スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白銀のソードブレイカー Ⅱ −不死身の剣聖−

あらすじ

“世界の敵”となり、逃亡生活を送る“剣聖殺し”エリザと傭兵レベンス。

しかしそのさなか、不意に現れた新手の剣聖・デュランダルの襲撃により、
剣聖に対 する切り札であったエリザの魔剣『処女神拷問』はいとも簡単に折られてしまった・・・!

茫然自失となるエリザ、驚愕するばかりのレベンス。

絶体絶命となった二 人の前に姿を現したのは、エリザがかつて刃を交え、
倒した剣聖の一人であるヴァリエガータだった。
果たして彼女は、敵か味方か。
そして魔剣を失ったエリザ は・・・!?

血と剣の絆の物語、第2幕。

感想

白銀のソードブレイカーの2巻

表紙はヒロインであるエリザヴァリエガータ
感想は短めで・・・

あらすじを読んでて前回死亡したヴァリエガータが復活?ってことに
偽者か・・・はたまた本物か・・・と考えていたんですが・・・

ヴァー様、マジ復活!O(≧▽≦)O ワーイ♪!

って事でちょっと嬉しい・・・いや、かなり嬉しい感じ。

エリザ『聖剣』に選ばれ民衆を弾圧したりする圧政を行うものを
倒したり、不思議な力で人々を治療したり守ったりしている『剣聖』
『聖剣』の副作用・・・使っているといずれ『剣魔』と呼ばれる化け物になってしまい
人々を襲い・・・世界を滅ぼしてしまいかねないからという理由で
特殊な剣・・・『魔剣』とでも言うべき『処女神拷問(アイゼルネ)』を使って
『剣聖』を殺して『聖剣』を集め・・・そして破壊しようとしているわけで
『剣聖』そのものには一切恨みとかあるわけでもなく・・・
いずれ訪れる破滅を回避する・・・ただその使命のために殺して回ってるんですが
ヴァリエガータはそんな中でもエリザの剣術の拙さを見抜き
自分の弟子にならないか?と決してエリザの意見を蔑ろにせずにしつつ
彼女の為に・・・って行動しようとしていたんだけど結局戦い殺してしまった相手で
前回登場した4人の『剣聖』の中では一番・・・

え?まじで殺しちゃったの?

って相手だっただけに復活は嬉しい限りなんですけどね・・・あいかわらずいい人だし
ただ・・・うん・・・その原因がね・・・そして何より

爆弾を抱えているようなもの

ってのが・・・この先を心配する事になるんですよね・・・

ヴァリエガータ『聖剣』の副作用についてずっと調べていたみたいで
唯一、エリザの行動について推測はできていたみたい
しかも自分自身がその副作用で半分人間ではなく・・・『剣魔』に近くなっていて
300年近く歳もとらず、致命傷を受けても時間が経てば復活する不死身状態という事みたい

前回、それを伝えなかったのはエリザの正体とかそういう部分がわからなかったみたいだけど
『処女神拷問(アイゼルネ)』に貫かれたことでその使い手の記憶を垣間見たことで
エリザの使命と『聖剣』の副作用について確信するに至り
復活したことでエリザを追いかけてきた・・・って事みたい

彼女の助けになるために・・・

この人・・・マジでいい人だ・・・

ただ副作用のほうはかなり限界みたいで今回の冒頭でエリザが早々に
『剣聖』最強と呼ばれるカレンと遭遇して『処女神拷問(アイゼルネ)』を斬られピンチになったところに
自身の『聖剣』である『死神乃爪(ジーノス)』を呼び出した救助に現れて
エリザレベンスが逃げるための時間を稼いでくれたんだけど
もう今後は『死神乃爪(ジーノス)』を使うのは無理っぽい様子
これ以上使うといつ『剣魔』になってもおかしくないレベルらしく
その兆候が見られたら自分で自分に決着をつける・・・って考えているみたいで

ヴァー様、まじいい人

って感じ・・・いや、もういい人過ぎて辛い・・・
さらに今回は『処女神拷問(アイゼルネ)』を失い戦えなくなった・・・
それどころかそのせいで衰弱するエリザを助けるために
知り合いの鍛冶職人・・・サンデリアーナを紹介して
『処女神拷問(アイゼルネ)』を修復する手立てを教え
さらにそれには『処女神拷問(アイゼルネ)』の属性に近い
『聖剣』が必要であり、そのためには戦わないと駄目だって事で
戦う決意をしたレベンスの師匠となって彼に剣術を・・・
レベンスに合っていると思ったかつての友人
前回、早々にエリザに殺された『剣聖』ハヅキの剣術を教えるとか
なんかもう・・・

至れり尽くせり

ですよ・・・なんでこの人を1回殺した・・・って感じ・・
いや、事情が事情なんだけどね・・・ここまでくるともう殺せないんじゃないだろうか・・・

そして今回はエリザが不調って事でレベンスが頑張ります・・・
↑で書いたようにヴァリエガータが師匠として付いてくれて
ハヅキが使っていた抜刀術を教えてくれます。

レベンスは実戦で育ってきた傭兵でありまだ若いけど
飲み込みはいいらしくヴァリエガータとしても教えがいがあったみたいで
最初のとっかかりを得るまでには苦しんだけど
そこを突破してから一気に技術が向上した感じですね。

元々正規に剣術を習わず大人や他の傭兵の技術を盗むことで
自分の技術としていただけに土台は十分だったみたい。

まぁ・・・その最初のとっかかりを得るための要因が

サンデリアーナ・ゴールドコースト

エリザの剣を直す方法を教えてくれたヴァリエガータの知り合いであり
前回の話で『剣魔』となり人々を虐殺し最後はエリザに助言を残して殺された
ドラセナの妹

かつては姉と共に『剣聖』を目指していたけど最後の決闘で逃げ出して
剣士の恥ともいえる背中の傷と左目に傷を負い・・・鍛冶の方向に進み
姉の事も『剣魔』の事をヴァリエガータに聞いていたので恨んではいないみたいで
それでも・・・彼女が剣を振るってる姿を見て・・・
そして片目が見えない彼女からの見えないことでの感覚の上昇の話を聞き
それによって・・・ってのも・・・ちょっと切ない話

サンデリアーナにとっては『剣聖』相手に力がないにも関わらず
逃げずに立ち向かったレベンスは自分とは違って勇気ある人って事みたいだし
ヒロインになりそうなキャラがガンガン死んでいった前回と違って
今回はヴァリエガータサンデリアーナとちょっと面白い感じ。
何気にエリザだけではなく今回はその3人の入浴シーンを覗いてしまったしね

命知らずすぎる

けどね・・・故意じゃなかったとしても眼を離せなかった時点で・・・ねぇ?

そして・・・戦い・・・『処女神拷問(アイゼルネ)』と近い属性である
『聖剣』『聖女乃証(クローディア)』を持つ『剣聖』

エリオット・コンスタンス

が相手・・・『聖剣』の一部があればよく、2本で一対の剣である『聖女乃証(クローディア)』
はどちらか片方を奪えればOKであり、彼女はあ教団の教祖であり
『聖女乃証(クローディア)』『絶対治癒』という力で信者の治療をしていて
その時は患者と自分で剣を分けるのでその隙を狙う・・・って事に

それにしても・・・

これまた狙い難い相手・・・

彼女の治療行為は完全に彼女の善意から行われていて
しかも『聖女乃証(クローディア)』の力で人の病魔を自分に一度取り込み
『絶対治癒』の力でそれを癒す・・・という自己犠牲もはらんでいて
だからこそ定期的にしか行えず・・・そしてその行為が呪いを加速させて
彼女を蝕んでいたみたいで今回の話の時点でエリオット自身が体調不良で
しばらく治療を休む・・・と宣言していたくらいだし・・・レベンス
修行中に強くなったからこそ感じた、この程度で『剣聖』に勝てるのか・・・という不安と

この人から『聖剣』奪っていいんだろうか

という・・・葛藤にさいなまれることに・・・そりゃそうだ・・・『聖剣』奪ったら
エリオットの治療を望む多くの人に絶望を与えることになっちゃうし・・・
ただ・・・それでも・・・

エリザの為

という想いで強奪に挑み・・・どうしても付いてくるというエリザも連れ
ヴァリエガータと共にエリオットの治療を受ける一団にもぐりこみ
その場で発作が起きて吐血したエリザを治療しはじめたエリザの隙をついて
『聖女乃証(クローディア)』の片方を奪い逃走・・・

うーん・・・マジでいいのか・・・これ・・・

理屈はわかるし世界の為になるってのも・・・理解はできるんだけど
これ一般人とか事情を知らない人間からしたら最悪の行為だよね・・・
屑だ・・・とか言われてもしょうないレベルですし・・・
こんな葛藤をしながらも頑張ってきたエリザの気持ちを
レベンスがさらに深く知るって意味では良かったのかもしれんが・・・

だけどそう簡単にいく訳がなく、レベンスエリオットと対峙する事になり
まぁ・・・当然のごとく抜刀術は通じず・・・ヴァリエガータが援護にきてくれるが
エリオットは友人であるヴァリエガータの言葉を聞いても治療のためにと聞かず
ヴァリエガータは剣を使えないので素手で挑むも敗退
さらにエリザが衰弱しきった体でレベンス達を助けようと動いたのを見てついに・・・

                              ウ イ ン ザ ー
レベンス覚醒・・・聖剣・天空乃瞬

修行中に自分に『聖剣』は使えないか?と考えたものの
『聖剣』から拒絶されて諦めていて
エリザのために人を不幸にしようとも戦う・・・と決意したレベンスだけどまだ足らず
エリザが死に掛けたのをみて・・・彼女を庇うために動き
エリオットの攻撃で死を間近にして・・・自分の中に残った唯一が

エリザに死んで欲しくない

という・・・レベンスがずっと考えていた妹の復讐とか
『聖剣』を奪うことへの罪悪感とか・・・そういうのを全部消えて・・・ただ1つ残った想いが
それであり・・・エリザを守れるなら命すらいらないという覚悟をしたレベンスの魂を
ついに『『天空乃瞬(ウインザー)』が認め・・・彼の元へ・・・そして

一閃

もともとの持ち主であるハヅキの技・・・そしてその『聖剣』である『『天空乃瞬(ウインザー)』
その二つが揃った事で発生した技は凄まじく・・・エリオットをまさに一撃で行動不能に

主人公・・・ついにヒロイン達と同格に・・

傭兵とはいえ一般人で戦闘力がチートな『剣聖』とは勝負にならない感じだったけど
これでどうにか・・・戦えるようになった感じですね・・・
この後、無事エリオットから『聖女乃証(クローディア)』を奪い
修理を優先するって事でエリオットはそのままにして逃走
その後、サンデリアーナによって無事『処女神拷問(アイゼルネ)』は修復
エリザは元気になり、カレンに勝つためにもって事で
彼女もヴァリエガータに弟子入り・・・めでたしめでたし・・・って感じだけど

二つの不安

が・・・1つはレベンス『聖剣』を使ったことでやっぱり呪いが心配ってこと
実際に右腕に違和感を感じるようになったみたいだし・・・
ヴァリエガータはあまり使わなければ『剣魔』にならずに寿命をまっとうできるかも
って言っていたけど・・・もしもの時は自分で決着をつけなきゃ・・・って
レベンスは考えたみたいだけど・・・それをエリザに伝えられてはいないみたい
これが二人の関係にどう影響を与えるのか不安なところ

そしてもう1つが・・・

ルピナス・カーネイション?

エリオットは傷が治ったあと、病気の事もあって1人では無理だと
仲間の『剣聖』『聖女乃証(クローディア)』を取り返すのを手伝ってくれるように
要請をだしたみたいで予想ではカレンが現れると思っていたら
別人が現れ・・・そして事情を話している隙をついてその相手は
『報復乃鋏(フラガラッハ)』・・・おそらく『聖剣』エリオットを貫き
そして最後は首を切断して去っていった・・・容疑は当然エリザたちに・・・

消去法だとこの相手はルピナスって事になるけど
名前は一切呼ばれなかったので確証はないんですけどね・・・
それにエリオットが違和感を感じるくらいいつもと様子が違ったみたいだし
もしかしたらすでに『剣魔』となっていたりするのかも・・・

前回、ドラセナが言っていたエリザに似た存在ってのは
怪我を負っても何度でも立ち上がるエリオットの事

そしておそらく神の領域と言われたのが圧倒的過ぎたカレンの事

そして相容れない相手ってのがルピナスなんだと思うけど・・・
さて・・・どうなってるのかな?

それにしても前回は『剣聖』を4人も殺害したのに対して
今回は0・・・同じペースだったら今回で終わっちゃうとはいえ
凄い差ですね・・・まぁエリザが戦えなくされちゃったからしょうがないですけど・・・
『剣聖』は残り2人・・・そしてレベンスヴァリエガータも条件としては同じ
エリザが選ぶ道は・・・とか・・・色々と気になるところです

最後に一文。

レベンスの決意の言葉

世界の為に無理をしてでも戦おうとしているエリザを見て
自分は何をすべきかを決めた彼のセリフ

今回のお礼って事で最後にほっぺにキスもされていたし
二人の関係も・・・不器用同士とはいえ進んでいる感じですね・・・
最後がどうなるのか不安一杯ですが・・・ハッピーエンドがいいなぁ・・・

「おまえが、全世界のために戦うというなら──」

「俺は、おまえだけの剣になろう」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
白銀のソードブレイカー (2) ―不死身の剣聖― (電撃文庫) 白銀のソードブレイカー (2)
―不死身の剣聖―
(電撃文庫)

(2014/07/10)
松山剛

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。