スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生 13 スティープルチェース編

あらすじ

西暦二〇九六年、七月。
今年も、魔法科高校生にとって夏最大のイベントである全国魔法科高校親善魔法競技大会、
通称『九校戦』が開催される。

しかし今年の『九校戦』はひと味違っていた。

競技種目及びルール改定。

本番まで残すところ一ヶ月の段階でもたらされた何の前触れもない大幅変更に、
魔法科高校各校は慌ただしい対応を迫られる。

そんなある日、九校戦の作戦立案に当たっていた達也の元へ、
匿名のメッセージが届けられる。

それは、九校戦を舞台とした新たな陰謀の存在を示唆するもので―。
華やかな競技の裏で繰り広げられる暗闘。

昼なお暗い富士の人工樹海を駆け抜ける達也が、背信の陰謀に挑む!
『二学年度の部』九校戦編登場!

感想

魔法科高校の劣等生の13巻

表紙は第四高校に進学した『黒羽家』の双子の姉弟で
達也深雪の再従妹である亜夜子文弥

七草の双子に続いて今度は四葉の双子か!?

って感じですが・・・まぁこの二人は分家ですが。
ただし文弥深雪に継ぐ次期当主候補No2なんですが。

さて今回からWeb版でも雑誌連載でもない完全に書き下ろしの話に突入
内容は

九校戦!

って事で再び・・・あの全国魔法科高校親善魔法競技大会が舞台となり
アトラクション性とアミューズメント性、そしてエンターテイメント性のある戦いが・・・
と思っていたら・・・

あれ・・・おかしいぞ?

と競技種目の変更、その内容の異質さ・・・そしてその裏で動く計画・・・と
普通にはいかなくなってしまうことに・・・前回は裏で暗躍してるやつらはいて
妨害とかはあったけど基本的に学生はそれに気づかずいれたけど
今回はもう最初からかなり違和感のある状況で一部の生徒は怪しんでましたからね
ってか達也深雪が高校生になってからこういうイベント系が大概無事ですまない気が
するんだがそこんとこどうなんだろうね・・・

ってわけでそれらに達也が対処していくわけなんですが・・・その発端となった
競技種目の変更・・・3つのうちの最後1つが

スティープルチェース・クロスカントリー

4kmの林の中を罠や障害を避けながら走破するという軍事訓練の一種
ぶっちゃけ高校生にやらせるようなものではなくかなりきな臭い感じだったけど
それは横浜の事件とかの一件で軍が魔法師の戦争利用を強めようとしていて
そっち系に行きやすい競技を選択した・・・って事で落ち着いたんだけど
達也の下に届いた謎のメッセージではその競技内で『十師族』である『九島家』
新兵器の実験を行う・・・って事で達也としては黙っていられない事に・・・
いくら情報元が怪しくても・・・

深雪も参加する競技だから

という絶対的な理由の前には些細な事だしね・・・

まぁ結果だけ見れば達也の活躍でこの実験は競技中に秘密裏に彼によって
新兵器が撃破された事で失敗に終わり・・・でもその裏で『九島家』の実質的トップである
の目的もまたある意味で果たされたわけで・・・結果だけ見ればよかったのかな?

ただ今回の一件で色々な事がわかったってのもあるし
今後の日本の魔法界の動きが色々と気になる感じでもありましたね・・・

『九島家』の実験に関して知りながら1年である自分の娘達は
競技に参加しないからどうでもいい・・・という態度を示していた『七草家』弘一
一応、かつての師であるへの信頼もあったんでしょうが・・・酷いでしたし

『九島家』の現当主である真言の父親であるに対する劣等感
それによって遺伝子調整を行い強力な魔法師として生まれたけど
副作用として身体が弱くなってしまったという達也と似て非なる人工的な魔法師である光宣の存在

そんな『九島家』に近づいて海外からの亡命魔法師を売り込み
今回の実験を加速させ・・・何かしらを企む公瑾

さらに『九島家』・・・正確には第九研究所に関わった『九』の名がつく家と
古式魔法を使う家との確執

って感じで色々と日本の内側の問題が新たに発覚した感じもありましたね。
特に古式魔法を使う家々との確執とかは次回あたりにさらに焦点があたるかも
なにせ次は

古都内乱編

ってタイトルみたいですしね・・・京都が舞台とかなんだろうか・・・
今回は何気に八雲もかなり活躍・・・というか動いていたんで次回も活躍するのかも

ちなみに新兵器に関しては予想通りにかつてが回収した『パラサイト』
機械に入れて稼動させるタイプのピクシーと同じ存在
それを戦闘用に調整したもので・・・なかなかに達也を苦戦させたけど
まぁ・・・その程度・・・達也に勝つまでは不可能でしたね。

ただ兵器としての有用性だけを考えるならそこそこ使えるような気もするし
『四葉家』でも回収してるってのが気になるんで今後これのバリエーションが
登場しないとも限らないんで・・・どうなるか気になるところ

そして国を守ることや魔法師の将来について色々と考えている感じだったの本性が

すげー優しいじいちゃん

だったのも結構以外だったかも・・・悪い人ではない感じだったけど
息子が自分への劣等感からやった事が孫を苦しめる結果になり
その事もあって孫が・・・戦争にかり出されたりする事がないようにと人を必要としない
兵器を作り出し・・・守ろうとしていた子供たちを実験の相手としていながらも
それは達也が守ることを明らかに見越していたし、実験の表向きの主導者を
軍の過激派にしていた事で今回の失態で彼らを押さえ込む事ができるって二段構えの作であり
多少の犠牲を覚悟していながらも苦しんでいたみたいだから・・・マジまっとうな人でしたね。

最終的に風間やその上司である佐伯が動いて、に今回の一件の抗議を行い
だけどそれ以上に全力を賭して子供たちが兵器として利用されないようにするとの言葉を聞いて
安心の笑みを浮かべていたし・・・今回は間違った方法を選んでしまったけど
根本はやっぱり凄く優しい人であったみたい
どうしてこの人の弟子なのにあの3人はああなっちゃったんだか・・・って感じでした。

風間佐伯・・・こういう大人たちがいるかぎりは達也たちを守ってくれる人は
いなくならないと思うけど、それ以上に狂ってる感じのある家もあるこの世界
が現役を退くことになってそれらがどう動くのかも気になるところ
日本だけでもまだ問題多いのに公瑾の暗躍やその裏にいて
『四葉家』に激しい憎しみを持つヘイグの存在とか
ドイツの魔法工学機器メーカー『ローゼン・マギクラフト』の日本支社長であり
エリカの母親の従弟でありエルンストレオンハルトに接触したりと
海外勢の動きもあるわけで・・・なんか色々と大変そうな予感ですね。

そして今回の『九校戦』について・・・

達也、エンジニア無双再び

って事で今回の大会でも何気に担当選手は無敗のまま・・・あいかわらず凄い
まぁ今回は色々と他の学校も頑張って試合自体は結構苦戦していたし
達也は参加者ではなかったからね・・・仲良しグループでは
深雪ほのか幹比古だけでしたからね・・・そしてこのメンバーは相変わらずの安定率で
勝利に献してましたし1年次に仲良くなったメンバーも何人か参加していて
達也がフォローした相手はだいたいいい結果で最終的に優勝でしたからね

ただ1年の新人戦のほうは波乱があった感じ。一高が総合優勝したけれど
四高相手に苦戦・・・

亜夜子と文弥・・・強し

って事でこの二人がやっぱりというか強かった感じですね。
専門分野であるなら深雪ですら凌駕する魔法を持つわけだしそりゃ強い
しかもすでに諜報として『四葉家』の仕事をしてるわけだしね・・・実戦経験が違いすぎた感じ
今回は二人が達也を尊敬する理由もわかりましたしね・・・
亜夜子の魔法は『分解』に似ているもので達也がそれを実践して見せたことで
自分の力の使い道を得ることが出来てアイデンティティを構築できた・・・と・・・そりゃ尊敬するわ

さらに彼らには意図的に流された感じのある

『四葉家』の関係者

って噂が流れていて幹比古が警戒していたんで・・・そっちでもなんかありそう
今年一杯は達也たちに目立って欲しくないって真夜のセリフもあったし
エピローグで公瑾を追い詰めたけど反撃されて『黒羽家』の当主である
達也に対する態度も色々と怪しいものがあったし・・・何かあるのかな?

まぁ一高でもとか香澄とか琢磨とか・・・こっちはこっちで優秀なメンバー多かったんですが。
ただ香澄とだけは今回も相性が悪いのか達也と問題を起こしてしまったりして
一高内でまだ先輩と後輩間の連携が微妙な感じですね・・・賢人は大丈夫なんですが・・・

まさか優秀な魔法の才能を残すために兄妹で・・・とか爆弾発言するとか
香澄はちょっとムキになりすぎてる感じもあるんだが・・・ここまでアレだと
なんか切欠があれば一気に感情が裏返りそうな感じもするんだが・・・どうなんだろうか・・・

何気に出番がないと思っていた香澄の姉である真由美
デパートの試着室で水着姿を達也に目撃されるというラッキースケベがあって

え?そういう要員なの!?

って感じになっちゃってましたからね・・・いいのか元生徒会長
何気にこの3姉妹は『七草家』の暗部と無関係だから明るい感じなんですけどね。
母親が違う兄とは距離があるみたいですが

なにはともあれ国内・国外・・・さらには学校内でも問題はまだまだ多くて
これからも波乱のタネは多そうな感じですね。

そういえばアニメも開始されましたがじっくりやってくれるみたいで良かった感じ。
OPみるかぎりだと4巻までかな・・・?

最後に一文。

深雪のセリフ

今回、達也はエンジニアとして多数の生徒のCADを調整し
さらにブレインとして色々と戦法を考え、それと並行して今回の事件を止めるために
色々と動いていて・・・とあいからわずの多才っぷりを見せていたんだけど
深雪には流石の達也も無理しているとわかったらしく、達也が無理するくらいなら
たとえ自分の魔法の力を失うことになろうともって覚悟で達也を封じようとしてた
その時の見も蓋もないようなセリフ

でも何気に達也もいざとなったら深夜のうちに会場を『マテリアルバースト』
消し飛ばしちゃえば実験もできないだろう・・・とか考えてたし
もしかしたらマジで疲れていい加減な考え方になってたのかもしれん・・・
いや、本気の可能性もあるけど

それにしても深雪・・・あいかわらずの兄ラブっぷりだった・・・ほかにも色々あったし

「お兄様は、わたしをまもってくださればそれで良いのです。
 お兄様が責任を負う相手は、わたしだけで良いのです」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔法科高校の劣等生 (13) スティープルチェース編 (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (13)
スティープルチェース編
(電撃文庫)

(2014/04/10)
佐島 勤

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

達也の感情って戻るんですか?
13巻とあまり関係ないけど、達也は
最終的に四つ葉に残る?
それとも世界が消し飛んでしまうくらいの
何かがおこるのか?
最後まで魔法化高校の劣等生見させてもらいます✨
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。