スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔弾の王と戦姫 9

あらすじ

ジスタート王国の次期国王の座をめぐる騒乱を鎮圧するために、
自軍を率いて出立したエレン。

出向いた先で合流した“雷渦の閃姫”エリザヴェータの側に、
行 方不明だったティグルを発見する。

しかしティグルは記憶を失っており、エリザヴェータの従者“ウルス”と名乗った。
エレンのことも思い出せないという。

そ の言葉にショックを隠せないエレンだが、おとなしく引き下がれるわけはない。
だが、エリザヴェータもはじめての部下である“ウルス”を手放すつもりはな かった。
戦姫同士の激突は避けられないのか。

ジスタート国内の陰謀や思惑も加わり、
ティグルの運命は嵐よりも大きな動乱に飲み込まれようとしていた。

大人 気美少女戦記ファンタジー、第9弾!

感想

魔弾の王と戦姫の9巻

今回からイラストレーターさんが変更になったためか表紙はエレンが再び
これはこれでいい感じですね。

さて・・・前回の話ではサーシャが命の最後の炎を燃やし尽くすがごとく
トルバランを撃破してその圧倒的な強さと・・・そして切なく逝く姿を見せてくれ
ティグルを失った悲しみ+親友を失った悲しみをなんとか受け止めていたエレン

あまり仲良くないエリザヴェータと共に王位継承者同士のイザコザを
調停するように命令されて合流してみたら

シラっと我らの主人公が同行してた・・・

どういうことだ!?

って事で記憶喪失やらエリザヴェータが所有権主張したりとか
記憶喪失になってもあいかわらず姫キラーな部分を発揮して
フラグを立てていたティグルさん・・・

まじもげろ

って感じで・・・その結果、二人が武器を抜いて・・・って所までが前回だった
わけですが・・・さて今回は・・・

あれ?コレ別にエリザヴェータでもよくね?

ってかこの娘、めっちゃ可愛くね!?

って感じで・・・今回こそが本格的なエリザヴェータ回でしたね・・・
記憶ない状況下でどんどん攻略すすめちゃってるティグル
記憶戻った後、知り合い女性一同にどんな目に合わされるか気になるところですが。

さて・・・本編に話を戻しますが・・・

エレン、切ない・・・

といった感じでエレンエリザヴェータの激突はティグル・・・記憶戻るまではとりあえず
彼が今名乗っているウルスで書くことにしますが、ウルスが二人の間に入り
エレンにはっきりと

自分にはエレン達が思い出せない

と断じた事でエレンも矛を収めて戦いは止まったわけなんだけど
この時の挿絵のエレンの表情はまさに息を呑む・・・って感じの
すごくショックを受けた感じで・・・切なかったですね。

この後、エレンは何事もなかったようにエリザヴェータと協力して
次期国王に選ばれたユージェンを彼に従者を毒殺されたと怒りの余り出兵した
イルダー公爵を捕らえる事に成功
何気にこの作戦におけるイルダー公爵に対して進路予想・索敵と捕捉
さらには戦闘中に生かして捕らえた・・・って手柄は全部ウルスだったりする

戦姫2人 < ウルス

と軍師的な面では明らかに上でしたね・・・まぁ状況もありましたが
そういえば曲がりなりにも生まれながらの貴族で現在はリムに色々と叩き込まれてるんで
記憶失っていてもそこらへんの発想は失ってないって感じなのかな?

ユージェンイルダーはどっちも悪い人ではなく、イルダーユージェンに怒っていても
エレンエリザヴェータのどちらにも敬意を払って、卑怯な手は一切使わず
自身を捕らえたウルスの武勇を褒めたりとかなりいい人
やっぱり問題なのはイルダーの従者に毒を盛ったヴァレンティナ・・・ですよね・・・

今回の話で彼女の生い立ちとか・・・王を目指す心意気は多少わかり
別に暴君になる感じじゃなくて自分の領地は大切にしている女性なんだけど
手段をまったく選んでないあたりが・・・やっぱり問題なんだろうなぁ・・・
問題を起こして国を割ってそのどれかで主導権を握っていずれ玉座に

隣国で問題とか起きてそれに接してる『戦姫』が動けなくなるならよし
って感じで隣国の混乱も望んでるみたいなんだけど・・・
今回の話を読んでて思ったのが彼女がガヌロンとか・・・怪物に関わる存在の
正体を知らなそうってのが・・・今後の彼女のアキレス腱になりそうな予感

彼女のたくらみがうまくいく未来がまったく見えませんですからね・・・
そこらへんでなんかあってヒロイン入り・・・はやっぱり難しいだろうか・・・
なんか妙にティグルと顔を合わせる機会がないから、あった時にまさかの一目惚れ
とかしたら笑うかもしれない・・・・なんか考えたりありえない事でもないかも
ぶっちゃけるとヴァレンティナってとても夢見がちな女の子って感じだし・・・
一目惚れはなくても王になれないとなった時にティグルに優しくされて
コロっと落ちてしまう可能性も・・・そこらへんどうなんだろうか・・・

とりあえずこんな感じで戦いは終わりウルスはそのままエリザヴェータと共に
彼女の領地へ戻り、エレンライトメリッツへ戻ったんですがここから

男を取りもどる or 男を繋ぎとめる

そのためのそれぞれの女達の行動が始まるわけです・・・とうの男は
記憶喪失でどうしたもんか・・・って感じなんですけどね・・・コンチクショウ

エレン側の動きはまだ途中・・・って感じでまずエレンリムに事情を話して
確認の為に会いに行ってもらう事を提案
そこに事情を聞きにやってきたマスハス、そして彼の推薦でティッタの3人で
確認の為にエリザヴェータの領地に向かうことになり

父 マスハス 長女 リム 次女 ティッタ

の設定で旅に・・・死んだ奥さんは美人だった設定とかちょっと笑いましたね。
こっちは順調に旅が進んだんだけどティッタが途中で寄った神殿で
意識を失い・・・って事に

一方でエリザヴェータの方は・・・

やばい・・・依存が進んでる・・・

ウルスが彼女にとってはじめて自分で選んだ部下ってことで特別だったわけで
さらに彼が自分のコンプレックスである『異彩虹瞳』に対しても
忌憚のない意見を言ってくれたって事もあって・・・・昇進させたいって想いが強く
なりすぎてしまったのと・・・ウルスのその期待に応えられるだけの能力と
普段は立場やら生まれやらを考えて抑え気味であったであろう
1人の女の子に対する優しさが現在の主人であるエリザヴェータに全開で注がれた結果

ウルスの立場が微妙に・・・

文官達が無理だ・・・と思った案件を自分なりの手段で見事解決して驚かれた
くらいはよかったけど事前にエリザヴェータがいい含めていたために
彼女がウルスに恩賞を与える事を今までのように止める事ができず
なんとか期間を限定するってだけど・・・部下としては最上位の信頼の証である
彼女の部屋の隣室に部屋を与えるという事になり・・・
当然だけど他の部下から疎まれる事に。

お忍びで外に出かけて首飾りをプレゼントしたり、なんか仲良くなってて

これもう惚れてね?

って感じでもあるんですけどね・・・そっちもバレたらどうなるんだよって感じですが。
エリザヴェータの右腕ともいえるナウムウルスの力を認めているんだけど
流石にここまで急だと他の部下の反応が・・・と心配していたんだけど
実際にそれは現れ・・・だけど誰も文句言えないと思っていたんだけど
そこに・・・付け込む奴がいたために・・・大事に

バーバ=ヤガー

ドレカヴァクヴォジャノーイトルバランなどと同じ怪物勢の老婆のような魔女のような
そんなキャラであり前回の話でエリザヴェータの異常な膂力がそれから与えられたって
感じのことをトルバランが言ってたわけですがその相手ですね

ただコイツの存在についてはいい部分もあってどうやらエリザヴェータはかつてエレン
敗れたときに強さを求めていたときにバーバ=ヤガーの声を聞いて力を求めて
与えられたってことみたいで個人的な関係とかはないみたいで・・・
敵に与しているとかはなかったみたいで・・・今回登場したときには
与えられた力を叩き返したいと言ってましたし・・・いい娘だと確認はできたんですけど
こいつに心を誘導されたエリザヴェータの部下たちによってエリザヴェータウルスが襲われ
倒しても立ち上がって襲ってきて・・・どうにか逃げて神殿の地下に落ち
かつて戦場で戦った双頭竜に襲われ・・・と散々な事に

ただ・・・ここからが凄かったんですけどね・・・

エリザヴェータを守るためにウルスは力を求め・・・その想いに応えるかのように
謎の声が響き・・・そして

黒の弓召喚!そして雷光の矢!

ウルス・・・ティグルの例のあの家宝の謎の弓・・・前回村娘に不気味だと棄てられたんですが
その本体が召喚された・・・ではなく闇がその形を取って彼の手に現れ
さらに今回は矢すらなかったのおエリザヴェータ『砕禍の閃霆ヴァリツァイフ』の力を借りて
矢を雷で生成して一射・・・これで倒しました

なんかどんどんいろんな能力発揮するな・・・この弓・・・
どうやら本体なくても・・・矢すら必要としないで力を発揮できる模様
まぁ『竜具』の力を借りているにしては消耗が激しかったから本体使用よりは反動が大きいんでしょうけど
それはそれで凄まじいよね・・・未だほとんど正体すらわからないのにこれって・・・
この先がさらにあるんだろうか・・・ちょっと恐ろしくなってきた感じ。

まぁ力の源らしき神が『夜と闇と死の女神ティル=ナ=ファ』があんまり
メジャーで信仰されてるような女神じゃないみたいだし・・・不安なのかもしれないですね。

今回の現象を発生させるのに『夜と闇と死の女神ティル=ナ=ファ』と思われる存在は
ティッタの身体を借りたみたいでそれによって↑で書いた倒れるって事態が起きたわけだし
何かしらの制限があるみたいではあるけど。

怪物勢は現実にある御伽噺とかにでてくる妖精とか怪物、魔女の名前だったりするけど
この世界では場所によっては祭られていてそこで力を得ているみたいだし・・・
この世界での神とかそういう存在のあれやこれやも今後関わってくるんだろうか・・・

ただこの後、ウルスバーバ=ヤガーに連れ去られそうになり、エリザヴェータが邪魔したけど
ウルスは別の場所に飛ばされ、ムオジネルからティグルの生死の確認に来た
スパイのところに・・・エリザヴェータはボロボロになりながらもウルスを助けると歩き出し
ティッタ達ももう近くまで来ている・・・とここからどうなるか気になるところで終了

弓の召喚でウルスの・・・ティグルの記憶が戻りそうな傾向にあり、
戻った場合は当然・・・エレンのところか・・・もしくは今回のジスタートの失態で
ブリューヌへの帰還が早まる可能性もあるし・・・エリザヴェータがその時どうなるかが不安ですね。

なんかもうウルスがいないと・・・って感じなくらいになっちゃってますからね・・・彼女・・・
ある意味で凄いヒロインぽかったんですが・・・ヤンデレ化しないか不安な部分も・・・

なにはともあれ記憶喪失騒動は次回あたりでなんとかなりそうだけど・・・どうなるか楽しみ

そして平和になったはずのブリューヌでも不穏の種が・・・
状況的にはヴァレンティナが望むような騒ぎになってきているわけなんだけど
その中で登場人物がどう動いていくのかこれから楽しみ

あと気になってるのは『討鬼の双刃バルグレン』の継承者が誰になるか・・・ですね。
ユージェンの娘とか未来において・・・って可能性もありそうだし
戦闘の中ですでに登場している誰かが・・・ってのも考えられる・・・どうなるんだろうか
そこらへんも楽しみです。

最後に一文。

ミラのセリフ

冒頭でティグルの行方不明の話を聞いて、彼が用意していたお土産を渡されて
その後の1人のときに呟いた言葉がこれ

なんか凄いヒロインっぽかったです。 
あとはティグル生存を知った時のオルガソフィーの反応も楽しみかも

他にも色々あったんですが今回一番印象に残ったのがコレでしたね
なんだろ・・・出番もほとんどなかったヒロインなのに一番印象に残ってる

「土産なら自分で持ってきなさいよ。馬鹿・・・」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉9 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫
〈ヴァナディース〉9
(MF文庫J)

(2014/05/22)
川口 士

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。