スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、 年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 III -Time to Pray-

あらすじ

──女子高校生で新人声優をしていますが、
年上のクラスメイトで売れっ子ライトノベル作家の男子の首を絞めています。

──男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、
年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。

──女子高校生でライトノベル好きを自負しているけれど、
年上のクラスメイトが朗読した、『ヴァイス・ヴァーサ』のWeb小説版が気になっています。

高校生作家と新人声優の秘密の関係に『ヴァイス・ヴァーサ』ファンの少女が乱入し、
ラブコメモードに急加速!? 

時雨沢恵一×黒星紅白の新シリーズ第3弾!

感想

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、
年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。


の3巻

何度でも言わせて貰うが

長すぎだよ、このタイトル!!

って事で今回はサブタイトルが

Play → Pray

とちょっとだけ変わっていて気になってはいたんですがちゃんと作中で
意味がありましたね…
っていうかヒロインである絵里ことステラステラこと絵里
かなり熱狂的な”僕”の小説である『ヴァイス・ヴァーサ』のファンであり
その中の『ミーク』ってキャラには凄まじいほどの思い入れがあり
今回の話でわかった事はアニメ化の際にその声優の座を手に入れるのに
かなりなりふり構わない方法をとったほどであり・・・そして完璧に演じるために
努力も凄まじくして他のプロの声優にも褒められるほどだったんだけど

作者が先の展開でそのキャラを殺そうとしたから作者を殺る

ってとっさに考えて実行しちゃうあたりがなんかもうかなり危ない感じで
いや、その作者である”僕”こそが君が最悪な状況だったと気に希望を与えて
今の絵里が存在するもっとも大きな要因なんですが

ミーク > 作者

ってなっちゃってるのはどういう事なの!?ってツッコミを入れたかったり…
だってさ・・・今回の話では絵里側のネタバレがあったせいなのか
彼女の一人称が”僕”のものと交互にある感じなんだけど…

絵里、めっちゃ”僕”が好きだよね

それはもう独占欲全開なくらいに!

と彼女の行動を考えると一歩間違えると怖い感じなくらい好きっぽいのに・・・
ずっと憧れてて最初のアフレコで1つ年上と知って、アフレコが全部終わりまでに
2人きりで話ができる機会が1回くらいあればいいなぁ・・・と思ってたら
入学した高校のクラスの前の席にしれっといて気絶しそうになったとか独白してるのに
殺そうとしちゃったからね・・・この娘・・・何気に恨みとか憎しみとか凄い溜め込んでるし・・・
昔、自分を虐めていた奴らとかできるなら全員・・・とかさらっと考えてるし
なんかもうステラとしての内面は危険極まりない感じ・・・ただ前回は
”僕”側だけからの視点だったので彼女側の視点だと彼女の内心がよくわかって
これはこれでとても楽しかった

ってかネガティブなの?ポジティブなの?

基本的に電車内で話しをするときは絵里として演技していて
ステラとしてだと敬語で大人しめになる感じなんですが
それでも殺そうとした自分をどうして”僕”は許してくれたんだろう?
私だったら無理・・・理由が知りたい・・・と悩みつつもヘタレてなかなか聞けず
聞いたら聞いたで・・・

私が”僕”にとって特別

ぶっちゃけ好きだからとかじゃなかったんだ…というポジティブ全開の
発想をしていた事がわかったりと・・・この娘はなんかもう凄い面倒な感じがヒシヒシと・・・
でもそんな絵里のウジウジとかをぶっ飛ばす事態が・・・

”僕”の過去と内面も結構ヤバイ!?

自分を殺そうとした絵里をあっさり許した事について作中でも絵里自身にすら
疑問視されて・・・それでもなお穏やかな感じを崩さずにいた”僕”

『ヴァイス・ヴァーサ』を読むに死生観がおかしい

何度も殺されそうになった経験があるせいで慣れてしまっている

作中で別人だけどこう語った人達がいて・・・それがまったく当人が認めるくらい正しかった
ってのが真相であり・・・その内容もかなり重かったですね

そしてこの真相が今回の

年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている

って部分に繋がるわけで・・・読む前は嫉妬でもされてまた締められたのかな?
とか考えていたのに冷や水をかけられた感じでした。

前回の話でさらっと流していた主人公の生い立ち・・・母子家庭という環境
それにまさかこんな過去が隠されていたとは・・・って感じ

とりあえず・・・読んでほしいって部分があるんで詳しくは書きませんけどね。
冷たい手の絵里に首に手を当ててもらえてると色々忘れられて落ち着くって
理由でまだ首締めの件で気にしている絵里の手を上から押さえるとか
ちょっと鬼畜な気もしましたけどね・・・

ただ絵里にとっては自分以上に厳しい過去を持つ”僕”の事を知れたことで
虐めで自殺を考え、その原因である自分の容姿に対するコンプレックスは
ある程度は拭い去れた模様。

学校では流石に今まで通りだけど仕事場ではカツラをとって本来の髪の色で
場合によっては本名のほうで仕事を続けよう・・・って気になったみたい。
髪も目もこういう仕事なら興味を引いてもらう1つの売りになるし・・・って事で

絵里としては自分が”僕”の特別な存在なのではないのは残念だったけど
”僕”が思った以上に”特別”だったってわかって色々と吹っ切れたみたいだし
何気にラストでは

私のこと、どう思ってる?

と今までのヘタレっぷりからは考えられないセリフを言ってるから
色々と成長の切欠にはなった感じ・・・これで落ち着いてくれればいいんだが・・・
まだまだ爆弾を抱えてそうで怖い・・・絵里さんですけどね・・・

ちなみに”僕”の返答は

いつか作品のモデルとして使ってみたい

違うよ!?そういう意図じゃねーよ!?

って事でテンプレなラノベ主人公らしい鈍感さでした・・・
過去の経験から自分が死んでも構わない人間と思ってしまっている”僕”
恋愛感については・・・どうなんだろうか・・・コイツ

それに今回でアニメのアフレコは終了で週末の電車で東京へってのは
なくなるみたいで接点がなくなるわけだが・・・どうなるんだろうこの2人の関係

こんなメイン2人のほかに動きがあったのはサブキャラ…こっちも2名

1人は絵里…というかステラの護衛をしているという
前回も登場していたんですが今回は”僕”ステラを助けた事とか・・・色々あって
前回よりは柔らかい態度になってますね

発信機とか盗聴器とか指向性マイクとか

なんか秘密道具・・・というかアレなアイテム一杯持ってて常に監視してますが

待って、法的にOKなの?大丈夫なの茜さん?

まぁそんなでも絵里にとっては姉のような存在であり、
ステラの状態のヘタレな時は色々と相談にのってアドバイスしているいい人なんですけどね。
これからの活躍(秘密道具的な)に期待したいところ。

もう1人が前回のラストに話しかけてきたクラスメイトのひなた

『ヴァイス・ヴァーサ』の熱狂的なファンであり、前回の終盤で”僕”絵里の為に
朗読した『ヴァイス・ヴァーサ』の先の展開を…元はWEB小説だったという嘘を聞いて
それはどこに!?同じファンならぜひお話を!!と寄って来たクラスメイトの女の子

女の子を助けようと行動したら別の女の子も食いついたでござる

とかそんな展開になっちゃって”僕”としては正体ばれると困るし
絵里にとっても声優の件とか”僕”との関係・・・なにより

2人だけの秘密がなくなるのが嫌

という・・・凄い私的な問題もあって大変な相手・・・
意外と策士っぽくて質問に答えざる状況を作ろうとしたりとひなたひなた
結構大変な相手だし・・・”僕”の周りに・・・普通の女の子がいない

そもそも友達すら・・・

いや、そこは触れないでおこう・・・うん・・・
教師の手伝いに立候補して年長者って事で”僕”を相方に選んだりとか
色々頑張って、さらに手伝いを頼んだ教師がラノベよく読む人で
”僕”

なに、この拷問!?

って思う感じにひなた『ヴァイス・ヴァーサ』を褒めたおしていたのが笑いましたね
作者当人の前で絶賛したり、あのネタはきっと・・・とか考察したり
嬉しいんだろうけどそれを表現できない”僕”があるいみ拷問状態でしたね・・・

何気に教師の人の作者像とか今後の展開とか”僕”が感心するくらい的確で
何者だよこの人って・・・って感じでもありましたが。

そして『ミーク』の名前の由来については間違っていたのでつい
それについてツッコミを入れて教師とひなたに『ヴァイス・ヴァーサ』のファンだとばれる絵里

なにしてんだろう・・・この娘・・・

一応、ひなたには”僕”絵里とは前からのペンフレンドで付き合ってるんだと
誤魔化す事で話をうやむやにしたんだけど・・・ひなたはWEB小説の件については諦めなさそう

何気にラストでは掲示板でそれについて聞いて

うぬうっ!

って騙されてるって言われまくって唸ってたし・・・彼女視点の話とかも見てみたいかも

この作者さんの作品ってあとがきが特殊すぎて次がでるのか全然わからんのだけど
さて・・・本当にどうなるんだろうか・・・
でるなら楽しみに待つんだが・・・それすらわからんからなぁ・・・

最後に一文。

”僕”絵里が通う学園の教師である遠藤のセリフ

この人、電撃文庫創刊の頃から読んでるらしいかなりのラノベフリークで
読み込み度合いも半端ない感じで『ヴァイス・ヴァーサ』のこれからの展開も
”僕”の焦り具合からかなり的を得ていたんだけど・・・

まさか作品内容から作者の内面にまで思い至るとかすげーって思ったのでコレ

何気にこの巻の重要なキーワードにもなってますからね・・・
同じように作品の内容からそれを読み取って演技に生かすようにいった
アニメ監督と担当声優とかもある意味凄かったですけど

「まあ、私見だけどな、俺は、この作者は──」

「死生観が、ちょっとおかしい」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (3) ―Time to Pray― (電撃文庫)男子高校生で売れっ子
ライトノベル作家をしているけれど、
年下のクラスメイトで
声優の女の子に
首を絞められている。 (3)
―Time to Pray―
(電撃文庫)

(2014/06/10)
時雨沢恵一

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

blanker

多分ステラは役のことやもう一つの意味もあって自分とミークを同一視してたんじゃないでしょうか?
ミークが死んだから、というよりはミークの死があまりにもあっさりしていたことから
自分のこともどうでもいいと思われている、って感じたんじゃないかと解釈してます
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。