スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード) 2

あらすじ

正式に魔術講師となったグレンは、
アルザーノ魔術学院で例年行われる魔術競技祭に向け、
生徒たちに指示を飛ばしていた。

「先生がやる気出してるんだし、私たちも頑張らなきゃね!」

システィーナたちもグレンのやる気に応えるべく、優勝を目指していたのだが
―当のグレンは優勝で得られる特別賞与を使った、借金返済を目論んでいただけで・・・!?

そして訪れる競技祭。
学院が熱気に包まれる中、女王を守る親衛隊に異変が・・・。
女王を取り押さえた挙げ句、なぜかルミアを狙ってきて!?

「処刑!?そんな勅命聞くか!馬鹿」

拒絶された生徒を守るため、グレンの魔術が秩序を正す!

感想

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の2巻
表紙はヒロインであるルミアと主人公であるグレン

前回も書いたけど

1巻表紙のヒロインより圧倒的なヒロイン力

を持つルミアが今回は中心となる話。
というかすっごい・・・ぶっちゃけた話をしちゃうと

今後もルミアが中心

ってのは動きようがない気がする・・・本来は王女であるのに
生まれ持った異能ゆえに死んだ事にされて捨てられた廃棄王女であるルミア

その立場だけでも王家の弱点とか荒を探す相手には格好の相手であり
さらにその異能も魔術師が大きな力を持つこの世界では危険で・・・
さらに今回の話で彼女自身になにか秘密があるっぽいってのがわかったので
どう考えても今後も彼女が中心で事件が起こることが決定している感じ

もう1人のヒロインであるシスティーナは優等生でツンデレだったりと
ヒロインと言えばヒロイン・・・グレンのようなグータラ主人公には
こういう娘のほうがいいんじゃないか・・・って思えるようなヒロインなんだけど
彼女自身がなにかしら特別・・・って事はなさそうな感じ。

ルミアとは姉妹みたいなもんだから否が応にも巻き込まれるんだろうけど
さて・・・その立ち位置でヒロイン力をどれだけ発揮できるかによるな・・・うん・・・
それも『メルガリウスの天空城』と呼ばれるこの世界に浮かぶ謎の城の
秘密を解こうとしているわけで・・・それも関係してきそうだから
完全に蚊帳の外にはならなそうだしね。

とりあえず今回は

手作り弁当

って最強切り札をだしてきたけどなんか色々と素直じゃない上に
グレンの状況がアレだったせいで彼女が作ったって伝わらなかった感じが・・・
微妙に彼女の残念さを物語ってるかも・・・

まぁシスティーナからしたら自分が作ったってわかってもらえなくても

おいしい

って言ってもらえただけで十分だったのかもしれませんが・・・
というかあれだ・・・本人自覚してるのかわからんけど

ガチで惚れてるぞお前・・・

まぁそれはルミアもそうなんですけど・・・彼女の場合は自分自身の
レゾンデートル・・・存在価値に悩んじゃっていて・・・自分なんか・・・って部分があるんで
それのせいでアピールしきれないって部分もありそうで
どっちかというとシスティーナの応援に回っちゃってる感じもあるんですよね・・・

まぁ今回からはわかりませんけどね!


って事でとりあえず

グレン、爆発しろ!

今回の話は魔術競技祭でグレンがかなりノリノリでクラスが優勝できるようにと
色々と作戦や指示をだしていくわけなんですがその理由は

優勝による特別報酬

借金があるので返済に使いたい・・・という不純なもの
しかもうまくルールを理解していなかったせいでクラスメイト全員をなにかしらの競技に採用
それぞれの長所を生かした戦術を教えていくんだけど
他のクラスは成績優秀者を複数競技で使いまわすって感じなんですが・・・
これが勘違いの始まり・・・

優秀者以外は参加できない祭りって感じであまりいい感じじゃなかった雰囲気だったのに
グレンのクラスは全員参加できて・・・しかもいつもグータラなグレンが一生懸命

俺たち期待されてる、先生も頑張ってる!

と生徒たちが奮起・・・グレンがあれ?俺、勘違いしてた?と気づいた時には
もう取り消せない感じになっていて他のクラスの教師の嫌味に対抗する感じで
この体制で勝負することになったんだけど・・・

実はこっちの方が効率的

全員参加でそれぞれが自分の競技だけを練習してそれに全力をつくせるグレンの生徒
複数競技に参加するゆえに力の温存しなくてはならず練習も複数ゆえに
均等になってしまっている他のクラス・・・冷静に考えたら
実力の違いがあったとしてもそれをなんとかできる作戦になってるんですよね・・・
もちろん地力の差があるんで厳しい戦いにはなるんですがそれでも十分すぎるほど
なにより

全員で楽しめる

って副次効果もあるんで・・・魔術競技祭を一番楽しめたのは間違いなくグレンのクラス
しかもグレンは軍人だったときの経験から無意識に一番合理的な戦術をとってるんで
対面を気にしている他のクラスの非合理的な戦術とうまいこと噛み合って
その上で楽しむという戦意高揚効果もあるわけだから・・・何気に凄いよね・・・

大会のほうはグレンのアドバイスをうけた生徒達の奮闘
システィーナ達のクラスの成績優秀者達の活躍
ルミアの・・・悲しい過去から来る凄まじい精神耐性による活躍などにより
優勝・・・この優勝が今回の話の裏側で起きていた事件を解決するための
最低条件であり・・・そして全てを解決した一手だったわけだから・・・
ある意味で

クラスみんなで楽しんで、優勝して、そして国を救った

なんかもう・・・生徒達からしたらいい思い出になっただろうな・・・って感じです。
まぁラストの祝勝会ではハメをはずしすぎてグレンの特別報酬が全部飛んで
そしてシスティーナがよってなんかトンデモ発言をしたり
最後はルミアといい雰囲気になったりと・・・とてもいい感じでした

ここまでが表・・・そして裏で進行していた事件はルミアが中心となっていたもので
観戦に来ていて・・・セリカの計らいで娘であるルミアに会いにきた女王アリシア
だけどルミア

捨てられた

って意識と今お世話になっているシスティーナの両親の事を考えて
母親であるアリシアを拒絶してしまい・・・本当はずっと心配していたアリシア
それは仕方ない・・・と諦めるって感じですれ違っちゃってる母娘

何気に普通にアリシアと知り合い・・・まぁ宮廷魔導団に所属していたわけで
顔見知りでも・・・って思ったら3年前のルミアシスティーナの代わりに
誘拐された時にグレンが助けに行ったのはアリシアグレンに頼んだからだったみたい。

グレンルミアの正体を知らされたと同時に当時の事も思い出していたみたいで
この後・・・何故か反逆罪で近衛騎士団から狙われたルミアを守りながら逃走

約束したから・・・

3年前にルミアと・・・必ず味方になると・・・助けると約束した事を覚えていたから
必死に彼女を守り・・・偶然・・・というか捜査で来ていたかつての同僚

リィエルアルベルトの二人がいた事が幸いと二人も巻き込んで逃走したわけなんですが
これは・・・なんていうか・・・近衛騎士団が可哀想・・・

ルミアの処刑じたい彼らからしたら団長の突然の命令で意味不明だったのに
その上で超凄腕の魔術師を相手にしなきゃならず・・・
そのうえでずっと追いかけていて・・・罠や狙撃などでボロボロにされて
ようやく追い詰めた・・・と思ったら

グレン&ルミアだと思った?残念、
リィエル&アルベルトでした!


って事で幻影魔術でグレンルミアに化けて騎士団の追跡を引き付け
グレン達は逆にアルベルトたちの姿に化けてグレンの知り合いって事で
クラスのみんなにアドバイスしつつ優勝を目指して・・・
そしてセリカからの助言・・・グレンアリシアの前にくれば事件はなんとかなるかもしれない
って言葉・・・そしてアリシアが心にも無いルミアを拒絶するセリフを
あえて言ったりする事の違和感から事件の真相を推理・・・
グレンの持つ対魔術師相手には無敵とも言える

愚者の世界

の力で魔術の起動を阻害・・・呪術をかけられたネックレスで命を狙われ
自由に動けなかったアリシアとそれを守る為に犯人の言う事を聴くしかできなかった
近衛騎士団長を自由にして無事事件解決

女王を救う

なんて偉業を何気にしちゃってるグレン・・・マジ有能・・・
まぁちょっとボロボロだったけど・・・こういうマジなグレンは素直に格好いい

ルミアはこの一件で母親であるアリシアの愛情を感じ取れたみたいで
その後はちゃんと話をできたみたいでめでたしめでたしでした

ただリィエルアルベルトの追撃をおそらく振り切ったであろう
アリシアの秘書官兼侍女で今回の黒幕であるエレノア

エレノアが所属する『天の智慧研究会』
それが追い求める『禁忌教典(アカシックレコード) 』

それに関わりがあるらしいルミア

あと、アリシアが持つルミアとお揃いのロケットペンダントに入っていた
写真に映っていたルミアの姉妹らしき女の子

グレンと決闘して勝って、グレンに宮廷魔導士団に戻ってきて欲しいリィエルの気持ち

色々と・・・今後も波乱がありそう・・・
そういえばグレンは現役時代は

魔力無効化&銃

というハメ技のような方法で戦っていたみたい・・・
そして一緒に組んでたリィエルは事前に錬金術で武器を作って
大剣を振り回す魔術師?でありアルベルトグレンの無効化空間の外
超遠距離から魔法で攻撃する狙撃を専門とする魔術師みたいで
この3人に教われたであろう外道魔術師たちは悲惨だっただろうね・・・

まぁ逆にリィエルアルベルトは対グレンのカウンター的な存在でもあるんですけどね
他の仲間も個性的なんだろうか・・・気になる所

最後に一文。

ルミアのセリフ

もう1人のヒロインであるシスティーナは魔術で変装した二人に気づき
二人が何かに巻き込まれたのを感づきつつも二人を信じて・・・
エピローグでは酔った勢いで自分かルミアを娶る権利をあげる
でも、できるなら自分を・・・とか言っちゃってオイオイ・・・って感じでしたが
個人的にはルミアのこっちが印象的だったので・・・

”今だけ”

と言ってるけど・・・これもう手遅れなレベルで彫れちゃってるよね・・・
グレンの肩に頭を乗せて寄りかかりながらのセリフだし・・・

「今夜だけ」

「今夜だけ・・・こうして、甘えさせてください・・・先生・・・」


にほんブロ<br /><br />グ村 小説ブログ ライトノベルへ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (2) (富士見ファンタジア文庫) ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (2)
(富士見ファンタジア文庫)

(2014/11/20)
羊 太郎

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。