スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド 17 星の揺りかご

あらすじ

“加速研究会”との戦いを終えて黒雪姫ら“ネガ・ネビュラス”は、
ついに白のレギオン“オシラトリ・ユニヴァース”との決戦を決意する。

“ホワイト・コスモス”に挑むためには、
緑のレギオン“グレート・ウォール”との休戦協定が絶対条件だった。

緑の王“グリーン・グランデ”と交渉のため、ハルユキは緑の本拠地・渋谷へ向かう。

そんな重大な局面で待っていたのは、
高級ホテルのプールで水着姿になる黒雪姫で!?

これは新たな特訓なのか。
それともただのレクリエーションなのか!?

熾烈なバトルを終えたあとは、ラブコメイベントに突入!?

感想

アクセル・ワールドの17巻
感想は短めで

表紙は黒雪姫&楓子・・・って

水着回!?

って事で今回は水着シーンがあったりします・・・。

とりあえず脅威のルーキーであるウルフラム・サーベラスの登場から始まる
『加速研究会』の暗躍・・・そして『ISSキット』の蔓延と
それに対処するための『ネガ・ネビュラス』の動き。

そして暴かれた『加速研究会』の正体とニコ・・・スカーレット・レイン
強化外装を元に誕生した新たなる『災禍の鎧』
それを倒すために協力してくれた神獣級エネミー『四聖』『大天使メタトロン』
彼女の消滅と復活・・・と色々あった事が片付いて新展開ってのが今回

なのでより脅威を増した『加速研究会』の・・・真の姿である『オシラトリ・ユニヴァース』
『白の王』ホワイト・コスモス率いる7大レギオンの1つの存在の
不気味さはあれど・・・

みんなでそれに対処しよう!

という前向きな話。

『赤の王』であるスカーレット・レインは前回の一件もあって
レギオンマスターとして一皮むけた感じで、『ネガ・ネビュラス』との関係も
彼女の中ではもう一蓮托生って感じにまでなってるみたいで
さらに成績優秀者って事で住んでる施設の付属ではなく外部受験で
ハルユキ達が通う梅郷中を受験するかも・・・って事で
それならもっと本格的に同盟を・・・って感じになってていい感じでした。

一応、 ブラッド・レパード以外の幹部は反対しているみたいなんだけど
先々の事とか考えるなら・・・こっちの方がいいみたいだし
ブラッド・レパード・・・美早ニコにとってそっちの方が良いと判断したみたい

ハルユキタクムの二人はクラス委員の女の子である真優から
来年度の生徒会役員として立候補しようと誘われ
どうしたもんか・・・と悩み、最初はどう断るのか・・・って感じだったけど
黒雪姫に相談して・・・真剣に考えることにしたみたいで
自分を置いていった父親やあまり家にいない母親に対する感情も
今はある程度冷静に見れて・・・見捨てられているわけではないと
前向きに考えられるようになったし・・・ハルユキも徐々に前向きになってますね。

そんな彼だからこそ現実世界でも徐々に友人が増えているって感じなのかな?
黒雪姫は梅郷中はとてもいい学校であり、頑張ってる相手を笑う人間こそ笑われると
言っていて・・・ある意味でハルユキはそんな学校で
その例外中の例外にイジメられていたわけだから・・・不幸といえば不幸だったのかも
しれないけど・・・その逃げる場所として篭っていた場所で運命の出会いをしたわけで

これは不運?それもと幸運?

って感じではあるわけで・・・それも全て本人の感じ方次第なんだろうなぁ・・・
今のハルユキは肯定的に受け止められるようになってきたし
彼も強くなってきたって事ですね。

比例して周りの女の子が増えるけど

そして黒雪姫の嫉妬が徐々に年相応に嫉妬してて微笑ましい
ってかモテモテだなハルユキ・・・

爆発してしまえ・・・

現実世界側では他にも夏休みにハルユキの祖父母の家に
遊びに行こう・・・って約束をしたりみんなでプールに行って
ハルユキタクム

視覚がハッキングされてたら大変(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

とみんなの水着姿のスクショ&動画を撮ろうとしたりと

お前らやっぱ中学生男子なんだな!?

ってシーンがあったりと・・・色々といい感じでしたね。
加速世界だけで完結してないのがこの作品のいいところ。

そして加速世界側の話・・・

こっちは『ISSキット』に関係する事で再び『七王会議』が開かれて報告会
当然『オシラトリ・ユニヴァース』については証拠が無くて報告できず
とりあえず何かあった時は連絡して7大レギオンで・・・って事で終了

その後、『オシラトリ・ユニヴァース』対策って事でそこと隣接するレギオン
『緑の王』グリーン・グランデ要する『グレート・ウォール』と話し合いをする事になり
幹部の数を合わせた上で会談って事に

ここでようやく『六層装甲(シックス・アーマー)』の他のメンバーも登場し
第二席~五席の人とグリーン・グランデに案内人であるアッシュ・ローラーで6人

『ネガ・ネビュラス』はいつものメンバー7人で・・・会議開始・・・
でもあれ?人数1人足りなくない?第一席の人は?
となった時・・・

空から二本の剣を背負った漆黒の影が!?

えっと・・・これは・・・

ガッチャマン!?グラファイト・エッジ

ですよねぇ・・・どう考えても・・・今回収録されている短編で
二本の剣を使う漆黒のアバターであるとされていたしね・・・
しかもこの人こそが

ブラック・ロータスの師匠

というか真っ黒で二本の剣であの剣技って・・・どうも
例のビーターさんを思い出すな・・・うん・・・ところで・・・

こいつが第一席!?

ってのんが疑問なところ・・・・下手に乱入したら即戦争になりかねない状況だし
人数を合わせる・・・というなら『グレート・ウォール』側って事に。

無限EK状態になって『ネガ・ネビュラス』が一回解散した後に
通常領域で加入した・・・って事なんだろうか?
そこらへんが説明なしで・・・というかおそらくグラファイト・エッジだろうって所で
今回は終わっているわけで・・・

またこの次が気になる引きか!?

とツッコミを入れたくなります・・・ええ・・・
しかも次がでるのは・・・来年の春以降・・・

長いよ!?めっちゃ長いよ!?

どうなんだろう・・・どういう展開なんだろう・・・色々と気になる所。
あ・・・それと・・・

第六席の人は?

ってのもちょっと疑問・・・人数の関係でハブられたわけだけど・・・ちょっと可哀想
そしてこれ以外にも加速世界では色々と・・・それが

新レギオンメンバー加入

『ISSキット』から解放してくれたらしいし、助けになりたいから・・・という事で
12巻で知り合ったショコラ・パペッター率いる3人だけの小レギオン『プチ・パケ』
そのメンバーである

ショコラ・パペッター
ミント・ミトン
プラム・フリッパー


が丸ごと移籍するという事で総勢10名に・・・!
ショコラ・パペッターが微妙にツンデレで用件を言う前にシルバー・クロウとバトルして

ペロペロしたりモグモグしたりして引き分け

って事で話を聞いてブラック・ロータスに伝えて・・・許可って事で正式加入
おかしい表現があるが・・・うん・・・マジだ・・・

というか食べられる・舐められる装甲・・・中身は女の子って
そこはかとなく危険な感じがする・・・しかもこのアバターって
読者公募によるアバターコンテストの入賞作品がモデルみたいだし・・・
いつのまにかメインに食い込んでくるあたり凄いですね・・・

今後の彼女達の活躍も期待したいところ・・・

また女の子・・・しかも3人も増えた

って所は・・・もう気にしないで行こう・・・うん・・・
ちなみにバースト・リンカーは全10人になったわけだけど
正式なレギオンメンバーは11人だったりします・・・そう・・・

大天使メタトロン様!!!

シルバー・クロウによってブラック・ロータス達に紹介されて
『加速研究会』と敵対するという同じ目的を持つもの同士だから・・・と
ブラック・ロータスが一方的に加入を決め、条件付で彼女も同意した模様

シルバー・クロウとリンクしていて周りの話を聞きつつ
怒ったり、涙目になったりするメタトロン様・・・

やっぱこの人がヒロインでよくね!?

と思う今日この頃でした・・・親と主・・・どっちが優先されるべきかという
女の戦いはメタトロン様が完全復帰した後で・・・って事になったけど
流石の『黒の王』でもそりゃ厳しくね?と思ったりするけど・・・
とりあえずアレだ・・・

ハルユキ、爆発しろ!

あとセリフとは違うけど印象に残ったのは『ネガ・ネビュラス』という
レギオンの名前について・・・最初は暗黒星雲を意識して
加速世界を塗りつぶしてやる・・・という心意気で生み出されたこのレギオン
だけどそれは1度崩壊して・・・そして今はもう1つの意味
暗黒星雲の役割であり色々な物質が寄り集まっていつか恒星を生み出す

星の揺りかご

であると知った・・・って話をするシーンでしょうか・・・
サブタイトルにもなってるけど・・・まさに今のレギオンの状態は
そんな感じで・・・こっちの意味としての方が全然いい感じですね。

そして↑で少し書いた短編

『黒の双剣、銀の双翼』

こちらはDVD1巻の特典についてたやつですね。
レベルアップボーナスに悩むシルバー・クロウ
ブラック・ロータスが過去の話を・・・自分の師であったグラファイト・エッジの話を
して・・・そしてバトルしてみて・・・シルバー・クロウの本当の望みについて
考えさせる話

最終的に対戦時にシルバー・クロウは自分の心からの望み

飛びたい

という願望こそが自分なんだと気づいて飛行アビリティ強化を選択し
それ以降もずっとそうしているみたい。
今回の本編ではシアン・パイルと共にレベル6に上げて・・・
二人してボーナスは保留・・・と未だに悩むらしいですけどね・・・
ここでこの話を挟んでくるってのは・・・結構いいタイミングだったかと。

なにはともあれ・・・次まで長いわけですが・・・どうしたもんかなぁ・・・

最後に一文。

アッシュ・ローラーの仲間であるブッシュ・ウータンのセリフ

『ISSキット』感染者である彼ともう1人の仲間であるオリーブ・グラブ
そして同じように感染させられたミント・ミトンプラム・フリッパー

『ISSキット』そのものやそれを蔓延させた『加速研究会』への怒りは大きい
でも・・・この4人に・・・そしてシルバー・クロウシアン・パイル
アッシュ・ローラーもだけど何故か・・・
それを配っていたマゼンタ・シザーに対しては共通してこう思っている

なんかこう・・・いいなぁ・・・と思ったのでこれで
彼女は少なくともバーストリンカーとしての矜持は持ってたしね・・・

「でも、オレたちにキットをくれたアイツのことは、

 恨んじゃいないよ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
アクセル・ワールド (17) ―星の揺りかご― (電撃文庫)アクセル・ワールド (17)
―星の揺りかご―
(電撃文庫)

(2014/10/10)
川原 礫

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おもしろかったですね17巻。 感想も楽しく拝見させていただきました。 最後の影が気になるところですね~ 
自分はグラフか第一席,いややっぱグラフだろうと考えていましたが、もしかしたらどっちもってなことがあるのかもしれませんね。
とりあえずこれからもシルバー・エロ・・・クロウの活躍に注目ですね!!(汗)

No title

 ニコって2巻で夕食にはるゆきにカレーをつくってごちそうしてる記述があるんだけど。
 何故か、料理ベタな演技をその後している。
 お菓子しか上手に作れないとか何とか。
 絶対、黒雪意識してますね。<読み返して気づいたことです。

やっぱり第一席はグラフなんでしょうか...

新巻のあらすじに双方に提案みたいなこと書いてあったのでそう考えるのが妥当でしょうか

それより川原さん4月出版しないんでしょうか早く読みたい...

グランデさん=電脳化した茅場
は前から言われてますが

グラフ=アンダーワールドから離脱する際に切り取ったキリト(星王)のフラクトライト
っていうのだと辻褄があうのでどうかなと思うのですがどうでしょうか?
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。