スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃皇無尽のファフニール Ⅴ ミドガルズ・カーニバル

あらすじ

フレスベルグ戦から帰還した悠たちは、学園祭を開くことになった。
盛り上がるクラスの中、リーザはどこか浮かない様子。
どうやら両親に婚約者を決めさせられるのが憂鬱らしい。

そして、悠はリーザの両親の前で恋人役を演じることになる。
だがそこに、悠の記憶の鍵を握るドラゴン、“緑”のユグドラシル消滅の情報が入り―!?

「・・・止めませんわ。止めたところで、あなたは行くのでしょう?」

「ああ―もちろんだ。よく分かったな」

「当然です。本日限定とはいえ、わたくしはあなたの恋人ですから」

きらめく刹那の祭りの中で、つなぎあった指先だけが、
揺れる二つの心を結んで―。

アンリミテッド学園バトルアクション第五弾!

感想

銃皇無尽のファフニールの5巻

表紙はクラスのまとめ役でありクラスメイトを家族と呼ぶリーザ
ある意味で一番安定しているキャラでもあるわけですが・・・

お・・・王道だ・・・王道展開で来た!?

今回はカーニバルって事で『ミッドガル』での文化祭の話
『”青”のヘカントテイル』『”緑”のユグドラシル』と接触した結果
両方とも姿を消す・・・という事件が起きた結果、
『ミッドガル』『D』を狙うドラゴンがこの時点では0・・・って事と
前回の話で公的には『ミッドガル』に保護を求めたキーリを保護できなかった事で
不信感が増したのをどうにかするために客を招いて
基本的に普通の学校と変わらないことをアピールするって目的で
学園長であるシャルロットが開催を決定したものであり・・・箸休めの回・・・だと思っていたんですが
結構・・・重大な出来事が発生しましたね

まず今回の大きな出来事がリーザのお見合い話
家が軍事産業の大手でお金持ちであり王族であるフィリルとも知り合いの
上級階級のお嬢様であるリーザ

両親はそういう人達にしてはある程度の自由を娘に認めてはいるけど
結婚相手にしても

自分達が選んだ複数から”自由”に選んでいい

という・・・まぁ一方的に決め付けるわけではないんだけど
これが彼らが考えうる娘に対する自由・・・って事みたいで
リーザは両親を愛しているからこそそれに逆らうわけにはいかず
だからこそ今の・・・『D』として管理されて『ミッドガル』から出られはしないけど
自分の意思で色々とできる時間を大事にしていて
早めに相手を決めるようにという両親の言葉を一時的でも鎮めるために
に恋人のふりを頼む・・・という展開に

まぁ・・・お約束だよね・・・色々と・・・

こういう作品でこの展開はもうフラグとしか言えないですからね・・・
まずは両親の前で恋人に見えるように・・・と二人で恋人に見えるような雰囲気を
醸し出せるようにと2人で特訓・・・

いや、それもうデートじゃん

って感じになってましたからね・・・リーザの秘密の海岸で一緒に遊んだり
サンオイルを塗ったり、リーザが好きな海でプカプカ浮いたり
手作り弁当を食べたり・・・

悠、なんて爆発してしまえばいいのに

ハッ!?そういえば爆発が得意なメインヒロインがいたな!!
とか思ったり思わなかったり・・・コンチクショウめ
そしてもう1つ・・・リーザとの仲が深まる原因・・・というか要因となったのが
イリスからアドバイスされていた事・・・『”緑”のユグドラシル』との契約と
その力を得る代償に記憶が消えるって事を他にも信頼できる相手に
話して相談すべきだ・・・と言われていたことを実践

クラスで一番しっかりしている彼女なら・・・って事で相談したことで
リーザが自分達を助けるために何を犠牲にしていたのかを知り
ますます・・・を認めていった感じでした・・・
ただなんていうか・・・

リーザも切ない・・・

今の自由はあくまで『D』だからであり、いずれ家のためにそれを捨てなきゃならない
との仮初の関係だって・・・その結果、自分がどんな感情をに持ってしまっても
結局は家族の為にそれを諦めなきゃいけないって前提で行動してますからね・・・
明らかに・・・に惹かれてるってのが読んでるとまるわかりなので・・・切ないところ

まぁ・・・結論だけ先に書いちゃうとこの切なさは最終的に払拭される事になるんですが
今回のリーザの作戦で両親・・・彼女の父親はこの恋もいい経験になるだろう・・・
とあくまで一時的なものだとして受け入れてくれていたんだけどそれだけだったんですが
今回終盤に起きた事件で危機に陥ったリーザの両親を助けるために捨て身で行動した
リーザの両親は

娘には男を見る目がある!

と確信したらしくの勇気ある行動を認めたうえで、リーザの幸せのためにも
娘との将来を考えてくれ・・・と言い残して帰っていったわけで・・・

あれ?なんか普通に相手として認められちゃった

という展開になったわけで・・・あとはお互いの気持ち次第に・・・
クラスのメンバーにも事情を話して協力してもらっていて
もし両親が乗り気になっちゃったらどうするの?という深月の質問に
家柄が釣り合わないし自分の両親は認めないだろう・・・と言っていたリーザなんですが
リーザが思っていた以上に・・・娘想いの両親だったみたいで
娘が選んだ相手が評価に値する相手だったら文句はなかったみたい
そこらへん・・・リーザが両親の愛の深さをいまいち理解できてなかったって
事なんでしょうけど・・・なんか凄いことになってしまったな・・・

現状でイリスリーザだけだしね・・・の事情を知ってるのって
今後の2人の関係がどうなっていくのか期待したいところ
何気にかなりお気に入りのキャラなので

そして・・・ついに明らかになる悪意

”緑”のユグドラシル

自分以外のドラゴンを滅ぼすためにを利用していたわけなんだけど
利用度は・・・が考えていた以上に大きいものだったみたいであり
リーザから話を聞いて色々と調べ電気信号などによって
情報伝達や武器などに影響を与えていると調べだし
の記憶も消されているのではなく電気信号によって

思い出せなくされている

と考え・・・それだけではなくに何かしらの干渉をしているのでは?
と推論を立てたんだけど・・・それで完全に黒

危険だから排除する

『”緑”のユグドラシル』からの干渉での意思に反して左腕が
リーザを殺そうと動きだそ・・・さらに消えていた端末も現れ
生徒たちを襲って『上位元素』を補充・・・本来の姿に・・・という状況に

邪魔者を排除、『ノイン』と呼ぶを回収、彼が得た権限・・・おそらく他のドラゴンの力を
得ようとしていたっぽいですけど・・・最悪ですね・・・
が不自然なまでに『”緑”のユグドラシル』を自分達の味方だ・・・と考えていたことすら
干渉を受けて疑念を消されていたからみたいで・・・

一応、利用するものとして最後までに投降を呼びかけていたけど
それに応じなければ強制確保って感じだったし・・・情とかそういうのは全然ないみたい

ただその後はが狙われたイリスを守って怪我を負い・・・
イリスが新しい力を覚醒させた事で無事『”緑”のユグドラシル』を撃破したわけで
戦闘は終了し・・・も無事に・・・

ただへの支配はまだ残ってるみたいでそこは・・・シャルロットがなんとかしたけど
ここから・・・色々と判明することになるんですけどね・・・

まず謎が多い存在だった学園長シャルロットの正体が

”灰”のヴァンパイア

と自らを呼んだ存在の後継者であると判明。
前任者は彼女の父親であり生まれつき人間社会を守らなくてはならないという
使命を持っていたみたいだけど娘にその力を託して亡くなっている模様
『”緑”のユグドラシル』に支配されそうになったを噛む事で逆に支配し
中和したり、唾液で回復力を促進して傷を治したりと・・・色々できるみたい。
一応、彼女の父親は自分は他のドラゴン達と同じような存在であると感じていたみたいで
だからこそ↑の名乗りになっているみたいで・・・もしかしたらもっと色々
いるかも・・・って事みたい。

ロキは彼女の正体を知っていたみたいでが彼女に支配されたりするのを
危惧していたみたいで・・・どんだけを重要視してるのか・・・って感じ
ロキの目的とかいまだに不明だし彼が目指す『悪竜(ファフニール)』ってのも
厳密にどういうものかわからないし・・・色々と謎が多いですね。

が前より壊れていると見ただけで察知するけど・・・その事で彼にあった隙間が
何故か埋まっているのを感じてその原因がなんであるか・・・と気にして
原因をに力を渡している存在では?と推測して『”緑”のユグドラシル』だとは
わからないまでもその存在に対して警告を発したりしてたけど
の隙間を埋めてるのはイリスや仲間達の存在っぽいんですけどね・・・
そういうのはわからないんだろうか・・・
まぁわかったらわかったで排除しようと動きそうなので怖いんですけどね

そして『”緑”のユグドラシル』との戦いで傷ついたを見たイリス
怒りと共に発動させた『”赤”のバジリスク』の時間操作能力・・・
だけどそれは深月がドラゴン討伐後に得たそのドラゴンの力を
『上位元素』で擬似的に生成するのに対してイリスは直接発現させた
シャルロットはそれを聞いて彼女がドラゴンになったと推測したわけですが・・・

いや、ここでさらにそういうの重ねるの!?

っていうなんか重い設定が加わりそうな感じ・・・まぁシャルロットっていう例があるから
彼女が敵ってわけではないんだろうけどね・・・どうなるんだろうか・・・ここらへん

次回は日本に現れた『”緑”のユグドラシル』や倒すためには地球上の植物を
全て消し去らなきゃいけないという条件などに対してなにかしら対抗策が
できるんだろうか・・・そして中心となるのは天才少女であるクラスメイトのレンみたいで
さて・・・どうなるのか楽しみ・・・ってか着々とクラスメイトが落ちてくな・・・うん・・・

の記憶が消えたわけではなく思いだせないだけって推測も
希望が見えてきたわけなんだけど・・・思いだした時にイリスへの想い
深月への想いがどうなるのか・・・気になるところですね

次回は舞台が日本っぽいし・・・さてどうなるのかな?

最後に一文。

リーザのセリフ

今回の恋人のふりに対してのお礼としての頬にキスをしたリーザ
その後にこのセリフ・・・

いや、これもう告ってるんじゃないか?

って感じ・・・ただこのセリフはとの未来は自分にはない・・・と諦めの想いが
あったからこそ大胆になった感じなんだろうけど・・・
まさか両親がを気に入って認めちゃうとは・・・この時は考えもしなかったんだろうな・・・
って事でこれ・・・

「今回のお礼──わたくしからの気持ちですわ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
銃皇無尽のファフニール5 ミドガルズ・カーニバル (講談社ラノベ文庫)銃皇無尽のファフニール5
ミドガルズ・カーニバル
(講談社ラノベ文庫)

(2014/07/02)
ツカサ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

リーザちゃん本当に可愛いです。大好きです。

アニメでももっと出番が欲しいです。
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。