スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘城ブリリアントパーク 4

あらすじ

東京西部の遊園地「甘城ブリリアントパーク」で、
高校生にもかかわらず支配人代行をしている可児江西也は悩んでいた。

以前よりも集客は伸びてきたが、目標としている人数には全く足りない。

ダメダメ遊園地を建て直すには、
ゲストが喜ぶアトラクションの改装が今すぐ必要なのだっ!

『お菓子ハウス』はメルヘンテイストからアクションに!
『フラワー・アドベンチャー』はお花畑から血まみれに、・・・

って、血まみれ!?
なんでホラーになってるの!!
待てよ、流血沙汰といえば、まさか面接の時に大量出血していた、あの女が原因か―!?

遊園地を救うだけじゃなく、こんな難題あんまりだぁぁぁ!!

感想

甘城ブリリアントパークの4巻

表紙は西也いすず
いすずがちょっと微笑んでるのがいいですね・・・あ、あとトリケンもいたね。

今回も本編&短編って感じなのでそれぞれの感想を書いてきます



・伴藤美衣乃の特殊な事情

前回は新しく入った3人のバイトの1人である椎菜が中心の話であり
今回は美衣乃が中心な話

面接で腹を刺され流血状態で登場し、犯人は彼女の事を
過剰に心配して家から出さないようにしようとしたあげく
色々あって刺してしまったブリーフ一丁、頭にストッキングの姿の
彼女の兄だったりして凄いインパクトがあるキャラであり
彼女が担当する部署は何故か流血沙汰が増えたり事故が増えたりして
おかしい・・・というのが今回の発端

パークの経営は夏を前にここ1ヶ月の動員数が前年比350%であり
アトラクション単体だと5000%だの3800%だのあったりして

西也スゲー!?これちょっとスゲー!?

って結果がでてて・・・それでもまだ目標には厳しく西也は悩んでいるけど
とりあえず先行きが見えてきた感じだったんだけど
美衣乃が担当しているティラミーのアトラクションだけが前年比30%って事で
気にするようになったわけなんですが・・・結果は・・・

呪い

だと判明・・・2巻で登場して今ではライブイベントなどで大活躍のドラゴンのルブルム
見ただけで看破できたってのが大きいんでしょうけど・・・
そうだったよね・・・これ遊園地経営の物語だけどいすずも含めてマスコットキャラ達も全員
中の人とかいない妖精であり、魔法の国出身で支配人であるラティファ
1年ごとに記憶がリセットされ成長もしない呪いにかかっているんだったよね・・・・

そういやライブイベントで本物のドラゴン使えるテーマパークなわけだけど
それを公表できれば動員数ももっと上がりそうだけど流石に無理だよね・・・

まぁそんなこんなで呪いが原因で美衣乃に不幸が訪れていてそれは悪霊が原因であり
悪霊は彼女に不幸を招いてそれでも健気に頑張りながらも徐々に絶望していく姿を
見るのが楽しい・・・って屑だったわけで・・・

うわぁ・・・

って感じでした・・・

悪霊を実体化させるためにルブルムが紹介したオーガな医者(エロジジイ)が
やった儀式は

どんなバラエティ番組だ!?

なクイズ形式で罰ゲームありだったりと

うわぁ・・・

って感じで軽かったんですけどね・・・悪霊そのものは
ウォール街でバリバリ働いていた父親は職を失い病床に倒れ
母親は男を作って家をでていき、弟は親戚の家に預けられ
部屋を貸してくれてる大家は最初は優しかったのにいつのまにか彼女を
悪女であるかのように罵るようになり、今までのバイトも事故が多発してクビになっていた

それでも笑顔で諦めずに頑張っていて・・・今回の話の中でも
それを察したティラミーの言葉で彼の胸の中で涙を流したくらいで他は健気だった
そういうのが崩れるのがなにより好き・・・とか・・・まさに悪霊でしたが

ただ・・・そういう健気な魂が絶望に染まるときの感情とかを糧にしてるって事で
西也はある事に気づき消滅させるために反撃を開始

西也・・・ボッチで便所飯な話

マカロン・・・別れたビッチな嫁さんの話

モッフル・・・好きな相手を嫌いな人にNTRた話

ティラミー・・・ヤンデレにまとわりつかれた話

オーガな医者・・・ずっと話題に出していたお手伝いのセツコさんは・・・空想の産物


(´;ω;`)ブワッ

しょっぱい絶望の話は・・・なんか悪霊にとっては食べたくないものだったみたいで
それで実体化・・・その後はティラミーの爆弾で攻撃され力を失い
本体であるちっちゃい蜘蛛の姿に・・・

これでめでたしめでたし・・・だと思ったんだけど・・・

本当の絶望はこの後に・・・

ティラミーは健気に頑張る美衣乃の事が好きになっていてかなり本気
女好きの彼にしてはかなり素直に想っていたみたいなんだけど・・・
悪霊が滅びて美衣乃の呪いが解けたことで精神病院に入れられていた兄が
正気を取り戻して会いに来て・・・なんか凄く仲の良い感じ・・・しかも

血は繋がってない・・・ああ、そういうことね

って事でティラミーが凄い絶望に・・・これきっと日頃の行いがアレだから天罰だよね・・・
エピローグでは父親も回復したみたいだし美衣乃の問題はこれでなくなった感じ

ラティファの呪いについてもこの医者に聞いてみたけどお手上げ
だけど書物で見た覚えがあるかも・・・って事で少し希望が見えた感じでした。

そして個人的に一番この話で印象深かったシーンは悪霊を攻撃しようとしたいすず
悪霊の力でマスケット銃を暴発させられた時に西也が身を挺して彼女を庇ったことで
さらにフラグが立った部分・・・

あーもう完全に惚れてるだろコレ

って感じになっちゃってニヤニヤって感じでした。

・プロモーションビデオを撮ろう!

『ブリリアントパーク』のPVをトリケンが作る話。

最初は製作者の面白みの無い部分がそのままでたような
可もなく不可もないPVが完成して西也に駄目だしされたって事で
パークのキャストたちの意見を参考にして作ろう・・・と話を聞きにいくことに

マテ、お前その時点で間違えてるぞ!?

当然だがアクション・音楽・リビドー(男女両用)などを追加していってさらに
最後に感動(馬の出産シーン)を追加して・・・

マテ、それはなんのPVだ!?

というのが出来上がり没に・・・いすずは出産シーンに感動してたけど

やはり妖精・・・感性が違うのか?

って思ったり・・・いや、意見だした中に日本人もいるんだけどね・・・
ちなみにこのPCは動画サイトでかなり見られた模様・・・ネタとしてはおもしろいのかもしれんが・・・

・ファミリー・アフェア

西也が珍しく仕事をキャンセルする・・・というので気になったいすずが尾行する話
椎菜も加わって西也をつけるんですけど・・・

結構重めな西也の家庭環境

を目撃してしまうことに・・・これは気まずい・・・

西也は母親から色々とされていて父親は仕事で助けてくれなかった
その後で両親は離婚
父親が再婚して義理の妹もできたんだけど関係は微妙になってしまい
さらに子役だったころの本名がばれてしまって問題が起こり
しかたなく嫌ってる母方の姓を名乗っている事とか
自分を守ってくれなかった父親への反発
その父親と仲の良い家族となってる新しい母と義理の妹

って感じで抱えてるものがあるみたい。
仕事のキャンセルをしたのは義理の妹に誘われたからであり
妹のほうは西也にかなり懐いているんだけど・・・って感じだったけど
父親からの食事の誘いは断固拒否・・・って感じの対応・・・
ただ・・・ここからがちょっといすず達にとってはさらに気まずい原因となった

家族の問題より今はブリリアントパークの経営

って西也の開き直り・・・でしょうか・・・
経営の悩みに比べたら父親への反発とか新しい家族への遠慮とか
全然簡単なものじゃないか・・・と西也は気づき色々と吹っ切れたみたいで
会いたいなら『ブリリアントパーク』に来いと伝えて妹と別れることに

仕事のキャンセルが気になったら家族問題と向き合っていて
だけどその問題より経営の方が大事・・・仲間達の事を紹介しても良い

なんて尾行をしていた2人にとっては嬉しくも気まずい感じでしたね

ただ・・・これががきっかけになり翌日からいすず西也を名前で呼ぶように

ちゃくちゃくと惚れていってるな

そんな話でした・・・西也はプライベートが色々と残念だけど
ルックスも頭脳も実際たいしたもんだからね・・・その上何気に熱血で仲間思い
近くにいたらそりゃ惚れるか・・・

・五頭会談(焼き鳥屋『さべーじ』にて)

今まで未登場だったろ名前だけしかでてないキャラが登場してる話
モッフルとその他のエリアの4人のキャストリーダーの会議なんだけど

侍なイルカ
嫌味な先輩な地球儀
冒険家っぽいおっさん
土偶


うん・・・あれだ・・・

モッフル、頑張れ!

これしか思いつかん・・・



今回はこんな感じ。
新人バイト中心の話が続いてるから次回はもしかしたら最後の1人
AV(アニマルビデオ)に出演していた映子が中心になるかも

アニメもまもなく始まるし・・・これからの展開に期待です。

最後に一文。

いすずのセリフ

急に名前で呼び始めたいすずに動揺する西也に彼女が言ったセリフ
今回の一件でそばで支えようって気持ちがさらに増したみたいだし・・・
なんだかんだでこの2人がいいコンビなんですよね・・・

「なにかおかしい?西也くん」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
甘城ブリリアントパーク (4) (富士見ファンタジア文庫) 甘城ブリリアントパーク (4)
(富士見ファンタジア文庫)

(2014/06/20)
賀東 招二

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

賀東招二 甘城ブリリアントパーク4

 今月の富士見ファンタジア文庫の新刊は賀東招二先生の小説「甘城ブリリアントパーク」の第4巻を買いまして、実は既に早い段階で読み終わっていたのですが、諸般の都合により紹介と感想を書くのが今日までずれ込んでしまいました。  今回はかなり深い所まで踏み込んで書いていこうと思っているので、ネタバレが嫌な方はここから下は見ない事をお勧めします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。