スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイ・ワールド 7

あらすじ

スカイワールド―それは魔法と科学技術が同居する世界で、
無数に浮かぶ島から島へと飛空艇で旅をするオンラインRPG。

第三軌道への鍵を手に入れたジュンたち『覇者の御旗』は、
その扉の在処を知る『銀翼騎士団』との共闘を求めて、
バクラヴェン島奥地にある遺跡を目指し、行軍を続けていた。

そんな中、突如現れた『銀翼騎士団』のギルドリーダー・クァンタム。
急な決闘を申し込まれるも、ジュンは見事勝利し、共闘は約束されたのだが・・・
『銀翼騎士団』メンバーの異様な雰囲気に、ある残酷な過去があることを知り―。

この世界の真理を暴く、熱きオンライン冒険ファンタジー!!

感想

スカイ・ワールドの7巻

表紙は声優召喚師であるヒカル・・・従妹には基本鉄拳制裁な部分もある

 マ  ジ  カ  ル
真剣狩るテルちゃん

と覚えてもいいらしい・・・自分が声を当てた魔法少女のコスプレでゲーム大会に参加して
未発見のハメ技を駆使して蘭カーを全て潰して優勝した事からの綽名みたい・・・

やっぱり物理なのか!?

なんかヒカルは職業間違えている気がしてきたな・・・前衛職でよかったんじゃ・・・

さて、前回の話ではついに第三軌道への手がかりを見つけた・・・って所で終了だったわけで
ついに停滞していた上層軌道への道になるわけなんですが・・・

bakuhatu.png

なんか今回の感想はこれだけでもいいような気がしてきた・・・

とりあえず攻略部分について書いていくと
一応は3大ギルドの一つである『銀翼騎士団』との同盟
その条件であるギルドマスター・クァンタムジュンの決闘・・・
彼らが見つけた第三軌道への道・・・って感じで攻略そのものは順調・・・ってか
ついにジュンたちは現状攻略トッププレーヤーに・・・

どんだけだよ!?

って感じなんですけどね・・・ジュンとかカスミ達に会う前はクエストやりまくってて
寄り道しまくってたのにね・・・カスミと出会って・・・エリと出会って・・・

ハーレム形成してたらいつのまにか・・・

という感じに最前線に・・・
ん?なんかおかしい気が・・・でも間違ってない・・・

bakuhatu.png

『銀翼騎士団』は典型的なネトゲ廃人の集団で大規模戦闘ギルド
とにかく攻略・・・大規模戦闘が大好きであり、ドラゴニュートを殺しまくってたのも
リザードマンに第三軌道への道のために必要なクエストだと言われていたからであって
それ以外の意味はない・・・彼らにとっては攻略の手段でしかない・・・という・・・
完全にゲームの価値観と変わらない状況ですごしてきている存在

サクヤ達と同盟を結んだのもリザードマンが情報を全然出さず、
自力で先に進む道を見つけたもののドラゴニュートを殺していた自分たちでは
使えないルートだったために・・・というもので・・・

攻略できれば細かい事はいいや

という・・・ある清々しいまでのガチゲーマーっぷり
まぁそんな人種だからこそギルマスのクァンタムとかジュンとデュエルをして
十分楽しめたって事もあって簡単に彼の事を気にいっていたし
ゲーマー同士として話をする分には全然楽しく話せる相手ではありましたね

ジュン達がおいしい戦闘とか遭遇したって聞くとずるい・・・とかいうバトルマニアだけど。
ただ・・・うん・・・

ちょっと怖い

ってのはあるんですけどね・・・ジュン達の視点で物語を追っている以上は
ドラゴニュートにもきちんと人格や感情がある事がわかっているだけに
完全にゲーム攻略と同じと割り切って虐殺しちゃうってのがちょっと・・・怖い

そういう面の問題もあって彼らの攻略が滞ってしまったって一面もありそうですが。
ジュンたちみたいに町の人や町の管理をしているゴーレムに聞き込みとかは
全然してなかったみたいですから・・・

まぁそれでもお互いに必要な部分を補える相手だったので
『覇者の御旗』『銀翼騎士団』の同盟はなり・・・
無事第三軌道へ・・・となりそこでの冒険も新しい脅威がありながらも
順調に探索をしていって・・・順調

『銀翼騎士団』にはヒカルの学校の友人もいたりして
そっち関係でもいい感じの関係を気づけつつ、クァンタムには
『神の座』のスパイについても知らせて・・・と色々と対策もしておき
物資については合流したリュカのおかげで余裕も出来て・・・と順調

さらにグレートワーデンと呼ばれる『神の御使い(アポスト)』と出会い
彼女がスズランをエルフの国に送った事、彼女は第三軌道の図書館の主で
そこから出られないからこそ外の状況がわからない事、
スズランは彼女とは別の『神の御使い』・・・かつて世界の危機に
冒険者を召喚したらしい『神の御使い』の姿を模した事などを聞き
世界を危機に陥れた『異物』の事・・・
竜の帝国が滅んだ原因は『異物』対策で冒険者を呼んだ『神の御使い』
冒険者の力を疎んだ竜の帝国が封印してしまったためとか・・・

アホじゃね?

的な事もわかりつつ・・・件の『神の御使い』こそがアリスであるらしいって事が
判明して・・・彼女が現在囚われて助けを求めているらしい『バロックの牢獄』
第三軌道に存在する事も確認できて・・・そしてラスト・・・

『バロックの牢獄』に向かうジュン達を襲うモンスター達・・・
仲間達と離ればなれになったジュンリュカ・・・そこに現れた『神の座』のスパイ

物資の供給を途切れさせるのが目的の敵はリュカを狙い・・・
彼女は殺されてリポップポイントまで逆戻り
ジュン達は大規模戦闘をする資材を失いことに・・・

なんてことにはならず・・・

念のためにジュン『フェニックス・ガード』にセカンドクラスを変更させていた為に
リュカはその力でその場で復活・・・敵はそれを確認もせずに逃げていったので・・・

うわ・・・間抜け・・・

って感じですが・・・流石にリュカがこれをってのは予想できないか・・・
あとはすぐに逃げないと囲まれる可能性もあったし・・・
それにしても敵をあぶりだす為の餌としてのスズラン
さらにあえて狙われるであろうリュカを連れ出し・・・彼女を殺させることで
逆に敵の警戒意識から外させ・・・さらに敵の正体も暴くというこの作戦・・・

幼女と少女を囮に使う

というどこの外道だって感じのジュンでした・・・いや、お前何気にひでーよ・・・
その後、仲間達と合流して『バロックの牢獄』へ到着・・・で終了

一緒に動いているのがいつものメンバー全員ではなく拠点に残って
色々調べたりしているメンバーもいて分断状態だったり
それとは別の意味で頼もしいクァンタムとその仲間がいたりと
あいかわらずパーティーメンバーがちょくちょく代わるのが面白い感じ

本格的な謎解き、攻略、検証・・・などなど楽しくなってきた感じで
ここらへんの物語の本筋もやっぱりいい感じでした。

さて・・・本筋はここまででここからは

bakuhatu.png

という感想に対するジュンのハーレムについてのアレコレ・・・いや、まぁ

bakuhatu.png

としか本気で言い様がないんですが・・・

まずは表紙のヒカル
彼女は『銀翼騎士団』の内情を調べる為に彼らと仲良くなりつつ調査って事で
攻略メンバーであるジュン達とは別行動するんですがだから・・・って事で

ほっぺにキス

作中でもありましたが・・・ユーカリアナイズが進んでいる模様・・・
怖いな・・・ユーカリアナイズ・・・

ユーカリアナイズってなに?

って思ったけどちょっと考えたらあーあれか・・・とすぐ思い当たっちゃうくらい
もうこの作品ではあたりまえになってしまってるけど・・・

次は・・・リュカかな?
彼女の場合はハーレムメンバー・・・って感じではないかな?
それでも一定以上の信頼はあるし・・・仲間内で最年少でありながら
そういう方面でジュンをからかう最先方であったりして・・・そして何気にサクヤと気があってた

なんだこの最凶コンビ・・・

そしてリュカの小学生らしからぬ深い考えとか色々・・・すげーな・・・って感じ

ユーカリアグレートワーデンのところにあった温泉にジュンが入ってるときに
姿を消して侵入してきて・・・自分たちの存在に対する不安を彼に話し
まぁ・・・彼女についてはいつも通り
押せ押せだろうがなんだろうが・・・もう完全に心の底からジュン一筋

エリは自分がジュンに好意を抱いていてモヤモヤするけど
ジュンが楽しそうなら自分は幸せだ・・・って感じで納得してたし

そして正妻たるかすみ

ジュンの色々な部分を支えてる

ジュンの自分の行動で仲間を傷つけたり死なせてしまうかもという不安に対して
自分やエリユーカリアはたとえ死んでこいと命じられてもジュンの命令なら聞く
というか

壊してもらえるなら嬉しいです

とか言っちゃってたんですが・・・言葉を選ぼうね・・・いや、俺が穢れてるのか・・・orz
かすみ的にはエリユーカリアもそうみたいだし・・・
悩みを抱えていたジュンには色々と助けになってましたね彼女との会話

それに対するジュンの精一杯は

かすみを力いっぱい抱きしめる

ってもので・・・ヘタレだけど・・・まぁ仲は順調に進んでますね。

そして正妻とも違う・・・なんだろうか・・・半身?相棒・・・ってかもう

恋人でよくね?

って感じのサクヤとのやり取りが一番凄かったかも・・・
攻略中に仲間達12人で戦い苦戦して追い返された中ボス相手に
ジュンサクヤは残り10人を待機させて二人きりで挑み

ただただ圧倒して一方的に勝利

というとんでもない結果をたたき出す事に・・・言葉すらほとんど交わすことなく
お互いの動きをとっさに理解して敵が体勢を崩し、相方が戦いやすい状況を作り出し続ける
ってのをお互いにやり続けての傍から見てるとまるで舞踏のような戦い

かすみユーカリアがずるいと・・・めげそうになると凹むほどの完璧な連携
息のあった二人・・・

なにこいつら・・・

って感じだったのに加えて・・・↑で書いたかすみを抱きしめた一件の直後
部屋に帰ったかすみと入れ違うようにサクヤが現れ、
サクヤジュンに彼女の弱さの一端を見せたときに思わず・・・

キス

かすみは抱きしめるのが精一杯なのにサクヤだとキスなのか・・・へー・・・

お前らもう付き合っちゃえよ!?

ってか何でお前らくっついてないの!?

なんかもうサクヤだけヒロイン枠ではすでに別枠が用意されている感じでしたね・・・
最後には暇が出来たら二人きりで冒険を楽しもうって約束とかしてたし・・・

えっと・・・死亡フラグじゃないよね?

って不安になったりもしたけど・・・さて・・・なんかもうハーレムがどうしようもなく
なりつつあるけど・・・これマジでどうするんだろうね・・・

というかアレだよね・・・かすみといい雰囲気を作っておいて・・・もう少し邪魔が入らなければ
キスまでいってたかも・・・って感じだったくせにその直後に雰囲気に流されるのではなく
自分の意志でサクヤにキスとか、ジュンがなんかもう女の敵な気がするな・・・うん・・・

最後に一文。

サクヤジュンの会話

これで・・・この二人って付き合っていない上に
まだまだ女の子が周りにいるんだぜ・・・

そのうえ、このあともう1回キス・・・コンチクショウめ・・・

「夢だったんだ。
 
 好きな人とふたりきりで冒険するのが、ずっと夢だった」


「おれでいいのか」

「もちろん、きみがいいんだ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
スカイ・ワールド7 (富士見ファンタジア文庫)スカイ・ワールド7
(富士見ファンタジア文庫)

(2014/04/19)
瀬尾 つかさ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

以心伝心ではない私たちだから【スカイ・ワールド7 (富士見ファンタジア文庫)】

スカイ・ワールド7 (富士見ファンタジア文庫)(2014/04/19)瀬尾 つかさ商品詳細を見る 遥か上空、蒼穹の果てを目指せ 飛空艇で旅をするMMORPG・スカイワールド そんな世界を行く 生粋のゲーマー・ジュンを中心に ひょんなことから出会った ちょっぴりコミュ障な過去を持つ メンバーたちの旅路を描く オンライン冒険ファンタジー 次なる階層へ降り立つ 双方向許容ハーレ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。