スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイデーア魔王転生記 2 -俺たちの魔王はこれからだ。-

あらすじ

かつて異世界メイデーアに恐怖をまき散らした最強の三魔王―トール、マキア、ユリシス。

二千年の時を経て、故郷に舞い戻った彼らは、
今は王都に滞在していた。

前世での悲劇的な結末から、かつての妻である緑の巫女と距離を置こうとするユリシス。
そのことで落ち込む彼女のため、二人の仲を取り持とうとマキアは決意する。

一方トールは、王都を騒がす謎の連続殺人鬼エスカの捜査に追われていた。
現場に残された手紙から、エスカの狙いが三魔王だと推測した彼は、
マキアを守るため駆け回るが・・・。

過去と立ち向かう、魔王たちのリベンジファンタジー!

感想

メイデーア魔王転生記 -俺たちの魔王はこれからだ。-の2巻

2000年前に異世界で『魔王』と呼ばれた三人が現代日本に転生
前世を反省しながらもわかりあえるのがお互い達だけであり
魔法もなにもない世界なんで暴れるわけでもなく普通に・・・
だけど前世とは違って幼馴染って感じで仲良くなり高校生まで
枯れつつも生きてたんだけど、『魔王』だった頃に自分を殺した『勇者』
いきなり現れて三人を殺し・・・気づいたら

元の異世界だった!

ってのがこの作品の前提・・・そして『魔王』の1人である『黒魔王』
前世に持つトール『紅魔女』を前世に持つマキア
マキアの誕生日に再会をはたして貴族令嬢であるマキアのお付ってことで
トールは彼女の傍に・・・って事になる一方で
『白賢者』を前世に持つユリシスは王国の第五王子という・・・
他の2人とはなかなか出会えない立場であったけど
無事三人は再会・・・だけど王国を揺るがす大事件が起き
3人は『魔王』としての力を振るわなくてはならず
地方貴族でしかなかったマキア、そのお付でしかなかったトール
王宮顧問魔術師として国に仕える事になってしまった・・・
でも3人が一緒なら・・・と思いきや

重い・・・これは重い

というこの物語の舞台である『メイデーア』の成り立ち、神話
そして創世神と呼べる9人の異世界の子供たちとその運命
その転生体こそが自分達である事、そして彼ら本来の役割を知って
ショックを受けたり、2000年前の彼らの死後に起きた悲劇を知ったりと
生まれ変わっても過去の罪や責任が今の彼らにのしかかってきて・・・と
結構大変な状況であるこの作品なわけですが・・・

今回はユリシス回!

という事で前回ではトールマキアの影に・・・というか
二人の再会から仲の良さッぷりがかなりがっつり書かれていて
ユリシスは少なめだったわけだからこそ・・・なんでしょうけどね

ただ・・・うん

表紙で大きいヤツほど出番がない

今回はそんな感したような・・・トールマキアはそんなに変わらないけど
どっちかというと印象は表紙の絵のキャラの大きさと反比例する感じ。

トールは色々活躍はしていたんだけど

マキアがあいもかわらず可愛い生き物過ぎる

って点のせいでどうにもね・・・爆発しろこの野郎としか思えん

ユリシス回・・・と書いたけど今回の話ではもう2人重要人物がいて
その1人がまだ記憶は戻っていないけど前世の『白賢者』の妻であり
彼女自身も『魔王』クラスである『緑の巫女』ペルセリス

そしてもう1人が・・・王都で起きていた王宮顧問魔術師を・・・
トール達を狙ってるかのような犯行声明を残していた連続殺人鬼・・・
と勘違いされていた実は真犯人を・・・他国から送り込まれて
人々を密かに襲っていた、すでに別物と言ってもいい存在にされてしまった
かつて『黒魔王』が支配していた魔族を殺していただけであり
それとは別にトールマキアユリシスの3人を見極めようとしていた
これまた1000年前の『魔王』クラス・・・『聖灰の大司教』の生まれ変わりであるエスカ

まぁ・・・エスカが実はペルセリスの実兄であり国外の調査団にいたんだけど
色々あって帰国して・・・妹を悲しませるユリシスの排除とか
聖域に安置すべき『紅魔女』の遺体を手に入れないととか・・・
個人的な理由と公的な理由があったりするんだけど

軽い・・・めっちゃ軽い・・・性格が

って感じなのでみょーにどれくらい本気なのかわからないんですよね
ユリシスと同じ白魔術を使うんだけどユリシスが100の精霊と契約してるのに対し
エスカは特別な4体の精霊とだけ契約していて・・・こっちのモチーフは四獣かな?

防弾チョッキになったりバズーカになったりと・・・

まて、ここファンタジー世界ですよね!?

って感じでしたしね・・・なにしてるんだこの司教・・・
だた・・・ユリシスペルセリスの前世・・・2000年前のこの夫婦の顛末が
追憶って形で語られ、トール達もそれを目撃することになるんだけど・・・

これは・・・マジ悲惨・・・

『白賢者』ユノーシスは白魔術の祖としてまったく老いずに100年を生き
教え子とかも大勢いて・・当時の『緑の巫女』であったエイレーティアの事も
生まれたときから知っている孫のような存在としてみていたんだけど
自分と同じような存在である『黒魔王』『紅魔女』を止める様に頼まれ
最終的には『勇者』を見つけて育てて欲しいと言われたんだけど・・・

その勇者に殺される

そんなはめに・・・今のカノン・・・当時はカヤという名前の少年だった『勇者』
仲間を殺したことでユノーシスが彼から力を取り上げるために向かったけど返り討ち
色々あって結婚していたエイレーティアとその息子であるシュマだったけど
最終的に『紅魔女』『勇者』と自爆による相打ちで消滅したために
聖域に収める遺体が足りなくなり・・・その代替として選ばれたのが
『魔王』クラスを両親に持つシュマであり・・・エイレーティアは自分と共にあった
聖域の人間たちが最初からユノーシスも自分も柩に納める気であり
そしてシュマまで・・・と激昂・・・だけどシュマは死んだユノーシスとの約束を守るため
母を守るためにそれを受け入れ・・・死亡

エイレーティアは次代の『緑の巫女』を生むって名目で別の男と結婚させられ
女の子を産み・・・だけど廃人状態・・・だけどその娘が伝染病で死に掛けた時に
正気を取り戻して・・・神に自分を身代わりに・・・と願うことで娘を救い死亡

こんな過去なのでユリシスペルセリスに記憶を思い出してほしくなくて
避けるようになっていたんだけど・・・それでもどこかで戻ることも望んでいた

そしてペルセリスの婿探しの話や自分の婚約話などがでて・・・
さらに過去と改めて向き合って・・・かつては争った二人・・・トールマキア
背を押されてようやく・・・自分の本心に向き合って・・・

エスカとガチバトル

まぁ・・・あれです・・・

お義兄さん、妹さんをください!

ってやつですね・・・ミサイルだの手榴弾だのが飛び交い
ラストは精霊によるブーストによる

妹さんを僕に下さい右ストレート

で見事勝利・・・

あれ・・・白魔術ってなんだろ・・・あれ・・・?

その後、ペルセリスに告白・・・キス・・・とハッピーエンドに繋がり
さらに2000年前にシュマが言っていた『約束の場所』
空間の狭間の時間すらねじれた空間の中でシュマと再会
2000年前にその空間で迷子になって来世の両親にあったって事だったみたい

なんていうか・・・最初から両親の死を密かに皆に望まれていて
そして最終的には自分自身の命まで差し出さなければならなかったシュマが
一番かわいそうな気がしましたね・・・

一応、この世界の魂の総量は変わらないらしいからシュマも転生してる可能性があり
ユリシスペルセリスが彼と再会できて・・・幸せになれればいいんですが・・・
まぁここらへんの顛末はWEB版で知ってるんですけどね。

なにはともあれ・・・

ユリシス、爆発しろ!

ってくらい運命の恋をして成就させていた感じの二人でした。
ただ・・・うん・・・こういう2000年前の事件が発端で起きた悲劇ってのは
ある意味で全て2000年前の『紅魔女』の遺体すら残らない自爆が遠因であり
マキアは嫌がおうにもその責任を感じてしまうんですよね・・・
そして今現在で何より死を願われているのがマキア・・・

もちろん柩に収まる条件は『大業をなす』らしいので今のマキアは条件外
だけど満たしてしまった時に・・・彼女はどうするのか・・・ってのも気になるところ。
いや、それもまた知ってるわけだから感想書きづらいな・・・うん・・・

真面目な部分以外では

おまわりさん、この人です → ユリシス(21)

って感じで真剣に考えるとユリシスの嗜好が・・・・だったり

あーもう、可愛いなコンチクショウ!

って感じにトールに甘えまくるマキアと文句を言いつつも世話を焼くトール

さっさと付き合っちまえよ!

って感じでしょうか・・・全部で9人いるらしい『魔王』クラスですが
登場してないのはあと2人・・・かな?

次回はトールの・・・『黒魔王』の過去って感じみたいだけど・・・さてどうなってるのかな?
WEB版だとすでに魔族の王だったけど・・・もうちょっと前の過去から
知りたい気もするんですが・・・加筆されたりしないだろうか・・・
あと

マキア可愛いよ、マキア

のシーンが増量してくれるといいなぁ・・・

最後に一文。

ペルセリスのセリフ

次点は『黒魔王』の子孫にあたるレピスのもので
マキアの護衛とかに付いていてペルセリスマキアと一緒にお風呂に入るときに言った

私、脱ぐと凄いですよ

ってセリフだったんですけどね・・・
トールと違って魔力が少ないので空間魔法の代償で失った肉体を
回復しきれていないために義腕、義足・・・って意味で凄い・・・

重いわ!?

って思わず突っ込んじゃったんだけど・・・そんな雰囲気も吹き飛ばすくらい
ユリシスからの求婚を受けてのペルセリスのこのセリフが印象深かったのでこれで

”また”

って部分が・・・なんかもうね・・・(ノД`)・゜・。

「・・・・・・。”また”幸せにしてくれる?」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
メイデーア魔王転生記 (2) ―俺たちの魔王はこれからだ。― (富士見ファンタジア文庫)メイデーア魔王転生記 (2)
-俺たちの魔王はこれからだ。-
(富士見ファンタジア文庫)

(2014/09/20)
かっぱ同盟

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。