スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロウきゅーぶ! 14

あらすじ

クリスマス直前。昴に降ってきたのは、養護教諭・冬子とのお見合い騒動だった。

様々な想いから動揺を隠せない慧心女バスメンバー五人に
なぜか妹との旅行にこだわりまくる万里も加え、
冬子の実家の温泉旅館へと向かう昴だったのだが──

「ふぁう、昴さんのお顔がすぐそばまで」

「ど、どうして、キ、キスしようと・・・・・・」

「うへへ、ぽよぽよであったいですなー」

「おー、ひなもおよめさんごっこしたい」

「はぅ、服を着てないと風が冷たくて・・・」


・・・・・・はたして昴の運命やいかに!?

美星からのクエスト、胸騒ぎの体育祭、慧心学園&七芝高校の文化祭など、
五人の魅力がいっぱい詰まった短編集!

さわやかローリング・スポコメディ⑭!

感想

ロウきゅーぶ!の14巻

表紙は愛莉
本編は終わっているのでまだ語られていなかった合間合間の話の短編集
表紙が3週目なので・・・あと最低1冊はでるよね・・・ってかだすよね?

短編集なので短編ごとの感想という形でいきます。

○ 慧心がーるず・とらべりんぐ!

9月下旬ごろの主人公・の叔母で慧心学園女子バスケットボール部顧問である
美星の誕生日を祝う・・・って話

それが何故にオリエンテーリングに!?

って感じに美星が残すヒントを頼りに彼女を探す事に・・・
子供の頃にたちがお世話になった老夫婦の引越しの手伝いとか
近所のちょっとした山で宝探しっぽい事とか・・・なぜか楽しませるほうが
楽しむイベントに・・・

もちろん・・・いつも通りに

紗季のパンツが掃除機に吸われたり

荷物を一緒に運んでたら愛莉の服が捲れてきたり

肩車していた智花が落ちそうになり顔面キャッチしたり


と・・・

おまわりさん、コイツです!

と目撃したら即通報なイベントもありましたけどね
その他にもの子供の頃の作文とかでてきていて笑えたかも

ラストは山の頂上でみんなで昼食会・・・どうやら美星は照れくさくて
逆にみんなを楽しませる事で照れているのを隠そうとしていたみたい・・・

なにこの可愛くってちっこいおばさん!?

ってオチでしたね・・・

○ 胸騒ぎの体育祭っ!

慧心学園の体育祭の話

昴の出番0

という結構珍しい話でもありますが・・・まぁ応援に来てたら
それはそれでオイオイって感じですけどね

どっちかというと夏陽が主人公の代わりって感じかな?

小学生らしい色々

があったりもしたし・・・何気に6年女バスが全員紅組で
5年女バスが白組で・・・かなり戦いに熱が入ったりしてた。

そういえばこういうのって年齢が若い頃ほど熱中した気がする。
高校の球技大会とかだとなんかもうみんな流し気味だったな・・・うちの学校

それにしても・・・借り物競争で必要だったからと額に『王子』と書かれるはずが
ついついひなたが自分の名前を油性ペンで書いてしまい

好きな女の子の名前を額に書いている漢

となってしまった夏陽には・・・なんか色々と同情したいかも・・・

現実にいたら確実に指差して笑うが
うん、まぁ・・・強く生きろ

○ こどもの国のアリス

慧心学園の文化祭の話

小学校の文化祭に家族でもないのに嬉々として来る男子高校生

って表面だけ見ると昨今の状況を考えるに色々とヤバイ感じだけど
一応招待制みたいだし・・・そう考えると問題ないのだろうか・・・も一緒だし。
万里がなんか作中を通して妹である愛莉と仲直りできた事で
ようやく招待してもらえと・・・とめっちゃ喜んでいたが・・・

6年生になるまでしてもらえなかったのか

って考えると・・・元気出せよって言いたいかも・・・
そして何気に美星を綺麗な人と思わず言っちゃって・・・

こいつこそ最後の希望だ!

美星を嫁にと勧められることに・・・

いや、まて・・・何故そうなる!?

頑丈な肉体を持ちつつ、美星を綺麗だと感じる感性を併せ持っているからっぽいけど
まず頑丈じゃなきゃ耐えられないって部分がおかしい・・・一体何が・・・

そして訪れる・・・

お父さん達との戦い・・・あっちむいてほい!

あー・・・うん・・・みんな親馬鹿なのね・・・男親って娘相手だと・・・
ってかの生徒たち5人の両親からの好感度がちょっと恐ろしいレベル

何気にぐいぐいアピールしてるよね・・・親が・・・
それだけ認められているんだろうけど・・・当人全然気づいてないな・・・

ってかこの人達はいくら喫茶店で娘が給仕してくれるからって
どんだけ真剣にあっちむいてほいをしてるんだよ・・・

ちなみにオチは・・・

これは酷い

って内容に・・・にそれ以外の手段はなかったぽいけど・・・
なんか色々な誤解と切なさが残ったな・・・ってか夏陽が哀れすぎた・・・

選べないから辞退する!

とか潔く引いときゃよかったんじゃ・・・ってのは駄目なんだろうな・・・うん・・・

○ 小学生と文化な祭り

今度はたちの高校の文化祭の話

ただ問題はが所属していた部活が休部になったのは
部長が小学生と交際して騒ぎを起こしたからであり・・・当然・・・
来年の復帰を願うに変な噂が生まれるのはタブー・・・
でも子供たちは楽しみにしてるから拒否できない・・・どうしたもんか・・・と思ったら
が妙案を思いつきそれにて一件落着・・・そう・・・つまり・・・

昴が女の子だったら問題ないじゃん!

って事で女装してかえでちゃんに変身・・・

みんな気づかないほど完璧・・・だと・・・!?

という事にもなり・・・何気に男子を落としまくってましたけどね・・・
男子としての尊厳がもうズタボロでしたけど・・・
お前もまじ体張るよね・・・

この話では前回の・・・本編最終巻でを女子バスケ部に誘った
きららが登場してこれが初遭遇であり、この話の中での運動能力を体感し
その結果、この頃から狙っていた・・・っていう伏線になるみたい

そして最後ののセリフが・・・なんかもう・・・

昴、爆発しろ!

って感じでしたね。

○ 温泉決戦大作戦!

展開的には王道的な・・・親に見合いを薦められたけど嫌だから
偽の恋人を仕立てて対抗する・・・って話

これを実行したのは慧心学園養護教諭である冬子

あのやばいくらい子供好きのあの人

ですね・・・を自分と同じ趣味だと思ってる・・・それでを偽恋人に選び
温泉旅館をしている実家に連れて行って両親に紹介
それでお見合い話を無しにしよう・・・って作戦

ラブコメだと偽の関係だったんだけどお互いに色々と乗り越えていくうちに・・・って
感じになるこの展開なんですが・・・

もちろんそんな展開は欠片もありません

なにせ冬子が一定以上の年齢の相手に欠片も興味を持たないから・・・
まぁ見た目がお子様な美星みたいな相手なら興奮するみたいだけど・・・

駄目だよね・・・この人・・・

しかも一緒に智花たち5人や万里も付いてきていたので・・・どうにもならん感じ。
ただ万里のほうが跡継ぎに欲しいと気に入られて・・・が気に入られなかった事から
子供たちが怒って抗議・・・万里がバスケで対決して万里に決して劣らないと証明する事に

うん・・・?この展開は・・・おかしくね?

まぁ・・・バスケ作品だからしゃーないんだろうけどさ・・・
一応、身長高くて有利なはずの万里が対抗できるってことを見せれば
素人目にも凄さはわかる・・・って理由なんだろうけど・・・うーん・・・おかしいよね?

ただ子供たちの成長って意味ではよかったかも・・・
万里の1対1じゃなくて智花愛莉を加えた2対2で勝負して

自分より大きい相手への対処・小さい相手への対処

を実感させ、残りの3人にも客観的に見てもらって糧にしてもらうという
万里なりの彼女たちへのプレゼントにもなっていたみたいだし

ってか本編でもそうだったけど愛莉がすでにチームの二人目のエースだよねこれ・・・
最初の頃からもっとも成長したのが何気にこの娘だよね・・・精神的に
そして肉体的にはバスケ選手として恵まれすぎるくらいの身長を持ってるわけで
それがかみ合った結果・・・って事なんだろうけど・・・
戦いは激戦になってたし・・・やっぱ成長したよね

試合はたちがどうにか勝利して・・・子供たちの活躍を喜ぶ
冬子の姿に彼女の父親も今の仕事を娘が本当に好きなんだと気づいて
結婚して家を継げ・・・って話はなかったことに。

まぁ作戦はバレたんですが・・・恋人より子供たちを熱中してみてれば
そりゃバレるわな・・・って感じで。

ただ冬子が好きな仕事をやめさせられないとかたって騙されたままでいる事にしたみたい。
まさかこの父親も思わないだろうけどね・・・娘の子供好きってベクトルが

もはや変態とかそういうものに近い

っていう残念な事実には・・・この後、みんなで温泉入るって場面では
鼻血を我慢しなきゃ・・・とか言ってたしね・・・いつか問題起こして実家に強制送還とか
されなきゃいいけど・・・まぁ悪い人ではないから・・・大丈夫かな?残念な人ではあるけど

ラストはワイン風呂で酔った智花が自分もと婚約する・・・と暴れて終了
浴衣1枚で・・・下着なしで・・・暑くて脱ぐと言い出して・・・その場にはのみ
そしていつ同じ部屋の万里が戻ってくるかわからない状況なんですが・・・

おまわりさん、こいつです

万里が帰ってきたらまずコレだな・・・
ってか帰って来なくてもコレでいいんじゃないだろうか・・・
どうして悉くコイツはこういう危ないイベントに好かれるんだろうか・・・
やっぱりこれも一種の主人公補正!?
ただ一歩間違うだけで人生終わりかねないけどね・・これ

あと何気に・・・2ON2のたちのチーム名が

長谷川 智花

という明らかにほかのメンバーが狙ったものだったのが笑った
ってか君たち・・・本当に先生との偽恋人作戦を手伝う気があるのか・・・?

最後に一文。

のセリフ

文化祭でアスリート部門のミスを決めて、その女性がミスターを選ぶって企画
が優勝して誰も選ばずに保留・・・って事で終了

本来は子供たちがを指定して女装がばれるかもしれないからと出場したんですが
それでも・・・ミスターは適当に選んでもよかったけど選ばなかった
その理由・・・マジで愛されてるな・・・・・・ってかマジ鈍いなコイツ

「万里君も確かにすごいいプレイヤーだともちろん思ってるけど、
 あんまり自分に嘘は吐きたくなかったから」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ロウきゅーぶ! (14) (電撃文庫)ロウきゅーぶ! (14)
(電撃文庫)

(2014/03/08)
蒼山サグ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。