スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ての歌を夢見る子供たち―黄昏色の詠使い 5

あらすじ

もう一度キミの隣に行きたい、この気持ちは本当。
だから―迷わない。
黎色の、限りなく孤独な世界に意識を捕われたまま、クルーエルは言い放つ。

「わたしは、ネイトを信じてる」

しかし、彼女を捕える空白名詠の真精・アマリリスは、執拗に言葉を重ねる。

『あの子は、あなたに相応しくない。それに
―何をもって、彼の“信じる”という約束を信じるの?』

一方、トレミア・アカデミーでは教師たちが、意識不明のクルーエルを治療のため
ケルベルク研究所へ移送する決定を下す。
その時、ネイトは・・・!?
ただ一緒にいたかった―二人の願いが重なる時、世界に二色の詠が響きわたる。
詠う召喚ファンタジー、第5弾。

感想

2008年最後の更新。
一番お気に入りの小説・黄昏色の詠使いの5巻の感想です。
『Episode1』の山場にして私の誕生日に発売したいろいろと記念の一冊。

あいも変わらずとても綺麗な話でした。

『Episode1』の最後の1冊ということですが今までで一番好きな1冊です。

クルーエルに起きた異変が原因で離れ離れになるネイトクルーエル
ネイトクルーエルに会いに行くことを決意します。
そしてクラスメイトの皆も一緒に。

そして敗者であり、灰色名詠の使い手・ミシュンダルがその力に
魅せられた理由である彼の過去。

命を懸けた戦いや強大な”敗者の王(ラスティハイト)”
そしてクルーエルの中にいる謎の真精・アマリリス
緊迫の事態や危険な事がいままでで一番多い巻です。
それでも一貫してとても綺麗な話だったと思います。

ぶっちゃけ感想を読んでいる方でまだ未読の方がいるなら
感想を読んでないでとりあえず買って読むことをオススメします。

最後に一文。
ネイトクルーエルの別々の,でも1つとなった『賛来歌(オラトリオ)』
そして約束の詠、その最後の一節。


わたしの涙を拭ってくれたその歌は

O sia Selah Pheno……

        そして  あなたは
 ――ende Wer she Pridia


  そ    の  歌    は
Miscross via-ol-dia ris t
                            夜明け色の歌だった
                     ――co lue -l-sophie nett

   黄昏の、始まりの女(イヴ)
――Ive lef Armalaspha
                
あなたは夜明けに微笑んで
          ――Learsshe maria sm neight


にほんブログ<br /><br />村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

全ての歌を夢見る子供たち―黄昏色の詠使い〈5〉 (富士見ファンタジア文庫)全ての歌を夢見る子供たち
―黄昏色の詠使い〈5〉
(富士見ファンタジア文庫)
(2008/02/20)
細音 啓

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。