スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の終わりの世界録(アンコール) 2 極光の竜帝

あらすじ

伝説の英勇エルラインが遺した、世界の終焉と再来とを記した至宝「世界録」。
その在り処を世界中の国や旅団が探し求める世界緑大争奪時代

炎の将魔討伐を果たし、レンたち「再来の騎士」は一躍世界中にその名を轟かせた。

周囲からの注目を浴びつつ、一行は世界録の手がかりを求め
竜姫キリシェの故郷である秘境リ・インファリエルへ向かうことに。

道中で「カナン巡礼聖教船」、新たな始原精霊との邂逅を経て、辿りついた秘境。
待ち受けていたのは、キリシェの妹である竜帝カルラだった。

「人間、あなたはキリシェ姉様にとっての害悪です」。

竜の長との激戦の調べの中、偽英勇は、覚醒の咆哮を上げる
―いま、最も王道を行くファンタジー、反響の第2弾!

感想

世界の終わりの世界録(アンコール)の2巻

表紙jはヒロインの1人である竜姫キリシェの妹である竜帝カルラ
何気に気づいたら

いま、最も王道を行くファンタジー

とか言われていたこの作品・・・やっぱり普通に面白いですね・・・
まぁ本当に英雄譚・・・新しい英勇が生まれる物語って感じで
王道って感じの作品ですからね・・・こういうのを見るとわくわくします。

前回、英勇エルラインに容姿が似ているけど彼と比べて
弱いゆえに『偽英勇』と馬鹿にされていたレンがかつてエルラインと一緒に
旅をした竜族・天使・魔族の3人の姫と出会い一緒にエルラインの最後の遺産と言える
『世界録』を探す旅に出発し、世界でも1人しかいないと言われた
『古代召喚術』の才能をレンが持っている事が判明したり・・・
エルラインとは全然違うけどただひたむきに努力するレンの姿を
3人の姫は好ましく思って見守っていて・・・特にキリシェは色々と助けて・・・
エルラインではないけど本人を知ってるがゆえにレンをきちんと別人として認識して
彼個人の努力を認めてくれる存在のためにさらに努力を重ねる・・・って感じで
いい感じのパーティーができあがっていたわけなんですが・・・
今回の話では

ダンジョン探検&竜の故郷へ

って感じで・・・ある意味でRPGの王道的な冒険をこのメンバーでやっていて
いい感じでしたね。

まぁ・・・

最強の竜姫であるキリシェ
最強の天使であるフィア
最強の元魔王であるエリーゼ

と・・・パーティーメンバーが規格外すぎて実質的な危険はほぼないわけで
一応、3人ともレンに経験を積ませるってことで過保護にはしないんだけど
個々の能力が高すぎて致死的な罠とかもあっさり叩き潰しちゃうんで
ある意味で安全な旅・・・なのかもしれない・・・

っていうかパーティーメンバーが引き起こす問題のほうが色々と規格外すぎて
どう対応していいのか困る感じだよね・・・うん・・・
ちょっと本気出したせいで瘴気でその一体が汚染されたり、
ちょっと本気出したせいで山肌にクレーターができあがったり

仲間同士で喧嘩とか起きたら世界の危機だな!?

って感じだもんね・・・このパーティー・・・
まぁなんだかんだ言ってかつて一緒に旅をした3人なんで
自分が本気で喧嘩できて笑いあえる貴重な友人って認識なので
めったな事は起きないと思うんですけどね・・・レンの場合は
肉体強度的に脆すぎて巻き込まれるとやばすぎるしね・・・
っていうか根性で彼女達の攻撃を耐えたらしいエルライン
一応は遠縁であるはずのレン

そいつ本当に人間なの!?

って驚いていたわけで・・・何気にかつての伝説のパーティーのメンバーは
それぞれの種族に生まれた突然変異的な存在だった感じなのかな?
だからこそ孤独であり・・・だからこそ同じような存在である他のメンバーと
仲良くなれた・・・って感じなんでしょうね・・・

さて・・・こんなメンバーでまずはダンジョン探索
目的はキリシェの故郷である『秘境リ・インファリエル』への
近道だから・・・でありエリーゼ『探索士』としての資格と能力を持ってると判明したけど
レンの試練のため・・・というよりどんな罠があるのか
それをあっさり撃破するのが楽しいからと罠をわざと発動させたりして大変な目にあったけど
土石流とかすらキリシェがあっさり凍結させたりと・・・

オイオイ

って感じで先に進み・・・途中、『カナン巡礼聖教船』という
『聖女』が率いる旅団のメンバーと遭遇して・・・ダンジョン内に精霊がいる事がわかり
最終的にダンジョン内でその精霊・・・土の始原精霊であるノームがいて
レンを遊び相手として選んで人間しか入れない異空間にレン
『カナン巡礼聖教船』のメンバーを取り込んでノームが作った
鉱巨人と戦う事に・・・というか遊ぶ事になり・・・
前回使えるようになった火の始原精霊イフリートの力を借りることで
ノームを満足させることに成功した結果、彼からも気にいられたのか

いつでも喚んで

と言われるように・・・キリシェが言っていたけどレン『古代召喚術』の力は
才能と言うより精霊であろうと気遣うレンの優しさが精霊を惹きつけ
レンが使役するというよりレンを助けるために精霊達のほうから
力を貸してくれる・・・って感じみたいで・・・精霊に対するタラシのような
才能みたい・・・

そしてダンジョンを超えて『秘境リ・インファリエル』に到着した4人
だけど天使と悪魔は竜の領域に入っては駄目な決まりがあるみたいで
フィアエリーゼは付いてこれず・・・キリシェレンの二人きりに

キリシェの想いとレンの言葉

本来なら竜を統べる姫として一族を守る為に『秘境リ・インファリエル』
留まっていないといけないキリシェだけど彼女はすでに
外の世界で・・・仲間と一緒に過ごす楽しさを知ってしまった・・・
だから『世界録』を見つけたとしても・・・まだ旅をしたいってのが本心であり
レンはそれを聞いて・・・自分がなにか理由を見つけるから・・・と
一緒に旅をしようと誘うことに・・・前回はキリシェレンを誘ったわけだけど
今回は逆・・・何気にいい感じのシーンでした・・・
というかキリシェはなんだかんだいって一番レンを好ましく思ってるよね・・・
色々話してるし・・・

そして今回のラストバトルへ・・・この会話が繋がっていくんですよね・・・

竜帝カルラ・・・キリシェを返せ!

『霊王竜』という・・・雑種の竜から奇跡的に生まれる強大な固体であり
キリシェというイレギュラーがいなければ彼女こそが竜姫だった存在
だけど彼女には人間の行動などは理解できず・・・
キリシェ竜姫なのだから残って一族を統べるのが当然であるとして
キリシェを惑わす存在であるレンを敵視して・・・
彼を追い返そうとするわけなんですけど・・・

俺はキリシェを待つ!

まだ復活したばかりで不完全な力を一部でもとり戻そうと
『秘境リ・インファリエル』に戻った彼女を待つと約束したレン
たとえカルラと戦う事になろうとも待つと・・・
たとえキリシェの本来の姿が強大な竜であろうとも
受け入れて共にいると叫んでカルラと対峙・・・勝負することに・・・

ただ・・・うん・・・これ冷静にというか正確に戦力分析すると

勝てるわけ無い、無理ゲー

ってくらい無茶な勝負なんですけどね・・・カルラレンを侮っていて
さらにそんな相手に本気はださない・・・それでもなお無理ってくらい
だけど・・・

それでもなんとかする・・・それが主人公だ!!

という事で・・・

熱い展開に!!

基本的にレンのスタンス・・・というか本人が一番自分の実力を・・・
キリシェ達に遠く及ばないこと、剣士としてもまだまだ未熟すぎる事を熟知していて
『古代召喚術』にしても精霊の力を借りているって認識であり
決して自分が強いとは思っていない・・・だからこそできる事を
力を借りることを躊躇しないところが結構いい感じなんですよね・・・

カルラは立場とか以外でも弱いレンを庇ったりしてキリシェが危険に
晒されては・・・という普通の心配もしているわけなんですが
それを払拭するためにもレンカルラに力を証明しなきゃいけなくて

会話しつつも死闘を繰り広げ・・・そして最後の一撃は
剣術で及ばず、精霊の力だけでも駄目・・・だからこそ

それら全てを合わせた一撃を!

って展開が・・・もうまさに王道でしたね・・・
イフリートノームが自ら力を貸してくれて・・・カルラが驚くほどの
力を発揮して・・・そして彼らの力を借りてカルラの逆鱗を・・・弱点を探り
最後はカルラの攻撃で吹き飛ばされながらもその逆鱗めがけて
1巻と同じようにかつてエルラインが使っていた剣を召喚して突き立て
それでもなお砕けないと・・・自分の未熟さがわかっていたからこそ
ノームの力でカルラの攻撃が巻き上げた土や岩を集めて隕石として
突き立てた剣の上に落としてその勢いで砕いた・・・という・・・
凄い無茶してるんですけどね・・・それでも勝ちは勝ち

戦闘中のレンの考え方や彼の意志、そして行動
自分を打ち倒した強さ・・・それら全てをもってカルラレンを認め
姉の事を・・・キリシェを託す事に決めたみたいで・・・信頼を勝ち取ったみたい。

キリシェは心配しながらも戦いを最初から見ていたみたいで
レンの事を信じていたみたいだし・・・なんだかんだでいい関係

キリシェを探していて偶然、本来の竜の姿のキリシェに遭遇して
キリシェと気づかぬままあまりの美しさに褒めちぎって
キリシェにもその竜の事を本人だと知らずに褒めたせいで・・・
違う意味での好感度もガンガン上がった感じですけどね・・・ええ・・・

カルラに関してはキリシェの力を戻すために力を注いでいたために
力がかなり落ちていた・・・ってオチがあったためにレンとしても
上には上がいる・・・って事でまだまだ未熟って悟って・・・それでおなお
上を目指すという意思を持てたみたいだし・・・よかった感じ。

これでレンの剣術とか体術が一流になれば・・・結構凄い気がするんですが・・・
フィアが体術、エリーゼが法術を教える・・・と言い出してたし
なんか最終的に凄まじい戦士ができあがるんじゃないだろうか・・・

ただ・・・不穏なこともちらほら・・・

『剣聖』シオンが調べていた『終焉戦争』と呼ばれるエルラインキリシェ達が
なにかと戦ったらしいという記録と・・・謎の存在と
新たな『五大災』の1人との戦い

精霊がおびえているのを感じ世界になにかしらの異変が起きていると察知した
『聖女』聖エリエス・・・

エリエス・シア・凜・ケール

レンを見極めるために動き出したりと・・・色々と周りも動き出した感じ

なんかすげー似た名前知ってる・・・

って感じのエリエスの本名だったり・・・『S.I.R.E.N』シリーズには
キリシェの名前を付けられた竜人として造られた存在が
その名前の繋がりという一点だけでイレギュラー化して

電子を操る

なんてチート能力を発揮してたりと・・・何気にレーベルを超えて
作品同士に繋がりがあるような感じですね・・・そこらへんもちょっと楽しみ
さて・・・ここからどうなっていくのかな?

最後に一文。

レンキリシェに言ったセリフ

本来なら竜姫として全てが終わったら故郷に戻らないといけない
だけど・・・って考えているキリシェに理由を与えるためにレンが言った言葉

なんだかんだいって・・・出会った当初からいい感じの二人だよね・・・うん
前回はキリシェレンを・・・今回はレンキリシェを・・・ってのがいい感じ

  オ  レ
「仲間から誘われてる。

 それで十分だろ、外に出る理由なんてさ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)世界の終わりの世界録
<アンコール>2
極光の竜帝
(MF文庫J)

(2014/10/23)
細音 啓

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。