スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落第騎士の英雄譚 5

あらすじ

『ついに、ここへ来たんだ・・・』

暁学園の強引な参加表明により、波乱含みとなった七星剣武祭。
それでも、夢見た大舞台を前に、“落第騎士”黒鉄一輝の心は高揚していた。

平然とした態度で大会参加者に交じる暁メンバーや、
ステラの到着遅れといった不安要素がありつつも、
初戦の相手、前回七星剣王・諸星雄大との交流を経て、
一輝は全てを出し切る戦いをあらためて誓う。

だがそんな彼の前に“風の剣帝”黒鉄王馬が突如現れる。
しかも王馬の圧倒的な力に立ち向かおうとする一輝を、思わぬ体調不良が襲い!?

盤外で渦巻く思惑、消えない不安要素、
そのすべてを断ち切って頂点を目指す、誓いの第5巻!

感想

落第騎士の英雄譚の5巻

七星剣武祭、開始!!

という事で一輝の夢の絶対条件である大会優勝・・・その大会がついに開催
まぁ『暁学園』と呼ばれる・・・現行の『騎士』育成を海外の機関に依存するのを否として
国立で生徒を育て・・・自国の力として・・・そして独立した国家としてやっていくという
現日本首相が裏で動いていた彼らの暗躍もあって・・・色々と問題はあるみたいなんですけど
なにはともあれ・・・大会です

そして一輝の一回戦の相手こそ

前年度の覇者 七星剣王 諸星 雄大

どんなキャラなのかな・・・と思っていたんですが・・・

な・・・なんていいヤツなの!?

昨年の刀華との戦いでは常に彼女の必殺の間合いの外で戦い勝利した
匠巧者って感じのイメージだったんですが・・・実際は

単純にめっちゃ強い

というシンプルなキャラでした・・・性質的には一輝と似たタイプであり
『伐刀者』としての能力は『暴喰(タイガーバイト)』であり
相手の魔術を強制的にかき消す力であり・・・魔術に頼って戦う人間にとっては
かなり厳しい能力なんですけど・・・それだけであり
戦うための技術は体術が中心であるあたりが一輝と似てる・・・

さらにその壮絶な過去が・・・色々と凄かったですね

小学生の頃は王馬と同じく期待された少年だったけど
妹が遊園地に行きたいと提案した事で家族と共に付き合い
そこで大規模な列車事故に遭遇して両足を切断することになり
『伐刀者』としての未来を失いことになったんだけどそれでも
前向きであろうとしたんだけど、妹が責任を感じてしまい・・・声を失ってしまい

当時、かなり論理的に問題があるような実験をしたりしていた
『伐刀者』でありながら医者でもあるキリコ・・・珠雫以上の水使いであり
前回彼女が使った『青色輪廻』をさらに高度に使いこなすほどの彼女を訪ね
彼女が実用化したという本来の肉体と同じレベルの義足を求め
その方法がかなり厳しいもの・・・

肉や骨をそぎ落としてそれを再構成する

という・・・体中から死なないレベルで肉体を削ぎ、骨を削って
それを水使いの力で混ぜ合わせて再構築して肉体のパーツを作るという
凄い荒業なんだけど・・・人間1人分の脚を作れるだけの肉と骨を削れば
それだけでもう瀕死状態・・・
でもそれだけで済まず、その状況から筋肉をつけて鍛えないと
まじで死んでしまうという事でそこから筋トレ

当然筋肉もほとんどなく、骨も脆い状況でそれをすればすぐボロボロ
3ヶ月経ったころには・・・

キリコが音を上げる

という事態に・・・この頃まではキリコは自分の研究のためなら
倫理観とか考えておらず自分の技術は凄い・・・って感じの人間だったけど
何度ボロボロになっても諦めず、体を痛め続ける雄大の姿に
自分の研究は悪魔の研究だ・・・と思うようになり人らしい考えを取り戻すほど
過酷な姿だったみたい・・・それでもなお雄大は諦めず
そして

カムバックしたのが今の姿

昨年の『七星剣王』になるくらいまで・・・かつての栄光を取り戻した
だけどそれでもなお・・・妹は兄が自分のために無理をした・・・って事で
声は戻らず・・・いつか彼女の声が戻るまでは・・・と今も頑張り続けている

どんだけ!?この人、主人公レベルだよ!?

って感じでバックボーンが凄いことになってます・・・
その上で対戦相手をお好み焼き屋である自宅に招待して奢り・・・その上で

恩を感じるならベストコンディションで戦ってくれ

なんて相手に言って・・・最高の戦いを求めるくらいの度量があり
さらに敵が卑怯なんて当たり前なんだから騎士であるなら
相手の卑怯をいちいち非難してもしょうがないってきっちり現実も見てる・・・・

凄くていい奴

それが雄大・・・

こんな兄貴欲しい

って思いますね・・・ええ・・・この作品の兄って言うと王馬ですからね・・・
あの人はなんていうか・・・こう・・・駄目すぎるし?

今回の話でも目障りだからと雄大との試合前日・・・一輝をつけていて
二人きりになってから接触・・・戦闘になってましたしね・・・

自分と同格であるはずのステラ一輝と一緒にいるせいで弱いままだとか
言い出しちゃってるし・・・なんなのこの兄貴・・・

ただこの戦いの中で一輝は自分が思いもよらなかった不調を抱えていることを知り
王馬はそれが世界最強の剣士であるエーデルワイスが刻んだものであり
贈り物であると言っていたりと・・・結果的に自覚する切欠になっていたわけで
この兄貴・・・わかっていて戦ったなら・・・もしかして・・・って部分はあるんだけど

それは・・・ないか・・・

刀華との戦いで見せた異常な防御力については一輝が何か気づいて
王馬『異形』と言っていたけど・・・そこらへんも気になるところ。
なにはともあれ・・・強い奴は強い・・・だから作戦とかいらないって感じの王馬
勝つためにありとあらゆる事を突き詰めてきた一輝は・・・まったく考えが違うわけで
わかりあえそうにないんだよな・・・どうなるんだろうかこの兄弟の関係・・・

というか騎士連盟の日本支部長の息子がそれに対抗する側の手駒になっていて
もう1人の息子と娘からはもう逆に見捨てられている感じの黒鉄家
これ家としてはもう終わっちゃってんじゃないだろうか・・・
まぁ一輝からしたら後顧の憂いなく婿に行けるからどうでもいいかもしれんけど・・・

そして・・・第一回戦開始

雄大・・・やはり強い!

って感じでしたね・・・力押しってわけではなく周到に作戦を練って
全ての行動がそれに繋がっている感じで・・・かなり凄い感じ
さらに彼の『暴喰』は魔力で顕現させている武器すら削り取るので
武器を合わせることすらできないという・・・シンプルだけど恐ろしい力でした

体術のレベルもかなり高い感じで・・・『三連星』と呼ばれる三段付き
『ほうき星』と呼ばれる曲がる槍・・・と技術も凄い・・・こりゃ強いわ・・・って感じ

全部が高いレベルでまとまっていて奢りもないという・・・
そして王馬との戦いで判明した不調・・・集中力が高まる死線において
何故か体が硬直してしまうという状態の一輝は追い詰められ・・・

エーデルワイス一輝の心に恐怖を残して壊れてしまっているのでは?
一輝自身も不安に思っていて・・・相変わらずの不幸に愛されているっぷりだと
思っていたんですが・・・

運が悪いのは・・・雄大だった!?

雄大自身がトドメを刺せそうなのに・・・それをすると危ない・・・って感じていて
それでもそれを払拭して勝利を飾ろうとしたその瞬間・・・
同じようにエーデルワイスとの戦いでピンチに陥ったときの状況を思い出し
不調の自分では無理だろうけど・・・あの時そうしたように
彼女の剣技を・・・世界最強の剣を模倣しようと動こうとし・・・

できちゃった・・・オイ、待てコラ

ちょっと待て・・・という感じです・・・どうやら完全ではなかったけどエーデルワイスの剣技を
『模倣剣技』で盗み取っていたけど彼女のまったく加速のない・・・
最初から全身の力を駆動させて最高速で動き出すという戦闘用の神経信号が
必要でありそれを極限状態で会得したんだけど極限状態だから覚えておらず
脳が極限状態でそれを無意識に再現しようとしたけど、覚えていなかったので
肉体が反応する事ができずに動けなくなった・・・ってのが不調の原因であり
エーデルワイスの動きを自覚して再現しようとしたことで
それが繋がり・・・完全と成ったみたいで・・・

これで全力の黒鉄一輝を見せられる

雄大へ伝え・・・

フルボッコ

やめて・・・なんかもうやめたげて・・・って観客や解説のプロが言うくらいに
学園長である黒乃雄大の方がくじ運がない・・・目の前にいるのは

                バケモノ
正真正銘の怪物だ

といったり解説のプロの騎士が実力に差がありすぎるから
すぐに試合をとめるべきだ・・・とか言い出すことに・・・

一輝よ・・・あんた何しちゃってんの・・・

相手に息遣いやステップ音が聞こえる近接の間合いで雄大
視認すらできない速度とか・・・なんかもう洒落にならない感じ
ただ・・・この後の展開はどちらもさすが・・・って感じでしたね

雄大は諦めない!一輝は尊敬を忘れない

雄大はやられながらもエーデルワイスの動きが最初から最高速ゆえに
動き出してしまうと止まれない事を察知して一輝『一刀修羅』を発動して
トドメを刺しにきた瞬間に、『暴喰』を纏った自分の武器を投げつけるというカウンターを狙い
一輝はそれを警戒していたからこそ回避行動を起こしていて・・・決着

雄大はボロボロになりながらも・・・応援団や観客の全てがもう無理だと思っていても
黒乃ですらそう思っていた状況でも逆転の一手を狙っていて
だけど会場でただ1人だけ・・・対戦相手である一輝だけが雄大を信じていて
彼が必ずなにかしてくるという想定で・・・彼を尊敬して信じていたからこその
回避運動で・・・それが勝負の明暗を分けた・・・

雄大からしてもそこまでされちゃあ・・・って感じですよね・・・
倒れる前に一輝

負けるなよ

と伝え決着したわけだけど・・・この戦いのラスト・・・珠雫の言葉で・・・
妹なんだから兄に甘えていい・・・それはもう権利だ・・・って言葉と
そしてなにより頑張る兄のために精一杯の声で応援した雄大の妹
それに応えた雄大と妹のためだけじゃなくて自分もカムバックを望んでいて
妹のためだけじゃなかったと気づけたわけで・・・雄大はこれからもっと強くなれそう

これにて一輝の一回戦は終了・・・でもなんかパワーアップが凄くて
なんかもう『暁学園』の相手くらいしか敵・・・ってか
その相手ですら・・・どうなの?って感じが・・・

王馬との決着を・・・と思ったけどなんかそれはステラがやりそうだし
考えられるのはエーデルワイスも予感していた天音になるのかな?

決勝でもう一度ステラと・・・という約束があるわけですし
さて・・・どうなるのかな?

それ以外の事については『暁学園』のメンバーは一部・・・個性的というか
変だってわかったり・・・凄く好戦的なキャラがでてきたと思ったら
七星剣武祭の参加者の上位陣メンバーからするとたいしたことない扱いされたりと
なんか色々と残念臭が・・・

大丈夫かこいつら・・・

ただ黒幕である首相は・・・色々と考えている上に迷いがまったくないという
状態であり・・・この人が一番手ごわいかもしれない
黒乃の恩師でもあるけど、もう完全に敵対関係になっちゃったみたいだし
これからどうなるんだろうか・・・総理大臣が敵とかさ・・・

ラストにようやく修行を終えてきたステラに関しては遅刻のペナルティを自分から受け入れ
さらに4VS1って内容を提案してなあなあで済ませそうだった『暁学園』の生徒同士の
戦いをやめさせ自分の手で叩き潰す気みたいだけど・・・
未熟ではないと一輝が評価しながらも、ポテンシャル的にはまだ全然開花してないと
評価もしてるわけで・・・どんな力を見せるか楽しみです。

というかどれくらい・・・対戦相手は次の話で持つんだろうか・・・そこが気になるところ。

なにはともあれ・・・次も楽しみ

それと珠雫がまったくブレずブラコンであり、がいつも通りだったのは
なんか妙な安心感がありましたね・・・

最後に一文。

一輝雄大のセリフ

雄大が自分や珠雫などにお好み焼きを振舞ってくれた理由を・・・
一輝にできるだけベストコンディションで戦ってくれと頼むためだったと聞いたうえでの
一輝のセリフとそれに対する雄大のセリフ

「・・・そういうことでしたら、
 
 喜んでごちそうになります。

 そしてこの恩は、

 明日ありったけの仇でかえさせてもらいますよ」


「望むところや」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)5 (GA文庫)落第騎士の英雄譚
(キャバルリィ)5
(GA文庫)

(2014/08/08)
海空 りく

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。