スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンタイム 8 冬の旅

あらすじ

リンダと過ごした高校時代。

卒業式の翌日の記憶喪失。

そして大学での完璧な香子との出会い。

以来、笑ったり悩んだりしながら、楽しく輝かしい大学生活を送ってきた万里。

季節は秋、おまけんの活動の集大成でもある学園祭が迫っていた。

しかし、それを目前にして万里の記憶に異変が起こり始める。

その様子を目の当たりにした香子はある決意を固め、
柳澤や千波、二次元くん、そしてリンダもそれぞれの想いのもと、行動する。

みんなの関係と、香子と万里のままならない恋の行方は?

竹宮ゆゆこ&駒都えーじが贈る青春ラブコメ、感動の完結!

感想

ゴールデンタイムの8巻

最終巻です!

って事で表紙の香子が・・・なんか凄いいい感じになってるんですが
感想は短めで・・・

とりあえず内容は・・・

ぐちゃぐちゃ

って感じでしょうか・・・意味がわからないとかそういうのじゃなくて
キャラクター同士の関係とかおかれている状況とか・・・
特に主人公である万里の周りの・・・1巻から積み上げてきたものが
バラバラになって・・・だけど辛うじて形は保っていて
だけどそれはすでに崩壊間近であり・・・終わりが近づいてる

といった感じで・・・色々な波紋を引き起こしてましたね・・・
前回のラストでは事故前の記憶が戻りそうで・・・そうなったら自分が消えると感じて
その時のために恋人である香子に母親から貰った指輪を渡して
自分が戻ってくるための光にしようとした矢先に別れを告げられてしまい
何かの間違いかなぁ・・・と思ったら・・・

マジで別れる気でした

と今回の話ではっきりわかって・・・もう精神的に色々と厳しい事に

やめて万里のHPはすでに0よ!

これを切欠に万里の異常も加速した感じでしたしね・・・
香子の言葉を受け入れられず呆然と・・・ずっとその場に立ち尽くして・・・
香子が心配して派遣した彼女の父親に家に送ってもらい
とりあえず寝て・・・翌日香子の様子が普通だったから何かの間違いだったと・・・思ってたら
友達みんなの前で

別れたから

とか・・・大声を上げて反論したらかなり酷い態度で切り捨てられたりとか・・・
なんかもうズタボロって感じだったんだけど・・・

これは・・・どっちが悪いとも言えない

香子のやり方がいつも通り変な方向に行っちゃってるのはどうかと思うけど
実際は彼女は万里が記憶が戻りつつあり、その時の彼は自分の事を忘れている
って事を偶然から知ってしまい・・・折れてしまったみたい

万里が本当に好きだから・・・忘れられてしまうなんて・・・って・・・
ここからさらに展開が捩れたのが・・・香子に知られたと万里が知って

ああ、それならしゃーないな

とスルっと受け入れてしまった事・・・当然本心では色々あるんだけど
この時点で記憶のゆり戻しが厳しくなっていて仲のいい友達からすると
明らかにおかしい・・・って状況になってましたからね・・・
しかも時間経過と共に香子と別れた・・・って事に対してもだんだん感覚が鈍くなり
気にしなくなっていくとか・・・

なに・・・このじわじわと嬲る感じ・・・

さらに関係性の崩壊は続き、リンダが二人の破局を知って激怒
万里もこれには対抗したんだけど、それを光央に見られ
勢い任せにリンダと高校時代一緒だった事、記憶喪失だった事を暴露して
光央に友人なのに話してもらえなかった・・・というショックを与えてしまい
いつものグループもギクシャク・・・二次元くんだけが事情を知らず間にやきもき・・・

二次元くん、いい奴すぎる

さすがは彼女持ちなだけあるな・・・うん・・・
それと万里がぎりぎりのところでまだ今の自分を保っていられたのは
鈍くなりつつあるとはいえ、香子が自分に気を使わないように・・・と考えたり
変な雰囲気にしてしまったのにいつものノリで何もなかったように接してくれた
明るい『おまけん』の先輩たちのおかげでもあった感じ・・・

香子にふられて凹んでいたのを励ましてくれ、記憶について危ないって事で
リンダと共に念のために部屋に泊まりこんでくれたNANA先輩とかいい人が多かった
まさに

環境に恵まれていた

としかいいようがない状況だったね・・・うん・・・
この後、万里の症状はさらに進み、香子とか光央の顔もとっさにはわからなくなり
それで・・・実家に相談して帰ることにして・・・それでも迷惑をかけたくないからと
文化祭の『おまけん』の踊りだけは・・・と最後に・・・
忘れないようにと友人たちややるべき事をメモしたメモ帳を持って
それを見てどうにか記憶を繋ぎつつ踊りきって・・・

そして彼は家に帰った

本当の意味で・・・事故の前の・・・万里として。
しかも何も知らない状態ではなく、自分が記憶喪失になり1年間東京で
大学生として暮らしていた・・・という概要は理解している状況で
パニックも起こさず、記憶がないから実感はない状況ではあるけど
それを受け入れられるだけの状況で・・・・

直前に前の失敗でピンチに陥っていた『おまけん』を余りにも酷い万里の状況を知り
改めて万里を見つめなおして・・・彼ためにできる事を・・・と動き
『おまけん』のピンチを助け、万里と仲直りできたっぽい光央のことも
香子のこともみんな忘れてしまったってのが・・・なんかもうね・・・

ただ・・・

ここから一気に逆転!

って流れからのハッピーエンドは・・・やっぱりよかった。
メモを見て知識としては記憶喪失の間の事を理解しつつあった万里
彼から預かっていた映像を届けに来た・・・という女性を

おカメラ=千波

だと思い・・・すぐに帰っていったんだけど彼女が持っていた手鏡
そして・・・なぜか自分の部屋にあった・・・自分のものは割れて置いてきたはずのお揃いの手鏡
それらが彼の中で組み合い・・・

香子を思い出す

となり彼女を追いかけ・・・別れる際にしていたもし万里香子を覚えていたなら
もう絶対に離れないという約束通りに・・・って事でハッピーエンド

まぁ幽霊とかでていて多少非科学的なことはあった作品だったけど
この終盤はまさにそういうのが頻発していた感じですが・・・
記憶を失って落としたはずの指輪が手鏡の代わりに手元に戻ってきていたり
香子が持ってきていたはずの割れた手鏡が消えていたり・・・って感じで・・・

そして幽霊ぽかった『万里』は別に幽霊ってわけではなく人間なら誰しも置いていく
万里自身の過去の自分であり常に自分たちは進んでいく
だけど過去の自分を忘れるわけではない、今の自分もいずれそうなって
そうやって続いていく・・・結局のところ、万里は記憶を失って
過去と今の整合性が取れなくなって、過去を切り捨てようとしていたからこそ
不安定になってしまっていて・・・過去が戻ってきたら今度は今を失った
それを香子って存在と・・・そしてリンダの存在が繋いだ・・・って感じかな?

過去の・・・リンダを待っていた万里リンダがした答えは『YES』
だけど今のリンダはそれでも万里香子を応援したいって気持ちも『YES』

彼女にとってはもう戻れない過去になってしまったけどこれはこれで
リンダにとっても過去を受け入れ先に進む切欠になったみたい。
彼女は彼女で自分が遅れたせいで・・・って負い目からやり直せるならやり直したいと
思っていたみたいだし・・・これで全部清算できたって感じかな?

何気にこの香子の行動の裏では一人ハブられた二次元くんが怒りと共に
どうにか万里香子を復縁させようと動いていたらしく・・・

二次元くん、まじ縁の下の力持ち

って感じでしたね・・・ってか凄まじくいい奴すぎる・・・年下の彼女は大丈夫か?
と心配になるくらいだよ・・・まぁ彼は彼で1巻の宗教勧誘みたいなアレで
万里をおいて逃げてしまった事を後悔していたからこそ、今度は見捨てない!と
頑張ったみたいだけど番外編でもそうだったけど何気に集中したときの
熱意とか根性は凄いものがあるよね・・・うん・・・

終盤、ちょっと不思議な現象に助けられすぎな感じもあったけど
そういう存在については1巻からあったしそれはそれでよかったかな?

全てがめでたしめでたしではなく万里の記憶も完全に戻って1つになったわけじゃないみたいだし
それはそれでこの作品らしい理不尽さの残りっぽくてよかったかも

なにはともあれ完結・・・おつかれさまでした。

最後に一文。

光央のセリフ

あえてこいつのセリフで・・・って事なんですが
彼は作中で直接描写されてない部分で万里の事情を知ることができ
そこでどういう決意をして・・・どう動いたのかは詳しくわからない

それでも1度は切れたと思われた絆はより強く結びなおされていて
壊れかけていた万里にただ任せろと・・・自分に任せておけと言った彼は
格好良かったのでコレで

やなっさん・・・ようやく一皮むけた感じ・・・

「・・・いいんだって。

 いいから、おまえはともかく闇雲に、

 俺に任せとけ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ゴールデンタイム (8) 冬の旅 (電撃文庫)ゴールデンタイム (8)
冬の旅
(電撃文庫)

(2014/03/08)
竹宮ゆゆこ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。