スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖 6 ~栞子さんと巡るさだめ~

あらすじ

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。

ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。

今度は依頼者として。

違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。

署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。

本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。

四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。

それには二人の祖父母が関わっていた。

過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。

深い謎の先に待つのは偶然か必然か?

感想

ビブリア古書堂の事件手帖の6巻

感想はかなり短めで
なんか長々と書くとネタバレしすぎてつまらなくなりそうなんで

とりあえず・・・なんていうか・・・今回の話を総合すると・・・

主要人物周りの親族関係がドロドロ

って感じですね・・・ごく平凡な一般家族が全然いないような気がする・・・

さて、前回の話で無事恋人同士になった大輔栞子なわけですが
最後の最後に・・・1巻で対峙した栞子を階段から突き落として
怪我をさせた犯人である田中から彼が欲しがっていた本を
目の前で燃やしたのが偽者だったと気づいたぞ・・・って脅迫文が届いて
どうなる・・・って感じだったんですが・・・

そこから大輔田中と接触

彼は脅迫文を知らない

彼が探していた祖父の本は別にあるらしい


って話を聞いて・・・栞子と共に依頼を受けることに。
もちろん田中の改心を信じているからではなく
持ち主に警告するため・・・それとその本・・・

『晩年』の特別な一冊

を調べることになり・・・それに伴い田中の祖父
大輔の祖父にもあたる人が疑われた本の紛失にまつわる事件

紛失した本を取り戻したのが今の栞子たちと同じような事をしていた
栞子の父方の祖父だった事

そしてその祖父が元々勤めていた書店の経営者

大輔栞子・・・主人公とヒロインに直接繋がる人々がかつて
関わった事件を今の彼らが・・・孫が関わることになり
事件を調べる・・・ってのはなんていうか・・・因縁を感じる話ですね。

栞子の母親である稀少な本を求めることに関しては
異常な行動力を見せる智恵子に関しても何気に田中が依頼を持ってくる
発端となるメッセージを彼に送ったのが彼女だったりと
何気に関わっているし・・・というか今回の話は

大輔の祖父母
栞子の祖父


が密接に関わり、さらにその子供が原因となったり発端となったり
解決が孫に託されたり、そうと思えば別の孫が犯人だったり

すげードロドロ・・・昼ドラか!?

そんな感じになってましたね・・・今回の話は読んでこそ
面白いと思うので固有名詞は最低限で事件そのものについても
あまり書かないようにしてますけど・・・それでもかなりドロドロです・・・

大輔の祖父母の関係は不倫だし
栞子の父方の祖父はすげーいい人だけど母親関連はアレだし
孫世代の・・・大輔達とは別の孫世代も・・・アレだし

色々と・・・考えさせられる話でしたね。
何気に大輔たちの親世代は智恵子以外はすげーまともな人で
大輔の母親に関してはもしかしたらそういうのとまったく関わってない感じで
比較的安全っぽいんですけどね・・・血の繋がりってのは業が深いのか
それとも本人の性質によるのか・・・やっぱり色々と考えてしまうところですね。

今回の事件は一応、無事解決できて・・・田中に関しては
途中やっぱり・・・というか規定路線というか・・・

稀少本を手に入れるためなら!

大輔を襲撃とかしたんだけど・・・大輔が自分の出自を
田中の祖父と不倫した祖母が生んだ娘の子供・・・

祖母違いの従兄弟

である事を明かして説得した結果、

従兄弟を傷つけられない

と・・・まぁおじいちゃんっ子だったっぽい田中は同じ祖父を持つ
大輔に大いに親近感を抱いたらしく、和解できた事でしょうか・・・

ただその一方で・・・今回の事件の黒幕によって怪我を負った
大輔から今回の一連の事件の顛末を聞いた智恵子
彼に明かしたある事・・・それから推測されたこと・・・

それを考えると大輔田中にとって栞子という存在は
恩人と仇敵・・・その両方の血を引く存在であり

仇敵の血の方に振れればどうなるのか

という・・・不安を掻き立てるような描写もあって・・・ちょっと怖くもありますね。
智恵子に似ている・・・本人も気にしているそれがいつか彼女を
引き返せないところに・・・って感じで・・・
そこらへんはやっぱり・・・大輔の努力しだいって事になるんでしょうか

今回のサブタイトルである

巡るさだめ

ってのが本当にしっくりくる内容だったと思います。

栞子大輔が気づいた事に気づいているかはわからないけど
ただでさえ智恵子を嫌って、彼女に似ている事を気にしている彼女が
そのことまで知った時にどういった反応をするのかとか・・・
怖いような楽しみなような

そんな感じの一冊でした。

事件の事を抜きにすれば・・・恋人同士になった大輔栞子のやりとりとか

大輔、爆発しろ!

って感じだったり二人とも真面目すぎるくらい真面目なので
結婚前提を当然のように考えて関係を少しずつ進めている感じで

こいつら何歳だよ!?

てきなストイックな関係だったと思ったら、ちゃっかりキスをしたりと
なんかもういい感じに落ち着いていた・・・というかラブっていたり
今までの登場キャラの反応とか新しい関係性とか面白かったわけですが

そういう幸せな日常を容易に壊しかねない爆弾が常に存在する
そんな怖い部分もあるわけで・・・ままならないものですね

あとがきによるとシリーズは

次もしくはその次で終わり

って事らしいので残念なんですが・・・さてどういう流れになって
どう決着がつくのか・・・楽しみでもあります。
望むならハッピーエンドなんですが・・・さてどうなるのかな?

最後に一文。

今回の事件の犯人の一人のセリフ

犯人が大輔が気づいた事実を知っている上で
この言葉を栞子に言ったのだとしたら・・・と最後まで読んでから思い返して
ちょっとゾッとしたというか・・・めっちゃ怖くなったのでこれで

犯人の栞子への態度を考えると・・・恐らく知ってたんだろうなぁ・・・
この犯人は一切動かず、別の人間を動かしていたってのも
怖さに拍車をかけるしね・・・しかも身内を・・・

「あなたの『晩年』、わたしにくれないかしら?」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (6)
~栞子さんと巡るさだめ~
(メディアワークス文庫)

(2014/12/25)
三上 延

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。