スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃皇無尽のファフニール Ⅷ アメジスト・リバース

あらすじ

無力化された深月。

変色してゆくクラスメイトたちの竜紋。

そしてヴリトラにより明かされた、ヒトという種の根源に関わる情報―。

それらに揺れる悠たちを、ニブルが竜紋変色者の処分のため襲った。
なんとか退けた悠たちの前に、いったんは封じたはずの、
篠宮都とクラーケンの子―クラーケン・ツヴァイがふたたび現れる。

悠はジャンヌたちとともに戦いをおさめようとするが、
説得はうまくいかない。

さらに、戦いの中で、イリスに新たな変化が生じて…!?

「モノノベは―あたしがどんな風になっても、嫌いにならない?」

たとえ何が起きたとしても、きっとこの想いは変わらない。
その手だけは離さない―。

アンリミテッド学園バトルアクション第八弾!

感想

銃皇無尽のファフニールの8巻

表紙はイリス
感想は短めで。

前回の話では少女の姿で現れたヴリトラとか
ティア『ユグドラシル』の力での記憶が復活したり
『”紫”のクラーケン』となった深月の親友であるの子供である
クラーケン・ツヴァイが登場して暴れたり
ヴリトラ深月を昏睡させ・・・それがの逆鱗に触れて
あやうく彼の中の『悪竜』に殺されかけたり・・・と色々あって
さらにキーリも含めて・・・クラスの面々がクラーケン・ツヴァイ
見初められはじめて・・・『複合竜種(ハイブリッドドラゴン)』
特定の『D』だけではなくすべての『D』をつがいにできると判明
さらに第三世代が生まれたら・・・
人類すらつがいにできる・・・って事を知らされ

これは『D』の立場すら揺るがしかねない事実であり
ロキはもしものときは『D』を滅ぼすことで人類の安全を・・・とか言い始めるし
はそういう状況もあって・・・クラーケン・ツヴァイを倒す決意をしたわけですが・・・

クラーケン・ツヴァイは人間

それが彼女の覚醒に立ち会ったの元部下の狙撃手・ジャンの・・・
本名ジャンヌが感じ取っていたこと

彼女から目覚めた当初は刷り込みなのかわからないけどジャンヌに懐き
クラーケン・ツヴァイを追ってきた『ニヴル』の部隊からジャンヌを庇い
そしてジャンヌが彼女を庇って致命傷を受けたことで暴走を開始したみたい
キーリが見つけた時にジャンヌが捕まっているように見えたのは
必死に守っていたからで、ジャンヌの致命傷も生体変換で治療して
そのおかげでジャンヌは生きていて・・・

だからこそ・・・

幸せになってほしい

自分にとっての『幸運』・・・命を救ってくれたに対する想いと同じように
自分を慕ってくれたクラーケン・ツヴァイを娘のように想って
なんとか救いたいと・・・幸せにしたいとジャンヌは願っていて

さてどうしたものか・・・

となるのが今回であり・・・まず説得を・・・その前にジャン・・・ジャンヌ

女バレ

って事で途中で水浴びしている彼女を目撃してもようやく
彼女が女性であると知ることに。

女だろうが有能な狙撃手で自分の大切な元部下だ・・・ってのセリフに
ますますへの尊敬を高めてましたね・・・ジャンヌ・・・
ってかこの娘・・・何気に超美人さん・・・

さらにの姉でたちの担任であり司令官でもあるもいて
彼女にとってはクラーケン・ツヴァイは姪・・・どうにかしたいと考えるのも当然

って事で説得を試みるも『ニヴル』の邪魔が入ったりして・・・
かつて倒した『フレイズマル』が大量に投入されてて・・・とかなるんだけど

悪竜ファフニール、ほぼ完成に

という事で・・・今までは自身の殺人への忌避感と理性で
押さえつけてきた彼の中の殺人衝動
だけど前回、ヴリトラ深月を殺された・・・と勘違いして
明確な殺意を持ってヴリトラを殺そうとしたことで・・・未遂に終わったとはいえ
殺意を理解、解放した事で『悪竜』として完成に近づいてしまったらしく
中身がない鎧でありながら霧のようなものが中に入っている・・・
それでも人間であるらしい『フレイズマル』はこの状態のの敵ではなく一蹴
ある意味で・・・説得をしようって時に一番危ない部分が
完成しつつあるのでどうしたもんか・・・という状況でしたね…

殺す気でいけば人間なら絶対殺せる

自分でそう確信できるくらい・・・そしてとしての明確な意思を持って
その殺意を行使できてしまってる時点でヤバイ感じもあったんですが・・・

蓋を開けたらそれどころじゃなかった!?

に秘められていた秘密・・・それはもっとヤバイものだったっぽいですね。
ってか今までずっとの中にある『悪竜』を押さえ込んで
それはいったいなんなのか・・・ってのが気になっていたんですが

さらにその奥

が今回の話で表面化することに・・・
が今回は限界まで追い詰められて・・・その上でアレでしたからね・・・
ある意味でもう1個の逆鱗に触れたようなもんですからね・・・

説得が効かず・・・が致命傷を負い・・・もう殺すしかないって状況になり
その上で・・・『ドラゴン』になったかも・・・と言われたイリス
『バジリスク』の権能を正式に・・・深月のように一部とか
のように極小範囲で・・・とかではなく完全に受け継いだために
今回の話で『ドラゴン』化が進み・・・赤い鱗が生えてきて・・・
そして・・・すでに人を捨てていたクラーケン・ツヴァイには
『悪竜』の力が効きにくく・・・敗れたを守るためにイリスがさらなる力を求め
瞳すら赤く染まり・・・それでもなお届かず・・・

イリスがクラーケン・ツヴァイに完全に見初められそうになる

そうなった時には取られたくないと・・・たとえ相手が女の子だろうと
イリスを誰かのものにはしたくないと

俺のものに手を出すな!

と・・・

イリスの竜紋を染め、見初める

ことに・・・ってあれ?
今回の話でヴリトライリスが見初められる存在である『D』から
『ドラゴン』に・・・見初めるものになりつつあるって語っていて
だからこそ竜紋の変色がイリスは緩やかだったわけなんですが
さらっと・・・イリス竜紋を染めちゃったはじゃあ一体なんなの?って事で
まぁ・・・あれだ

ドラゴン

って結論になってしまうわけで・・・どういうこと?と謎が増えることに。
これが『悪竜』としての力の一部なのか・・・
それとも『ノイン』『ユグドラシル』から呼ばれていたのさらなる秘密の何かが
原因なのか・・・そこらへんはさすがに今回の話ではわからなかったんですが
この力にて無事事件は収束

ツヴァイも見初めちゃった

って事で・・・見初められたことで『ドラゴン』としてより『D』として
性質が固まったようで正気に戻ったクラーケン・ツヴァイ
ジャンヌに泣きついて・・・無事保護成功でめでたしめでたし

イリスも見初められたことで『ドラゴン』への変貌はすべてキャンセルされたみたいで
元に戻ったけど、

いきなり二股!?

って部分にはちょっと怒ってました・・・いや、見初められたことはいいのか?
ってかと触れ合っちゃったから完全につがい認定されてるよねコレ・・・
まぁ最初から相思相愛だしそこらへんは・・・いいのかな?
ただ・・・

ついでにクラスメイト全員&キーリも見初めちゃった

って部分のせいで・・・なんか本格的に恋愛面でにっちもさっちも
行かなくなりつつある感じなんですけどね・・・
目を覚ました深月イリスは前回と同じようにの恋人枠を
お互いに譲り合っていたんですけど・・・この一件で他のメンバーも
に責任を・・・って感じに誘惑が強化されたのを感じて

あれ?こんなことしてる場合じゃなくね?

と危機感を持った模様・・・まぁこれはこれでいいのかな?
まぁぶっちゃけ目に見える形で表現されちゃってるだけで

今までと大して変わらんよね、悠、爆発しろ!

って状況だし・・・ただこの一件ではとりあえず
クラスメイト達との接触は窓越しって感じで隔離されていたわけで
これが今後どういう事態を引き起こすのか・・・

あ、ちなみには学院長の従者として血をもらっていたので
再生能力が高く、普通に回復して無事でした・・・なんでもありだな学院長

何気に元『D』で男性にあまり免疫がないとも今回
ちょっと距離が近づいた感じのだったりもしますし

コイツ、マジどうする気だ・・・

さらにロキがこれを知ってどう動くのかも気になるところだし
自身の秘密がいまだにまったく明かされないし・・・さてどうなるのか

そしてラスト・・・ティア『ユグドラシル』の知識にアクセスして知った
今までに8度起きた滅亡の危機とそれを引き起こした災厄

”本物の”ドラゴン

8体はなんとかなったけど・・・今、9番目の存在が・・・
って事みたいで・・・『D』『ドラゴン』はそれに対抗するために
人類を進化させようとしていた・・・とかなんだろうか・・・

ロシア語で9番目を意味する『ノイン』
そう呼ばれる・・・『D』を見初めることができる存在

ここらへんが・・・やっぱり関係してるって事なんだろうか・・・
さて・・・これからどうなるのか・・・怖いような楽しみなような・・・

あとなんかヴリトラがマスコットキャラみたいになってきてて
もはやヒロインの1人になりつつあるんじゃないだろうか・・・この幼女ドラゴン

最後に一文。

のセリフ

イリスを無理やり見初めようと干渉し始めたクラーケン・ツヴァイに対して
激情のままに放ったのセリフ

なんかもう恋愛相手で迷う必要ないんじゃ・・・と思ったけど
なんかどのヒロインが同じ状況になっても同じ事になりそうな気もする
やっぱ爆発しないかな・・・コイツ・・・って事でコレ

「放せ───それは俺のものだ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
銃皇無尽のファフニール 8 アメジスト・リバース (講談社ラノベ文庫)銃皇無尽のファフニール 8
アメジスト・リバース
(講談社ラノベ文庫)

(2015/04/02)
ツカサ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。