スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブソリュート・デュオ Ⅷ Memories Connect

あらすじ

“焔牙”―それは超化された精神力によって、
自らの魂を具現化させて創り出す武器。

“禍稟檎”を巡る事件の最中、
九重透流はかつて目の前で命を落とした妹・音羽と生き写しの少女、オトハと出会った。

失った妹の面影を重ね、
彼女を護りたいという強い想いによって透流は“Ⅴ(レベル5)”へと昇華する。
だが周囲の友人たちは、各々の持つ悩みから壁にぶつかっていた。

やがて始まった冬合宿中、透流の前に桜色の少女・オトハが再び現れて…!?

パートナーとの絆で未来を掴み取る、学園バトルアクション第8弾!
大罪に心を狂わせた美姫が奏でるは、残酷な運命のプレリュード―。

感想

アブソリュート・デュオの8巻

表紙は2周目のみやび

前回の話ではオトハと名乗る・・・主人公である透流の妹である音羽とそっくりの
炎を操る少女が現れ色々と動揺する事になった透流

『七曜』の一人である『洌游の對姫(サイレント・ディーヴァ)』ベアトリクス
想い人である透流音羽を気にする事からの嫉妬でオトハ

透流は世界の敵

と教え込んで殺すように頼み込んだのが前回のラストであり
今回はその話。

ただ動揺したりした透流だけど彼女との邂逅は改めて彼の本質である

護る

って事を思い起こさせたのか『昇華の儀』で彼女の事を思い出し
オトハを護りたいって思いが『Ⅴ(レベル5)』へ引き上げる切欠になったので
それはよかったかな?

前半派クリスマスのお返しをヒロイン達に配り

爆発しろこのやろう

レベルまであがって・・・その状況下で冬季合宿
夏はアレだったけど・・・

冬は鬼教官か!?

って事で璃兎に苦手とする・・・彼女が学生時代の教官でもあった

レベル7
《Ⅶ》 ヴァレリア・カーライル

が登場して現在2人しかいない最高レベルの『超えし者』がみんなを鍛えてくれた
わけなんですが・・・彼女・・・ユリエを発見した人・・・そして

ユリエにだだ甘(訓練は除く)

という人で・・・ユリエ『絆双刃』である透流に敵意を・・・って感じだったけど

あ、この人・・・普通にいい人だ

って事でユリエのパートナーとして相応しいかを実際に戦って確かめ
一蹴されはしたけど数秒とはいえ彼女の攻撃に耐えたって事で
透流を認めてユリエの事を託す事にしたみたいだし・・・何だかんだいって
スパッとしていい感じの人でしたね

去り際に璃兎『昇華の儀』を受けるように伝えてくれ・・・と言ったりしてたので
かつての生徒に対しても色々と気配りできる模様
まぁ今回は璃兎ヴァレリアに投げ飛ばされまくってたしね・・・

ただこの合宿中にトラと一緒にいた時にオトハの襲撃を受け
ついにトラも彼女をはっきりと目撃
彼も色々と・・・困惑する事に

ってかトラくらいには事情そろそろ話してやれよ

透流に言いたい・・・別に話してもいいじゃん・・・ってか
これでもしトラが偶然にと出会って話しかけたら”斬”とかあったら
どうするんだよオイ・・・ってツッコミを入れたい感じもあるんですけどね・・・

こんな状況で後半は

透流&トラ VS オトハ

って感じで・・・春休みにみんなで訪れた旅館で襲撃にあい
みんなが他の敵を相手している間に透流トラオトハの前に立ち
トラがその身を楯にして・・・透流オトハの元へ

このツンデレ野郎が・・・格好いいじゃないか

そして透流が選んだのは・・・

『十三秒ノ雷命(サーティーン・リミット)』

『Ⅴ(レベル5)』になってなお一瞬しか発動できなくて
戦闘ではおよそ使えないこの技・・・だけどその時に発生する雷には
術者の魂が宿り、そして意思を伝える・・・それと抱きしめたオトハに流し
自分の記憶を・・・透流音羽をどれだけ大切に思い、守ろうとしていたかを
オトハに伝え・・・

お兄ちゃん?

って事で・・・音羽、無事記憶取り戻してなんか普通に・・・
あれ?お兄ちゃん、ちょっと大人っぽくなってない?と天然を発揮してました

いいのかそれで!?いや、でもいいかこれで!

ハッピーエンド好きだから強引だろうがこういうのは結構好きですし。
何気に音羽のほうもずっと自分を守ってくれる兄を、透流を守りたいと
ずっと思っていたからこその事件の時に彼を守って散った・・・って事みたいだけど
無事再会できたのは・・・うん、どんな形であれいい事だよね。

お前、本当に復讐者なの?

と思うところがある透流なわけだけど・・・魂の形が楯な彼・・・
明らかに本質は守る事で・・・今までも守る時にこそ真価を発揮していたわけで
だからこそ・・・こっちのほうが透流は強くなりそうですしね・・・

ただこれで済むはずがない・・・って事でベアトリクス当人が現れ
彼女の事も覚えてる音羽が何故兄と殺し合わせたのか?と問いただし・・・
ただ嫉妬ゆえ・・・と詳しい説明せずに襲い掛かってくる事に

読者ならわかるけど・・・透流たちにはわからないよね・・・ってか
、どんだけベアトリクスの前でこの2人の事を語ったんだろうか・・・
嫉妬するくらい色々思い出話をしたって・・・ならなんで斬った・・・と・・・
やっぱここらへんの謎はもっと終盤なのかな?

ベアトリクス『異理の者(ミューテーション)』と呼ばれる
生まれつき魔術とも違う超常の力を持つ存在であり、水を操る力を持っていて

いきなりみやびをズドン

という・・・まぁ今回もレベルアップできなかった彼女が一番弱かっただけだけど
なんかこう・・・一番頑張ってるのに色々不憫な子でしたね・・・
仲間達も次々に敗れていって・・・

最初からベアトリクスが嫉妬に狂って殺しにきてたら終わってたねコレ
ってくらい強かったですね・・・ってか力による防壁で攻撃通らないとかどうしろと
まぁ・・・そこは今回の前半で伏線というか・・・『Ⅳ(レベル4)』にアップしながら
炎の色が蒼に変わらなかったトラが・・・妹を守ろうとする兄を
兄を守ろうとする妹の姿に迷いを断ち切ってついに『煉業』を覚醒

                コールブランド
薙ぎ絶て──斬鐵閃

なんかエクスカリバーの異称の1つキター!?ってことでサクッと・・・
ベアトリクスの防壁を切り裂くトラ・・・
なんか普通の作品だと明らかに主人公ポジションの能力

すごいぞトラ!

その後、障壁のなくなったベアトリクス透流が攻撃を加えて撃退成功
ただしベアトリクスは分身のようなものだったらしく本人よりかなり弱い模様

えっと・・・どんだけ!?

そんな彼女がなんかもう崇拝しちゃってる感じの透流
復讐相手なんだけど・・・まだまだ先は長いな・・・

しかもこのベアトリクスの嫉妬による暴走も想定内だったっぽい
嫉妬によって心の醜さを現した今のベアトリクスこそをは求めていたみたいで

『絶対双刃(アブソリュート・デュオ)』に至るために

ってことで彼女を連れて姿を再び消す事に・・・全部作戦通りだったって事だろうか?

透流に関してはこの後、戦闘中に父親が最後にくれたリボンを破損してしまった
ユリエが落ち込み・・・さらに音羽を心配していた透流に気を使わせないようにして
寂しそうだったのに透流が気づいて新しいリボンをプレゼント
2人が出会った時と同じ桜の下で来年もまた想い出を作ろうと約束してフォロー終了

ねぇ・・・もう付き合っちゃいなよ

ラストは音羽が新入生として学園の前に現れたのを透流たちが見つけ音羽

お帰りなさい と ただいま

を言って終了・・・だったらよかったんだけど・・・エピローグで
音羽をひきとったらしい朔夜ユーゴの会話で
音羽『人造生命体』である事・・・ただし宿している魂は本物である事
クロヴィスがそれを行ってであろうことが語られ
本来のユーゴの立場なら音羽を討伐しないと駄目なんだけど
上に報告しない・・・って事にして・・・あいかわらずいいヤツだったけど
朔夜ユーゴに決定的な質問を・・・音羽の命はあとどれくらい?と・・・
その答えは

あと半年

妹復活!であげておいて・・・ここで下げるのかよ・・・どうすんだよ・・・
いや・・・マジでなんとかならんものか・・・
これを知ると直前の笑顔の音羽の挿絵が逆に辛い

そして・・・今回のラブコメ面

春休みに訪れた旅館はみやびの実家だったわけなんだけど
みやび母とみやび姉が登場して・・・驚愕の事実・・・

みやびは家族で一番小さい

どこが・・・とは言わんけど・・・小さかったんだよ・・・
そして璃兎のイタズラで女性用温泉に入ってみやびに遭遇してしまった透流
みやびは事故って事でなんとか済まそうとしたんだけど・・・
みやび姉・・・かぐらが入浴・・・続いて他のヒロイン達も入浴

って事でみやびは一生懸命体を使って透流が見つからないように隠す事に・・・
ええ・・・2人ともお風呂に入る状態で・・・超密着です・・・

あれ?もしかして・・・こういうイベントばっかやってるから戦闘面で酷い目に
あってるんじゃなかろうか・・・みやびって・・・
女性としてのアピールに関しては他の追随を許さない感じで色々やってるからね・・・
ほとんど意図してないけど・・・腕がメロンに・・・とか前にあったし・・・

まぁあれだ・・・

透流はもげろ!

これだけは確かだ・・・あと気になるのは『Ⅳ(レベル4)』になれなかった
なにかしらの悩みがあるみたいだけど・・・それはなんなんだろうか・・・って事も気になる。
そろそろ・・・恋心を自覚したりするんだろうか・・・まだ全然だけど・・・

恋愛方面も色々と楽しみではあるけど・・・ヒロインみんないい子すぎて
誰かが選ばれないのがちょっとね・・・ハーレムもあれだけど・・・
はたしてどう決着がつくんだろうか・・・

最後に一文。

音羽のセリフ

上でも1回書いたけどやっぱりこれ・・・

「お帰りなさい。それと──」

「ただいま、お兄ちゃん」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
アブソリュート・デュオVIII Memories Connect (MF文庫J)アブソリュート・デュオ
VIII Memories Connect
(MF文庫J)

(2015/03/24)
柊★たくみ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

始めましていつも楽しみに見てます

初めてコメント書きます( ̄▽ ̄)
ハッピーエンドついでにルキフルは魂に関与しているみたいだし一応本物のオトハの魂を持ってるということで寿命も強化されないかな
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。