スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と彼女のゲーム戦争 ゲーマーの日常編

あらすじ

私立伊豆野宮学園には、現代遊戯部という名の部活動が存在する。

表向きは現代の遊びを研究するための部活だが、
その実態はゲームで真剣勝負するための部活だった。

あるときは部員同士で、またあるときは他校のゲーム部と、
彼らは日々熱い対戦を繰り広げる。

ゲームメーカー公認!

「電撃文庫MAGAZINE」に掲載された短編に、
書き下ろしの『グラディエーター』短編を加えた、
計5つのエピソードで描く特別編、ここに開幕!

感想

僕と彼女のゲーム戦争の短編集

ナンバリングはないから7巻ではない・・・と思う・・・多分
表紙は宮美(連邦司令官仕様)で・・・『ガンダムオンライン』かな?

電撃文庫MAGAZINE連載分と書き下ろしの短編集になっているので
いつも通り、短編ごとの感想で・・・

・現代遊戯研究部

健吾しのぶまどか瀬名の4人が

『シヴィライゼーション4 ビヨンド ザ ソード』

で対戦する話・・・6巻の感想でも書いたけどおもしろそうなんですよね・・・
6巻では『Ⅴ』でしたが・・・

この作品の姿勢としてやっぱりいいと感じるのは健吾しのぶを意識していながらも
ゲームのときはきちんとわりきって勝負してる事でしょうか・・・

気になる相手だから・・・とかで手加減とかだと一気に萎えそうですからね

もちろんこういうゲームだとなるべく仲良くしたい・・・とかそういうのはあるみたいですが
それでもラストは裏で兵を動かしていてみごと勝利しましたからね・・・

ってか素人って言うわりにやっぱり強いな・・・コイツ・・・

・風のようにやって来る試練

なるほど・・・

風のようにやって来る試練

風 来 試練

風来のシレン


なわけね・・・・・・・・

駄洒落か!?

って事でこの話で話題になるのは

『不思議のダンジョン 風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス』

不思議なダンジョンシリーズはずっと昔・・・トルネコだった頃にやってたけど
シレンは未プレイで・・・全然興味なかったんですが・・・

まさか対戦とか協力プレイができる

ようになってるとは・・・思いもしなかった・・・

なにそれ・・・楽しそう

あいかわらず・・・私のゲームに対する琴線の微妙な部分をついてくる本だな・・・うん・・・
最近時間なくてやりこみ系はあまりできないんで挑戦はできないんですけどね・・・

トルネコの思い出は・・・鉄の金庫を目の前に死亡した事とか
モンスターハウスだ!とか・・・落とし穴で下の階へ
移動したらまた落とし穴とか
なんか変な思い出ばっかあるな・・・なんでだろ・・・
最終的に全部クリアしてお城並みのお店になった記憶はあるんだが
過程とかそこらへんがもはや霧の彼方だなぁ・・・私も年をとったもんだ・・・

あれ?なんか本の感想じゃなくてゲームの感想になってる・・・
まぁメンバーが対戦モードをトーナメント形式で戦って健吾がなんとか優勝って内容なんですが・・・

ちくしょう・・・羨ましくなんてないんだからな!

って気持ちになったくらいだな・・・うん・・・
最近時間が合わなくなったせいか友人とマルチプレイもやってないんでこういう
みんなで集まってわいわいゲームって楽しそうだよね・・・こんちくしょう!

・傭兵は辛いよ

ライバルである駿河坂学園の電子遊戯研究部とオンラインでチーム戦
お題目は

『アーマードコアⅤ』

これは・・・色々と琴線に触れる作品だな・・・おい・・・

ロボット対戦もの

ってのはやっぱりそれだけで燃えるからねぇ・・・
一応シリーズは『2』だけプレイした事があるんですけどね・・・

強化人間に速攻でなってなんかズルした感じでしたが・・・
アリーナでは多弾頭の肩マルチミサイルを近距離で直接ぶつけるという
とりあえず当てれば勝てるって感じでナインブレイカーになった思い出が・・・
友達との対人戦?そりゃフルボッコだったよ・・・
今も昔もああいう上下左右でめまぐるしく変わる系は苦手だったなぁ・・・
クリアはできたんだけどね・・・
『Ⅴ』も体験版はやったんだけどついていけんかったし・・・

でもこういう描写だけ見てても楽しそうなんだよね・・・そこらへんがもやもやします。

特に今回の対戦相手が使っていた

オーバードウェポンによる一撃必殺
ジャマーによる霍乱
当てるのが難しい非誘導タイプのミサイル
高威力近接武装


という凄まじく尖った構成とかもうめっちゃいいよね・・・うん・・・
パイルとかまさに男のロマン武装だし・・・

まぁ相手は女子高生なんですが

あいかわらずゲームに関する描写がいいところ付いてて琴線に触れる作品だな・・・これ・・・

・ジム、大地に立つ

表紙でもある『ガンダムオンライン』をみんなでやる話

100体以上のMSが・・・とかかなり凄いよねあれ・・・
ただなんかこう・・・時期を逃すとああいうのって参加しにくいというか・・・
人が多すぎて自由にできない感じもしてやってないんですけどね・・・
たまに動画見るくらいかな・・・

それにしても・・・

時代が進んだもんだ・・・

ちゃんとしたグラフィックであの数のMSが動き回って戦場と呼べる舞台を作り出す
ゲームを楽しめるようなときがきたんだからなぁ・・・すごいよね・・・

ファミコンの頃からゲームやってた身としてはもう完全に別物だからね・・・
ただやっぱりこの小説の危険なところは・・・題材にした話を読むとどうしてもやりたくなってしまう事だな
ただやり始めたが最後・・・本を読む時間とブログ書く時間が確実になくなるね・・・うん・・・
オンゲの恐ろしさはそこら辺にあるんだよなぁ・・・

ただ今考えてみると子供の頃は毎日ゲームを数時間とか普通にやってた気がする・・・
今考えるとすげー贅沢な時間の使いかたしてたんだなぁ・・・とか思ったり

まぁ・・・

女子高校生(全員美少女+1名は声優)3人と放課後にゲーム

とか・・・現実にそんなことねーよ!?と言いたいがね・・・

健吾・・・爆発しろ!

・育成ゲーム対決

駿河坂学園の電子遊戯研究部と再びオンライン対戦する話
連休の間に育成ゲームのキャラを育てて4つのゲームで4対4で戦うという方式

ポケモン
アーマードコア
カルドセプト
グラディエータービギンズ


健吾が担当したのは『グラディエータービギンズ』
ぶっちゃけるとこの作品は

まったく知らなかった

って感じの作品。ただやっぱりこの小説を読むとやりたくなってくるぜ・・・コンチクショウ!
『カルドセプト』は名前だけは知ってたんですけどね・・・
『ポケモン』は金銀がラストだったかな?

なんかこういう育成ゲームって結構好きなんだけど・・・なんかこう途中で満足しちゃうんですよね。
特にゲームとしてクリアできてしまうとそれ以上は育てなくても・・・って思っちゃう感じ
それなのにRPG系だとついついカンスト目指しちゃうんだから・・・
自分で自分がよくわからんのですけどね・・・

ってかこのゲームも意外と奥が深いというか・・・戦闘中に落ちた防具の上で
敵が体勢崩すとかリアルっぽいですね・・・それに武器のチョイスとかがちょっと面白そう
うーん・・・ちょっとマジでやってみたいな・・・

対戦のほうは引き分けで延長戦。
電子遊戯研究部空音健吾と戦いたがったので彼女と改めて勝負って事になり
かけひきがうまくいって辛くも勝利に・・・

相手の方が格上ですが健吾はいつもいい感じに戦略で相手の上にいってますね・・・
まぁこの後、練習試合だからと何回も戦い・・・本気の空音に連敗しまくったみたいですが・・・

圧倒的な戦力差の前にかけひきとか無駄になるときってあるよね・・・対戦って・・・
あれかなり悲惨な事になるからね・・・どんなゲームでも・・・

うーん・・・それにしても・・・この作品って本編だと色々あってそっちについて
言及して感想を書けるんだけど短編だととたんに・・・

ゲームの感想

になってしまうのはどういう事だろうか・・・
一応、キャラ同士の掛け合いとか・・・ちょっとしたフラグとかはあるんだけど
やっぱり作品の中央にどっしりと居座ってるのは

ゲーム

なんですよね・・・そしてキャラたちはみんなゲーマーなのでそれを思いっきり楽しみ事が
中心になっている・・・って感じ・・・
ゲーム好きでもあるんで読んでて楽しくなる小説ではあるんですけどね・・・
これ読み返してみても・・・小説の感想になってるか自信がないな・・・うん・・・

最後に一文。

健吾のセリフ

『アーマードコアⅤ』の対戦相手の武装に対してのセリフ
作中で相手が誰なのかは描写されてないんだけど『育成ゲーム対決』で
まどか空音と戦い、空音がパイルを使っていたという描写が・・・
近接大好きな彼女の性格を考えると・・・彼女っぽいな・・・うん・・・

男じゃなくて漢(おとこ)ってところがポイントだな・・・
装備構成についてはまさにこうとしか言えない感じだし

「お、漢すぎる!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
僕と彼女のゲーム戦争 ゲーマーたちの日常 (電撃文庫)僕と彼女のゲーム戦争
ゲーマーたちの日常
(電撃文庫)

(2014/03/08)
師走トオル

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。