スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀末救世主伝説-魔王- ~勇者の少女を育てるために、魔王の俺が人間界の世直し始めました~

あらすじ

圧倒的な力で魔界を平定した魔王・ヘメロカリスは、
暇をもてあましていた。

敵はいない。雑務は退屈。仕事をさぼれば参謀のシャルから説教される。

そんな中、彼は自分と互角に闘える可能性を秘めた「勇者」の一族がいることを耳にし、
期待を胸に人間界を訪れる。

・・・だが、人間界はモヒカンが跋扈する世紀末と化していた!

人間社会が荒廃しているため、勇者の血を引く少女・グランディスは生活を送るのに手一杯。
冒険に出るどころではない。

業を煮やした魔王は、勇者を立派に育てるため、一つの決断をくだした!

「俺は―人間界をたてなおす!」

感想

一迅社文庫の8月の新刊

感想は短めで。

基本的にザックリ内容を書くと強すぎて暇をしている魔王が暇つぶしに読んだ
勇者の物語を描いた絵本を読んで

勇者カッケー!!

となって自分も勇者と戦って伝説になる・・・と意気込んで勇者の末裔が
現れたって事で急いで見に行ったら・・・

勇者グランディスちゃん(女性) 3歳2ヶ月

幼女かよ!?

そしてなにより問題だったのが

モヒカン、ヒャッハー!

という事で・・・某救世主伝説ばりに・・・人間の世界が世紀末状態で
治安はあれ暴力が支配する荒廃した世界に・・・

何故に!?

という事に・・・魔界では魔王が・・・ヘメロカリスが強すぎるくらい強くて王となり
その補佐であるシャルが有能なこともあってきっちり法整備されて
魔王軍も軍規はきっちりしていて・・・ぶっちゃけ

魔界、超平和

という・・・なんかおかしい状況になっていて・・・問題とか
四天王同士の喧嘩とかダンジョンの管理(大掃除)とかって平和な世界なのに
人間界は

某○斗の拳の世界みたい

な感じでモヒカンした暴徒が暴れて弱い人々からお金などを巻き上げていて
為政者や国王すら政治的に腐敗しているためか彼らからお金を貰って黙認って感じで

どっちが魔界だよ!?

って感じになってる世界・・・だけどそんな世界でもグランディス
3歳にして病弱な母親に自分の食料を分け、内職でお金を稼ぐという
涙ぐましい努力をしている心優しい女の子であったわけで・・・
ヘメロカリス

俺、この娘のあしながおじさんになる!

とか

俺が人間界を立て直す!

とか言い出しちゃうのも・・・わかるような気が・・・

しないよ!?あんた魔王だよ!?

とまぁ・・・こんな世界の物語・・・

この後、ヘメロカリスは秘密裏に援助を続けて、グランディスは16歳に成長
だけど文通だけの関係になっていたので知らなかったことだけど
また人間界が乱れ始めていてグランディス勇者育成の学校の寮を
お金払えず追い出されて

橋の下で生活

という・・・

もういいよ・・・勇者・・・もういいから・・・

と思わず言いたくなる生活レベルでありながらも心根はまっすぐ育っていて
仲のいい友人であるミルと共に冒険者になり

世界を救う!

と今の人間界の状況をどうにかしようと・・・頑張ろうとしていて

思わず魔王はパーティーに仲間入り(ついでにシャルも)

と・・・なんか凄いことに・・・

ってか何してんだよあんたら

当然、ヘメロカリスシャルも正体は隠しているわけなんだけど

初心者勇者・初心者僧侶・魔王・魔王軍最高参謀

という恐ろしいバランスが悪いパーティーが出来上がることに
ちなみにヘメロカリスは戦士でシャルは魔導士役・・・
それだけならバランスはいいのにね・・・うん・・・

しかも熱烈に

君と戦いたいんだ!

と想いのたけを伝えたせいでグランディスには明らかに違う風に
勘違いさせちゃってますしね・・・
これ実際は

勇者と魔王として戦いたい

っていう交戦欲ともいうべきものだしね・・・その後も運命だのなんだの
言って勘違いを積み重ねちゃって・・・

魔王、マジなにしてる

って感じなんですよね・・・グランディスとかもう普通に顔赤くしたり
嫉妬したりしはじめてて・・・すげー信頼を得たりもしてるし・・・

ただヘメロカリスも的にはなんていうか・・・まだ子供なんですよね・・・
勇者として期待はしていてもそっち方面では自分が面倒を見てきた女の子
って意識が強い感じで恋愛方面の感情は薄い感じであり
可愛いなぁ・・・とは言っていてもなんかこう・・・

娘を見守る父親

って感じが・・・逆にシャルとは・・・最終的にいい雰囲気を作ったりしていて

こっちがヒロインか!?

ってなりましたけどね・・・まぁ考えてみたら年齢からして凄い差があるしね・・・

物語はグランディス

モヒカンの奴隷工場の奴隷たちの意識改革

を彼女が放つ光の力が無意識に作用して世直しを行い
国王から魔界から闇の力が漏れ出してるから魔王退治を・・・と頼まれて
魔界に突入

四天王の3人はヘメロカリスが撃破

となにしてんだコイツは・・・って感じになり最後の1人はグランディスが倒した
といってもこの娘・・・

魔族であっても殺すのは嫌

という優しすぎるくらい優しい女の子であり・・・大丈夫か心配になるレベル
ヘメロカリスが正体を明かして、さぁ戦おう・・・って時にも

ショックで泣き出して走り去る

という・・・ヘメロカリスからしたらあれ?って感じなくらい素直で優しい子であり
思わず謝りにいこうとしてミルから騙すならきちんと騙せ
敵なら敵の役割をきちんとしろ、中途半端に優しくするな・・・と
小柄な僧侶に怒られて諭されてましたからね・・・

それでいいのか魔王

ただこの後は覚悟を決め、危害を加える気は明らかになさそうだったけど
ミルを人質にし世界を滅ぼすと宣言しグランディスに戦う決意をさせ
彼女がついに光の力を覚醒させ自分を上回った時はかなり嬉しがり・・・
そして

それでも止めがさせない

そんなグランディスの優しさを認めたうえで自ら剣を受け入れた・・・と

なんだろ・・・色々間違ってるよねコイツラ

そんな感じがします・・・ってか魔王がそもそも世界を乱す原因に
まったくなってないしね・・・どっちかというと人が良いくらいだし
勇者勇者で優しくて素直で騙されやすい・・・でも人々をいい方向に
自然と導く女の子であり・・・闘う必要なんてなかったわけで・・・

ほとんどヘメロカリスの絵本から影響をうけたゆえの我侭だしねぇ・・・
ヘメロカリスも結局最後まで非道になれなかったし
剣に突き刺されてグランディスが気にしていると気づくと
対したダメージじゃなかったと装って姿をくらまし1人で死に掛けるという
最後までグランディスの心のケアまでしようとしてたし・・・

普通に世直しの旅しとけよ!?

って感じの魔王勇者でしたね・・・ええ・・・
最終的になんだかんだとグランディスヘメロカリスの嘘を受け入れた上で
話し合ってちゃんとしたいと思ったみたいだし

なにこの勇者、いい娘すぎる

って感じでした・・・あしながおじさんの件までばれた場合
どうなるのかとか・・・色々気になるところですが・・・ラストはグランディス
あしながおじさんへの手紙で終わり・・・何気にグランディスを自分の元に
招待する返事をだしたっぽいんだけど・・・これ続くんだろうか・・・

それならそれで楽しみに待つんですが・・・続きをどう展開させるのかとか
全然予想付かないな・・・さてどうだろうか?

全体的にモヒカン相手の戦いとかはパロディって感じで
面白かったですね・・・ネタ知ってると余計に

グランディスヘメロカリスの交流もいい感じだったし
シャルヘメロカリスの関係についても色々と面白かったので
続くようなら楽しみです。

最後に2文。

魔王のセリフを2つ

いいですか・・・

魔王のセリフ

です。

「あしながおじさんに、俺はなるっ!」

「俺は人間界を立て直す!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
世紀末救世主伝説 ―魔王― ~勇者の少女を育てるために、魔王の俺が人間界の世直し始めました~ (一迅社文庫)世紀末救世主伝説 ―魔王―
~勇者の少女を育てるために、
魔王の俺が人間界の世直し
始めました~
(一迅社文庫)

(2014/08/20)
松山 剛

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。