スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生 14 古都内乱編 〈上〉

あらすじ

『九校戦』の“裏側”で起こった『パラサイドール』事件の黒幕の一人・周公瑾は、
横浜から逃亡し、京都を中心とする古式魔法師集団「伝統派」の元に潜伏、姿をくらました。

そして二ヶ月が経ち―。
『全国高校生魔法学論文コンペティション』の季節がやってきた。

新京都国際会議場で開催される日本魔法協会主催『論文コンペ』の準備に忙しい一高生徒たち。
そんな中、達也の許へ、四葉真夜の書状を携えた黒羽姉弟が訪れる。

手紙の内容は

「周公瑾の捕縛に協力して欲しい」

という要請だった。

何故、いつもの『命令』ではなく『依頼』だったのか疑問を覚えながらも、
達也と深雪は「伝統派」の対抗勢力の中心である九島家を目指す。

そこで、二人は『作られた天才魔法師』と運命の出会いを果たし・・・。

古都を舞台とした謀略と暗闘。
魔法師開発の歴史の裏で燻り続けてきた因縁に、達也と深雪とその仲間たちが挑む。

感想

魔法科高校の劣等生の14巻

続き物なので今回の感想は短めに
本格的な騒ぎはおそらく下巻になるので

古都内乱編

って事で舞台が京都・奈良の方って事になります。
といっても今回は上巻であり、向こうが舞台となるのは下巻になりそう。
奈良もちょっと滞在しただけ・・・って感じで戦いが本格的に勃発するのも
これからなんだろうけど・・・1つ言いたい

全国高校生魔法学論文コンペティションは呪われている

これだ・・・前回は他国の部隊が潜入した挙句に戦争になりかけた
今回の場合は内乱が発生する模様だし・・・

お兄様、自重しろ!

と・・・事件の中心にいる主人公に物申したい気分。
まぁ・・・直接的な原因ではない・・・はずなんですが・・・
関わっていないとは言えないしねぇ・・・

ってわけで今回は2年生となってからの
『全国高校生魔法学論文コンペティション』

でも達也は今回は完全にちょっとしたお手伝いであり
メインに関わっているわけでもなく、今回現地に行くのも
去年のような騒ぎを警戒しての護衛として・・・というものであり
発表内容も横浜が会場だと技術的な要素が
京都が会場だと理論・原理的な要素が評価されるって事で
達也的にはあまり惹かれるような内容じゃないみたい
ぶっちゃけ

目に見えちゃうからね、この人・・・・

それにと試合をした事で『雲散霧消』が聞かない相手への攻撃手段が
必要だと思ったらしく、現在リーナが使った戦術級の携行魔法兵器の・・・
達也ですら製作者に感嘆を覚えるその兵器の技術を応用した

近距離物理攻撃用の新魔法

を開発していて・・・色々と苦労しているみたいでコンペに本格的に関わる暇が
ないみたい・・・

まだ強くなるのか・・・主人公よ・・・

ってか弱点潰しているわけね・・・自分の魔法の・・・
ますます隙がなくなってくな・・・このキャラ・・・
完成すれば克人『ファランクス』すら貫けるとか言ってたし・・・どんなだよ・・・

まぁ・・・そういう主人公強化フラグは・・・置いておいて・・・
何気に苦労してるし正月までには完成させてお披露目を・・・とか言ってたし
もしかしたら下巻でもでてこないかもしれないし。

今回は『四葉家』からの依頼・・・真夜からの命令という形ではなく
拒否してもいいとまで言われている依頼という形で

周 公瑾の捕縛

を頼まれそれを持ってきた黒羽の姉弟がわざと付けられて
達也たちを敵が警戒するように手をまわしていたりと
色々と・・・

これ怪しいわ・・・

といった感じで始まり、達也はその依頼を受諾し・・・
とりあえず

九島に借りを返してもらう

という・・・前回の話の実験で色々と苦労させられた一件の責任を
深雪に危害が加わる可能性が少しでもあったことで
達也の中のの評価がかなり下がってはいても
公瑾の潜伏先が『九島家』と敵対している『伝統派』を名乗る
元々は『九島家』と同じように第九研究所に協力した古式魔法師達であり
成果が得られなかったから『九島家』を恨んでいるという

それなんて逆恨み!?

っていう色々とツッコミところしかない色々となんか動機の時点で
小物っぽさが全開の組織が相手となり・・・監視やら襲撃やらも受けたけど

うん、無理ゲーだよね

って事で特に問題はなかったしね・・・ただ古式魔法に関しては
達也の知識も拙いわけなんですが・・・友人にそっちの名門である幹比古
いるわけで・・・助言も得られたし、去年の一件もあり、襲撃を受けたって事を
真実をボカして仲間に伝えることで狙われる可能性のある友人たちに
警戒&警備をつけさせて・・・と人質対策も万全でした

ほのかの家で彼女の家の財力で
美月幹比古がガードについて・・・と戦力的に不安がある相手には
きっちりガードをつけて・・・さらに師匠である八雲の寺の人も密かにガード

詰んでる・・・これ伝統派詰んでるよ!?

って思えるのは気のせいだろうか・・・ってか達也を標的にしてしまった時点で・・・
公瑾を匿ってしまった時点でもう詰んでいた気がしないでもないんですけどね

その上・・・と孫である響子を通して会談して前回の一件の謝罪を貰い
事件への協力を約束してもらったわけで・・・

世界最強の魔法師を要する四葉

かつての世界最巧を擁く九島


の協力体制が確立・・・名目としては達也個人への協力なんですけどね・・・

公瑾・・・かなり厳しくね?

というか当の達也が一番危険だしね・・・

そして今回楽しみにしていた人物の登場

九島 光宣

前回の話で『パラサイト』を宿したアンドロイドを軍事導入しようとした理由
自分への劣等感から実の息子が実の娘の遺伝子との間に人工的に生み出したといえる
息子の末息子であり孫である光宣

魔法師としてはリーナを凌ぐほどの凄まじい才能を持っているみたいであり
今回の話の中でも達也深雪水波の3人を奈良の『伝統派』の拠点を周って
案内しているときに襲われた時にその才能を惜しげもなく発揮し
深雪に戦慄と感嘆を与えるほどの力を見せた彼・・・

リーナより上

深雪が認めるくらいなんだからかなり凄いんですが・・・その生まれのせいで
病弱・・・正確には病気に罹り易くあまり学校にも行けないという
それゆえには彼を殊更可愛がって・・・哀れんでいるからこそ
彼が軍事投入されるような事にならないように・・・って動いていたみたいだけど
別の意味で・・・人工的に手を加えられている達也と彼の出会いはちょっといいかも

男版の深雪

って感じの超絶美少年であり、水波が明らかに一目惚れっぽい感じになるくらいだけど
性格もかなり穏やかでいい人でありながらも、それだけではなく
さらっと敵に対して辛辣な事を言ったりと達也的な黒い部分もあったりと
名門のおぼっちゃま・・・って感じではなく深雪が言っていた

九島の秘蔵っ子

って言葉が似合う優秀な魔法師でしたね・・・
『トーラス・シルバー』製の道具を使っていて彼を尊敬してる的な事を言っていたせいで
深雪の印象もかなりよかったですしね・・・

お兄様を尊敬=いい人

ブラコンはマジ揺るがないな・・・嫌っていても女の子で
惚れなそうな相手にも寛容だしね・・・揺るがんな・・・

なにはともあれ・・・『四葉家』の次期当主とその兄、『九島家』の末っ子の仲は
良好になったというべきか・・・最強すぎて怖い
なんか読んでいて『クリムゾンプリンス』さんが霞んできた感じが・・・
いや、安定感とか考えたら多分彼の方が凄いんでしょうけどね・・・なんだろうか・・・

光宣のキャラはなんかこういい奴って部分と肉体的な事もあって
爆発しろ!的な雰囲気は受けないですし・・・水波の反応が可愛かったので
そっちの意味でもかなり気にいりましたね。
お互いの立場的に難しい恋かもしれませんが

こんな感じで『九島家』の協力を得て、敵からの先制攻撃を受けつつも
着々と準備を進めている達也たち、美月が狙われた事もあって
幹比古が裏に気づき、達也に詰問して・・・

ああ、軍の仕事なのか

と勘違いさせて詳しい事情を話さない状況で幹比古から
協力している状況が生まれ、コンペの警備の下調べに行くついでに・・・
という提案を受けて彼の協力を得てその時に本格的に探索に動くみたい。

深雪も生徒会長(この話の序盤で任命されたとわかった)として打ち合わせ
水波も補助として付いてこさせて・・・と事情を知るメンバーでなんとかするみたい

古式魔法師である幹比古にとっても『伝統派』は認められない存在みたい
まぁ↑で書いたような理由で暴れてるわけだしね・・・
『九島家』に協力せずに、本当に伝統を大切にしてきた家の人間としては
ふざけるなって感じなんでしょうけどね・・・この布陣でさてどうなるのか・・・

このメンバーにさらに

七草 真由美

が加わる可能性があるわけですがね・・・
物語の終盤、『七草家』の当主である弘一公瑾との関わりを
彼が捕縛されることでバレルのを恐れ、真由美のガードであった
名倉を口封じに送ったんだけど返り討ちにあってしまい
それが全国ニュースで流れたあげくに死亡の連絡を真由美
受けてしまって騒ぎになり・・・真由美は達也に調査を依頼する気みたい

直前にこれについて摩利に相談して克人達也に・・・と助言を受けて
何故か達也の都合が・・・と達也の事ばかり考える真由美摩利

本気で達也に惚れてないか?

と質問されて真っ赤になって動揺・・・弟みたいなもんだって言い張り
弟なんだから姉のいう事を聞くべきだ・・・と無茶を言った上で
『七草家』の人間として達也に会いに行ったみたいだけど・・・

いや、それ惚れてるから、手遅れだから

と思わずツッコミを入れそうに・・・ってか摩利も絶対そう思ってる
なんか変な方向から達也の恋愛模様にも変化がありそうだけど・・・

大丈夫か七草家

って感じの心配もある・・・凄い有能そうだった名倉が死亡
彼は『四葉家』『九島家』がどういう考えで動いているかなんとなくわかっていて
弘一の楽観気味の考えにどうしたものか・・・とか考えていたし
なんか名倉がいなくなってしまった事で『七草家』の今後が心配に・・・

策略家ってわりに弘一の手が色々と駄目すぎる気がしますね。
というか達也公瑾捕まえると色々と実家がヤバイわけですが
真由美はどうするんだろうかね・・・

ここまで色々と関わってくるとそろそろ達也深雪『四葉家』の人間であるって
他の人にもばれそうだけど・・・さてどうなるのかな?
下巻に期待したいところ

来年らしいけどね・・・orz

うーん・・・この引き際で来年か・・・
待ち遠しすぎる・・・とりあえず12月に『ドウルマスターズ』の2巻があるから
それを先に楽しみにするしかないか・・・長いな・・・

最後に一文。

深雪のセリフ

セリフと挿絵のセットでこその威力だったんですけどね・・・
への繫ぎを響子に頼んだんだけど、その時に電話した番号が
彼女のプライベート番号であることをうっかり口にしてしまった達也
満面の笑顔でコレ・・・

こ・・・怖いです・・・( ̄ー ̄;

まぁその後、いつもの二人からしたらちょっと深雪が拗ねているって状態になり
それも2日後には解消されていたみたいだけど・・・

一番心労がでかかったのはただでさえ兄妹の雰囲気に
色々と苦労させられている水波だったんじゃないだろうか・・・頑張れガーディアン

ところでお兄様。

藤林さんの私的なナンバーを

何処で手にいれられたのですか?


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔法科高校の劣等生 (14) 古都内乱編 (上) (電撃文庫) 魔法科高校の劣等生 (14)
古都内乱編 (上)
(電撃文庫)

(2014/09/10)
佐島勤

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

光宣って東レの相馬多軌子っぽい

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。