スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹色エイリアン

あらすじ

そいつはひやむぎ泥棒か宇宙人、どっちなのだろう。

名前も分からない、言葉も分からない。

分かるのはその少女の髪が虹色に輝くことだけ。

私がその髪に触れ ると、その指も虹色を帯びた。

そして起こるは、狭苦しいアパートの一室で繰り広げられる、
虹色のエイリアンとの壮大なファーストコンタクトであった。

ご近 所さんにこの子を紹介し、カニャエと名前をつけ、
ひやむぎ買いに二人でスーパーまで競争!

地球のどこかで発生したささやかな異星間交遊。

それは、窓から、 外から、腹の中から始まっていた。

宇宙からやってきた虹は今日も暖かい。

異星人も地球人も宇宙人。

こんなのがいれば、夜空も明るいわけだ。

感想

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』シリーズや『電波女と青春男』シリーズの
作者さんの新作。単発モノかな?

タイトルにもあるように

エイリアン

を題材にした作品・・・

ってかこの人の作品には結構でてきますよね!?

表紙のキャラはタイトルそのまんま・・・髪が虹色に輝く宇宙人の女の子です
短編形式になってるのでそれぞれの感想を・・・

・瞳が虹で満ちれば

表紙の宇宙人の少女カニャエと女子大生のカナエとの

ガール・ミーツ・ガール

とでも言うべきか・・・宇宙人と地球人の間に芽生える奇妙な友情の物語。

カナエが自分が言う以上にお人よしであり、地球の言葉も喋れない
カニャエ・・・しかも明らかに自分の名前からとった偽名を名乗る相手を・・・
しかもしかも食料としてひやむぎを盗んでいた相手を受け入れて
色々と面倒を見てあげるあたりが

めっちゃいい人

なんですよね・・・そしてそんなカナエに徐々に心を開いていって
カナエが日本語を教えようとしてくるのもきちんと受け入れて
感謝の言葉を伝えるために頑張るカニャエ
近づく別れの為に・・・何故なら

地球の大気に適応できてないから

カニャエにとっては地球の大気は体に合わず・・・
さらに地球にある病原菌などに対する抗体もないために徐々に弱っていく事に
カナエカニャエ宇宙人

であるという確信までは・・・
ご飯食べて元気になると髪が虹色に光るとか明らかにおかしいんだけど
信じきれていなかったわけで体調不良の理由もわからず心配する事に

いや、どっちもいい娘だ・・・

まぁカニャエは故郷の星で禁止されている違法生物を生み出したって罪で
1700光年の流刑をくらっている罪人であり
あと60年くらいで終わるところで墜落したみたいなんだけど
もう故郷はないようなものであり・・・どうしたもんかって事情もあって
でもカナエには感謝していて・・・それだけは伝えたいと無理をしていて
なんとか宇宙船は直ったので別れの言葉を言って宇宙にでようとしたんだけど・・・

また会いましょう

カナエがぎりぎり間に合って伝えた言葉はコレ・・・
カニャエには言葉は通じなかったけど・・・でも意味は通じて・・・
二人の友情はこの時に確かに通じ合っていて確かになった感じでした

ラストはカニャエカナエと再会できるようにと
宇宙船の速度を安全域を超えて増加させて再び眠りについたところで終了
未来に希望を残した・・・凄くいい感じの終わり。

ただ・・・カニャエだけが途中で気づいた別の存在とか
宇宙船が何故か修復された事
カナエカニャエを探しに行った時に何故か友人である
猿子がいたりと

あれ?裏で別の事態が進行してるよね?

という話でもあるが・・・カナエカニャエの物語は二人の友情物語で完結してる感じ
副題も再会の約束の言葉を聞いたカニャエの瞳にあふれた涙の色の事だし
この話は本当に・・・きちんと二人の物語で終わってる

・ガンメタル魂

↑のカナエの隣の部屋に住む青年と彼に寄生したエイリアンの話

青年は『俺』だしエイリアンエイリアンだし・・・せめて名乗れよお前ら
エイリアンはしゃーないけどさ・・・

エイリアンは一応、女性の姿・・・ただし『俺』のお腹かから上半身だけ生えたりしてるんで・・・

ボーイ・ミーツ・ガール

ではないなぁ・・・

って感じであり・・・基本的にお互いを嫌だけどしょうがない・・・って感じの関係
エイリアン『俺』から栄養を摂取するんで健康を望んで色々言うけど
『俺』はあまり頓着せず・・・というかエイリアン早くでてけよ・・・というスタンス
これが過ごすうちにちょっとずつ・・・仲良くなって・・・って思っていたんだけど・・・

いきなり地球存亡の危機の話に!?

どんな方向にぶっ飛ぶんだよ!?って感じです・・・ええ・・・
一応、少しずつ仲良くなっている感じはあったんですけど

2年後に自分が地球を滅ぼす

具体的には自分の本体である巨大隕石が2年後に地球に激突する
自分はそれを誘導するための先遣隊のようなものだ・・・ってのがエイリアンの存在で
『俺』はそれを聞いてなんとかしたいとは思いつつも・・・
あまり積極的には動けない・・・という奇妙な感じに・・・

一応、どうにかならんか?と聞いたりはしてたんだけどね・・・
人格や肉体の支配も可能らしい・・・という恐怖心もあったみたいだし

でもそれでもお互いの身の上話をしたり・・・
エイリアン『俺』の料理を作りだしたり(栄養摂取のためだけど)と
いい感じになってきたんだけど・・・問題は

下半身

えっちな問題じゃなくてエイリアンの下半身部分も地球に来ていて
上半身を取り込もうと襲ってくるわけで・・・それに対処する事に

まぁその結果、『俺』エイリアンの同化が進んで
右目にはつねにエイリアンが見えて相手の感情みたいなのを表現したり
終盤の戦いでは顔を抉られてそれをエイリアンが修復したんだけど
あとで気づいたらその部分が灰色に見える時があるとか
なんかいろいろ大変な事にもなったんだけど

またまた・・・エイリアンが別の存在と接触して・・・
そして『俺』との話とかを総合した結果なのか、新しく降ってきた隕石の
落下ポイントに下半身部分を誘導して潰し、自分はそれに乗り宇宙にでていった・・・

別に地球じゃなくてもいいじゃん

という・・・エイリアンからしたら特に惑星を指定して滅ぼすわけではないから
いいかな・・・程度には思わせるくらいに情が生まれていた・・・って事なのかな?
『俺』は絆が生まれたわけじゃないけど・・・とか言ってたけど
これも一種の絆だよね・・・

ちなみにエイリアンに寄生される原因となったのは『俺』が拾った犬なんだけど
エイリアンが何かしたせいか人間の言葉を理解しているようだったり
自分で桶を用意して蛇口をひねって水をためて水浴びするほど知能が増加・・・

いや、待て凄すぎる犬だろ!?

そしてこの話でも・・・やっぱり謎は結構ある
エイリアンが話をしていた相手
そして一体何が・・・エイリアンの考えに影響を与えて宇宙にでていくことになったのかとか

・まっしろないのち

カナエの友人で二つ隣、『俺』の隣の部屋に住む猿子
彼女が出会った宇宙人ボストンの物語

エビ・・・というかザリガニ?

って感じで手足は人間と一緒だけど体は甲殻をまとって赤く
顔はもろザリガニな感じのもう見たまんまの宇宙人との物語

地球人には見えない光学迷彩を纏っているのに猿子には何故か見えて
そして2年後に地球が滅びるらしいから、救出する人間の選定調査に来たらしい
ボストンに選んでもらえないかなぁ?といいところをみせようと頑張る話

猿子は・・・ちょっと天然はいっている感じなんだけど

普通にいい人

って感じですね・・・自分だけ助かりたいってわけではなく
できることならみんなも・・・って普通に考えられる女性ですし
ただいい人であっても優秀な人ってわけではないので
頑張りが変な方向にいっちゃってますけど

でも明らかに異形なボストンに対しても普通に対応して
結構フレンドリーであり・・・なんだかんだ言っていい関係を築けていた感じ。

この物語では前2つの裏で動いていた事情が全て明かされる話であり
猿子が実はめっちゃ重要なキーパーソンであり
カニャエも・・・そして地球も間接的には彼女が救ったと言っても過言ではないくらいであり

あれ?なんか凄くね?

って感じでもありました・・・

カニャエエイリアンが接触した相手はボストンであり
カニャエに関しては猿子は直接あったりして・・・宇宙人であることも聞かされ
実はカナエよりもカニャエの事情に関しては詳しくなっちゃったりと
なんか変なことになってましたけど・・・

宇宙船を直せたのは猿子のおかげ

というのはなんていうか予想外というか・・・

マジ、アンタ何者だよ!?

ってなりましたね・・・何故か彼女にはカニャエの宇宙船に既視感があり
さらに表示されたボストンでも古すぎてわかり難い表示に関しても
さらっと翻訳したり・・・装置の故障箇所を特定してボストンに教えて
修理させたりと・・・いや、マジで何者・・・

ボストンエイリアンから下半身部分に対する囮を頼まれた時も
エイリアン猿子『俺』にした問いかけと同じものをして

雲より速く、夏の空の下を走りたい

と答え・・・地球で・・・生きていたいと伝えた事で
エイリアン『俺』と・・・そして猿子が言うなら・・・ってことで
あの行動に繋がったみたいだし
ボストンが言うように彼女は十分すぎるくらいに

地球を救った

って事みたい・・・ラストはボストンとの別れで
彼が観察していたエビを託され・・・なんか凄い改造された予感するけど
とりあえず・・・

ボストンが女性だった

という事実と・・・そして去り際のセリフで猿子に疑問を残して終了。
この話で裏で動いていた事情に関してはほぼわかるわけで

たとえばカニャエが生み出した違法生物が『俺』に寄生したエイリアンだったりとか
そして残る謎はただ1つ・・・

猿子、お前何者だよ!?

ってところなんだけどそれは次の話で

・僕たちに相応しき星の上で

猿子の部屋の隣に住む『僕』の話

小学生の頃に同じ時間に寝て同じ夢を見た・・・という遊びで
一緒になった『幸長』という女の子から宇宙人だと明かされて
2度くらいしかまともに喋ってないけどずっと印象に残っていて
ついつい女性に会うと

宇宙人?

と聞いてしまうという変な人に育っちゃったわけで・・・
卒業式に不思議な・・・ずっと砂が落ち続ける砂時計のようなものを
託されて・・・ずっと持っていて・・・って状況で

そういえば聞いてなかった

って事で↑でボストンと別れた直後の猿子にその質問をしたら

なんかそうらしいんです

って意外な返答が・・・そして『僕』はなんか見覚えがある前髪の動き方から
雰囲気や話し方とか全然違うんだけど気になって名前を聞き

幸長 猿子

という彼女のフルネームを聞いて

やっぱそうじゃーん

と叫んで砂時計を上に投げてしまいそれに向かって猿子が持っていた
エビが跳ねてぶつかってエビは『僕』の手に・・・砂時計は猿子の手に

それで終了・・・この後、二人に何かしらあるのかどうかはわからんけど
この話はこの一連の事件の補足的なもので

エイリアン『俺』に寄生するより前・・・10年くらい前にも別の人間に寄生していて
人格まで完全に支配していた・・・って話をしていたんだけど
その人間こそが猿子だ・・・って事をこれで説明していると思われますね。

病気はエイリアンが治したみたいで記憶については離れる時に
なんとかしたみたいだけど同化していた後遺症で知識とかが無意識に残っていて
だからこそカニャエに生み出されたエイリアンの知識として
宇宙船の文字や修理に関する知識があった・・・って事みたい。

エイリアンが宇宙に去ったのも今の宿主と・・・かつての宿主の
二人が生きたいと望んだからこそ・・・だったみたい

こういう繋がりがこの作者さんの面白いところですね
作品同士で意外なつながりが多かったりしますけど
今回は1冊の中で・・・って感じでしたが

ちなみにラストの砂時計を投げ飛ばしてしまった場面・・・あれ割れていた場合は
クレーターが発生するよ砂時計うな代物だとエイリアンが説明していたんで
おそらく・・・魔改造されたエビがそれを察知して落下速度を緩めるために体当たりして
キャッチさせた・・・と思われる・・・よかったな・・・下手したらアパートごと消滅だったよ・・・

・流刑0光年

エピローグ・・・カニャエが刑期を終えて地球に戻ってきたって話
どれくらい時間が経ったのか、カナエと再会できるのかはわからない

でもカニャエは生きていて・・・そして地球も変わらず目の前にある
そんな希望を信じたくなるエピローグでした

最後に一文。

ボストンのセリフ

去り際に猿子に言った言葉
ずっと猿子が地球人には見えない自分が見える事を不思議がっていたんだけど
エイリアンに出会って色々な事を繫ぎ合わせて真実にたどり着いたであろう
彼女が言った言葉

これそのまま聞くと???って感じなんですがこれ過去形として
言われてるんですよね・・・

”猿子が宇宙人である”ではなくて”猿子が宇宙人だった事がある”

って事で・・・最初読んでどういう事だ?って思って『僕』の話を読んで
ああ・・・そういう事かって納得できたセリフなのでこれで

「サルコは宇宙人だったのだな」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
虹色エイリアン (電撃文庫)虹色エイリアン
(電撃文庫)

(2014/11/08)
入間 人間

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

自分は猿子=カニャエ、と解釈しました~。

No title

何かガンメタル魂が最初に寄生したのがエリオ何じゃないのかと思ってしまった
寄生者が最初に考えたってのも女々さんにも見えんでもないし
エリオに記憶がないのも辻褄が合うし色々考えさせられる作品でした
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。