スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 5

あらすじ

女装&替え玉な家庭教師生活ももう半年ほど。

生徒たちに懐かれたのは嬉しいけれど、聖羅が毎日メイド服を着て、
お茶を淹れてくれるようになったのは絶対マズイ!

それ以外にも、真面目で一途過ぎる竜樹王子に、ブラコン気味の更紗姫、
その更紗姫にベッタリな織絵姫、お母さんっ子の真王子・・・
特定の相手しか目に入らない問題児ばかり。

彼らの世界を広げるため、“先生”として一計を案じた僕は―。
ファンタジー家庭教師コメディ、好評第5巻!

感想

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件の5巻

表紙はエーレンの第二・第三王女である双子の姫の更紗織絵

お転婆な更紗と二人のときは同じ感じだけど
1人になるととたんにオドオドしだす織絵なんだけど
今回はお互いに色々な発見があった感じですね・・・

さて・・・ということで今回も話ごとの感想を・・・

第十一話 シャーロック=ドイルの人の望みの喜びよ 

残念な王子&王女たちをどうにかしよう!という話
勉強という意味ではまだまだかもしれないけど人格形成とか道徳とか
そういう意味での成長には大きく貢献している感じのシャール

今回は・・・

特定の相手だけ好きすぎる

という王子と王女たちのために一計を案じることとなり
いつもと違うペアを組ませてお互いの喜ぶ事をしてそれをレポートに纏める事に

基本的に開始時点での状況が

竜樹 → グリンダ(シャール)

聖羅 → シャール

更紗 → 竜樹

織絵 → 更紗

真 → 雪


って感じだったわけですが・・・

① 更紗&真

これは・・・どんな組み合わせだ!?ってか予想できん・・・って感じであり
更紗は前回の話で竜樹ポーラローズと文通始めたことが気に入らずに
それについて色々と動いていていて・・・はいつも通りボーっと粘土
って感じだったんだけど・・・

真王子・・・いい子や・・・

うまく行かずに暴れてた更紗をいいこいいこ・・・さらに竜樹
どこにいるかを絵で教えてくれたりと色々とフォロー

更紗もそこまでされて大人しくなるしかなく・・・冷静になり
今度はが喜ぶようにとのエプロンを借りてきてを可愛がる事に

ああ・・・そうか・・・

更紗ってブラコンなんだな上下関係なく

という結論が・・・なんかこの一件で更紗的にはは大きく株をあげたみたい。
もちろん竜樹とは別の意味で弟として・・・ではあるけど
ただ・・・うん・・・王子ってさ・・・

5歳だよね・・・

もしかしてこの子も一種の天才なんじゃ・・・・・・

② 聖羅織絵

織絵姫、逃げて!?

と言いたい所ですが・・・なんだかんだでうまく行く事になったペア
シャールから見ると自分とグリンダのようなペアに見えて感情移入してたんだけど
織絵更紗がいなくてオドオドして・・・さらに聖羅が怖くてよけい緊張していたのを
聖羅が気づいて怒らないからと諭し・・・

課題を早く片付けて、お互いの大切な人のところに戻ろう

と伝えた事で織絵が共感を持つ事ができたようで・・・
聖羅聖羅でおびえずに懐きはじめてきた妹がなんだかんだと可愛かったらしく
この二人はいい感じに進んでましたね・・・

織絵は結局のところシスコンだ!

って事ですね・・・まぁ織絵にとっての1番は更紗で変わらないけど
それでも今回の一件でちゃんと聖羅との間に姉妹としての絆を構築できたみたい。

家族内とはいえこういう相手が出来た事は聖羅にとっても大きい感じでしたね
なんかこの娘・・・最近とくに残念になってきていて・・・普通に

メイド服でシャールに奉仕

してますからね・・・王女なのに・・・母親がメイド服で国王である父親に奉仕してるから
自分も・・・って感じ何でしょうが・・・ってか織絵にもメイドさせてたしね・・・

こんなちっこくて可愛いメイドがいてたまるか!!

って感じでしたね・・・ええ・・・ところで聖羅・・・君にはそれが正解に本当に見えてるのか?

③ 竜樹&ギルマー

人数余ったからって事でギルマー入れたせいで最悪の組み合わせに

オイオイどうすんだよ・・・

って思ってたら・・・

あれ?一番うまくまとまったんじゃね?

って事に・・・ギルマー竜樹に女遊びを・・・悪い事を教えようとして
そんな中で竜樹が嘘を言えない・・・本音しか言えない性質だと気づき
竜樹にとっても王子である彼にこういう事を教えようとする相手は珍しかったみたいで
なんだかんだでいいコンビで・・・

未亡人の部屋に夜這いをかけてた

・・・とりあえずギルマーは処刑したほうがいいな、うん

女を教えるとか・・・王子様にやっちゃいけないよね・・・うん・・・限度があるよ・・・
経験豊富なほうがグリンダも・・・とか竜樹もちょっとテンパリすぎてたし・・・

ただこの展開からシザエルギルマーを首にする・・・って話になり
ヤバイな・・・って感じだったけど彼をかばったのは竜樹

その理由も・・・結構いい感じのものであり、この時の彼の言動はまさに

エーレン王国第一王子

時期国王として相応しいといえる振る舞いであり・・・立派でしたからね
王国で騎士をしているのは生まれが貴族であったからであって
別に忠誠心はないと言っていたギルマーに剣を捧げる事を決意させるほどに

この二人は喧嘩友達というか悪友というか・・・そんな感じで今後はまとまりそう
グリンダをめぐるライバルではあるけど・・・いずれ国王になって竜樹のそばには
ギルマーがいて時折生き抜きに突飛な事を・・・とか想像できるコンビになりそう

番外編1 魅惑の同人誌即売会~男の子同士? 女の子同士?

アニスに付き合って同人誌即売会にコスプレしていく話
もちろん売る側で・・・

女装男子が男の子のコスプレとか

なんかもう訳わかんねーな!?

な状況になってるよね・・・これ・・・っていうかアニスの
腐女子妄想がなんかもう歴史上の人物に及んだり
物語上のヒロインを完全無視だったりとなんか末期に・・・

大丈夫なんだろうか・・・

って思ってたんですが・・・

やべぇ・・・アニスが可愛すぎる!?シャール爆発しろ!

最初はネタが思い浮かばなくて・・・って元気なかったんだけど
新しいネタで即売会に参加して元気になった・・・と思ってたんだけど
アニスが男に絡まれてシャールが勇気を出してキャラになりきって
助けた一件でアニスが元気なかった理由が判明・・・

シャールに・・・好きな人になかなか逢えないから

シャールのことをついつい考えてしまったから
新しいアイディアが浮かばず前から考えていた話を作った
そんな状況で男の子の格好をしたグリンダが助けてくれて
それがシャールのように思えて・・・と・・・

ギャ・・・ギャップが・・・

この恋する乙女モードのアニスは可愛すぎてヤバイ・・・
ってかシャール当人がそれを聞いてるわけだが・・・

マジ、爆発しろ!

って感じです・・・まぁこんなに自分のことを好いてくれる相手が
目の前にいるのに一切手出しできないのはある意味で地獄かもしれないけどね・・・
いつか実が判明したときに・・・彼女が不幸にならないことを祈るばかりだな

番外編2 林檎のスフレよりも、ふんわり甘い僕の嫉妬

王子&王女たちに友達を作ろうとが企画してシャールも手伝うんだけど

竜樹・・・時期王妃の座を狙う女の子たちが殺到

聖羅・・・彼女に見蕩れるが勇気出して声をかけても一蹴

更紗&織絵・・・よってくる男の子たちに芸をさせる小悪魔

真・・・雪にべったり


駄目だこりゃ・・・

まだまだ家族と一部の人間以外を受け入れる状況じゃない感じですね。
まぁ家族・・・兄弟姉妹ですら十一話で受け入れ始める切欠ができただけだし
他人となると厳しいよね・・・うん・・・

そしてそんな様子を見てシャールが・・・

お前はどこのお父さんだ!?

って感じで聖羅が男の子に興味をもたれているのに嫉妬してました・・・
聖羅からしたら+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚って感じでしょうけどね・・・
ただその嫉妬の内容が

彼女がいつか嫁に行くとき自分は泣く

相手は考えうる限り完璧な相手じゃないと許さない


という世の娘を持つお父さんのようなものだったけどね・・・
それにしても相変わらずなんだが・・・

聖羅がシャールを好きすぎる・・・

この幼い恋は・・・マジでどうなるんだろうか・・・

番外編3 僕らのお城は、くるくる回る

の料理の先生が『社長さん』だと判明したり
父母のラブラブっぷりを聖羅似したり

更紗竜樹の行動にやきもきして・・・
織絵更紗は凄いと思っていたけど聖羅と比べたら
自分と同じようにまだまだ子供だ・・・と思ったり

竜樹ギルマーに女を黙らせる方法を聞きそれを更紗に実践

壁に押し付けて

私に可愛がってほしいなら、そう言え

と真顔で言って・・・なんかますますブラコンを拗らせさせてしまったり

と十一話のオマケって感じの話・・・とりあえずみんな今までよりも
周りを見えるようになってきているんだけど・・・

第一王子と第一王女が残念だ

という感じが拭いきれないな・・・ベクトルは違うんだけど
変な方向に暴走するのは似ている・・・さすが兄妹だな・・・うん・・・

まぁ聖羅のほうは竜樹ギルマーと仲良くなって禁断の関係になろうが
自分は応援する(シャール目当てから消えるので)、王位はがいるし
とかなんかもう兄に対する気持ちが

シャール >>>超えられない壁>>>竜樹

って感じになってしまってるのがね・・・もうちょい仲良くしろよ・・・
竜樹のほうはまったく問題なく妹や弟を自分なりに大切にしてるいい子なんだけどね・・・
いかんせんっ直ぐすぎる・・・彼のいい点ではあるんだけど欠点にもなっちゃってる
こっちの場合は・・・それを克服しつつこのまま成長できれば立派になるだろうから・・・
やっぱり問題は聖羅か・・・

番外編4 グリンダ=ドイルはあの日

グリンダシャールの子供の頃の話

グリンダってやっぱりシャールを大切にしてる!

って事がわかる話・・・いや、これ絶対にブラコンだろ・・・
まぁただ・・・この話で描かれている物語こそがグリンダシャールにとっての
転機となってしまったわけで・・・そう考えるとやるせない感じかも。

両親が亡くなって親戚に引き取られたけど、二人の子供を育てるのは・・・という
会話を二人で聞いてしまった結果、グリンダは最近噂になっている怪談を調べはじめ
それが政府の要人の極秘の会合だと当たりをつけてそれを発見し
口止め代わりに皇立大学を受験するための後見人にして見事試験を突破
天才として表舞台に立ち・・・自分とシャールの分の生活費を稼いでみせたわけで・・・

生前母親が言っていたシャールにしかできない事・・・ってのも気になるけど
シャールは自然でいるからこそ・・・グリンダには出来ない事を
すでにやっているような気もするし・・・この姉弟がどうなるのかも気になるところ

終盤でヘルムートグリンダがある相手と会おうとしていることを突き止め
さらにそれに関連する事で襲撃を受けて療養中
彼が突き止めたグリンダが次に向かい逢おうとしている相手がいる場所に
シャール聖羅竜樹ギルマーエーレンの名代として向かう事になり
あとがきによるとついに再会しそうな予感があるしと・・・
次回は色々と話が動きそうな予感

さて・・・どうなるのかな?楽しみに待っていようかと。

最後に一文。

竜樹のセリフ

ギルマーが↑で書いた件で処罰されクビになりそうだった時に
竜樹は責任は全部自分にあり、自分が選択した事であると宣言
そしてギルマーのように『正しくない事』を教えようとしてくれる存在は
自分の責任で物事を選んでいく必要がある自分には必要な存在であり
そして彼がいずれ自分にとって必要なものになるからと・・・って事でこのセリフ

そりゃ・・・ギルマー竜樹が本音しか言えないってわかっちゃってるわけで
その状況下でここまで言われたら・・・忠誠心も芽生えちゃうわな・・・

「この者は、いずれ、私の一の騎士になるのですから」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件5 (ファミ通文庫)ドレスな僕が
やんごとなき方々の
家庭教師様な件5
(ファミ通文庫)

(2014/03/29)
野村美月

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。