スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖剣使いの禁呪詠唱 8

あらすじ

待ちに待った学園祭!だが―

「まーやが一日校長なのです!」

マヤの職権濫用で、諸葉は恋の噂の真相を直撃取材されることに!

そして明かされる、初々しくもうらやましすぎる諸葉の女性遍歴!!

兄の威厳を賭けたサツキとの添い寝合戦!

冷静すぎる静乃が初めて取り乱した、触れてはいけないあの場所とは?

さらにモモ先輩との秘密特訓や、レーシャといく亜鐘学園部活動見学ツアー!?

そしてマヤと諸葉の密着24時間はベッドもお風呂もいっしょなのです!?(にぱっ)

束の間の平和を謳歌する、戦士たちの大騒ぎ!
その上まさかのAJ乱入でますます白熱する、超最強ヒロインズカーニバル満開な第8弾!!

感想

聖剣使いの禁呪詠唱の8巻

表紙はお姫様抱っこされる摩耶ことまーや

あざとい・・・このお子様、あざとい!!

と言いたくなる天使の姿をした小悪魔ですね・・・ええ・・・
っていうか摩耶との今の生活で色々やった事について
未来において

責任とってください

とか言われた時点で諸葉が詰む気がしてならない・・・というか

もう詰んでね!?

って感じがしないでもないが・・・うん、諸葉が嫌がる事はしないよな・・・うん・・・
いや、摩耶とのアレコレについて将来の諸葉が嫌がるとは限らんけどね

消し飛べばいいのに

今回は長編ではなく短編集なのでそれぞれの話の感想を

基本的には7巻のあと・・・学園祭中に一日校長として現れた摩耶と一緒に
行動しながら・・・

ヒロインたちの事を考えていく

という・・・諸葉、爆発しろ!な感じなんですけどね・・・コンチクショウ!

・第一章 「妹」と過ごす日曜日

入学からあまり経っていない頃のサツキとの日曜日の話

基本的に諸葉を前世の兄であるフラガのように慕っている・・・ように振舞っているサツキ
が買い物って名目で一日諸葉とデートしていただけ・・・

というか諸葉・・・何故気づかない・・・

サツキは自分を兄として慕っているだけだ・・・と自分で思い込み
美少女相手なのにもったいない・・・とサツキの魅力にやられつつも
兄として振舞おうと頑張ってるんだけど・・・実際のところサツキ
どっちかというと恋人扱いして欲しがってるぞオイ・・・という鈍感な諸葉の話

リア充、爆発しろ!

しかもラストは寮長が不機嫌で見張っていて入れないから・・・と
サツキ諸葉の部屋に突入して・・・泊まる事に・・・

押し押しだな・・・オイ

ただ・・・

最終的な勝利者は諸葉

という結果に・・・シャワーを借りて

覗くなよ、絶対に覗くなよ!

と・・・言い含めたサツキの言葉をそのまま実行した諸葉
文句たらたらのサツキだったりしたんだけど一緒のベットで眠って・・・
サツキを抱きしめながら眠るのが思いのほか心地よかったのか
諸葉はそこから快眠・・・逆にサツキが意識しすぎて眠れないという事態に・・・

やはり天然で鈍感は最強か!?

それと・・・

諸葉、爆散しろ!!

ちなみに現在時系列ではサツキ諸葉にとって

甘やかしたくなるヤツ

であり一方で『救世主』としての実力も強く買っているみたい
3年時には彼女が『実戦部隊』の隊長でも違和感ないと言っていたくらい。

学園祭では『実戦部隊』がやってる喫茶店で料理に支持にと大忙しの
中心的役割で人に指示出すのも案外得意みたい
そういえば・・・前世は王女だったよな・・・

・第二章 漆原静乃の逆鱗

2巻終了後の静乃との話

これまた諸葉が酷い・・・

静乃の場合はあまり表情が変わらないって部分のせいなのか
露骨に迫っても諸葉はからかわれている・・・と勘違いしているわけだが
静乃の場合はそうなったらそうなったで別に受け入れバッチこい!
って感じだよね・・・これ・・・

実はめっちゃ想いが深い

それが静乃だからね・・・まぁ反動というかなんていうか
それ以外については結構浅いんですけどね

そう考えるとサツキレーシャアンジェラとの関係は彼女にとっても貴重だと
思える稀有なものなのかも・・・まぁ基本策略家なので利用したりするけど
それとは別に助けようともするしね

ただそんな静乃もコンプレックスが・・・

アホ毛

というかクセ毛・・・なんでしょうけどピョコンとでた毛が気になっていたらしく
眠っていた静乃のそれを弄っていたら・・・

激怒

しかも静乃が誘った『闇術書』を探すバイト中だったために彼女の力に呼応した
それが諸葉を襲いだすという事態に・・・なんでそんなに怒ったのかと言うと

みっともなくて恥ずかしいから


か、可愛い・・・だと・・・!?

いつもかなりエロティックに諸葉をからかっているのに
羞恥ポイントが・・・でもそのギャップがぐっジョブ!

ちなみに愛嬌があって好きだぜ・・・とクセ毛に諸葉がキスをしてくれたために
コンプレックスは大分解消された模様・・・

天然のジゴロめ・・・爆発しろ!

それと何気に摩耶との会話の中で静乃はおそらく『黒魔』では
世界トップ10に入る逸材だと推測されていた・・・嫁つえー

ちなみに諸葉静乃に対する評価は

頼りにしてる女の子

サツキとはまさに逆・・・って事ですね。

・第三章 楽しい武活へようこそ

5巻のあと・・・ロシアでの一件(S級の黒魔?なにそれ強いの?)が終わった後の
レーシャが学園で友達を作ろうと頑張る話

何故か対人戦闘研究部に勧誘される

というなんかもう意味不明な事に・・・いや、レーシャの経歴からしたらわかるんだけど
お前ら学校で何を研究してるんだよ・・・と・・・

一応、『救世主』の力を悪用するヤツがいずれでてくるだろうから
って感じで理念とか目的はすげーしっかりしててそこは良かったんだけど
完全に身内だけで練習してたせいで・・・なんかこう微妙というか・・・

レーシャ相手に生半可すぎる

って事でなんかフルボッコに・・・さらにレーシャは彼らを1日鍛えるとまで・・・

やめてあげてください・・・彼らは限界です・・・

まぁ・・・その後も色々あったみたいだけど学園祭ではクラスの出し物に参加して
クイーン喫茶のクイーンとしてお客というなのブタさんたちに色々とお言葉をあげてました

待てクラスメイト達・・・純真なレーシャに何を仕込んだ!?

とりあえず・・うん・・・とても馴染んで友人もできたみたいなんだけど・・・
果たして馴染んだ事は良かったのかどうか・・・亜鐘学園・・・恐るべし

レーシャに対する女の子としての評価は

放っておけないヤツ

って事みたい・・・まぁ心配になるほど純真ではあるからね・・・

・第四章 天使ちゃんとの寮暮らし

同棲している摩耶との日常

おまわりさん、この人(灰村 諸葉)です!!

以上、この話の感想終了。
いや、まじで・・・なんかもう・・・将来娶って責任取らなきゃ駄目だろコレ・・・

この娘の評価は

天使、ときどき小悪魔

ときどき?とかツッコミはいけない・・・うん・・・

・第五章 Like a whirlwind

『実戦部隊』でよくパートナーとなる春鹿との話

スピードは随一だけどパワーは駄目で二流・・・と言われていて
自分でもそう思っていて努力はしているけどなかなか実らない・・・
そんな彼女に長所を生かして限界突破しましょうと提案する諸葉

学生で到達したものがいない術を会得しよう!

と・・・春鹿のオーラの色で会得できるって思えるので・・・と軽い感じで誘い

到達しました!

どんだけだよ!?春鹿の才能もすげーけど見てわかるとかどんだけだよ!?
コイツもう教官としてもやってけるよ!?

春鹿が自分のスピードに追いつき、同じ技術である『巨門』を使った諸葉
対抗意識を燃やして限界を超え・・・ついに奥義の一つである『貪狼』を会得
分身しての連続攻撃に開眼したわけなんですが・・・

諸葉は4人分身でさらにその上を行く

とかなんか見も蓋もないことをやってましたけど・・・

これがランクSか!!

ただ春鹿の才能はこっち方面に向いていたみたいで翌日には3分身できるようになり
強くなれたお礼だと

3分身でキス

なんてことが・・・

諸葉、爆発しろ!

それとあれだ・・・

学園の男共に見る目はない!

だって・・・

モモ先輩、めっちゃ可愛いだろが!!

彼女への評価は

もったいない人

諸葉は誰よりも彼女の才能を買っているわけだけど
周りも本人も過小評価してるのがもったいないみたい
『救世主』としても女の子としても

・第六章 休日の二人

上記の事を思い出しつつ自分たちの喫茶店に帰ったら

エドワードとアンジェラがいた

という驚愕の事態が発生していた・・・という話

白騎士機関イギリス本部長であり諸葉と同じ『ランクS』であるエドワードの事は
最初の出会いの事もあって諸葉はあまり好きじゃない・・・相手は大好きだけど

アンジェラに関しては色々と助けられたりした事もあって
敬意と好意を持って諸葉は接するわけで・・・

立場的には

エドワード >>> アンジェラ

なのに諸葉の中での重要度は

アンジェラ >>> エドワード

というちょっと変な状況になってるんですけどね・・・
さらに店半分を占領する二人にサツキが切れて・・・何故かアンジェラと料理&紅茶対決
という謎展開になり・・・

エドワードがサツキを絶賛、アンジェラ涙目

という・・・

すごく予想外の展開に

なんか予想以上にサツキの家事スペックは凄まじかった模様・・・・
これはあれか・・・出会う前からフラガと再会したら・・・とか考えて頑張っちゃってたのか?
というか・・・サツキ・・・努力を欠片も怠らない上にそれが着実に実りまくる
成長度合いだけ見たら十分チートなキャラだよね・・・うん・・・

アンジェラがあまりの料理の腕の差に思わず諸葉にどういう事!?って
泣き付くくらい大人気なく凄いおいしそうな料理だしてましたからね・・・
ただ・・・うん・・・諸葉のアドバイスで形成逆転・・・

エドワード・・・ちゃんとわかってんじゃないか

って事で・・・どうやらエドワードエドワードアンジェラの事を憎からず思っていて
だけど昔は・・・まるで諸葉相手にするような態度だったアンジェラ
自分が偉くなるにつれて今みたいな仕える立場の凄い上の相手扱いされたんだけど
アンジェラの魅力的な部分は素の部分にあり・・・エドワードとしては
今のアンジェラの態度は逆に距離を感じてしまっているみたい・・・
つまりあれだろ・・・何だかんだいいつつも

アンジェラの想いはきちんと通じてる

っていう・・・そういう空気なったのに勝敗は?どっちが勝ちなの?と
空気読めずにいた成長度チートな前世妹がいたけど・・・まぁいいか・・・

ちなみにこの後

シャルルまで登場

いや、待てどういうメンツだよ!?って事になったわけだが・・・
短編集であるながら繋がっている・・・って事で9巻の話に繋がるようで
『異端者』の巣らしき場所を発見したので3人で攻め込もう・・・というエドワードの作戦な模様

この学園は元々、『救世主』として目覚め英雄として孤独だった前世とは違い
孤独になったり狭い世界に引きこもったりせずに・・・仲間達と過ごせる場所をって
目的で作られたっぽくて・・・それは諸葉にせよサツキにせよ静乃にせよ
レーシャにしろ・・・

そして諸葉って存在も不思議で・・・エドワードは七人目の『ランクS』である彼の存在が
白騎士機関を二分してしまう・・・と考えていたらしいんだけど
実際は・・・エドワードと対立していた過激派のヴァリシーサシャルル
諸葉のおかげで大人しくなったり、彼に好意を持ったり・・・って感じで
予想外のいい状況になってるので・・・ヂーシンとか安東とかが怪しいけど
諸葉をどうにかさせる気はエドワードにはなく・・・って感じで味方が多い感じ

諸葉にとって奪われたくないもの・・・が増えてきている現状が
今後もプラスに働くのか・・・それともマイナスになったりするのか・・・今後の展開に期待



こんな感じで・・・今回は日常回であり・・・女の子とのアレコレが多目だったので

諸葉、爆散しろ!!

って感じが凄まじかった気が・・・そしてこいつ・・・

天然ジゴロか!?

ってくらい無自覚に口説いているような感じになってるくせに
相手の感情に凄く鈍いって・・・オイオイって感じですね

なにはともあれ次回は『ランクS』3人による共同作戦・・・すげー楽しみです。

最後に一文。

エピローグでの摩耶のセリフ

エドワード諸葉には味方が多いほうがいい・・・と
万里に話しているのを聞いての彼女の独白

やっぱりというか・・・こういうぶぶんが凄い大人っぽい・・・
まぁそうならざるを得なかった環境で育ったってのもあるんだろうけど
彼女は彼女で特別だからこそ・・・今の環境がかけがえないと思ってるって事かな?
って事でコレ

誰も1人じゃなく、誰も1人にさせないための学校・・・いいことです

「ご心配なく、サー。

 マリお姉ちゃんの学校はそのためにあるのですから」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>8 (GA文庫)聖剣使いの禁呪詠唱
<ワールドブレイク>8
(GA文庫)

(2014/08/08)
あわむら 赤光

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。