スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落第騎士の英雄譚 零

あらすじ

「なによ、シズクばっかり構って!」

稽古にかまけて相手してくれない一輝に拗ねたステラは、
加々美から渡されたゲームで日本文化を学ぶ!?

「ねえアリス、ちゃんと聞いてる?」

一輝が学内予選に初勝利した夜、
ステラに一輝の看病を譲った珠雫が、アリスに語った想いとは?

ヒートアップするステラと珠雫の嫁姑対決、

肝試しでカナタの意外な一面を知る一輝、

そして西京寧音との修行で秘策を炸裂させるステラ。

さらには黒鉄一輝が破軍学園に入学する前の
「落第騎士の英雄譚・エピソード0」を収録!

GA文庫マガジン収録の2編もあわせ、
6編の語られざるエピソードを収録した、落第騎士の物語・登場!

感想

落第騎士の英雄譚の短編集

短編集なので感想は短編ごとのを・・・とその前に・・・

祝 アニメ化 決定!!

というわけでこの作品のアニメ化が決定したみたいです。
楽しみなような・・・怖いような・・・とりあえず期待して待とうかと。

では感想・・・

・お姫様の異国文化(HENTAI)体験

ステラが乙女ゲームをやる話

・・・ん?この皇女・・・

いや、なんかもう段々変な部分が残念になっていくメインヒロイン
時系列的には1巻の終了直後らしいから・・・この頃から兆しがあったのか・・・

一輝がクラスメイトや珠雫に剣の手ほどきをしたりしてるのに
自分にはしてくれない・・・って感じで拗ねてるところを
アリス加々美に付け込まれてやらされた感じ・・・

ちょろい

大丈夫なんだろうか・・・こんなに素直で・・・第二皇女・・・
しかもそのゲームには『一正』という一輝に声も姿もそっくりなキャラがいて
それにも惹かれてプレイ・・・

一正は自分だけを見てくれる♪

とかなり熱中するステラ・・・いや、それゲームだから・・・
キャラが画面目線はあたりまえじゃん・・・とか言っちゃダメなんだろうね・・・ええ・・・

最後はイヤホンつけてニヤニヤしつつプレイしている所に
同じ部屋にすんでる一輝が帰ってきて・・・

うわぁ・・・

ってか恋人と同棲しててこれは・・・色々と酷い・・・
それと『一正』ルートへの入り方が出会い早々にジャーマンスープレックスとか・・・

どんなキャラだよ!?

・珠雫とはじめてのお酒

1巻終了直後・・・ステラ一輝の心が通じ合ったのを見て
身を引いた珠雫アリスがお酒に誘った場面の続きの話。

珠雫がめっちゃいい妹すぎる

ってのがよーーーーーーくわかる話。
アリス『暁学園』を裏切った理由がよくわかるよ・・・可愛すぎるよ・・・健気過ぎるよ・・・

一輝はずっと辛い環境で生きてきたから・・・せめて自分だけは
一輝を愛して幸せを願おうという珠雫

たとえそれが自分以外の相手とであっても・・・っていう・・・
いや、実の兄妹なんでそっち行っちゃたらそれはそれでマズイんですけど
あの家庭環境だからね・・・って感じもあるけど・・・珠雫はマジいい娘

それと見知らぬ完全な他者相手だと萎縮しちゃうとかも・・・何気に
いつもの態度が色々と頑張ってるんだなぁ・・・と可愛い感じでした。

・真剣勝負!?《紅蓮の皇女》VS《深海の魔女(ローレライ)》

3巻直後・・・一輝ステラが正式に恋人に・・・ってのを表明した後の

嫁 VS 小姑

の話。

最初は珠雫一輝の幸せを考えて身を引くも・・・それはそれでショックで引きこもり
ひたすら乙女ゲーを・・・↑でステラがプレイしたゲームをやり
『一正』を・・・一輝のまがい物と認識しながらも・・・選ばれなかった自分にはお似合いだ・・・
とか自虐して攻略してたんですが・・・アリス

家族としてそう簡単に嫁を認めていいの?

と奮起を促されて・・・一輝の家族として嫁を試す!って事でステラに試練を課す事に。
まぁ確かに・・・それをするのは珠雫しかいないもんね・・・
父親とか長兄は・・・こういうの絶対的に役立たず・・・というか無理だし

対決・・・というか審査なわけだけど最初は掃除・・・

珠雫が引きこもっていて散らかった部屋を

ひでぇ!?

しかもぎりぎり終わりそうな制限時間を付けた上で、一輝の子供の頃のアルバムを
ちらつかせてステラの気を惹くという・・・

小姑、卑劣、マジ小姑!?

まぁそれに対してステラは部屋の中の塵や埃を能力で焼き払って
滅菌までするっていう方法を使ったけどね・・・

ってかめっちゃ制御すげー!?

ただ・・・これ絶対奥さんに必要なスキルじゃない・・・
そして次の料理対決でも珠雫がちくわと野菜しか用意しない
塩と砂糖を入れ替える・・・など妨害工作をするけど
第二皇女として嫁に行く前提の教育を受けていたステラは料理も普通にできたため
合格・・・最後は

自分よりも兄を幸せにしてくれますか?

という珠雫の質問に

はい、絶対に

ステラがしっかり答えた事で珠雫も認めざるを得ない事に。
ただ珠雫の気持ちがわかるステラ

珠雫がステラを認めなかった

って事にして終了・・・なんだかんだいっていい義姉妹になるよねこの二人。
というかなんだろう・・・要所要所で女子力があるステラなんだけどそれ以上に

めっさ男らしい

って印象が・・・いいのか・・・これで・・・

・少女の騎士道

生徒会メンバーと一輝ステラで怪談話・・・から夜の校舎で起こっている
ポルターガイスト現象の調査・・・って流れの話。
本編ではほとんど語られていない

貴徳原カナタ

一輝が2人で行動する話。
すっごいお嬢様だけど・・・

結構イタズラ好き

っていう可愛い面が見えたりラッキースケベが起きたりと・・・
あれ?何気にヒロインしてる・・・って感じでしたけど
まぁ・・・この作品ってあんまりそっちはね・・・って感じで
恋愛に発展とかそういうのはなさそう

どっちかというとステラとの関係について興味津々って感じだったし。

ただカナタ自身の事・・・いずれ自分は家を大きくするための相手と
政略結婚するだろう・・・とかノブリスオブリージュ
自分は持つものだから・・・持たない人々のために色々とすべきであり
そのためならそのくらいなんでもない・・・それが自分の騎士道だから・・・って感じで
先の事をちゃんと考えているしっかしした人でもありましたね・・・

事件については『伐刀者』としての能力が覚醒した猿が犯人であり
そういう動物を保護している施設を持っているカナタが引き取る事になって解決

孤児院やそういう動物の保護施設・・・運営にはお金がかかる
それを生み出すための家が必要であり・・・そして彼女の家は
そのお金をそういうものに費やす意思がある・・・

めっちゃ誇り高い貴族

って感じの家柄みたい・・・だからこそ自分の結婚についても
そういう風に考えているみたい。
もちろん今の友人達との交流や女の子らしい恋愛にも興味はあるけど
それ以上に・・・っていう彼女の覚悟は結構凄いかも
というか学生キャラの中では一番大人っぽいかも

まぁその反動でイタズラ好きなのかもしれないけど・・・
2人で行動していた時に起こった事を秘密に・・・とわざわざステラの前で言って
ステラを怒らせて面白がってたし・・・いいキャラですね・・・色々な意味で。

・ステラの眠れない夜

王馬に敗北したステラが修行のために寧音に訓練してもらってた時の話

お前の剣には足りないものがある

と言われ寧音に負けて・・・それについて悩み眠れない夜

ではなく・・・

密かに交換して持ってきていた一輝の布団カバーの匂いを嗅いで興奮

でもなく・・・

さらにそれを交換していた珠雫の布団カバーだったんだけど・・・

珠雫の匂いから兄である一輝を妄想してた

駄目だこの皇女!?
はやくなんとかしないと!?


そのまま朝まで邪心まみれで眠れず・・・ってもう駄目なんじゃないだろうかこの皇女

・落第騎士の英雄譚・エピソード0

0の名前の通り、本編1巻より前の一輝が入学するときの試験の話。
能力的には無理だったけど、試験官であり後の担任でもある有里
決闘して勝利する事で入学した・・・その話。

有里の優しさとか厳しさとかがよくわかる話になっていて

あれ?この人がヒロインでもよくね?

と・・・ステラの残念っぷりを見てると思えてくるくらいでしたね・・・
一輝が才能ないのを理解して・・・それでも別の部分でそれを補って
余りある力を見せてくるのを見て・・・それが一輝に負担を強いているとわかるからこそ
それを止めたいと思って全力を尽くして・・・止められなかった。

そして今もできるならやめて欲しいと願っているけど
それとは別に・・・自分が間違っていると・・・
一輝を過小評価していたと照明してほしいとも思ってる・・・

なんていい先生なんだ・・・

なんかこういうキャラがいるとますます・・・黒鉄家の大人の駄目さが際立つな・・・
そんなんだから子供3人が全員家を省みないんじゃないだろうか・・・
王馬は一応従ってるけど・・・あいつもあいつで絶対どうでもいいと思ってるし・・・
大丈夫なんだろうか・・・あの家・・・どうでもいいけど・・・

まぁ・・・凄まじく凶悪な能力の持ち主なんだけどね・・・

最後に一文。

有里のセリフ

珠雫の愛情やステラの残念すぎるセリフとかカナタの誇りとか・・・候補は色々あったけど
やっぱり個人的にこれが一番だったのでこれで

「わたしは、今でも黒鉄くんが騎士の道を目指すのは

 間違いだって、思ってる」

「だから、ね。

 わたしの見立てが間違ってることを、

 黒鉄くんの最弱(さいきょう)で証明してください」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
落第騎士の英雄譚 零 (GA文庫)落第騎士の英雄譚 零 (GA文庫)
(2015/03/13)
海空 りく

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。