スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/strange Fake 1

あらすじ

あらゆる願いを叶える願望機「聖杯」を求め、
魔術師たちが英霊を召喚して競い合う争奪戦―聖杯戦争。

日本の地で行われた第五次聖杯戦争の終結から数年、
米国西部スノーフィールドにおいて次なる戦いが顕現する。

―それは偽りだらけの聖杯戦争。
偽りの台座に集まった魔術師と英霊達。

これが偽りの聖杯戦争であると知りながら―彼らはそれでも、
台座の上で踊り続ける。

真偽などは彼岸の彼方。
聖杯ではなく―他でもない、彼ら自身の信念を通すために。

そしてその時、器に満ちるのは偽りか、真実か、それとも―。

感想

最近までアニメやってた『Fateシリーズ』のスピンアウト作品
元々はエイプリルフール企画作品だったものが数年を経て正式に開始されたのがこれ

とりあえず色々と説明が面倒なので感想については
『Fateシリーズ』に関する基本知識があるって前提で書いていきます。

まぁ最低限の説明としては

魔術や魔法・・・吸血鬼などの怪物が実在し、
過去に神話や物語の英雄が実在した・・・という世界の現代において
『聖杯戦争』と呼ばれるどんな願いでも叶える『聖杯』
7人の魔術師が7体の『英霊』『サーヴァント』・・・特殊な使い魔として召喚
それを戦い合わせて最後の1人が手に入れる

『サーヴァント』

セイバー(剣士)
アーチャー(弓兵)
ランサー(槍兵)
ライダー(騎乗兵)
キャスター(魔術師)
アサシン(暗殺者)
バーサーカー(狂戦士)


の7つのクラスに適した『英霊』がその『英霊』に関連するアイテムを
媒介などにして喚ばれる・・・アイテムなしだと自分と相性のいい相手がランダム

というもの

他にも色々と細かい設定はあるんで感想読んでも全然知らない人には
チンプンカンプンかもしれません。

ちなみに作者さんは『デュラララ!!』の方です
それと感想は短めで。

とりあえず

成田先生、はっちゃけてんなー

もうなんか大分自由にぶっ飛んで書いてる感じです。
きちんと原案というか原作者の方に許可を頂いた上で
今現在のその人が想定してる設定を聞いたうえで色々突っ込んでる感じです

どんだけはっちゃけてるかというと

Fateだけじゃなくて型月作品設定満載じゃねーか!?

という・・・元々は『TYPE-MOON』という会社のゲームから始まる
『Fateシリーズ』を含めた同一世界を舞台とした作品群
その他の作品でメインとなる設定や関係者とかが色々と突っ込まれてます

今回は1巻って事でこの

偽りの聖杯戦争

と呼ばれる本編の『聖杯戦争』のノウハウを何者かが盗み出した上で
60年近い年月をかけて再現しアメリカで行われることになった戦いに
参加する事にした魔術師・・・『マスター』と彼らが召喚した『サーヴァント』
それぞれの意思や目的などについて描かれていて
最後の最後に・・・偽りゆえに呼ばれるはずが無い7体目の『サーヴァント』
召喚されその力を示したところで今回は終了になってます。

とりあえず7つの陣営について1つ1つ思うところを・・・

・アーチャー(弓兵)陣営

『マスター』は舞台となるスノーフィールドの原住部族の娘ティーネ
街を蹂躙しようとする魔術師を追い出すために召喚した魔術師を襲って
『マスター』の権利を奪った少女

『サーヴァント』『Fateシリーズ』では実は主人公達やその『サーヴァント』たち以上に
色々な作品で登場してる

金ピカ
慢心王


なんて揶揄されたりもするけど実際は最古にして最強の

英雄王ギルガメッシュ

最古の英雄であり王であるがゆえにその後に存在した全ては
自分のものである・・・という傲慢すぎる考え方を持っていて
基本的に他者を『雑種』と見下すようなやつ

そしてそれゆえに常に慢心して油断して出し惜しみをしてしまって結果

戦いに負ける

という・・・シリーズにおいては色々とアレなキャラ。だから慢心王とか言われるんだよ。
当然のように力や能力だけ見ればマジで最強レベルなんだけどね・・・

なにこのチート野郎

ってくらいの・・・ただ流石は『偽りの聖杯戦争』と言うべきか・・・
こんなの児戯だから子供にやらせよう・・・って感じで若返りの秘薬で若返って
過去の自分に戦わせようと思ったところで同じように『サーヴァント』として召喚された
かつての親友の気配を察知

よし、テンション上がってきた!本気で行くぜ!

と慢心なくして本気で参戦を決定する事に・・・基本的に望みは無いキャラなので
マジで親友ときっちり戦うためだけに本気になった・・・ある意味で
心を許し、認めた相手にはきっちりしてるみたい・・・

どれくらい本気かというといきなりその親友・・・後述の『ランサー』の元へ向かい
出会い頭に今までのシリーズやルートで切り札中の切り札・・・
でも使うの遅かったり油断してたりで台無しになる事もあった彼の最強の技

エ   ヌ   マ   ・   エ   リ   シ   ュ
『天地乖離す開闢の星』

を出会い頭にぶっ放すくらいマジ・・・ある程度認めた相手じゃないと
使おうとすらしないからね・・・どんだけだよって話。

『ランサー』の方もノリノリで同等の技を返してきて・・・最終的に横槍で別れたけど
そのさいもお互いに出力を上げてもう1発ずつ撃ちあって戦場となった砂漠に
巨大なクレーターを作り出しちゃったという・・・

ギル様、本気すぎです。自重・・・は無理か

ティーネに関してはこれから・・・かな?
基本的にギルガメッシュを王として敬ってるのでギルガメッシュも嫌ってはいないみたい
そういえば子供好き設定があったから・・・そこらへんも影響してるのかも

ティーネは部族のために自分を殺している感じがあるんだけど
それに気づいているギルガメッシュが自分の姿を見せることで
彼女自身を引き出そうとしてるようにも見えるし・・・結構いいコンビになってる感じ。

・ランサー(槍兵)陣営

『マスター』は今回の戦いに『マスター』として参加しようとした魔術師が
魔術で生み出した合成獣(キメラ)である銀狼

魔術回路を増大させられ、そのうえで『英霊』ではなく『神』クラスを召喚するための
触媒として生み出された無茶したゆえに寿命も短いという哀しい運命の獣

だけどその

『生きる』

という強靭な意志が『サーヴァント』を召喚・・・それが『ランサー』

エンキドゥ

古代メソポタミアを舞台とする神話に登場する神が生み出した神造兵器
彼そのものが神の武器・・・『宝具』・・・
だけど地上で暮らすうちに元は泥人形だったのが人の姿を得て
意思を持ち・・・そして激しい戦いの末に神から離反した王・・・ギルガメッシュ
その力を認め合って親友になった人
表紙左側のキャラですね。

エンキドゥはその性質上、人間以外とも意志の疎通ができるみたいで
『マスター』である銀狼とも意思の疎通ができて・・・彼を助けようと思ってるみたい。

それと同時に親友であるギルガメッシュとの再会も喜んでいて
現代知識を得たことでセリフがちょっと面白かったですね。

というかギルガメッシュと親友やってられるとかどんだけ・・・
そして彼の存在がギルガメッシュの力を高めてしまってるわけですが・・・

コイツも規格外だ!?

同じ神話出身で・・・字は違うけど同じ名前の技を使うエンキドゥ

エ   ヌ   マ   ・   エ   リ   シ   ュ
『人よ、神を繋ぎとめよう』

世界の力を自らに取り込んで自らを槍として相手を貫く一撃・・・とか
流石は神の武器・・・って感じで彼の存在そのものが規格外でしたしね・・・
ただ神話上では神々の呪いによって命を落としているので
後述の・・・そういうものの象徴的存在である『ライダー』は天敵の模様

・キャスター(魔術師)陣営

『マスター』はスノーフィールドの警察署長を務める魔術師であるオーランド
『サーヴァント』『キャスター』で正体は不明

『キャスター』はノリがよくて現代技術を利用して情報収集したり・・・
どっちかというと裏方って感じ。

『本物を越える贋物を作成する』

という『宝具』製作能力を持ってるらしくてオーランドはそれを部下の28人に持たせ
人間の・・・そして組織による英雄の打倒を目指してる・・・やっぱり変り種

今回の『偽りの聖杯戦争』の主催側の関係者で警察署長の権限で
街に張り巡らされた監視カメラで情報を集めるとか・・・魔術師らしくない魔術師

『キャスター』オーランドにも隠し事してたり・・・うまくいってるようで
万全とはいえない体制な気もするし・・・さてどうなるのか・・・

・アサシン(暗殺者)陣営

『アサシン』『聖杯戦争』では珍しい固定キャラ(イレギュラー有り)で

ハサン・サッバーハ

と呼ばれる暗殺集団の各々の時代の当主が『ハサン』として
呼ばれ、それぞれが得意とする暗殺技を持って戦うのが正常な状態

まぁ本編からしてイレギュラーで『佐々木小次郎』が呼ばれたり
結構違うのがきたりするんだけどね・・・

で今回も・・・例外と言うべきか・・・偽りというべきか

ハサンに成れなかった狂信者

暗殺集団の一員であり熱烈な信仰心によって教団の長である『ハサン』
目指したんだけどあまりにストイックすぎて・・・19代目を決める状況下で
それまでの18人の長の技を・・・一人ひとりが一生をかけて編み出した技を

全部会得しちゃった

というストイックすぎる女性・・・でもあまりにストイックすぎて
逆に恐れられて・・・自分だけのオリジナルを作れなかったって事もあって
『ハサン』に選ばれなかったという・・・それでも自分の信仰が足りなかったと恥じるようなキャラ

『聖杯戦争』という戦い自体が異教徒のものなので召喚されてその知識を得た瞬間に
『マスター』であるジェスターとその弟子たちを皆殺しにし
『聖杯戦争』そのものとそれに参加するものたちを殲滅しようと動き出すまさに狂信者

そんな彼女の過去や思想を『マスター』ゆえの感応で知り
ストイックすぎる彼女のその信仰が貶めたらどんなにいいだろう・・・と
歪みすぎるくらい歪んだ想いを抱いてジェスターもかなりアレ・・・

死んだと思ったら魂みたいなものを6個持っていて、『アサシン』に殺されたのは
その魔術師としての魂で今は吸血種として行動を開始
『聖杯戦争』に参加した理由が

退屈だから蜘蛛でも起こして世界を滅ぼそう

だったってんだからコイツもおかしい・・・ちなみに蜘蛛ってのは

死徒27祖 第5位 O R T オルト

設定だけでしか登場してないこの世界に存在する規格外中の規格外の事。
ジェスター・・・どんだけ・・・

・バーサーカー(狂戦士)陣営

『マスター』フラット
魔術の本場ともいえる『時計塔』で学ぶ青年。

『Fate/Zero』において・・・『第四次聖杯戦争』において『マスター』だったウェイバー・ベルべット
今はロード・エルメロイⅡ世と呼ばれる魔術師としてではなく
魔術講師としての才能が凄まじく彼が教え子を集めれば勢力図が動くと言われるほど
有能すぎる教師に成長した彼の最古参の弟子

彼の弟子はみんな大勢するのに未だに卒業できてない・・・って事で未熟かと思いきや

え?なにコイツ・・・チートなの?

ってくらいもはや異常なレベルの魔術師としての技量と力を持ってる超天才
家柄も良くて将来を嘱望されていたみたいなんだけど

性格が軽い・・・というかもうアホ

という致命的な部分でみんなに匙を投げられたロード・エルメロイⅡ世
押し付けられた魔術師らしからぬ生徒
今回の『偽りの聖杯戦争』に関しても

教師陣の会議ででた話題を盗聴して知った(なぜできる!?)

英霊と友達になりたい、聖杯を見たい(子供か!?)

師匠のところに曰くありげなナイフが届いた

師匠が僕のために用意してくれた触媒に違いない!ありがとう!

単身渡米

触媒のナイフを維持って色々試してたら街中で『サーヴァント』召喚

わースゲー


うん、アホだ!

ちなみに触媒のナイフはゲームをよくやるロード・エルメロイⅡ世
アンケートを送った結果当たった『ジャック・ザ・リッパーの銘入りナイフ(レプリカ)』

って事で呼ばれたのはジャック・ザ・リッパー
ただ正体不明の怪人であり・・・戦い自体が偽りで
触媒までも偽りであるがゆえに・・・

謎の殺人鬼に関わる伝承が具現化したもの

という形で現れ、しかも正気を失いただ力任せに戦うだけの
『バーサーカー』のクラスで召喚されてしまったために

正気(狂気)が反転して狂気(正気)

という・・・なんか普通の紳士っぽい感じの性格に・・・なんじゃそりゃ!?

能力はどんなものにも変身できるってものなんだけど
フラットが選んだのは腕時計への擬態・・・理由はもちろん

格好いいから

『バーサーカー』なのにフラットに関してはツッコミ役になってしまってる
なんとも奇妙で規格外のコンビに

あまりにアレすぎて監視していたオーランドとか他の人物も
まったく意図が読めていなかったんですがそもそも

意図とかないからね

というもう普通に考えていては理解できないキャラになってます・・・
ただ能力だけは思わず『バーサーカー』がえ?ッて思ってしまうくらい凄まじく
他人の使い魔の視界を気づかれないように覗き見・・・とか普通にしてました
なんだコイツ・・・

馬鹿と天才は紙一重

って言葉を素で体現してるキャラなんじゃないだろうか・・・
このキャラだけは本当に・・・どうなるのか全然わからない・・・

ちなみに『バーサーカー』『聖杯』を手に入れて自分の正体を知りたいという
とてもまっとうな願いを持ってます・・・『バーサーカー』って・・・なんだったっけ・・・

・ライダー(騎乗兵)陣営

『マスター』繰丘 椿という10才の女の子であり
本編に登場した『マキリ』の魔術を応用して細菌を操ろうと画策した
魔術師の両親に色々された結果、脳に細菌が巣食いこん睡状態になってる女の子

しかも両親はその状態でも娘が子供を生む能力があるのかだけ気にしてる
という・・・清々しいまでの魔術師らしい魔術師

椿自身は夢の世界で両親に嫌われないように・・・愛されるようにと思っていて
偶然開花した夢の中に現実の光景を投影する魔術で夢の中を彷徨い
その中で『聖杯戦争』の知識もなく『マスター』に選ばれ
そして夢の中で『ライダー』『サーヴァント』と契約

その『ライダー』はヨハネの黙示録に登場する

死を司る騎士『ペイルライダー』

正体はその二つ名ゆえに人格を与えれた災厄としての『病』そのもの

細菌を使う・・・って所から細菌を媒体に呼ばれたって感じでしょうか・・・というか

人や動物ですらないじゃん!?

凄まじいイレギュラーな存在ですね・・・『病』そのものって・・・
基本的に『マスター』である椿の願いを叶える為に機械的に動き
両親に愛されたいと思えば両親に感染してまるで操られたかのように

娘を愛し可愛がる両親

を演じさせ、現実世界で『サーヴァント』同士の戦いが起きて
その余波が夢の世界に影響を与えて椿が怖がったら
戦いを止めることで解決しようと戦場に向かう・・・って感じで
とてもシステマテックな存在

『マスター』『サーヴァント』も異例中の異例の存在ですね・・・
小さい女の子に不幸にはなって欲しくないけど・・・
さて・・・どうなるのか・・・

戦争後、誰かにひきとられて・・・とかが最善かなぁ・・・
両親はなんかもう駄目な気がするし・・・

※セイバー(剣士)陣営

本来喚ばれない7体目の『サーヴァント』なんだけど

『偽りの聖杯戦争を生贄にして本物の聖杯戦争を呼び起こす』

という目的のために登場したわけであり・・・
さらに『マスター』であるアヤカ・サジョウ『Fate/Prototype』の主人公の
パラレル的存在っぽいけど・・・髪を染めてたりして変化はあるし
イレギュラー的存在だったりもするみたいで・・・まだ謎が多い陣営

『×××××勝利の剣(エクスカリバー)』

という謎満載の『宝具』を使う男性『サーヴァント』なんだけど
さて・・・正体は一体誰なんだろうか・・・
まぁ『宝具』の名前からしてアーサー王関係なんだろうけど・・・
さて・・・どうなるのかな?



こんな感じでした・・・本格的な戦いはこれからって事ですが・・・

かなり楽しみ!

って感じです・・・ってか偽典と言うだけあって・・・
『サーヴァント』だけを見てみてもなんか凄いラインナップになってます・・・
『マスター』のほうもちょっとアレだし・・・マジでこれ・・・どうなるのか全然見当がつかない

だからこそ・・・続きが楽しみです。

何気にパラレルワールド的な作品である『Fateシリーズ』の1つである

Fate/Apocrypha

の戦いについて知っていてその中で登場した特殊な『サーヴァント』
『調停者(ルーラー)』ジャンヌ・ダルクについて思うところがありそうな
フランチェスカというキャラ

今回の『偽りの聖杯戦争』に対してかつてオリジナルの『聖杯戦争』の設立に
携わったキシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグ
その彼に助言をした謎の電話の声・・・恐らくゼルレッチと同じ
上位の吸血種である『死徒27祖』に名前を連ねるコーバック・アルカトラス

今回の『聖杯戦争』の舞台となった街に現れた『アインツベルン』関係者と思われる女性

聖堂教会・第八秘蹟会から派遣されることになった代行者であるハンザ

主催者側の・・・アメリカ合衆国のある組織に所属してるらしい
明らかに軍属の人間を使ってる感じの魔術師ファルデウス

脇を固めるキャラにも色々と期待できますし・・・

2巻はいつですか!

とりあえず首を長くしてまってます・・・ええ・・・なるべく早くお願いします

最後に一文。

エンキドゥのセリフ

再会早々言葉もなしにいきなり最強技をぶっぱなしてくる
親友に対して嬉しそうに・・・楽しそうにこのセリフ

なるほど・・・類は友を呼ぶのか・・・こっちのほうが大分マシだけど
ってか現代知識が付いている上に神造人間とも言える存在のせいか
なんか凄くそれっぽいセリフを・・・って事でコレ。

「僕も・・・・・・フルスロットルで行くよ、ギル」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
Fate/strange Fake (1) (電撃文庫)Fate/strange Fake (1)
(電撃文庫)

(2015/01/10)
成田良悟

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。