スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイ・ワールド 8

あらすじ

スカイワールド―それは魔法と科学技術が同居する世界で、
無数に浮かぶ島から島へと飛空挺で旅をするオンラインRPG。

アリス救出の糸口があるとされる、 第三軌道『バロックの牢獄』の攻略を開始したジュンたち。
そこは緊急脱出を始めとする、テレポート魔法一切禁止の高難度ダンジョンだった。

そんな中、踏み 入れたとたんに罠とモンスターが大量に襲いかかってくる、
チートフロアに挑む面々。

手も足も出ない状況に、ジュンはあることを思いつく。
それは誰も試さな かった、この世界を逆手に取った手段で―!?

世界を愛する心が導く、熱きオンライン冒険ファンタジー!!

感想

スカイ・ワールドの8巻

表紙は謎のサポートキャラであるアリス

相方といえるサクヤとも合流し、別のギルドと協力してついにアリスが囚われていると
そしてついにアリスが囚われているらしい『バロックの牢獄』に辿り着いたジュンたち
今回はその『バロックの牢獄』の攻略がメインです

ダンジョンの謎解き&大規模戦闘の連続

という・・・オンラインゲームの醍醐味を凝縮したような内容になっていて
読んでいてかなり楽しかったですね
特にこの世界がほとんどリアルになっていてゲームの時では不可能であったであろう
突飛な攻略法がでてきたり・・・あまりにリアルになりすぎていた弊害・・・
運営側が想定していない攻略方法で攻略してきたからこその情報不足など
面白かったですね・・・ええ・・・楽しく・・・そして面白かったんですよ・・・

最後の最後で落とされたけど

まさに

そう・・・きたか・・・orz

って感じに・・・

とりあえず今回は本当にゲーム攻略・・・って感じで全体的に楽しかった・・・
『バロックの牢獄』は4つの層に分かれていて下っていくんだけど

第一階層はボスエリア36人制限で1度入ったら24時間再挑戦不可であり
雑魚ラッシュ・・・そしてちょっと特殊なスキルがないと到達できない
場所にいる特殊な敵を雑魚ラッシュ全滅前に倒さないと駄目

という条件での戦い・・・ここは新しいセカンドクラスを付けたベッキー
綿密な作戦でわりかし楽に突破・・・って感じでした。
まぁ1回雑魚全滅を経験した上で再挑戦・・・ですけど。

多分、今回の攻略の最大の功労者は『フェニックス・ガード』のセカンドクラスを付けた
かすみエリリュカの三人であり、このクラスは一度死ぬと40%減るバッテリーを
少量だけ回復させる貴重アイテムの効果を増大させ一気に全快させる副次効果があり
それを知ったジュン

死亡前提の偵察

にだしまくって情報集めてましたからね・・・ええ・・・明らかに自分に好意ある
ってかかすみに関しては自分から告白した相手だってのに

ひでぇな・・・

まぁ・・・そんな状況でもジュンのためなら死ねる・・・のがこのヒロイン達なんだが
リュカは何気に毎回利益を得ていたみたいだけど・・・残り二人はね・・・
エリなんかそろそろ覚悟決めそうな感じ・・・

第二層は64人制限で他にも入れるけどそのプレイヤーは敵が見えないという仕様
しかも部屋の出口から出ることもできずに・・・たこ殴りにあって・・・という
謎解き要素の部屋・・・ちなみに犠牲者はエリ

攻略は・・・ローラー作戦で偶然隠し部屋を発見してクリア

隠し扉を発見するためのヒントがジュン達が一切関わっていない
リザードマン側の昔話だったというのがオチであり
ゲーム時代であったならドラゴニュート、リザードマンのどっちの勢力についても
外部サイトで攻略情報などを参照する事でどっちの勢力のプレイヤーも
等しく情報を手に入れられたであろうバランスで作られているからこそ
ゲームが現実になり・・・もう片方の情報が入り難いジュン達にとっては
偶然が本当に幸運だったって事に・・・

そして第三層はさらにゲームと現実の違いによる弊害が大きくなり
全面ガラス張りの部屋である程度進むと鏡の中の部屋に閉じ込められて
30分で転移させられてしまう・・・という罠があるだけの場所で攻略が停滞

この攻略は完全に詰み状態で・・・どうしたもんか・・・となっていたら
スズランジュンと添い寝をしたがり・・・アリスが呼んでいるからよ
一緒に寝たら夢の中でアリスと再会・・・ヒントを貰ってクリアへ

おまわりさん、コイツです!

ってまず反応すべきな気がするな・・・うん・・・ヒロイン勢も起きたら
ジュンを囲んでいたし・・・リンチにしてもよかったんじゃなかろうか・・・
きっとみんな許してくれるよね

ちなみに攻略法はガラスの壁を破壊すると通路が現れるというもので
最終的には天井とか床とかも対象にして先に進む仕掛け

ゲームだったならガラスを攻撃対象に選べることで気づけたはずが
リアルであるがゆえに

ガラスの壁

として受け入れてしまったがゆえに停滞してしまったって感じ
ダンジョンやイベントの難易度がゲーム基準のままであるのに
プレイヤーたちがリアルで攻略しているからこその・・・齟齬ってやつですね

ただアリスからのアドバイスはもっと単純に考えろ・・・ってものであり

ジュンの本領はここからだ!

って感じでシステムの穴を付いたような方法で第三層の

プレイヤーの数によってパワーアップ、時間経過で転移

という凄く面倒なボスをノックバックで鏡の部屋に転移させて
1VS1で戦い、ライフがピンチになったら仲間が転移してきて辻ヒール
という・・・なんか凄くジュンらしい戦いでボスを削り
ラストは総攻撃で第三層を突破・・・

この流れは・・・本当に面白かったですね。

現実とゲームの齟齬によって苦戦したジュン達が
ゲームが現実になった事によって可能になったシステム外の行動で
攻略を容易にする・・・きちんとプラス面とマイナス面が用意されていて
実はバランスがこれはこれで取れているのかも・・・って感じでした

そして最後の第四層・・・

オイ、待て・・・それは酷いだろ!?

って事で・・・これはもはや攻略というか・・・バグ利用した
ハメ技って感じでしたね・・・なんていう・・・斜め上の・・・

第四層はフル98人で一度挑戦して全滅するくらいの高難易度であり
一度通路に入ると後ろからカッターが迫り触れたら大ダメージ
前方には今までの雑魚と中ボスがわんさかの

ボスラッシュ

という鬼畜仕様であり・・・アリス救出の時間制限のために
急ピッチで攻略を進めていた彼らにはレベルも装備も足りない・・・
という状況だったんだけど

第一層で人数制限に使われた冒険者たちを小人にする飴
それを手に入れる方法を模索して手に入れ・・・
トラップキャンセラーと呼ばれるトラップによるダメージを受けないスキルを持った
ベッキーが敵のヘイトを取れるだけとってからカッターの上で待機し
さらにモンスターが集まった後は小人化して隙間からカッターの向こう側に着地
これによって

モンスター郡→ カッター ベッキー

となり・・・モンスター達はヘイトを稼いだベッキーを攻撃するために
カッターに突進して自動で消滅していく・・・
他のプレイヤーは壁に張り付いて先へ・・・という・・・

なにそれ!?マジなにそれ!?

ゲームなら無理な敵をノックバックで崖から落とす・・・とかも酷かったけど
今回のコレはそれの集大成って感じでしたね・・・

その後は最後のボス戦が待っていたわけなんだけどそっちは
ジュンが先行してアリスと合流する事ができて
彼女の力でそのボスは動きを止まったので・・・

バロックの牢獄 クリア!!

と・・・見事攻略に成功・・・まぁ・・・

まったく正攻法じゃなかったけどね!

この攻略の間にユーカリアリュカエリとの絆もより深くなったし
かすみに関しては

キス

をするくらいまで関係はすすんだ・・・さすがメインヒロインって感じだったんだけど

やはりサクヤが強し!

って感じで・・・お互い別行動であるがゆえに寂しく思っていて
日課の通信でもそれを滲ませていた感じ

一応、ジュンからしたらかすみサクヤへの想いは別のものだけど
同じくらい大切であるって事みたいで

なんでコイツ・・・刺されないの?

って思えるんですけどね。
弱っていたり困っている女の子相手には優しくした上で相手が望む距離を
測った上で接する・・・って感じなんだけど自分が寄りかかれる相手だと
とたんに・・・ペースに乗せられる感じもありますすね・・・

ただ・・・こういう状況下で・・・

明日の再会を約束する

という・・・フラグを立てたうえで最終攻略に挑み・・・成功したけど
サクヤ側も想定していた敵のスパイをあぶり出し・・・作戦成功と思いきや

カリム襲来

アリスとは逆の目的を持つ似たような存在

ジュン達はまだダンジョンのほうにいて・・・連絡のためにかすみ
サクヤ達の下へ駆けつけたときにすでに戦闘になっていて
ヒカルのドラゴンがカリムに対しては切り札になってくれたんだけど
かすみのピンチに間に合ったのがサクヤだけで・・・相打ちとなり

サクヤ、昏睡状態に

エピローグでは2ヶ月経過・・・それでも彼女は目覚めず
そしてジュンはリーダーとして第二軌道への道をまもなく・・・って感じであり
第一軌道で叶えられるという願いでサクヤを助けようとしてるみたいだけど・・・

まったく楽しそうじゃない

という・・・酷い状況・・・目の熊とかあきらかに無理してるらしいし
かすみエリ達との関係もギクシャクしてしまっている様子

アリスジュンを選んだのは彼女が主と呼ぶ相手にジュンなら良い夢を届けられるから
と言っていたけど・・・明らかにこのジュンじゃ駄目な気がしますね・・・
そういうのも狙った上で・・・色々と邪魔なサクヤを狙ったなら
カリムの狙いはドンピシャ・・・

ここにきて・・・ゲームではなく現実として考えながらも
ゲームとして楽しんでこれていたジュンが・・・クリアに邁進するようになってしまったわけで
これは・・・悪影響しかない気がしますね・・・

マジ・・・これどうなるんだろうか・・・

個人的には・・・かすみは自分を責めてしまっているだろうから駄目
ここは・・・

エリの出番でしょ!

と期待したいところ・・・流石に作者さんが『出番イーター』よ呼んでいるらしい
リュカに頼るのは・・・高校生としてどうなの?って思うしね・・・

あとはサクヤジュンを一緒にしておかないと・・・と直感で感じていた
ヒカルとか・・・がジュンを元に戻す候補かなぁ・・・
今回もまたサクヤの行動に対して鉄拳制裁していて・・・
なんかだんだん女子力が減ってる気がするんだけどね・・・

なんにせよ・・・クライマックスが迫ってきた感じであり・・・
少なくとも次回序盤は・・・楽しいって雰囲気にはならなそうだなぁ・・・

でもそれはそれで・・・ジュンを誰が立ち直らせるかでその相手の立ち位置は
結構重要になりそうな気もするんですよね・・・そこらへんは大いに気になるところです

最後に一文。

アリスのセリフ

ジュンにヒントを与えるためにスズランの夢を通して接触したときの
ジュンへの問いかけ

アリスサクヤが危ないならゲームを楽しむより
そっちを優先する、それくらい仲間を大事にしていて

楽しい仲間と一緒にいたい

が前提だ・・・と答えたわけなんだけど・・・
だからこそアリスを救い、サクヤと合流したいと願っていたわけだけど
この質問は・・・未来を予見していたともいえるかも・・・

今絶対に・・・楽しくないだろうし

「ひとつだけ、聞く。

 ジュン、あなたはそれでも、楽しんで戦える?」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
スカイ・ワールド (8) (富士見ファンタジア文庫)スカイ・ワールド (8)
(富士見ファンタジア文庫)

(2014/08/20)
瀬尾 つかさ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。