スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグダラで眠れ Ⅵ

あらすじ

古代の民の謎を追い、異端審問官アブレアの足跡を辿るクースラたち。
一行は、天使が降臨し、金銀を生み出す灰を授けたという伝説の残る町ヤーゾンを訪れた。

町の教会でアブレアの署名を見つけたクースラは、
町に語り継がれる伝説が真実であると確信を得る。

さらにクースラは、調査のため立ち寄った薬種商の娘ヘレナから、
ガラス職人たちが伝説を紐解く手がかりを握っていることを聞き出す。

だが同時に、町を取り巻くガラス職人たちと町の間の確執をも知ることとなるのだった―。

かつて天使に作られた町で、眠らない錬金術師が恋に奔走する。
本格ファンタジー、シリーズ第6弾!

感想

マグダラで眠れの6巻

最前線の街で最先端に触れて夢を・・・『マグダラ』を追い求めようとしていた
『錬金術師』であるクースラ達だけど・・・後ろ盾である『騎士団』の肥大化で
『騎士団』の存在そのものが警戒された結果、異教徒を討伐するという
その最後の最後で・・・異教徒が改宗し、それを攻めたので『騎士団』こそが悪であると
罠にかけられ、それに伴って逃避行となり、前回の話では
ヒロインであるフェネシスが士気が落ち始めた『騎士団』を奮起するために
生贄に・・・なるふりをしてなんとかしたわけなんですが
今回は死んだ事になっているので街に残るのもあれだし
前々回復活させた古代の・・・フェネシスのような『古き民』から伝えられたらしい知識
そしてそれを追い求めていたらしい異端審問官コレドが残した手がかり

それらを追うことで新しい知識を得られるのでは・・・という
最初の頃の一箇所に留まって工房を持って・・・とは違って
失われた技術を復活させるための旅って感じになり

これは・・・わくわくするな

って感じの展開になっていて、今までよりも明るい感じになってます
フェネシスは前回の話で髪が短くなって雰囲気が変わった感じですが
それ以上に・・・

クースラが夢より自分を選んでくれた!

という明確な事実が大きかったらしくて・・・もうにっこにこです・・・
めっちゃ機嫌がいいです・・・ってか

デレデレです

クースラは・・・どっちかというと困惑・・・でしょうか?
フェネシスが大事・・・時として夢を諦めてもいいと思えるほどに
それくらい大切に想っていると自覚はある
ただ・・・うん・・・

まったく素直になれない

ってことで・・・なんていうか前までは淡い気持ちを必死に表現しようとするフェネシス
それを見てからかったりしていたいクースラって感じだったのが
素直に好意を表現してくるフェネシスとそれにどう応えていいか困惑するクースラって
形になっていて・・・とりあえずアレだ・・・

クースラ、爆発しろ!

こんな感じで・・・なんか恋愛方面では主人公とメインヒロインが
凄く安定してきた感じがあってそういう点では・・・いつもより安心して見れた感じ

クースラの素直でない部分を叱ってなんとかしようとするイリーネとか
あえて挑発するような行動を取ることで行動させようとするウェランドがいるわけだけど
何気にこの二人が興味心身で観察してるって部分があるからこそ
恥ずかしくて素直になれないって部分も絶対あるよね・・・うん・・・

なにはともあれ・・・基本的にいつもの4人に関してはほとんど波乱はありませんでした。
なんかいつものごとく・・・クースライリーネの二人の関係については
まだ保留しておきたい感じがちょっとあるんですよね・・・フラグというか・・・

イリーネウェランドはいいコンビって感じなんですけど・・・
なんていうか読んでいると恋愛関係って部分になるとどっちかと言うと
クースラ寄りなんじゃないかなーって感じが未だにするんですよね・・・
イリーネはちゃんとフェネシスの応援をしているんですけど・・・
肝心な部分で本音を漏らすのはクースラの前な感じなんで・・・
まぁ・・・今更イリーネとどうこうなるとは思えないし
ただの思い違いの可能性もあるんですけどね。

という事で素直になりすぎたフェネシスと素直になれないクースラ
っていう・・・問題はあるけれど基本的にそこは個人の頑張りであり
仲間内での関係は基本的に良好で問題なしって感じでしたし
フェネシスへの想いを自覚したことでクースラは他者への思いやり・・・
特に恋愛関係については・・・切り捨てたり見捨てたりできなくなってるあたり

『利子』という意味らしいクースラの名の由来
そして『孤高の錬金術師』って感じからは徐々に変わっていっている感じですね。

今回の話で起きた事件は街の人々と壁の外の・・・森の中で暮らしながら
ガラスを作っていたガラス職人たちとの確執であり
ガラス作りに大量の燃料が必要であり森の木々を大量に伐採して使うから
街の人々が薪などに使う分が不足する・・・さらに舞台となってる街が北で寒く
教会の神父が彼らを嫌っていたり、さらにはガラス職人たちが
南の貴族から特権を貰ってガラス作りをしていて権利を守られているってのも
それに拍車をかけていたみたいであり・・・普段のクースラたちだったら
関わらない類の問題だったんだけど・・・

ガラス職人が関わる古の伝承

街の薬種商の娘とガラス職人の若者の許されない恋


という・・・ピンポイントで現在のクースラが見捨てられない部分があり
それに関わることになり・・・この街に残っていた天使降臨伝説にあった

金や銀を生み出す灰

について色々調べることに・・・そしてその灰がガラス作りにおいて
通常よりも圧倒的に低い温度でガラスを溶かす効用があるって話も残っていて
ガラス職人たちが使う燃料の削減って部分でも力になれるって事で
色々と考えることになるんですが・・・

面白いミスリード

って感じでしたね・・・伝承そのものがそれほど古いものではなく
薬種商やガラス職人の祖父母世代の人々は現物を見た事があり
だからこそ長年それを再現しようと研究していたけど手に入らなかった
薬種商は色々な植物を燃やしてできた灰を研究しても無理で

やっぱり伝説は伝説

って結論で諦められたみたいで・・・どっちかというと灰になる前の植物から
作られる『惚れ薬』の方が現実的に使えるもの・・・として考えられてましたね。

クースラ達が『騎士団』から付けられた護衛兼監視のメンバーも
貴族たちがそれを利用して政略を進めたりするのを実際に見ているので
伝説の実在の怪しいものよりこっちの方が価値がある・・・って思っていたし

イリーネが微妙に興味津々

という・・・ちょっと面白い状況にもなったりしましたしね・・・
フェネシスに関してはクースラが嫌われた時に惚れ直させるために・・・とか言って
恥ずかしいんだか照れくさいんだか・・・そんな話題の種にしてましたけど

まぁ正確には催淫薬みたいですけどね・・・うん・・・

まぁ・・・こんな感じで『魔法の灰』を探す事になったんですが
今回の場合は暗号で隠されたり、どっかに保管されていたり秘匿されたわけではなく
奇跡的なその効果を知った人々が余りにも大げさに・・・伝えたために・・・
なんというか

伝言ゲームの失敗

って感じで伝承において間違って伝わってしまい・・・最初にこの知識を教えた
『古き民』もこんな事にはならんかっただろ・・・って感じの想定外の事態であり
そしてガラス職人の仕事があまり他の職業と・・・関わっても
森の中で採取した薬草を交換することで街の物を交換してもらったりする
薬種商くらいとしか関わりがなかったために気づかなかった盲点

金や銀を生み出す灰 ×誤
金や銀を生み出す時にでる灰 ○正


ガラス職人や薬種商は灰と言えば草木を燃やしてできるもの
だけど鍛冶師や製鉄なども行う錬金術師からするとそれだけではなく
金属の精製時にも灰は発生する

灰吹き法

と呼ばれる工程とかこの作品では結構よく登場して
フェネシスも何度か挑戦したりしていたくらい作品的には身近なもの
だけどまったく関わりがなかったために到達できなかった・・・という・・・

燃料のために過剰に木々を伐採されて一番困っていた
仕事のために燃料を必要としていた鍛冶職人

その彼らの仕事の過程で生み出される灰こそが
ガラス職人の使う燃料を減らす奇跡の灰とも言えるものであり

実はこの話の中で一番ガラス職人を疎んでいた彼らこそが
ガラス職人を救う手を持っていて・・・それが結果的に彼らも救うという

お前ら・・・仲良くしとけよ

ってツッコミを入れたくなる話でした・・・
最初からある程度仲が良くて伝説の灰について話す仲なら
もっとはやく見つかっていただろうしね・・・

なにはともあれこれで事態は一気に解決に・・・
鍛冶職人は仕事上で発生して廃棄するだけの灰を
ガラス職人が買ってくれるってことで上客になるし
それを使えばガラス職人は燃料を削減できる・・・
一番の敵だった相手がお得意さんとして庇ってくれるようになるわけで
さらにこの舞台となった街で一番権力を持つのは鍛冶職人であるらしく
これにてガラス職人に対する騒動は鎮静化に・・・

現金すぎるが・・・これが現実だよね

ガラス職人と娘の仲もなんとかなったし・・・めでたしめでたし
なんか久々に何の心配事もなくハッピーエンドで終わった感じです。

ただこの街には天使降臨にまつわる奇跡があと2つ残されていて
天使が空から来たってのと、太陽の光で軍勢を追い払ったというもの

後者のヒントとなりそうな欠片をガラス職人の親方からクースラ
貰ったわけなんだけど・・・さてどうなるのかな?

炎の色が変わる石・・・炎色反応って事なんだろうけど
これをどう使ったんだろうか・・・気になるな・・・

何はともあれしばらくはこんな感じで新しい技術・・・正確には古い技術を復活させるために
色々と動いていくみたいだしワクワクする感じがしますね。

ただ・・『錬金術師』っぽい作業があまりないのがちょっと残念かな?

最後に一文。

クースラのセリフ

え?って思ったのでこれで・・・いや、確かに覚えたけど
なんでだろうね・・・彼が言うとすげー違和感が・・・

「協力って言葉を覚えたんだよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
マグダラで眠れ (6) (電撃文庫)マグダラで眠れ (6) (電撃文庫)
(2014/09/10)
支倉 凍砂

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。