スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖剣と魔竜の世界 5

あらすじ

美影開発都市の危機を救ったカガリの前に、父親である月夜野エンギが現れる。

彼の正体は『六皇魔竜』のひとり『無限の円環・ウロボロス』。
その魔竜の力は『未来予知』。

彼はカガリに予言する
―アーリがサッハークを抑えられなくなることで訪れる“この世界の終わり”を。
そして“カガリの選択が世界の未来を決める”ことを。

カガリが選ぶのは、灯花と共に生きる『聖剣の世界』か?

それともアーリと共に歩む『魔竜の世界』か?

「さあ、選択しろ―月夜野カガリ」

究極の選択の先に待ち受ける未来とは一体!?
―夢と現が交錯する第5章。

感想

聖剣と魔竜の世界の5巻
今回の感想は短めで

今回の話は

夢オチ

という

(;゚ο゚)エッ!!

って感じの内容なんですが実際は精度の高い未来予知を
主人公であるカガリの選択によって変わる二つの未来をカガリ
垣間見る・・・って内容。

どうしてそんな事になったのかっていうと序盤にさらっと
もう自然な形で・・・というかその場面そのものが存在せず
その時点ですでにみんなの共通認識となっていた

カガリの父親=六皇魔竜の1人

という事実・・・そして彼・・・エンギ『魔竜』・・・

無限の円環ウロボロス

が予言や先読みを得意とするもので戦闘能力は今ではほとんどないけど
その力で交渉ごとをサポートしていたって事みたい。

エンギはその力でアーリがまもなく『究極の悪竜・ザッハーク』の力を
抑えられなくなり世界は

魔竜の世界

となって『魔竜』に支配される・・・とカガリに伝え、カガリ以外には
選択肢すら与えられない・・・だからこの先はお前が決めろ・・・って事で選択肢を提示

『さぁ、選択しろ──月夜野カガリ』

って事でカガリは直前までいつものメンバー達と『魔竜島』
アーリ達の拠点となる島で水着でバカンスしていたんだけど
その時にうつらうつらしながら見た夢って形でカガリが選んだ選択肢によって変わる
二つのその後を見ることに・・・マルチエンディングってやつですね

でも選択肢は

アーリ or 灯花

どちらかを選べばどちらかを失う・・・というものなんですけどね・・・



① 灯花を選ぶ with 聖剣の世界


カガリが共に生きる相手として灯花を選んだ場合の世界

エンギからさらっと灯花が実の妹ではなく従妹であり結婚とかOKと知らされ
考えた末に

永遠に生きて魔竜を滅ぼし続ける咎人の王

になる選択肢を選んで灯花と共に生きる道を選択
まぁ・・・うん・・・くっ付く事には違和感がまったくないわけだけど・・さらっと決めたな。

ちなみにこっちのルートの場合は

戦力的にはイージーモード

って感じでしたね・・・最初に相談した相手が姉・・・日和であり彼女が
かつての大戦で収拾した『聖剣』の魂

さらにカガリ『魔竜』を屈服させた上で内なる『魔竜』を焼き尽くし
さらにそこに『聖剣』の魂を宿らせる事で『聖剣化』する事ができると判明

『真魔の竜王・サタン』『竜滅の聖人の剣・アスカロン』

『蒼銀の滅竜リヴァイアサン』『破滅なる王の災剣・ティル・フィング』

『金色の牙竜ラドン』
『忠義の騎士の剣・アロンダイト』

と言った感じで『魔竜』であったヒロイン達を続々と『聖剣』に変え
戦力を増強していった感じ・・・数的にいえば圧倒的に劣るわけなんですが
強力な敵は味方に引き入れるってのはかなり凄まじいものだし
カガリ自身が慣れ親しんだ『聖剣』による戦いなのでかなり強いってのもあり
さらに桜華が新しい剣を得てファリー『神喰の殲竜・クロウ・クルーワッハ』を下し

『光輪の王の聖剣・ガラティーン』

にしたんですが彼女は精神が未熟・・・というか壊れている感じで
仲間になりにくい・・・って感じだったんですがそこは全ての文字を読み解くカガリ

俺の聖剣として永遠に戦い続けろ

というバトル大好き、強いもの大好きなファリーにクリティカルな口説き文句で
ファリーの意識もがっちり掴んで仲間に・・・そうだね・・・この言葉なら
ファリーは逆に嬉々として仲間になるよね・・・なんてタラシだ・・・

ファリーは妹枠が埋まりつつあるって事で『旦那様』呼びになり
さらっとヒロインの一員に収まってましたしね・・・
正妻は灯花だけどリヴィアファリー燁澄桜華ラスティ日和もみんなカガリが好きすぎな感じ

『魔竜』側はアーリが人格を失い

魔竜皇姫・アジ・ダハーク

となりすでにとっくに根回しがすんでいた『魔竜』による世界統治を開始
基本的に強いものが優先されるって群雄割拠の世界みたいになり
『聖剣』の襲撃すら彼らからしたらイベント扱いで楽しみにしている感じで
別に暴虐の限りを尽くすわけではなく

強いヤツが偉い=弱いヤツは従え

って感じで恐怖政治ではあるけど、別に力は暴力だけではなく
料理の腕とかそういう方面でも力を認めさせれば立場に関係なく
人間であろうと上の立場に立てる完全な実力主義の世界になっていて
どっちかと言うと

カガリ達 = 世界の敵

って構図になっちゃってる・・・
しかもカガリは完全に『魔竜』を排斥した国・・・黒炎で国を囲み
入ると弱い『魔竜』は死ぬ、ちょっと強ければ人間になる
って感じで完全に力による支配をしてるんだけどね・・・

有事は自分たちでなんとかしろ

と事前策は用意してはおくけど結局は自分達の動きでどうにかしてくれって感じで
国民達への配慮もちょっと少なめな感じで・・・どうなの?って感じはありますが

ラストは・・・

決して二人が望んだラストバトルではない


だからこそ殺す

って事でカガリがラストバトルを誓ったアーリはもういない
だからこそアーリではないアジ・ダハークの存在を許さず殺し
最期に意識を取り戻したアーリと再び約束を・・・

何度でも蘇るから何度でも殺しあおう

という・・・切ない約束を・・・『魔竜姫』は記憶もなにもかも失うけど
必ず転生するからって事で永遠の再戦の約束をしてアーリは死亡

その後、カガリ灯花と共に世界を黒炎で包んで『魔竜』を殺し続け
いつかその炎を打ち破って生まれる”彼女”を永遠に待ち続ける

それが

『聖剣の世界』

アーリ以外を考えればヒロイン勢みんながカガリの元に集ってる感じだけど
なんていうか・・・やっぱり切ないっていうか辛い未来だよねコレ・・・



② アーリを選ぶ with 魔竜の世界


カガリが共に生きる相手としてアーリを選んだ場合の世界

魔竜の全てを支配し、やがて人間と聖剣を滅ぼす魔皇竜

になる世界ですね・・・こっちは

ハードモード

でありアーリが自我が保てる最後の時間にと一緒に旅行して
彼女が復興させた彼女の故郷アーリアンで別れを・・・

『魔竜』となる道を選んだカガリからアーリ灯花を抜き取り
完全な『魔竜』とし・・・自我がなくなる前に・・・と去っていくことになり
カガリは身一つで仲間も『聖剣』も無い状態でアーリアンに置き去り

さらにアジ・ダハークとなったアーリ『魔竜の世界』を宣言して
強さこそ全ての世界になり『魔竜』としては初心者のカガリは大苦戦に・・・

まぁ山篭りの訓練してそこらへんの『魔竜』は倒せるようになり
そのままアーリアンを治める事になっていたラスティに挑戦

               バベルジャッジメント
完全同化 聖光審判光

ついに自らの『魔竜』と1つになる力を手に入れその能力・・・

情報結合崩壊

というものであり『魔竜』としての力と『人間』としての意志の結びつきを
破壊して無効化する・・・というものらしく
相手に触れたりして相手の情報を得るほどその精度が上がっていくというものみたい

それでラスティを配下に加え・・・甲斐甲斐しく世話されたりしていい雰囲気になり

ちょっと待てコラ!?

と言いたかったり、アーリアンの王として仲間を集めて
そして最終決戦前にアジ・ダハーク側にいた日和が完全体になるまえに出撃を誘発し
リヴィアカガリの元へ現れてちょっとした力比べで・・・

キスして情報取得

っていうオイ・・・って方法で彼女の情報を取得して勝利し・・・
さらに敵対していた人間達の希望・・・『聖剣』側の組織『カリバーン』
貴族の爺さん達が色々うざくトップに祭り上げられて困っている燁澄の姿に
いい加減我慢できなくなった桜華が共同戦線を提案しに現れて
最終決戦では貴族の爺さん達をフルボッコして駆けつけた燁澄

『光裂く閃神の剣クラウ・ソラス』

の力を借りてカガリアジ・ダハークの元へ。
集合が遅くなった感じだけど肝心な部分では仲間達がカガリの道を作るために
動いてくれていた・・・ってのがとてもいい感じですね。

こっちでは『魔竜皇』として部下たちにも気遣ったりしてるいい王様だったし。

ラストはカガリアジ・ダハークではなくアーリの意思が宿っている薔薇を
『聖光審判光』で撃ち抜いてアジ・ダハークの力とアーリの意思を切り離して破壊
弱まった力の制御をアーリが取り戻して復活

再会を喜んだんだけど・・・カガリから抜き取られた後、
ずっとザッハークが生み出す『魔竜』を焼き尽くして被害を減らそうとしていた
『咎人の王の魔剣・レーヴァ・テイン』・・・灯花はもはや炎をださず
意思も消え・・・ただそこにある剣となってしまっていた・・・という最期

この後、カガリ『魔皇竜バベル』として君臨してアーリは后として傍にいたけど
剣はずっと・・・沈黙したまま・・・

それが

『魔竜の世界』

仲間達はみんな無事っぽく『夢幻の翠竜・ファフニール』である公司も正体を明かして力を貸してくれていて
燁澄桜華とも悪い関係ではないという感じだけど・・・
そこにはずっと一緒にいると誓った妹はいない・・・そんな世界

これまた・・・カガリはずっと自責の念を感じて生きていかないといけない
辛い世界になってますね・・・



こんな感じの2つの夢を見たカガリ・・・その前に現れたアーリ灯花
二人はその時点でまだ未来を知らず・・・

さぁ、どちらにする?──月夜野カガリ

ってところで今回は終了・・・自分が思ったのは

決定的に間違っている

って感じでしょうか・・・どっちを選んでも駄目ですねコレ・・・
何よりこの作品は

聖剣と魔竜の世界

どちらか片方を選んじゃった時点で破綻するのは当然なのかもしれません
ここはあれですね

運命の魔皇竜・バベル

の運命を操ると言われるカガリの力に期待したいところですね・・・
あ、それとあれだ

カガリ、遠慮せずに爆発しろ!!

灯花を選んでもアーリを選んでも二人とほぼ裸で抱き合って・・・
一線は越えなかったけどイチャイチャした挙句にどっちのルートでも
ラスティとすげーいい雰囲気になったりと・・・コイツは一体なんなんだ・・・
ってかそこまでするなら片方で妥協せずに両方の手を取って
両方を幸せにしてしまえ・・・って感じです。

ってことで爆発しつつ頑張りやがれこの野郎!

あと地味に

魔竜界最強の料理人 計都

が笑った・・・なんかもはやギャグキャラになってないかコイツ・・・
『聖剣の世界』ではさくっとやられ、『魔竜の世界』では料理長っぽくなってたし・・・
それでいいのか炎の『魔竜』

最後に一文。

地の文

↑でも書いたけどやっぱりこれで・・・

”どちら”

って部分をどうにかしないと完全に詰んじゃってるよね・・・
二つの世界のいい所どりをできればいいんだけど・・・

ってか魔竜の皇にして聖剣の神として完全なら
両方いけるんじゃないだろうか・・・ファリーとかを落としつつ
アーリを救う感じで・・・

さぁ、どちらにする?──月夜野カガリ

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
聖剣と魔竜の世界 5 (オーバーラップ文庫)聖剣と魔竜の世界 5 (オーバーラップ文庫)
(2014/11/21)
サイトウ ケンジ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。