スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘヴィーオブジェクト 七〇%の支配者

あらすじ

今度の舞台は極東洋上に浮かぶ『資本企業』の一角にして、
オブジェクトの始まりの地『島国』。

『資本企業』の暴走した自防PMC戦力を巻き込んだアジア圏海洋戦で、
かつてない強敵オブジェクトの出現に窮地に陥るクウェンサーたち。

そんな危機の中、彼らのもとに現れた心強い協力者―。

クウェンサーに巨乳を押し付ける天然ビッチ系の女囚!

そして主人であるヘイヴィアを「クソ虫」呼ばわりして痛めつける
ウィンチェル家所属の眼帯美人メイドさん!

・・・果たしてこれで本当に勝てるのか近未来アクション!!

感想

ヘヴィーオブジェクトの8巻
感想は短めで

表紙は今回登場の新キャラ

メイドさんの方はかなりいい人!

もう一人・・・

ああ、ただのビッチだよ!

って事で今回は・・・

オブジェクト発祥の地『島国』が舞台!

つまり元は日本だったところって事ですね・・・
今回は『島国』で内乱が起こって・・・いい機会だからそれを長引かせて
国力を削ろう・・・って事で片方の勢力の破壊工作を勝手に邪魔して戦力の偏りを防ぎ
内乱を長引かせよう・・・ってところから始まるわけですが・・・

うん・・・戦争だね・・・

主人公側が決して『正義』ではないって感じです・・・まぁ戦術的には間違ってませんが。
ってか考えてみたら主人公であるクウェンサーも相棒であるヘイヴィア
敵兵は問答無用で殺してますからね・・・相手が美人さんだと途端に殺害率が下がりますけど

それどころかわりとフラグ立てる

なんて事もあるんですが・・・主にクウェンサーが・・・

爆発しやがれ!!

という感じだったんですが・・・まぁ今回は・・・わりかしそういう面が薄かったかな?
フラグ立てたのがビッチ・・・というか自分の安全のためならサクッと裏切っちゃう
相手(乙女を守るって意味でも裏切るみたい)だったからなのか・・・そんなに羨ましくない感じ
どっちかというと彼女が抱きついたりしてたのを見てミリンダが激しく嫉妬・・・とか
そっちの方がね・・・コンチクショウって感じでした・・・

最初の話ではクウェンサー達が敵の基地に侵入して
敵の敵が破壊工作するのを止めるために白兵戦
相手は『北欧禁猟区』と呼ばれる『オブジェクト』の投入が禁止された地域の陸戦PMC
民間軍事会社の部隊であり・・・外ではミリンダ『オブジェクト』が内戦ゆえに
同じ派閥なのに戦う事になった2体の『資本企業』『オブジェクト』と対峙し
さらにフローレイティアが乗る旗艦は・・・戦闘機に襲われる事になったわけですが

クウェンサーたちは・・・まぁいつもの爆破とかを駆使して何とかPMCから逃れつつ
相手に損害を与え・・・ミリンダの援護射撃・・・とは言いがたい大規模破壊を利用したりして
なんとか敵を無力化・・・ちなみに相手の指揮官は女性だったので当然殺しませんでした。
爆弾の音響で昏倒させただけ・・・こいつ・・・筋金入りだな・・・

ミリンダはうまく三つ巴状態で戦いを長引かせようって作戦だったんだけど
片方の『エリート』と言い合いになり喧嘩状態・・・それに文句を言おうとしたもう一人が
うるさかったので二人してそいつを撃破してしまい・・・作戦が台無しに

君たち・・・エリートなんですよね!?

その後、無事ミリンダは勝利したみたいだけど・・・まぁあれか・・・
内戦状態でどっちかの勢力にだけ『オブジェクト』が残るくらいなら両方撃破したほうが・・・
ってかミリンダ何気に強くなってるよね・・・これ・・・

作戦台無しだけど!

そして一番驚いたのがフローレイティア側・・・
襲ってきたのは『資本企業』航空PMC『スカイブルー』
そのエースパイロット・・・

マリーディ=ホワイトウィッチ

5巻で主人公だった彼女ですね・・・いやマズイだろ・・・って感じでした・・・
ただこの後、『正統王国』側のエースも登場して痛みわけって感じで終了
戦闘機同士のガチバトルが展開・・・されずに端折られたのがちょっと残念かも

やっぱ勢力違うからね・・・マリーディは敵ででてくるよね・・・これからもそうなんだろうか・・・
まぁ『オブジェクト』が相手だったら流石のマリーディも大変だろうけどね・・・

ただこの騒ぎは・・・『島国』が新型の『オブジェクト』を開発していたらしい・・・って事が判明して
さらなる展開をみせ・・・中盤・・・後半と続いていくわけだけど・・・

『島国』の発想怖い・・・ってか規模でけぇ・・・

『オブジェクト』って基本的に尖ったコンセプトで作られていて
それゆえにそこに弱点があったりしたんですが『島国』の新型はかなり凄い感じでしたね

潜水型であり・・・海底に潜みその分厚い海の壁と温度の違いによる光の屈折で
敵の攻撃を防ぎ逆に一方的に海底から攻撃するという・・・かなり凄いもの

しかも音を拾う能力が凄まじく偵察とか海底への攻撃もことごとく防ぐという・・・

なにこれ・・・やばくね!?

って相手でクウェンサーヘイヴィアが潜水服で潜り近づいて・・・弱点を考察して
なんとか浮上させる事に成功して・・・これで海って盾がなくなって勝てる・・・って思ったら
水面にレーザー叩き込んで水柱をあげて相手の攻撃を防ぐというチート防御を使って
ミリンダをフルボッコ・・・

なん・・・だと・・・!?

って状態に・・・さらに

水面にレーザー叩き込んで空を飛ぶ

なんて荒業も隠していたりと・・・色々な意味で尖った機体でした・・・
しかもこの機体・・・何十年も前に作られた会話予測ソフトの発展系のプログラムが・・・
ミリンダの機体の整備主任であるサクラの旦那の思考パターンを継承してるらしいプログラムが
設計して・・・しかもあくまで部品の一部だった・・・というから凄まじい・・・

え?この世界の『島国』は超技術大国なの!?

まぁ元々『オブジェクト』を作って注目されたけど政治的な強制で
そのノウハウを国外に流出させられ・・・その結果今の世界になったみたいなんだけど
独占できていればまさに世界の覇者だったみたいですね・・・作者さん日本好きだな・・・

本来の姿はすでに破壊された『十二支』をモチーフにした『オブジェクト』の動力炉を
世界中の海流の交わる部分に配置してそれをこの『オブジェクト』で制御する事で
環境を自由に操れる・・・

全世界気象コントロール兵器

だった・・・という・・・これで自由に相手の環境を変えられるので交渉も自由で
裏側から世界を支配できる・・・という・・・凄まじい規模のもの
これを誰にも気づかれないようにコツコツと・・・やっていた・・・ってのも恐ろしいものですね

ただ・・・そのヒントになる情報をヤマト・・・プログラムの1つが自分の奥さんであるサクラ
まるで挑戦するかのように告げ・・・彼女はそれを本気で勝とうとしていないと感じ
結果的に・・・反撃に繋がった感じでした・・・

まぁ・・・ヘイヴィアを心配した彼の家のメイド部隊が現れて援助してくれ
そのわりにメイドさん・・・カレンは功績でヘイヴィアの家の家名を貰った養女で
継承権はないけどヘイヴィアの義姉であり・・・凄い彼には厳しい態度でズタボロにしてたけど
最後の最後には・・・ヘイヴィアを助けるために自分たちを犠牲にしようとまでして
本心では・・・

ヘイヴィア大好き

ななんか普通のお姉ちゃんって感じでしたが・・・彼女の協力
ビッチの知識・・・そしてサクラやフローレイティアからの情報
ミリンダの奮闘・・・そしていつもの

クウェンサーの思いつき

で無事システムの中枢となる『オブジェクト』を破壊する事に成功・・・

これが勝利の鍵だ!!

images.jpg

って事でまさか・・・まさか・・・

牛乳とレモンで破壊できる

なんてまったく思いつきもしなかったよ・・・ってか牛乳・・・
しかも牛乳を相手の給水口にぶちこみフィルターを越えさせ
その後に急速に固まらせるためにレモン汁を吸わせて根詰まりを起こさせて
動力部の冷却を不可能にして爆発させる・・・とか・・・

すげー経費かかってないよね・・・これ・・・

最新機体を倒したのが牛乳とレモン・・・なんか急にしょぼく感じるよ・・・
あ、ちなみにパイロットは女性って事でクウェンサーが爆発前に全周波数で爆発するぞと伝えたので
無事脱出して捕まった模様・・・

お前、マジでぶれないな・・・

ただ今回はやっぱりカレンヘイヴィアへの好意のほうが目立ったかな?
なっかちょっと危ない感じの・・・可愛いなぁ・・・こいつは・・・って感じの愛情だったけどね・・・
一応、貴族社会で愚直に正しい意見を口にするヘイヴィアの態度とか
自分たちを助けに来るとか・・・そういうところが好きみたいなんですけどね・・・
まぁ恋愛っていうより別のものぽっかったけど・・・
これに加えてさらに実妹もいるらしいんだけどね・・・数が確かじゃないほど・・・

爆発すればいいのに・・・

それにしても・・・作者さんは毎回どうやって『オブジェクト』の機能と
それを倒す方法を考えてるんだろうか・・・牛乳とレモンとか・・・突飛過ぎる・・・

今回の一件は世界規模での危機って事で騒ぎにもなったし
ビッチ・・・マリアージュが無罪の罪で投獄される事になった理由である
世界中のVIPの隠し口座を内包した『オブジェクト』をハッキングによって
結果的に破壊に導いたりとかしてたみたいだし・・・今後もクウェンサーたちと
行動を共にしたりするんだろうか・・・ミリンダのストレスがマッハな気がするが・・・

なんていうかこの世界って戦争が泥沼化してるからね・・・
基本的に『オブジェクト』同士によるクリーンな戦争・・・って感じだけど
だからこそ・・・戦争が終わるって気配がまったく見えないんですよね・・・
この物語が最終的にどういう方向に行くのか・・・全然予想できないな・・・

それにしても・・・キャラだけ増えてくな・・・
面白いんだけどもうどれくらいいるかわからなくなってきた・・・
ってかあれだ・・・

フローレイティアさんをもうちょっと活躍して欲しい!

最後に一文。

サクラのセリフ。

夫の思考パターンを取り込んだプログラムが自分にメッセージを送り
まるで自分たちが世界に対して勝利を見せ付けたいと言っているのに
それをわざわざ伝えるって行動が・・・すでに勝つための最善の手から外れてる・・・

そんな相手への彼女のセリフ

「儂にはまるで、お前が甘い果実を誰かに
 譲ろうとしているように見えるよ。

 土壇場まで迷った挙句、結局嫁に丸投げとか何を考えていやがる、

 あの泣き虫め


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ヘヴィーオブジェクト 七〇%の支配者 (電撃文庫)ヘヴィーオブジェクト
七〇%の支配者
(電撃文庫)

(2014/03/08)
鎌池和馬

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。