スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と彼女のゲーム戦争 7

あらすじ

ゲーマーたちが最も熱くなる季節、夏。
岸嶺たち現代遊戯部のメンバーは、ゲーム大会への参加を繰り返していた。

そんな中、部員たちと比べて実力不足を感じていた岸嶺は、
デバッグのアルバイトを通じて知り合ったプロゲーマーのもとへ教えを乞いに行くことを決意する。

そして個人修業を終えて挑んだゲーム大会。
夏休みということもあり、社会人が多数参加していたその大会には、
かつて岸嶺たちと戦ったこともあるチャンピオンが強力なメンバーを率いて参加していたのだった。

今回のゲームはFPS!
強敵だらけのゲーム大会で岸嶺が覚醒する!?

感想

僕と彼女のゲーム戦争の7巻

表紙が色々とヤバイ・・・というかこの状況下でアドホック対戦とかしたら
集中力が乱れて絶対負けるぞ・・・これ・・・

感想は短めでいきます・・・内容的にはスパっとしてるので。
さて・・・今回は・・・

ようやく・・・しのぶが健吾を意識した!?

というラストが待っているわけなんですが・・・そこまで行く過程が
まぁ色々と熱かった・・・

まず最初に健吾がそろそろ妹のゲーム機借りるのも・・・って事で
アルバイトしてゲーム機を買うことにして
『宵闇の魔術師』にデバックのバイトを紹介してもらって・・・
健吾がゲーム作りについて色々知って・・・将来の事も考え始めて
社会経験にもなってよかったんだけど、これが実はバイトを認めていないらしい
学園の規則に反した・・・って事で理事長から

退学

を言い渡されることに・・・

あのジジイ・・・

って感じです・・・ってかこれ絶対私怨はいってるだろ・・・って思ったけど
他の教師も結構反対はしていなくて・・・まともなのは校長くらい
どうやら・・・というか名門の元お嬢様学校だからこそ
上層部の人達が現実と違ってゲーム大会が頻繁に行われる
ゲームが一定のステータスになってるところがある世界においてもまだ

ゲーム=遊び

って認識が強くあまり推奨するものではないって意識の人が多いみたいであり
この機についでに部も潰してしまおうと考えていたみたいだけど
生徒会長であるしのぶの訴えと顧問である瀬名のおかげで

夏休み中に部活で実績を作る

健吾が豪語しアルバイトも部活外での練習のためって事で
実績さえ作れればお咎めなしに落ち着いて・・・部員一同で頑張る事に

まぁ・・・当然そんなにうまくいきませんが

ってか行ったら物語にならないしね。
ただこっからが本番であり

PS4版『バトルフィールド4』

と今回はこのゲーム1個がピックアップされ健吾たちが挑戦するゲームであり
大会に色々と参加するも夏休みで実力者たち・・・社会人たちも参戦して
苦戦するなかで見つけたチーム戦でも勝てばポイントが入るという
かなりお得な大会だったのもあり参戦を決意

しのぶが・・・ゲームを楽しむことではなく、部を守ることを優先してしまい
ちょっと気負ってしまっている部分はあったんですが
健吾は一番足を引っ張ってる自分でも役に立ちたいと
プロの指導を受けたりして特訓して・・・

待て、そこまでいったのか!?

『宵闇の魔術師』がゲーム仲間やプロゲーマーを誘って
チームを組んで参戦して・・・凄まじい成果を発揮していて
もし彼らが敵チームだったら・・・と不安になっていたけど

それフラグだよ!?

って感じで肝心の決勝で敵チームになり、64人対戦モードでの
チーム戦となったわけなんだけど・・・

ソ ウ ル ・ ト ラ ン サ ー
魂の転生者

健吾の集中するとまるでゲームの中に入ったかのように感じて
凄まじい集中力を発揮するようになるあれが今回は十全に発揮され
1人で『宵闇の魔術師』のチームを食い止めるという荒業を・・・

相手がプロであり、目的がわかりやすいからこその行動を読んで
先回りして倒す・・・という特訓の成果を発揮し
そして最後には・・・

壁の向こう側の足音に反応して倒す

という・・・

オイ、それは凄すぎだろ!?

って行動で『宵闇の魔術師』を封殺してチームの勝利に貢献
無事所属チームが勝ちポイントをゲット・・・実績を手に入れることに。

勝利に焦ってる感じのしのぶの力になりたいという健吾の想いが
きっちり結果に繋がったわけであり・・・
いつも通り、極度の集中のせいで気絶してしまった健吾
しのぶが支えて・・・

ひざまくら

しのぶ健吾のこの5ヶ月程度での成長を喜び、
何かお礼を・・・と考えて前回・前々回で問題となった自分の写真を思い出して

健吾が水着写真を求めてきたら

と心配になり赤く・・・まだまだ無自覚っぽいけど・・・

フラグが・・・芽生えてきた!!

って感じでちょっとニヤニヤです・・・まぁ猛アピールしてるのが
二人いるわけなんでどうなるのかわかりませんけどね

ゲーム側でも『宵闇の魔術師』がサラリーマンをやめてプロゲーマーになる事を
真剣に検討してるみたいで・・・今回の敗北もかなり悔しかったらしく
次からはもう初心者だとは思わない・・・と決意していたわけで
強敵を本当の意味で目覚めさせてしまった行動でもあったかも

部活がきちんと存続を許されるのか・・・とか健吾たちは大会を勝ち進めるのかとか
色々と気になる部分は多いわけですが・・・さてどうなるのかな?

とりあえず健吾とかはいざとなったら理事長に対して

おまわりさん、この人です

でなんとかなりそうな気がしないでもないんですけどね・・・
いくら理事長でも生徒を盗撮して写真持ってニヤニヤしてたら即逮捕だよね・・・

8巻は来年の春・・・とかなり先でありゲーム業界の流行廃りについて
書く予定みたい・・・どんな感じになるのか楽しみ

最後に一文。

『宵闇の魔術師』のセリフ

ゲームであれなんであれ勝負に負けるのは悔しい
某アニメのセリフに『遊びだから真剣になれる』って趣旨のがありましたが
あれを聞いたときにすごくしっくりきたんですよね。

楽しむためとかストレス発散でやるとしても・・・負けたら悔しい
遊びなので生活とかに影響は特にないし損もない
だからこそ心の持ち様の問題・・・勝っていい気分になりたいですからね

って事でこのセリフ。
すでに辞表まで用意して・・・ゲームを遊びではなく仕事にしようとしてるけど
でも根本的な部分はただ楽しみたい彼が大人になっても持っている
おそらくこの道に進むなら必要な心構えが入った言葉

「ああ、同感だ。

 次は負けない。

 相手が誰であろうとね」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
僕と彼女のゲーム戦争 (7) (電撃文庫)僕と彼女のゲーム戦争 (7)
(電撃文庫)

(2014/09/10)
師走トオル

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。