スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロマンガ先生 3 妹と妖精の島

あらすじ

無事に『妹小説』を書き上げた和泉マサムネは、
売れっ子作家・山田エルフの誘いで彼女の所有する南の島にやってきていた。

引きこもりの妹・紗霧の件もあり、合宿に乗り気ではなかったマサムネだが、
他ならぬ紗霧からの“後押し”や、ムラマサ先輩の参加もあって、
この合宿を有意義なものにしようと意気込むが・・・。

「二人で遊んでましょう!」

仕事そっちのけで遊び始めるエルフ。

「こ、こんな水着で・・・外に出るなど」

エルフにハメられえっちな水着を披露することになってしまったムラマサ先輩。

他にも新しく出来た執筆仲間やエルフの兄の登場など、
マサムネはじめての執筆合宿はどうなってしまうのか―?

感想

エロマンガ先生の3巻
感想は短め・・・ってか最近あんまり長く書く時間がない・・・orz

表紙は主人公である正宗・・・ラノベ作家『和泉 マサムネ』
同じくラノベ作家である『千寿 ムラマサ』

作風が似ていて正宗の上位互換的存在と言われていて
正宗的には苦々しく思っていたけど蓋を開けてみたら
web小説時代からの超ファンであり、作風が似ていたのは正宗
リスペクトしていたから。

正宗のバトル物の小説が読めないとスランプになるくらいのファン

ってか実は一目惚れまでして最後は告白までしちゃった人

という・・

どんなヒロインだ!?

って感じの微妙に残念さが漂うこの作品のヒロインらしい残念さを内包しつつ
実は登場してるヒロインの中で一番正統派に可愛い女の子”だった”キャラ

”だった”?

というのは・・・まぁ今回の話で色々とわかるわけなんですけどね。

今回は前回の騒動・・・妹を題材とした小説を書いて義妹であり
好きな相手であり・・・そして正宗の小説のイラストを担当してくれている
『エロマンガ先生』でもある沙霧と・・・引きこもりである彼女と一緒に
アニメ化したその作品をTVで見るという夢のために
その新作の発売権をゲットした正宗が・・・1巻の原稿をなんとか書き上げて
2巻の構想を・・・となった所から始まるんですが・・・

正宗・・・

bakuha2.png

なんだろ・・・これしか思いつかんよ・・・
いや、だってさ・・・好きな女の子との共通の夢の第一歩を踏み出し始めた矢先に
こいつに起きたできごとってのは・・・

自分に好意を持つ美少女2人と南の島へ

さらにそこで熱烈に告白される


って事ですからね・・・うん・・・

爆発四散しても別にいいよね!!

まぁ・・・概要を書くと

エルフが執筆合宿(という名目)で自分の作品のモデルになった
南の島へ正宗・ムラサメ・・・そして前回の『ラノベ天下一武闘会』の祝勝会が
今回の序盤であった時に一緒に祝った同じくラノベ作家・国光の4人と
エルフの担当編集であり実兄でもあるクリスの5人で行く事に。

あいかわらずエルフは締切り満載

って感じなんだけど他の作家と一緒に仕事するなら・・・って事みたいだけど
実際は遊ぶ気満々ですたけどね・・・
基本的に他のメンバーは小説書くのが大好きな人達なので
仕事を進んでやるんで・・・実際ただしく合宿になって
序盤と・・・合間の色々以外は基本執筆とか読書とかしてましたからね・・・こいつら・・・

いや・・・それでいいのか青少年達!?

って思わなくも無いけどね・・・国光がスゲー普通にいい人だったり
クリスもやっぱりいい人で・・・

女性キャラ = ちょっと変

って設定があるんじゃないだろうか・・・とか思いつつも
国光正宗にホモ疑惑をいだいたり・・・クリス正宗

結婚してくれ

と言ってその疑いを助長したりと・・・まぁ普通じゃない展開もありましたが
基本的に・・・男性メンバーは比較的普通でした。

クリスの発言もエルフと結婚してくれ!って兄心からのものだったみたいで
基本的にいいお兄ちゃんでした
前作がひねくれたシスコンが主人公だっただけに・・・素直なシスコンって
逆に印象強いかも・・・他作品ならまぁいくらでもいるわけですけどね。

まぁ国光はお酒に弱くて・・・すぐ酔ってしまったあげくに絡み酒という・・・
イケメンなのになんか残念な・・・

これはモテない

って部分もあって・・・なんか逆に好感度アップする感じもありましたが。
まぁ・・・そんな男性陣ではなく・・・問題は

女性陣

なわけですよ・・・

まずエルフは・・・彼女の過去と本名が判明します。
父親は妻である母親が大好きな人で母親は父親を翻弄するタイプだったみたいだけど
父親が病死する時に最後のお願いだから・・・とエルフが幸せになれるようにと
願ったために母親は娘が幸せになれるようにと色々とそのための技能を叩き込んだみたい

エルフ当人は将来のために色々覚えるのは良かった・・・と言ってるけど
きっと・・・そんなさらっと言うようなものではなさそう。

でも母親が幸せのために・・・と婚約者を探し始めた時点で反発

幸せに生きるためには楽しまないと

これがエルフの意見であり・・・色々やりすぎるくらいやったけど
楽しかったことくらいしか覚えてない・・・だから辛くない
そして自分も母親と同じように幸せになれる相手を捕まえて
その相手と楽しく幸せに生きる・・・と説得して自分で相手を探す許可を得て
さらに今の趣味全開のラノベ作家にもなったみたい。

正直・・・エルフは両親に恵まれているし、理不尽な相手でもなく
結果だけ見れば・・・本当に娘の幸せを考えてくれてる二人だったって事みたい
そしてエルフはその二人の愛情をきちんと受け止めた上で自分の意思で決められる

あれ?この娘・・・ すごくね!?

と・・・ちょっと痛い娘な印象だった彼女なんですが・・・印象変わった感じでした。
同じようにラノベ作家であり意見が合わない部分はあるけれど
それでも認め合っている・・・そんな正宗

エルフの婿候補!

って事になっているみたいであり・・・今回の話で

正宗”が”エルフ”に”告白する

近い将来、私を一番好きになる


と二人きりの時に伝えて・・・

凄く可愛かった・・・マジ可愛かった

本名である

エミリー

ってのも教えてくれたし・・・翌日、正宗が呼びかけてみたら
凄い乙女っぽい反応でキラキラして反応してたし・・・凄くヒロインぽかった
そして何より告白させる・・・ってスタンスが彼女らしくて良かったですね。

正宗エルフのスペックは認めてるし・・・駄目な部分もわかってる
だけどそれを知っていてもこの乙女モードには思わずドキドキするくらいだったし
色々と・・・凄いことになってますね・・・ってか

もうこの娘でもいいんじゃ?

とか思わなくもなかったり・・・

そしてもう1人・・・ムラマサ
彼女は・・・なんていうか正宗好きすぎてもう凄いそういう雰囲気だしてるし
そのくせ恥ずかしがりやで・・・普通に美人って事もあって

正宗的に世界で二番目に

ってくらい好意を擁いている相手だったわけなんですが・・・今回判明した

ヤンデレ属性(?)

というか・・・彼女の『好き』って気持ちの大きさに・・・ちょっと戦慄が・・・
合宿では正宗が書いてくれる完結シリーズのアフターストーリーを読んで
幸せそうにしていて・・・もうこれなら自分で小説書かなくてもいいや・・・とか
言い出して国光を驚かせたりしてたんだけど正宗エルフ

いや、この人も書くの好きだから無理だろ

って思って特に止めたりはしなかったんだけど・・・彼女の『好き』って感情
というか情動・・・というか妄執・・・は・・・ちょっと凄い・・・
なにせ彼女の指の包帯・・・執筆しすぎで・・・とかじゃなくて

自分で決めた締切りを守れなかったら爪を剥ぐ

って事をやっていたからでみたいで正宗がドン引き・・・エルフ
流石にそこまでは・・・ってくらいでしたからね・・・いや・・・やばいよ・・・
他にも常日頃から

エア正宗と会話

とかもしてるらしく・・・なんかもう・・・色々と重い・・・
外見的にも好意的にも・・・超優良物件・・・この人が彼女でいいじゃん・・・って感じだったのに
なんか一気に不良債権となってしまった感じ・・・ってかちょっと怖い・・・

ただ正宗への想いは本物であり・・・正宗がデビュー当初から一番熱烈に
ファンレターを送ってくれていた相手は彼女であると正宗は気づき
感謝の気持ちを伝えたことで・・・彼女は1つだけと定めていた夢だけではなく
もっと多くの夢を見てもいいんだと気づいて・・・新しく生まれた夢は1人だけでは無理だからと
その夢のためにはまず

正宗に自分を好きになってもらう

と宣言・・・こっちも告白だよ・・・って感じです。

エルフムラマサ正宗が誰が好きなのかわかっている・・・
だけどそれは

今のところは

って事であって自分がそこにとって代わろうという気満々の美少女たちでした・・・

やっぱ正宗爆発しろ!

そして正妻といか本妻というか妹である沙霧は・・・

安定して可愛かった

相変わらず二人の想いのすれ違いが・・・主に正宗の勘違いで起きてて
沙霧が一生懸命アピールしているのは微笑ましい感じでした。

今回は家族を失うトラウマを実は抱えていて・・・だからこそ
引きこもりでずっと家にいる沙霧に救われていた部分があるという
正宗の弱さを沙霧にさらけ出すことも出来て・・・ちょっとずつ歩み寄ってる感じもありますね。

なんか家族として・・・だけど・・・

なにはともあれ・・・二人の夢のためにと二人とも努力しつつ
基本的にお互いに一途な感じの二人なだけにもどかしくはあるんですが
正宗を迎えるために1階まで降りてこられるようになったりと
沙霧の症状も色々と緩和の兆しがあるわけなんですが・・・
実はまだその決定的な原因といえる事件なのか事故なのかの真相が
ほとんどわからないんですよね・・・マジ何があったんだろうか・・・

そして物語は今回で

第一部完結!

って感じであり次回からは今回のラストにちょっとだけあった4巻のプロローグ部分

エロマンガ先生G(グレート)

という黒い仮面と黒い服を着た自分こそが本物と名乗る謎の相手からの
動画があり・・・彼との対決って事になりそう

ところで・・・担当作家当人が証言しちゃったり、編集部に聞けば
速攻でわかってしまいそうな

どっちが本物

って部分は・・・一体どうするんだろうか・・・
それとも今までずっと沙霧が言っていた

そんな恥ずかしい名前の人は知らない

という『エロマンガ先生』という呼称に対する反論は
実は的を得ていたのか・・・どうなってるんだろうか・・・気になる所
4巻は・・・いつごろだろうか?楽しみにしながら待っていようかと。

それと何気に画集の短編見てなきゃわからない程度のネタで
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の桐乃が登場してましたね・・・
やっぱりつながりがある世界なのかな?

最後に一文。

正宗のセリフ

クリスと二人で風呂に入っている時に正宗が言った言葉
エルフの美点と欠点について語ってその両方を受け入れて凄いと認めて
その上でこのセリフ・・・

クリスはこのセリフで正宗エルフにとってどんな存在か理解し
そして・・・おそらく女湯でエルフ当人も聞いていた・・・無自覚にフラグ立てるなコイツ
しかも鈍感になる暇も無く告白されるという・・・とんでもない状況になるわけだし

それにしても・・・これはエルフにとって切ないのか嬉しいのか・・・
どっちの比重が大きいんだろうかね・・・そんな悩みと共にコレで

「俺に好きな人がいなかったら──

 もう五回くらい惚れてると思いますよ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
エロマンガ先生 (3) 妹と妖精の島 (電撃文庫)エロマンガ先生 (3)
妹と妖精の島
(電撃文庫)

(2014/10/10)
伏見つかさ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ムラマサ先生の爪はぎについて。 文筆業は手が命。自分で利き手の指の爪をはぐというのは、甚だ物書きとしての自覚に欠けるとしか思えない。まして、彼女は手書き派。正直これはない。だがそれ以上に、そんな愚挙を止めようとしない担当編集者の無責任ぶりが腹が立った。
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。