スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖剣と魔竜の世界 4

あらすじ

『魔竜姫』の恋人として世界的に有名となったカガリの前に姉・月夜野日和が、
そしてアーリの前に最強の魔竜クロウ・クルーワッハを引き連れたファリーが現れた。

それは約束された運命の邂逅―。

「私の『神喰の殲竜・クロウ・クルーワッハ』の力で、どかーんっと食べられちゃって下さい」

彼女たちが現れた瞬間よ り、美影開発都市でこれまで聖剣と魔竜の戦いと無縁だった
一般の人達が『魔竜化』し始める。

数百、数千の魔竜が街の空を飛び交い始め、
人々の恐怖と混乱が 頂点を極めた時、
カガリがこれまで戦ってきた『魔竜』と『聖剣』たちがその力を結集する!

数多くの『聖剣』と『魔竜』の力と意志が激しくぶつかり合う怒涛 の第4章―。

感想

聖剣と魔竜の世界の4巻

表紙はラスティリヴィア

こんな美少女ですが片や『金色の牙竜ラドン』で片や『蒼銀の滅竜リヴァイアサン』
と呼ばれる『六皇魔竜』のうちの2人なんですけどね

すでに主人公に惚れてる感じですが

とくに後者・・・リヴィアの方は見た目とは裏腹にかなり長い時間を生きてる
古い竜らしいけど今では主人公・・・カガリにべた惚れ・・・なんてこったい

前回、カガリは妹であり『咎人の王の魔剣レーヴァ・テイン』である灯花
正式に契約を果たしてフラグを強化しつつ、敵であった桜華ともフラグを立て
さらについにアーリにも正体を明かしたら全国中継でキスをされ・・・と

bakuhatu.png

な展開になったわけですが・・・それでも事件の裏で暗躍するカガリ灯花
宿命の敵ともいえる『聖魔の冠竜・レッドクラウン』
その正体である二人の姉・日和が行動を開始してさてどうなるのか・・・ってのが今回の話

基本的に2方面・・・いや3方面になるのかな?別れるのでそれごとに書いていきます

① リヴィア、頑張る!

今回の事件で日和と後述のアーリの妹であるファリーに屈服させられた
『夢幻の翠竜・ファフニール』ことカガリの友人である公司の力で
街中の人が恐怖によって

魔竜に襲われるくらいならそっち側になったほうがマシだ

という恐怖で魔竜化・・・しかも『魔竜』と同化したまんまワイバーンのような姿になり
それが人を襲ってその相手もさらに・・・という

どこのバイオハザード!?

って感じに・・・バイオっていうかドラゴンハザード?
リヴィアはそれを止める事が恐らく事件の中心で戦ってるであろうカガリの為になると
その元凶を断ち、人々を元に戻すために動いたわけなんですが

いや、もうそれって完全にヒーローポジション

大罪クラスの『魔竜』なんですけどね・・・怖がられてなんぼなんですが・・・
そういうの全部置き去りにして

カガリに褒めてもらおう

という理念の元に動いちゃうあたりもうこの娘も大分ガチ惚れしてますよね…
公司によって恐怖を突きつけられ彼の力に囚われてしまっていても
カガリの事ばかりを考えて、彼を助けるために悪者ぶっとばそーという考えの下に
長い年月生きてきてしていなかった自らの『魔竜』を理解する事でさらなる力を得る方法を
今こそ・・・って感じで試して見事ファフニールの精神汚染から復帰

正体がばれる=敗北


って感じで間接的に相手と戦う能力しかない公司はこの時点で詰み
まさかここでリヴィアすらパワーアップがあるとは・・・思わなかった・・・そして・・・

公司・・・こいつもか・・・

何気に彼・・・カガリの親友ポジションは気に入っていたみたいで
リヴィアカガリに正体をバラさないことを条件に情報公開を提案されて思いっきりのってた・・・
男女かまわず・・・深く関わった相手は落としていく・・・それが主人公補正か・・・
それともマジで知らず知らずに最善の運命でも引き寄せてるんだろうか・・・あいつは・・・

②ラスボス姉妹大戦

最強の『魔竜』にして『魔竜姫』と呼ばれ自称ラスボスであり

究極の悪竜・ザッハーク

でありアーリ・・・生まれはかつて『魔竜』に滅ぼされた王国のお姫様だったみたいなんですが
今回はその実の妹であり・・・同じくラスボスレベルの『魔竜』であり
その危険性からずっと封印され眠り続けていたらしいファリーが登場

神喰の殲竜・クロウ・クルーワッハ

である彼女の能力は相手の『魔竜』を食べる事でその能力を得るというもので
さらに『魔竜』を装着するタイプでほとんど人間サイズで右腕が竜の顎になるって感じ
ただ普通なら精神に負荷が大きく自滅する事が多いらしいんですけど・・・
ファリーは最初から

精神がぶっ壊れてる

って感じでかなり危険な感じの女の子でしたね。
『魔竜』であるラスボスなんだから世界を滅ぼしてしまえばいい
『聖剣』『魔竜』だけの世界になってしまえば自分のような存在こそが普通になり
普通の生活を送れるだろうから・・・って思っているみたいで
アーリと同じように祖国の滅びを見たみたいだけどその後の考え方は大分違っていて
かなり危険な考えの女の子ですね・・・
アーリを倒して自分がラスボスになり世界を滅ぼそうと襲ってきたわけですし

ザッハークとかファリーには餌の塊で戦いの中でどんどんパワーアップ
アーリもどんどん力を削られていったんですが・・・

通販やお風呂がなくなったら困るでしょ?

という理由で一蹴されることに・・・

あれ?

アーリの能力は『全知全能』でありザッハークは能力の大小はあるけど
ありとあらゆる能力を持っているみたいで当然のようにクロウ・クルーワッハ
同じように相手の『魔竜』を食べる能力を持った影の『魔竜』を持っていて
ファリーの武装した『魔竜』をもぐもぐ・・・してました・・・
一応、相手の能力を得るって力はない完全に食べるだけの劣化版だけど
食べる能力だけはまったく劣らず・・・ファリーはそれで終了

アーリ『魔竜』に祖国が滅ぼされたのはその『魔竜』がそれをしようとして
祖国がそれをとめられなかっただけ・・・と割り切っていて
自分も『魔竜』だから好きなように生きる、邪魔する障害は全て排除する
ただそれだけであるみたいで人間を滅ぼそうとしないのは
人間社会がなくなって便利な現代機器やサービスなどがなくなると
自分の生活が困るから・・・という超自分本位な理由・・・これはあれだ・・・一種の

ジャイアニズム

ってやつに近いですね・・・世界を滅ぼし変革する事こそが『魔竜』って信じてる
ファリーはこんな理由で叩きのめされて納得できるわけないけど、
それ以上に敗北した『魔竜』が何を言っても無駄という理念はちゃんとしてるんで
なんかもう・・・

どうしてこうなったorz

って感じになってましたね・・・ここらへんの姉妹のやりとりはあまりの姉の考え方に
人間味の少なかったファリーがムキになって反論するという人間味を呼び起こしていて
何気にアーリが喜んでいたりと・・・色々な意味でファリーは負けた感じ

ってかアーリが強すぎる

この人に1巻でまがりになりにも勝利してほれられているカガリ・・・無敵なんじゃないだろうか
何気に『運命を操る』という能力だけは自分を倒せる相手だけが持つ能力であり
アーリは使えないらしいので本当に・・・カガリとは・・・『運命の魔王竜バベル』とは
運命で結ばれた相手って事みたいですしね・・・

暇があればカガリの事を考えてしまい・・・まだうまく恋愛感情がわかってないから
恋愛ごっこっぽくも感じているけどファリーカガリを貰うとか言うとイラっとしたりと
ちゃんと徐々にカガリへの想いが恋愛感情だと納得し始めている部分もあり
アーリが最終的にどう落ち着くのか気になるところ・・・

落ち着くのか?

ってのは・・・とりあえず考えないでおこう・・・怖いから・・・

③ 姉 VS 弟&妹決戦・・・ってあれ?

ついに動き出した『聖魔の冠竜・レッドクラウン』との決着の話
日和『恐怖』を司り『恐怖』されるための存在でありその真の名前は

『真魔の竜王・サタン』

というらしく

超有名魔王キタッ!?

って事でさらに先があったみたいであり・・・その性質ゆえに竜の部分が登場してしまえば
倒す手段がないと言われるくらいトンでもない存在であり
人を『恐怖』させる行動をしないわけにはいかないという部分もあり
カガリ灯花のことを今では大事にしているんだけど、それでも『魔竜』としての役割のほうが
優先であり・・・姉が実は姉ではなく自分達のトラウマの相手だったという『恐怖』
与えてしまうとわかっているからそうして・・・正体を明かすことに

ただ・・・うん・・・ぶっちゃけた話

倒したのはほぼラスティ

これは予想外だった・・・『恐怖』を体現する存在だけに彼女に『恐怖』を持って
『効かないかも知れない』って思いながら攻撃してもその通りになってしまうらしいんだけど
ラスティ日和と仲良くなって・・・正体を知ってもまだその気持ちがあったためにその優しさから

自分の攻撃が通って重傷を与えてしまったら

という『恐怖』を持ちながら攻撃してしまったために逆にその通りになって日和に大ダメージ
『恐怖』には変わりないのでラスティは直後に敗れたんですがこの時点で日和はボロボロ
いいタイミングで駆けつけたカガリはその後の締めをしたって感じでしたね。

何気に『魔竜』を武装していたラスティは敗北と共に力が消えて全裸になり
それをカガリがないすキャッチしたので・・・

カガリ、爆発しろ!

って場面でもありましたが。

日和は読んでるとわかるんですが決して悪人ではなく『魔竜』としての
運命に従わざるを得ない感じの娘であり・・・それゆえに世界にも自分にも絶望していて
唯一幻の存在だと思っていた『運命の魔王竜』であるカガリと出会い、
いつか本気を見せるという彼との約束を夢にずっと生きてきたみたいであり
ある意味で・・・恋愛ではないかもしれないけど

ずっとカガリに夢中

だった感じですね・・・バトルでもカガリ灯花の全力3連撃を受けて
さらにカガリ『魔竜祝福(ドラゴンブレス)』を発動させたときにはめっちゃ嬉しそうだったし
この瞬間の為に生きてきた・・・って感じでしたね・・・ただここからが予想外というか
言語の検索は人としての脳では処理しきれない・・・だけど『聖剣』状態の灯花ならば
剣になり、さらに膨大な情報キャパシティがあるので代わりに処理してもらえば・・・って事で
検索能力が前より精密に使えるようになっていて・・・カガリはそれで

月夜野 日和

を検索する事で日和の精神世界に突入・・・そしてカガリが突きつけたのは

日和を連れ戻して今まで通り暮らす

というもの・・・灯花を悲しませたのは怒ってる・・・だからその分だけ笑顔に
そしてそのためには日和の存在は不可欠で・・・こんな状況でもこの兄妹は姉が大好き
日和がかかえてる『運命』とかカガリにとってはどうあっても変えたいものであり問題なし
そしてなにより『月夜野 日和』で検索して彼女の精神に・・・本当の心にアクセスできた事が
彼女が心の底ではその名前で・・・最初は記憶を改変してもぐりこんだ立場であっても
生きていきたいと思っている何よりの証拠だからと・・・

説得する事で勝負あり

まさか・・・力技じゃなくて心に訴える事で勝負を決めるとは思いませんでした
まぁ下手に攻撃でどうにかしようとするとラスティの攻撃ですでにボロボロな日和
結構危険だったでしょうしね・・・

それにしても記憶改変までして家族になりすましていた宿敵を
さらっと家族扱いして許し・・・相手ももう家族の一員になってたとか
根っからのいいヤツしかおらんな・・・日和がいい人かどうかはアレですが・・・

まぁ・・・カガリ灯花のその根幹はどうやら親の教育の賜物だったみたいですが。
二人の母親はライターをやりつつこの街の行政にも関わっているらしいんだけど
今回の事件中も計都が働くレストランで普通に食事をして動揺せず
色々と事情を知っていたっぽいですからね・・・日和のことも

いつのまにか子供たちの姉に納まってたけど
二人が懐いてるしいいか


って感じで改変の影響を受けずにさらっと受け入れていたみたい

いや、何者だよ!?

旦那らしき人と電話で子供達についての報告をしたあとに
カガリアーリの再戦について・・・そして『魔竜島』についてはお願いって事を
言っていたから『聖剣』『魔竜』に深く関わっている夫婦っぽいですね

そういえばカガリ達の父親って全然情報ないですよね・・・『魔竜』だったりするんだろうか



こんな感じで1巻から暗躍していた日和関連の事件はこれで終わりっぽいですね
ファリーの今後とかまだ見ぬ2人の『六皇魔竜』とか
今回登場した『魔竜』との同化による武装とか
戦いの中、燁澄を・・・『光裂く閃神の剣クラウ・ソラス』を使っていた桜華
正式に契約をしたのかどうかとか月夜野家の両親の事とか

色々と先は気になるところ。

アーリカガリの再戦が近いってカガリの母親が言ってたけど次回なのか
それとも少し間を挟むのかとかも気になりますね・・・

ラストはカガリの部屋に一緒に寝にきたアーリ灯花に想いを告げられて
どっちも好きって返してため息つかれてたけど・・・

君たちもだよね!?

アーリ灯花が、灯花アーリの事がもちろん好き
だけどやっぱり女同士と男女のそれは違うって事なんだろうか・・・
まぁその程度の理不尽とか美少女2人を腕枕して寝るのに比べたらね・・・

さっさと爆発しろ!

って感じですよね・・・ええ・・・

最後に一文。

アーリのセリフ

もう口癖のようなよくでてくるセリフなんですが今回はマジでこれだったので
もうこれだけ言ってればどんな理不尽も叩き伏せられますよね
凄まじい説得力で

妹が登場して凄い力で挑んできたのであっさり倒しても、世界を滅ぼせるのに
通販とか便利な生活の為に滅ぼさないのも全部自分がそうしたいから

「何故なら、私はラスボスだから」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
聖剣と魔竜の世界 4 (オーバーラップ文庫) 聖剣と魔竜の世界 4
(オーバーラップ文庫)

(2014/05/22)
サイトウケンジ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。