューヌ王国を狙うムオジネル王国
クレイシュは死を信じず探らせたりと・・・色々な人に影響を与えていたんですが

これ思いっきり戦争になりかねないな

っていう火種になってるしね・・・どうするんだろうか・・・これ・・・
エリザヴェータエレンの話を聞いてウルスティグルであると気づいてしまい
それでも自分のものだ・・・って気持ちは捨てられないみたいだし・・・どうなるんだろうか・・・

流石にこの展開は7位と8位の仲を・・・おそらく毒を仕込む事で仲違いさせた
自身も王位継承権を持ち領内に6位の候補者を確保しているらしい戦姫ヴァレンティナ
予想してないよね・・・きっと・・・これで彼女の願いが打ち破られたりしたら
なんかすげーしょーもない理由で負けた・・・と凹みそうだな・・・うん・・・

ただ・・・今のジスタートヴィクトールが8位の人を王に指名
彼の義兄にあたる7位の人に補佐を命じた事が原因であって
さらに1位とか3位とかの人がかなり怪しい理由で候補から実質外れていることなど
色々と怪しい感じが満載なんですよね・・・これらもヴァレンティナの策謀っぽいかも・・・

ヴィクトールは何気にとしてエレンが言うほど無能ではないけど・・・
ヴァレンティナの動きに気づいてるのか・・・とかそこらへんも気になるところです。

トルバランのような怪物対策として一度戦姫全員で集まって・・・って提案もでてたし
そこらへんについてもどうなるか気になる・・・
ってかもはやみんなティグルを欲しがりそうで別の理由で内戦とか起きそうだよねコレ

サーシャの後を継ぐ戦姫もすぐにでてくるのか・・・とか色々気になるし
早く9巻が読みたいところ・・・ティグルの生存を知らされた戦姫たちとか
ティッタリムレギンの反応とかも楽しみかもしれない

レギンは随分、女王として貫禄付いてきたみたいだし・・・さてどうなるかな?

最後に一文。

サーシャのセリフ

扉絵のカラーイラストでの彼女のセリフ・・・
最後まで立派な戦姫であった彼女なので・・・このセリフがいい気がしたのでコレで
  フ ァ ル プ ラ ム
「煌炎の朧姫。アレクサンドラ=アルシャーヴィン。

 ────参る」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉8 (MF文庫J) 魔弾の王と戦姫
〈ヴァナディース〉8
(MF文庫J)

(2014/01/23)
川口 士

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。