スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘城ブリリアントパーク メープルサモナー2

あらすじ

「甘ブリ」転覆を狙うポ連軍大佐・ニャーソンの経営するおみやげ屋。
いまここで、史上最大の諜報作戦が開始される―!

手始めに捕縛されたのは、仮想敵国出 身の少女・リリ。
この世間知らずで、かなりオタクなとんでもお嬢様を、二重スパイとして育成するというのだ!?

さらに、待望の援軍が登場!ポ連の友好国か ら百戦錬磨の凄腕軍人が派遣される!!
だが、現れたのは一見すると中学生くらいの小柄な美少女で―?

常識外の破壊工作員と共に、「甘ブリ」を今度こそ打倒 せよ!?

感想

甘城ブリリアントパーク メープルサモナーの2巻

なんかよくわからない理由で『メープルランド』を一方的に
逆恨みする『ホイップ社会主義共和国連邦』の軍人が『甘城ブリリアントパーク』
行動が何か重大な意味があるんじゃないかと勝手に勘繰って
監視&妨害の為に送り込んだニャーソン大佐
その部下であるはるの、現地協力者として無理やり巻き込まれた東司
さらには東司の幼馴染で妻を自称する杏子も加わって

ニャーソン大佐、マジ迷惑。めんどくさい

っていうニャーソン大佐が引き起こす問題とそれに対して
問答無用に対処するバイト勢って部分と

東司、爆発しろ!

なそういうのに無自覚なのに東司と一緒にいたいはるの
どんだけ!?ってくらい東司が好きな杏子によるハーレム状態の話

今回も短編で話が進んでいくわけだけど・・・短編ごとではなく
キャラごとの感想にしようかと・・・今回は新キャラが2人いるので
それに絡めて

あ、ちなみに表紙は新キャラの1人で新ヒロインでもあるリーリット

・リーリット・キーマイヤー

表紙の彼女

3番目の女

ですね・・・ええ・・・『メープルランド』の内情を探るために
ニャーソンが拉致った女の子なんだけど彼女の目的は最初から東司

一目惚れ・・・とかではなく

好きな二次元キャラと見た目が似ているから

って理由で会いに来て運命を感じるとか言いだした女の子

カリスマジゴロ・トージョーさま

ってのがその好きなキャラクターであり女性に無理難題を与えたり
貢がせたりするジゴロな・・・

ゲスいキャラ

らしんで・・・当然東司は文句を言うわけだけど・・・うん・・・

こういうキャラが話を聞くわけがない!

って事でスルー・・・とりあえず混同する事はやめてくれたんだけど
東司を立派なトージョーさまにする・・・と彼女も店で働く事に

何故か正妻と愛人は仲良しなんだから・・・という超理論で
仲良くなっていたはるの杏子も最初は反対していたんだけど
好きな相手に対する一途さの暴走に共感したのか
杏子リーリットが仲良くなってしまって・・・東司の苦労が倍に・・・

うん・・・あれだ・・・爆発しろ!

なんかだんだんニャーソン大佐に味方したくなってくるな・・・うん・・・
なんか杏子の家に東司が誘われると何か飲まされて体が熱くなり
部屋に誘われるとなんか最後までいっちゃいそうなので避けてるらしいとか

据え膳食わぬは男の恥だろがぁ!!

と言いたい部分もある・・・杏子美人だし問題は・・・問題は・・・
いや、うん・・・なくない事もなくないな・・・

っていうかなんか東司のハーレムメンバーが増えた上に
ことあるごとにニャーソンがディスられるという悲惨な方向に
話が行き始めてね・・・これ・・・

いや、うん・・・ニャーソン大佐

ウザイ

んだけどね・・・うん・・・なんかかわいそうになってくる・・・やはりぬこだから・・・
でもニャーソン大佐が反撃・・・オーナーとして東司をクビにする事で
復讐しようと・・・モッフルに囁かれて実行しようとしたけど
はるの達に

東司いなかったら店潰れるよね?

という身も蓋もない事を言われて焦ってやめないでと逆に縋ってたし・・・
頑張れニャーソン大佐・・・明日はきっといい事は・・・いい事は・・・うん、次に行こう。

あとなんだかんだ言ってリーリットは普通に東司東司として惚れそうな予感もありますね

・ノエル・ラビウス

東シュトーレン共和国という『ホイップ社会主義共和国連邦』の友好国から
派遣されてきたニャーソン大佐の補佐を行うための軍人の女の子

このシリーズにおける女の子キャラの軍人の中では

一番それらしい

って感じの女の子なんだけど・・・『ホイップ社会主義共和国連邦』が猫なら

東シュトーレン共和国はウサギ

って事で・・・

うさみみ少女です!

なんだろ・・・もうこれだけでいいんじゃないだろうか・・・
軍人として真面目すぎるのと大佐って事でニャーソンの面倒さと無能さを
信じずに勘違いしちゃって・・・なんか最初から勘違い全開で行動して
なのに結果的に敗北しちゃって・・・

くっ、殺せ

なんてテンプレセリフをはいて・・・

なんやかんやでお店で働く事に

笑顔できわどい制服着て接客する・・・って仕事内容が彼女にとっては
凄まじく厳しいものであったらしく、それを頑張っているはるのを見直して
自分も頑張る事にした模様・・・

なんだかんだ言って・・・
この娘も東司に落ちそうな予感が・・・

とりあえずまだちょっとフラグが立ったくらいだし・・・希望はあるよ・・・うん・・・

※大天使ニャーソン

今回のラストの話で登場した

バナナの皮で滑って後頭部を強打して人格が変わったニャーソン大佐

の事なわけですが・・・この話で判明した事は

ニャーソン大佐が駄目駄目 = 世界に悪影響

ニャーソン大佐が立派 = 世界に好影響

という・・・謎の影響がある事・・・偶然にしてはアレすぎるし・・・
ニャーソン大佐の駄目っぷりは実はトンでもなかった・・・って話

ニャーソン大佐が天使化したらお店は繁盛し
さらに世界規模で色々な問題が解決して平和に・・・

ニャーソン大佐が元に戻ったらお店はクレームの嵐で
さらに世界は最初よりさらに悪化の方向に・・・

この現実を前に東司はるの杏子リーリットノエルは・・・

もう一度、ダメージを与えて天使にしよう

という事で全員で彼に攻撃を仕掛ける事に・・・
人格変わっていた時の記憶がないニャーソン大佐には

なんか仲間達がいきなり襲ってきた!?

って状況なわけで・・・

(あれ?仲間だっけ?)

(しー、言っちゃ駄目でしょ!)


とにかく今回もひたすらディスられ悲惨なニャーソン大佐でした・・・

最後に一文。

リーリットのセリフ

東司をジゴロなトージョーさまにしたがっているからこそなんだけど
ヒロインが言っちゃっていいセリフじゃないだろオイ・・・って事でこれ

「トージョーさまが一人の女性を選ぶなんて言語道断ですわっ!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
甘城ブリリアントパーク メープルサモナー (2) (富士見ファンタジア文庫)甘城ブリリアントパーク
メープルサモナー (2)
(富士見ファンタジア文庫)

(2014/11/20)
八奈川 景晶

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。