スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はたらく魔王さま! 12

あらすじ

銀髪となった漆原の病室に集まった一同。

皆の前で恵美の母親であるライラがこれまでのことを告白すると、
勇者として、娘として、恵美の怒りが大爆発!
過去 の真相を知った恵美は、ライラとの大喧嘩の末に病室を飛び出してしまう。

追いかける千穂と鈴乃だったが、二人は恵美を見失ってしまい・・・。

一方マグロナルド 幡ヶ谷駅前店では、新サービスのマッグデリバリーがスタート。
レッド・デュラハン一号(店のバイク)で街を駆け巡る魔王も、
母親と大喧嘩した恵美のことを 気に掛けていた。

庶民派ファンタジー、混沌の第12弾!
勇者と天使の壮大な母娘喧嘩に挟まれて、魔王さま大ピンチ!?

感想

はたらく魔王さま!の12巻

表紙は恵美ライラ貞夫の3人

感想は短めで。
というか・・・

勇者と魔王の馴れ初め

的な感じになってしまってる・・・がまさにそういう話なのでしょうがない・・・

前回のラストについに裏で暗躍・・・というか大きな目的のために動き
時には貞夫達を助ける行動をしていた大天使にして
恵美・・・エミリアの母親であるライラが登場して

娘に無表情で往復ビンタエンドレス

をされたわけなんですが・・・今回ついにライラから色々な謎が明かされる・・・
と思っていたんですけどね・・・

俺、魔王。勇者に敗れて異世界に逃げ延びて
真面目に働いていたら女子高生に惚れられた

さらに過去の決意とか悔恨とかを話したら聖職者に惚れられた

そしてさらに母娘喧嘩真っ最中の勇者に気を使ったら・・・フラグ立った?


って事で・・・ついに・・・ついに・・・

勇者とフラグが立った!ってか勇者がデレた!

ってわけで恵美貞夫への態度がちょっと凄い事になってます・・・
今回は基本的に恵美ライラの確執・・・

色々と裏でライラが動いてきたわけだけど、説明もないその行動の結果
自分の平穏は失われるは、トラブルは舞い込んでくるわ、周りの人間は巻き込まれるわ
なのにその当人は全然姿を現さない・・・ようやく姿を現したと思ったら

魔王と勇者の力を貸して欲しい

そりゃキレる・・・何様だ!って・・・貞夫貞夫でいくら『エンテ=イスラ』の為とか
言われても今の生活を捨ててまで何かをする必要は感じられないし
『セフィラ』の子であるアラス・ラムスアシエスが深く関わって
二人と別れなきゃならない事態にもなりそうだし嫌だから・・・と
二人揃ってライラを拒絶する事に

特に恵美にいたっては存在を拒絶したいみたいで
何気に本気で

殺ろう

って思う直前まで行ってた気がしますね・・・ええ・・・
でもその攻撃すらもライラを身を挺して庇った父・・・ノルドの姿に
さらなるショックを受ける事態になってしまって・・・貞夫曰く

深刻なエラー

致命的なほどに精神的均衡を失ってしまって・・・
作中で変質したイルオーンが襲ってきて・・・ライラ恵美を庇って重傷を負った時すら
その行動にすら過剰反応して感謝とかより前にこれ以上自分に心理的負担を
かけないでくれ・・・と一杯一杯になってしまって・・・もうかなり精神的に疲弊していた感じ
途中、『魔王』だの『勇者』だのの事情をまったくしらない前の職場の後輩の家に
ちょっと滞在してリフレッシュをしたんだけど・・・その後輩の家から
探しにきた千穂と一緒に帰る途中に襲われた事もあって・・・なんかもう
色々とヤバイ状況だった感じ

事件自体は貞夫が駆けつけなんとかなってライラの治療も行ったわけだけど
恵美ノルドライラがいる部屋ではなく貞夫の部屋で待つって言って
一緒にいる事を拒絶したりと・・・もはや恵美の中で

魔王 >>>超えられない壁>>>ライラ

というなんかもうおかしな状況になってしまっていて・・・
恵美としては貞夫ライラとの関係を隠してくれていた事が
自分に気を使っていたって事に気づいてモヤモヤしたりってのもあって
不安定な状態だったところに

力があるからって勝手に期待するな

力があるから何かをしなきゃいけない義務はない

何かをするにしても自分達で決める


そんなセリフを貞夫が真意を聞きにきたガブリエルに言ったのを恵美が聞いてしまい・・・

陥落

何気に現状において恵美の気持ちを一番わかるのは・・・
力を持っているがゆえに・・・その力を使って何かをする事を同じように期待されている
貞夫だけであり・・・そんな彼が自分も含めた上で守りたいヤツは守る
他人の意思でやるべき事を曲げさせるな・・・なんて言ってくれたものだから
恵美の中で色々と・・・気持ちの整理がつきすぎちゃった感があり

貞夫に抱きついて愚痴を語る

という・・・もうなんか傍目から見たら

何イチャイチャしてんのコイツラ!?

ってなってついに恵美もラブコメ参戦に・・・
何気にただ優しくしたのではなく・・・弱い恵美ではなくて
強い恵美こそが自分のライバルであり・・・と弱気な部分を
ちゃんと諌めたってのも何気に大きかった感じですね

この一件でとりあえず復調したしね・・・どんだけだよ・・・
ってか一気に貞夫への雰囲気が柔らかくなって

あれ?なんかおかしくね?

貞夫が思ってしまうくらい態度が柔らかくなり・・・千穂

仲良くなってよかった (⌒-⌒)ニコニコ...

あれ?でもちょっと雰囲気が ( ̄ー ̄?)?アレ?

ちょっとコレ・・・まずい気が Σ( ̄ロ ̄lll)

って感じになっちゃうくらいだしね・・・恵美恵美
貞夫に仕事帰りに一緒に帰ろう・・・って感じでだし・・・

しかもその後に・・・

一度落としてから上げた

という・・・貞夫が無自覚のやってしまった事でなんかもう
トドメになってしまった感じが・・・

ライラ恵美が聞いた貞夫のセリフを聞いていたので
自分が無条件に・・・娘だから・・・かつて助けた相手だから協力してくれると
甘えていたって気づいてきちんとした仕事の依頼って形で二人に頼む事にして
依頼達成後は今の生活を維持できるように最大限協力する
さらに恵美貞夫が望むなら自分の命すら差し出す・・・とまで

これに関して貞夫はそれなら話を聞く・・・と了承して
恵美

なんでこんなヤツの話を!

と裏切られた気になってしまったんだけど貞夫ライラに仕込んだ罠

仕事の話し合いは四郎半蔵千穂アシエスの4人の誰かが同席の上で
貞夫の部屋で行う・・・って条件をつけてライラに了承させておいて

あ、恵美とはしばらくほぼ一緒の行動だから

↑の条件に恵美は入ってないからその時は交渉無しだから

恵美個人と仕事の話あいをするなら俺と関係ないとこで親子でしろ


と母娘をきちんと向き合わせた上で逃げ道も用意するという条件を叩きつけて
これで早々に母娘で話し合ってどうにかなるだろ・・・と貞夫は思ってたんですけど

貞夫と一緒にいればライラと話をしなくて済む

という大義名分というか言い訳というか・・・

それはそれで恵美的にOK

という状況ができてしまい・・・さらに今更母娘で何を話していいのか
ライラのほうでもわからなくて・・・という事で恵美貞夫と一緒にいるようになる
それを色々と気にして他のメンバーも集まって・・・
毎日貞夫の部屋で食事

魔王城で天使と悪魔と勇者と神官と宝珠と人間が食事

っていうなんかもう意味わからない状況に

どうしてこうなった!?

なんか一気にラブコメ方向に話が傾いたわけなんだけど
いいのか・・・『エンテ=イスラ』の世界そのものの危機とか・・・
いや、解決する義務は確かにないけどさ・・・女性関係のほうが
なんか世界の危機よりやばくなってる感じ・・・どうするんだコレ・・・

なにはともあれ、人間関係に大きな変化を起こした今回・・・
これからどうなっていくのか楽しみです・・・とりあえず

魔王、爆ぜろ!

それと四郎・・・そろそろ携帯電話買うために連絡しろよ・・・梨香に・・・

最後に一文。

恵美のセリフ

ちょっと前に・・・身柄を拘束され、物質をとられ・・・身動きが取れなかったのを
助けてくれた・・・

さらに色々と精神的に参ってる時に・・・自分を理解してくれて・・・
そして怒ってくれた

そんな風に・・・『勇者』だから・・・みんなに強い事が当たり前で
強い事を求められ、さらに守る事を求めれれていた恵美

『勇者』だからなんだ?強いからなんだ?・・・そんなものよりも
恵美の意思こそが重要なんだといってくれた相手・・・
それがよりにもよって・・・『魔王』だった・・・

そして今までの積み重ねや真実などから最初にあった恨みなどが薄れていて
そりゃ・・・もうね・・・って感じの結果の彼女のセリフ

これ読んだ瞬間に思いました・・・ああ・・・オチたな・・・と・・・なのでコレで。
貞夫貞夫恵美を自然に守るべき対象にいれてるしね・・・

「どうして私を守ってくれるのが、

 私の人生を滅茶苦茶にしたあなただけなの・・・?」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
はたらく魔王さま! (12) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (12)
(電撃文庫)

(2015/02/10)
和ヶ原聡司

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いつかの彼女が願った食卓に―【はたらく魔王さま! 12 (電撃文庫)】

はたらく魔王さま! (12) (電撃文庫)(2015/02/10)和ヶ原聡司商品詳細を見る 勇者との戦いに敗れ 異世界から日本に流れ着いた魔王さまが ファーストフード店マグロナルドで労働に勤しみ 世界征服の野望のため 正社員を目指す 庶民派ファンタジーコメディ 第12巻 母・天使ライラとの再会 真意はどうであれ 事の裏で姿を見せることなく暗躍していた母との再会を 勇...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

誰かに心を奪われるのもまた、「人生をむちゃくちゃにされる」ことの一つかと

ちーちゃんとのことを、「まだ」って言ってた魔王に、おおーとなった。あとアシエスがなんか意味深な感じがきになる。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。