スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落第騎士の英雄譚 6

あらすじ

暁のメンバー全員を自らの手で敗北させるため、
一対四の変則マッチを希望したステラ。

“紅蓮の皇女”の焔たちは、破軍学園を壊滅させた無法者たちを焼く尽さんと、
かつてなく激しく燃え猛る。

一方、暁の一人、紫乃宮天音と再会した一輝は、
かつて相手に抱いた不可解な嫌悪感の理由に辿りつく。

ついに明らかになった天音の真の能力と彼が抱える闇は、
大会に新たな影を落とし始め―!?

離れていた恋人との束の間の逢瀬、因縁の相手と交わす再戦の誓い、
そして意外な伏兵の登場。

七星の頂を巡る戦いは、次の局面へと突入していく!
邂逅と覚悟の第6巻!

感想

落第騎士の英雄譚の6巻

前回の話で主人公である一輝が目標としていた『七星剣武祭』

前回の優勝者をフルボッコにする

という驚異的なことをしでかしたわけですが・・・今回は・・・

ヒロインが色々とやらかした

って感じですね・・・っていうかこのヒロイン・・・ステラは大丈夫なんだろうか・・・
いや、『騎士』としては別にいいんだけどね・・・恋人としても
ものすッごくエロいんでいいんだけどさ・・・

攻撃避けなくていいや・・・効かないし

あ、腕折れた・・・炎で溶かして溶接して直そう

私の後ろに立つなぁぁで首刈りハイキック


というあたりの行動に

あれ?ヒロインってなんだっけ?

って思いが・・・いや、ヒロインとしての彼女は十分すぎるほど
一輝にデッレデレであまりのアレっぷりに今回は流石に真面目な一輝
危うく理性がぶっ飛びそうになるようなところを見せたりしていたわけなんですが
うん・・・ギャップが凄すぎる気がする・・・それでいいのかヒロイン・・・

まぁこんな感じで・・・寧音の元で修行して・・・『暁学園』の人間と
きっちり戦うために遅刻を理由に4対1という不利なバトル条件を受け入れ
戦う事になったのが前回のラストのステラの状況だったわけですが

圧勝でした・・・ってか脳筋でした・・・

相手がカウンター技を持ってるからステラは不利

跳ね返されて腕がズタボロ

そのズタボロな腕を振り切って敵をぶっ飛ばす


なんて荒業から敵が操るライオンを威嚇で怯えさせ
さらに追加ででてきた超防御能力を持った敵がステラの必殺技を
からくも防いだ・・・と安心したところに二撃目
実は12発まで連射可能・・・とか・・・お

鬼か!?

さらには敵が『暁学園』とは無関係な相手を操って人質にしたんだけど
フィールド全てを焼き尽くすような力技で・・・
幻想形態ゆえに人が死ぬ事はないからとぶっとばして勝利

自分の全力に運営側がきっちり客席に被害が及ばないように
対処できるかどうかってのの下調べでもあったみたいで
さらに一輝、曰く・・・

これでもまだ実力の片鱗

ってことらしく・・・さすが世界最強の魔力を持ってるといわれるだけはあります
もうなんか力技でなんとかなっちゃうという・・・マジそれでいいのかヒロイン・・・

こんな感じで・・・ちょっとスランプぎみだった皇女さまは無事本領発揮モードに

火力を上げて物理で殴ればいい

なんかそんな言葉を思い出しました・・・

そしてヒロイン追加・・・というかなんていうか・・・

サラ・ブラッドリリー

前回出会った時に一輝をモデルに絵が描きたいと言っていた彼女
わざわざ部屋まで訪ねてきてヌードモデルをしろと迫ってきて・・・
一緒にいたステラが起こる事になったんだけど・・・

これは・・・酷い裏切りだ(笑)

サラが実は世界的に有名な画家である事が判明してさらにサラ

一輝とステラの幸せを祈って王宮の壁画に

花婿姿、花嫁姿の二人の姿を描く


と言った瞬間にステラの意見が180度変わり

大会出場記念に描いてもらいましょう

サラと一緒に追いかけてくる事に・・・オイ
この皇女様わかりやすすぎんだろ・・・詐欺とかめっちゃ簡単にひっかかるんじゃ・・・

ただ・・・この後の展開がちょっと意外でしたね・・・
一輝が二人から逃げるために選んだ場所は

兄・王馬の部屋

という意外すぎる場所であり・・・事情を話したら今晩だけ・・・という条件で了承
何気に一輝王馬に対して凄い毒舌を・・・ああ、珠雫の兄なんだな・・・って
思えるような毒舌で王馬に対してしていたけど・・・
まぁストイックに強さを求める王馬を尊敬していたらしいから
今のテロリストの手先みたいな彼の姿に対して色々と文句があったみたい

だけどこの二人の日常の会話・・・今までの戦闘前提の殺伐とした状況では
なかったゆえのこの会話シーンは

仲の悪い兄弟の会話

って感じで・・・仲が良いわけではない・・・でも繋がりがある事を感じさせるもので
この二人が本当の意味で

兄弟なんだなぁ・・・

と感じさせる雰囲気でした・・・王馬一輝につっかかっていたのは
ステラに上を見させるためで、今回のステラが自分を倒すために努力してくれてるので
とりあえずそっち関係は気にしなくなったみたいで態度が軟化した
ってのもあったみたいだし、王馬がテロリストに協力しているのではなく
父親からの頼みで今回の事件の黒幕である総理に協力してるだけとわかり
根本的な部分で・・・今も強さを求めているだけって変わらぬ兄の姿を見れたことは
一輝にとってもよかったみたい・・・

ただ王馬の願い・・・願望が自分が最大限の力を発揮してもなお蹂躙されるような相手と戦い
それを乗り越えたい・・・過去になにかしらあったみたい・・・ってのなんだけど
それゆえに

ステラに蹂躙されたい

って弟に語る兄・・・ってシーンは・・・うん、正直どうなんだろうね・・・
というか王馬よ・・・

ステラはどっちかというとMだぞ。

今回の話では試合前にちょっと話しただけだから・・・と
お互いに部屋を訪ねあっていい雰囲気・・・さらに一輝の部屋で話、

一輝を寂しくさせたからおしおきして

と言いだし・・・一輝がその雰囲気から危機を感じて
耳を甘噛みする・・・でなんとかしようとしたら

アタシ、イッキの食べられちゃった

とかスイッチ入っちゃってかなりヤバイ事になってましたしね・・・
蹂躙されたい王馬・・・うん、相性悪いな・・・

ってかなんだかんだいって同じ相手にメロメロで
強さを求める事にストイックなこの兄弟・・・実は仲悪くないんじゃないだろうか・・・

そしてこんな騒ぎを引き起こしたサラ・・・彼女は今回の大会で
2巻で一輝が戦った蔵人と試合することになったんだけど
色の概念を操り・・・さらに

描いたものの概念も操る

という凄まじい力を見せ付けるサラに対して蔵人
本来なら今までの自分を捨てるような事をしなければ変わらない
個人特有の武装が変わるほどの鍛錬を積み重ね・・・
それも全て一輝と再戦して勝つため・・・という執念を見せ付けて
さらに

綾辻一刀流奥義 天衣無縫

かつて蔵人が意識不明にした『ラストサムライ』と呼ばれる一輝の先輩である
絢子の父親の技・・・それを意識を取り戻した彼に弟子入りする事で会得
蔵人の超人的な反射神経もあいまって凄い事に・・・

ただサラの力の片鱗はまだまだこれからであり描いたものを現実に実体化させる
彼女の能力は・・・

前試合の時の一輝を複数描き出す

という

アンタ、鬼か!?

っていう酷い技の前に蔵人は敗れる事に・・・なんとなく負けるんだろうなぁとは
思っていたんだけど・・・せっかく努力したのになぁ・・・
流石に『世界最強の剣技+一刀修羅』状態の一輝が複数とか無理ゲーすぎるもんな

一方で一輝は去年の第二位である白夜と対戦
前日、お風呂で一輝の肉体美を褒め称えてちょっとアッチの人かと
勘違いされてたりしたけど・・・事前に情報を集めて相手の手を読み
それで戦闘の流れを操作する・・・ってタイプの相手で
ステラが対戦相手を一気に4人潰したせいで試合の予定が早くなり
翌日の試合が1日2試合って事になった事もあって
白夜は1試合目である自分との試合ではもし勝ったら2試合目でサラ
自分の複製を生み出せる相手と戦わないといけないので
力を温存するために『一刀修羅』は燃費の問題で使わない
だからこそ

23手目の攻防で自分が勝つ!

と自信満々で・・・その戦いを最高のものにしようとテンション上がってたんですが・・・

 一 刀 羅 刹

試合開始直後に決着がついて今回は終了・・・

一輝さん、マジパネェ

ってか白夜が目を覚ました後の自分がドヤ顔で雄大に聞かせていた
試合の流れを思い出して悶えるんじゃないだろうか・・・瞬殺されたわけだし・・・
まぁ予想できるわけないんだが・・・一輝、こいつ2試合目どうする気なんだろうか

『一刀羅刹』の方が『一刀修羅』より反動大きいわけだし・・・

さらにステラとの約束である決勝戦の前・・・おそらく準決勝で戦うであろう

紫乃宮 天音

何故か一輝がまったく好感を持てず・・・苦手に・・・それどころか嫌ってしまう相手
反面、天音のほうは一輝の大ファンであり彼に心酔するキャラ

彼も『暁学園』のメンバーなんだけど今回判明した能力は

彼が願った事はなんでも叶う

という・・・ふざけた能力と判明。しかも彼自身は願うだけであり
願いが叶う内容についてはまったく彼の意思とは関係ないみたいで
実際に次の試合で戦うはずだったキリコとの試合も戦いたくないと願った結果

医者でもある彼女の患者が軒並み急変

という悪意全開な事が発生して試合にでれなくなり不戦勝という
ありえなさすぎる力であり・・・『暁学園』に協力して一輝に迷惑をかけた事を
本気ですまないと思ってるから

一輝が優勝できるようにボクが願うよ

とか言い出したあたりで・・・一輝が完全にキレる事に・・・

そりゃそうだ

こいつほど・・・努力を台無しにする能力はないからね・・・そんな事されたら
努力の人である一輝はそりゃ怒る・・・

ただそれと同時に天音の中にある圧倒的な悪意や憎悪も感じたみたいで
その後、冷静になって考えて・・・

過去に出会ったことがある?

って思い当たったみたいだけど・・・そこらへんどうなんだろうか
次に天音と戦うのは一輝の妹である珠雫で彼女は天音の能力に対して
対抗策を見つけた・・・と言っていたけど・・・うーん・・・勝てるヴィジョンが見えない・・・

準決勝で実の妹と・・決勝で恋人とって展開も面白いっちゃ面白いけど
どっちの展開になるんだろうか・・・
まぁそうなると大会ベスト4が黒鉄家の3人と将来の妻ってメンバーになって

黒鉄家、やべー

って事になって実家が調子乗りそうな感じもするけど・・・さてどうなるんだろうか・・・
まぁとりあえず次の山場はサラとの対決
ステラ王馬との対決って事になりそう・・・楽しみです。

最後に一文。

白夜のセリフ

他にも色々とあったんだけど結果的に思い返すと
凄い笑えるセリフになってしまったのでコレで

いや・・・これは恥ずかしい
特に最期の部分がダメ押しに恥ずかしい・・・

「二十三手目。

 ・・・《無冠の剣王》が《蜃気狼》を仕掛け右に逃げる時、

 この戦いは私の勝利で終わることになりますよ。

 間違い無くね」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)6 (GA文庫)落第騎士の英雄譚
(キャバルリィ)6
(GA文庫)

(2014/12/13)
海空 りく

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。