スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘城ブリリアントパーク 5

あらすじ

高校生なのに遊園地の支配人代行・可児江西也は悩んでいた。

アトラクションの改装で集客が伸びてきたまではよかったが、
もう一押し目玉となる企画が欲しい。

何かないかと考えていると、
ファンサービスのつもりで作った中城椎菜が歌ったCDが
コアファンにバカ売れしているとの情報が入ったのだった。

・・・これしかない!
アイドルをプロデュースするのだ!

そうして、甘ブリ初のアイドル(?)ユニット、『タスクフォースABC』が誕生することに!
しかし、アイドル業界はライバルが多く、それを生業とする猛者が集う魑魅網魎の世界。
果たして、甘ブリを救うべく西也の奇策は成功するのか―!?

感想

甘城ブリリアントパークの5巻

表紙は主人公である西也と魔法の国メープルランドの姫であるラティファ

今回も本編&短編って感じなのでそれぞれの感想を書いてきます


・安達映子も大人じゃない

AV(アニマルビデオ)に出演していた・・・として面接時に戦慄させた
大学生・・・映子マカロンの話。

アニマルビデオに関しての誤解はこの時点でようやくみんなも知って解けたみたいなんだけど
そことはまったく別な部分で問題が発生して・・・その解決にマカロンが尽力する話

椎菜に対するモッフル
美衣乃に対するティラミー


って感じなんですが・・・映子が仕事後の食事の時に
いけ好かない男に遭遇してマカロンがその態度に激怒して叩きのめしたら
その相手が映子の婚約者であり、映子の父親がそんな危険なやつがいる場所で
働かせられるか・・・とクレームがきてしまい・・・
さらに映子がやめたくないから&婚約者が嫌だからと嘘を・・・

マカロンとお付き合いしてる・・・関係もすでに!

とトンデモない嘘を付いてしまったために・・・大問題に・・・
ただ・・・西也とかの説得のすえ、マカロンがとてもまともな人間であり
婚約者のほうに問題があったのでは?娘さんとの付き合いもきちんとしていると
説明して・・・映子の父親自ら仕事ぶりを見に来る・・・って事になったんですが・・・

マ・・・マカロン・・・実は超優秀!?

『鋼鉄のミッチ』という魔法の道具を使って3巻の『魔法のアプリ』の話の通りの
イケメンの人間体になり・・・鋭い指摘にもきっちり答え
技術的な・・・魔法の国的なアレコレも的確な受け答えで乗り切ったりと・・・
真面目に対応しようと思えば西也も唸らせるほど有能であるとわかり・・・
さらになんか人間体モードのマカロン映子が赤くなったりと・・・

オイオイ・・・来たかコレ!?

と思いつつも・・・マカロン映子への興味はほとんどなく・・・
というかこの映子の父親への対応も・・・結構厳しい事態・・・
なにせ

離婚して以来あえなかった娘が来ている

という事でなんとかして娘・・・ララパーを歓待しつつ・・・って感じだけど
娘はそっけなく・・・映子が相手してくれて・・・映子の父親は細かい部分をネチネチ・・・と来て

マカロン、キレる!

うわぁ・・・これはアカン・・・そう思ったんだけど映子の気持ちをちゃんと考えろ!
って一括に映子の父親はショックを受けたらしく・・・同じ娘を持つ人間として
マカロンと二人きりで相談・・・

おっさん二人が観覧車で・・・どんな状況だ!?

ただこの話し合いできっちりわかりあい・・・マカロンララパーのそっけない態度の裏
久しぶりに会う父親への不安に気づき・・・マカロンのステージを見て
拍手をしてるララパーを抱きしめて・・・

めでたしめでたし

映子の父親は病院の院長であり市への影響も大きいって事で
細々な問題についても善処してくれる事になったみたいだし
あれ・・・なんだろう・・・

ティラミーだけ悲惨だったな

モッフルは死んだ知人の娘の背中を押してあげ
マカロンは同僚の女の子を助けた

ティラミーも同僚の女の子を助け・・・ガチで惚れたんだけど・・・
血の繋がってない兄がいるんで・・・という結末だったわけで
これはあれだ・・・うん・・・

普段の行いの差

ですね・・・
なにはともあれ新人達との絆も深まった感じだしこれからに期待

・『鋼鉄のミッチ』その後

↑の話でマカロンの人間体のイケメンさを知った女性スタッフ達が
モッフルティラミーも・・・?となってさらに彼らを人間体にして女性向けのPVを撮らせようと画策

いすず西也も・・・と妙に乗り気でモッフル達を捕らえてきて・・・となる話

最終的に女性陣の仲の良さとかお互いどう思っているかとかがわかる話になってるんですけど
事故でいすずが『鋼鉄のミッチ』に入ってしまって妖精体に変身してしまうことに・・・

当然、怒りくるって銃を持ってモッフルを追い回したわけですが・・・
西也に見られなかったのが唯一の救いだったかも・・・

ちなみに・・・先祖に河童がいるとかで胡瓜好きで入浴も好きな彼女の妖精体は

ピンクのかっぱ

である模様・・・

イラストが何故ないんだ!!

見てみたかったよ・・・

・リアリティ・バイツ

モッフルの仕事としてのクオリティとお客様に対する安全の間での悩み
についての話。

妙にリアル

って感じがするんですよね・・・モッフルが趣味全開で改装した
自分のアトラクションが一番人気で夏休み前のこの時点で70分待ちの行列が
だけど貧血で倒れる人がでて・・・夏休みに入ればさらに伸びて
熱中症の危険があるから回転率を上げるよう西也が命令

モッフルはアトラクションの時間を半分に・・・と望む西也に反発するも
その夜に良く行くお店の店員であるタカミに誘われて飲みにいき
色々話を聞き・・・さらに彼女の不登校の弟がモッフルのアトラクションを
生きがいだと言っていた少年だと判明したりと・・・色々あったけど決意して・・・

コアユーザーの非難の矢面にたつ

これがモッフルがした覚悟であり・・・時間は70%にして
その代わり、制限時間をつけて回転率を上げたんだけどコアユーザーは
怒り・・・タカミの弟ももう二度と来ないとまで文句をいう始末・・・

だけど・・・普通にただ楽しもうと来てくれたお客さんは楽しかったとも言ってくれ
モッフルにとってはどっちも大事なお客さんであり・・・また来てくれることをまっている

そんな話でした・・・ってかほとんどあらすじになっちゃってますが・・・
これは・・・凄い考えさせられる話でしたね。

お客側の視点・・・浅く楽しむ人と深く楽しむ人の違い・・・スタッフ側の視点
大人になってからわかる店側の苦労とかそういうのを考えると色々とやるせなくなる話でした。

誰も間違っているわけではないのに・・・という・・・

・ナイトパレード(試作版)

ラティファの日常を描いた話。

基本的に城の奥で暮らしてるけど、最近はコロッケ作りとか頑張ってるけど
それだけじゃ・・・と悩んでいるラティファの話。

そこから昔見た遊園地のパレードの話に繋がり
それを聞いた西也がパレードをしてみたらどうか・・・と提案するんですが

『アムニス』を直接得られる

という利点があるのでいすずモッフルも反対はしなかったけど

本物の王女

って事で警備の面を気にして・・・それでも・・・って事でとりあえず平日の夜に
試作版って事で試すことになったんだけど

装甲車&銃で武装した護衛車でパレード

という恐ろしい事態に・・・いや、オリジナリティあふれてるけど
それを遊園地でやっちゃうのはどうなのよ・・・って話。

いすずモッフルの過保護っぷりが凄いというべきか
本物のVIPに対する備えとして当然と見るべきなのか・・・どっちなんだろうか・・・
とりあえず遊園地的観点から見ると

ないわー

になるわけだけどラティファ自身はみんなの前にでれて楽しかったらしくて
西也も嬉しそうなラティファの姿にどうにかしなければ・・・となった模様
西也の胃が心配になるな・・・うん・・・



・・・と今回はこんな感じでした。

3・4・5巻と主要キャストであるモッフルティラミーマカロンの話と
バイトとしてやとった新人3人椎菜美衣乃映子と絡めて描いてきて
それぞれを掘り下げた感じだったので・・・6巻からは話が進んだりしそうな予感

アニメも開始されたし・・・終わるまでにもう1巻くらいでる・・・かな?
スピンオフである『甘城ブリリアントパーク メープルサモナー』は今月・来月と
連続刊行なわけだけど・・・どうだろうか・・・

それと・・・1つツッコミを・・・

あらすじのアイドル活動してねーじゃん!?

最後に一文。

マカロンのセリフ

色々と考えすぎたり表面をとりつくったりせずに
素直に愛情を表現すればよかった

ララパーにそうして・・・馬鹿だねと言われてこのセリフ。
ララパーも嫌そうではないところがいいですね。
ってことでコレ。

「そうだよ。お父さんはバカなんだろん」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
甘城ブリリアントパーク (5) (富士見ファンタジア文庫) 甘城ブリリアントパーク (5)
(富士見ファンタジア文庫)

(2014/10/18)
賀東 招二

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

賀東招二 甘城ブリリアントパーク5

 今月の富士見ファンタジア文庫の新刊は賀東招二先生の小説「甘城ブリリアントパーク」の第5巻に加えて公式スピンオフ「甘城ブリリアントパーク メープルサモナー」の第1巻も出まして、他のシリーズや他のレーベルの本も注文してと、更にこの後も追加が積み上がる予定です。  ともあれ順次読んでいく予定なので、まずは今日のうちに読んだ「甘城ブリリアントパーク」第5巻の紹介と感想をば。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。