スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイ・ワールド 10

あらすじ

スカイワールド―それは魔法と科学技術が同居する世界で、
無数に浮かぶ島から島へと飛空艇で旅をするオンラインRPG。

アミリィとリュカの計略によって、『覇者の御旗』から一時的に離れることになったジュンは、
かすみたちと下層軌道のクエスト『ロクノン・キャンペーン』の攻略を目指していた。

そんな中、霧とともに下層軌道ではありえない強さのモンスターを
発生させるバロック・ピラーに遭遇する。

第三軌道の状況を彷彿とさせるこの正体不明の存在が、
スカイワールド各地で発見されていると知り、
ジュンは不穏な予兆を感じはじめ―

第一軌道目前の急展開、熱きオンライン冒険ファンタジー!!

感想

スカイ・ワールドの10巻

前回、恋人とも相棒とも言える相手であるサクヤが敵性システム側であるカリムによって
昏睡状態にされた主人公のジュンが暴走・・・というか必死になりすぎて
周りのペースを考えもせずに唯一の希望・・・『第一軌道アイオーン』にたどり着き
サクヤを救う事を考えて突き進んでいて・・・反感を買い始めて

クーデターをおこされる

というなんかもう主人公駄目駄目だな・・・って感じなんだけど

コイツ、やっぱり爆発しろ!

という感じで周りの反感を抑えるって意味もあったけど
根本はジュンを心配しての周りの好意からのものだし
これにはジュンたちのギルド『覇者の御旗』に合流した新しいチーム
かつてジュン『スカイワールド』に来て最初に出会い、
そして最初の相棒となったアミリィも関っていて
当然のようにフラグというか好意を抱かれていて・・・アミリィに対する
思い出話と平行して色々語られて・・・最終的にジュンはサブマスターをクビ
心のケアと少し頭を冷やすって事でいつものメンバー達と
有用なものが手に入るけど時間がかかるというクエストをクリアするまで
帰ってくるな・・・と言われギルドからハブラレルコトニなたわけですが・・・

クエストいやっほーい!

と何気にジュンは喜んではいましたね・・・ええ・・・
サクヤを優先する部分は譲らないけどこうなったらしゃーないからと
全力でクエストをすることに決めたみたいだけど
こいつあいかわらず

クエスト馬鹿だ!

って感じで楽しそうであったのが前回ラスト。
今回はそのクエストを進めつつ・・・
第三軌道より上で見られた『バロックモンスター』と呼ばれるモンスター達が
下層軌道の島で目撃された・・・という謎の事件を追っていく感じ。

ハーレムメンバーと一緒にメンタルケア

って状態に色々と・・・

爆発しろ、ってかそろそろ刺されるんじゃ・・・

って思いもあるんだけど・・・『スカイワールド』の状況としては
結構緊迫した事態になりつつある感じですね。

先にそっちについて書いていくけど
なにが・・・というと

戦争

なわけで・・・いままでも何かと怪しい動きを見せていた『リザードマン』の国家
それが本格的に動き出して・・・他の国や島を支配下に置き
巨大な統一帝国を作ろうとしはじめていて・・・

MMORPGではなく戦略SLG

カリムが暗躍し『神秘の座』が関って色々としていたわけだけど
彼らは『スカイワールド』の世界そのものに干渉して
NPCであったならありえない展開を作り出すことで
世界を混沌に落とそうとしている・・・って感じみたい

アリスは冒険者が冒険者らしく楽しく冒険する・・・ってのを優先していて
アリスカリムの主であるらしい『あの方』にそれを夢として届け
その主は純粋ゆえに白と黒のどちらにも染まるので・・・
アリスは楽しい夢で主を覚醒させたいと思っているってのが目的だったみたい

システムの穴とかバグ要素、システムを超えたプレイヤースキルなどで
いままで色々と凄い事をしてきたジュンたちなわけだけど
考えてみると・・・一応は用意された中で楽しんでいたわけなんですが
敵側は本来のゲームだったらありえない・・・もはや自我を持つ存在である
かつてはNPCであり同じ日常を繰り返していたであろう『スカイワールド』の住人を
巧みに誘導して・・・そのあり方そのものを変えてしまっているわけで
出鱈目・・・というと敵側のほうがそうなのかも・・・

まぁジュンキーサンドラ姫とあれこれ検証したり話し合ったりして
影響は与えてるし、リュカが作り出したネットワークとかも
もはや世界に溶け込んじゃってるし・・・こっちはこっちで影響0ではないけど

それでも・・・本来なら他の島や国を侵略する事がシステム的に厳しかった世界で
それを異常な技術で防衛装置を無効化して・・・そして自我によって
欲望なども持ち合わせるようになった相手を煽って利用するってのは
やっぱり・・・黒いというか・・・いい事ではない感じ。

でも考えてみると『神秘の座』側は・・・NPCだという前提を捨てて
人間的に思考する相手として『スカイワールド』の住人を定義して
扱ってるって事なんだろうか・・・そこんとこどうなんだろう?って感想も覚えました

やっぱそこらへんの・・・というか主に敵側の情報が足りない感じですね。
カリムの目的はわかるんだけど・・・『神秘の座』はなんなの?って感じですし
ここらへんの説明がそろそろ欲しいかも。

最終的にジュン『覇者の御旗』に合流してギルドマスターになり
残りの3つのトップギルドと協力してラスとダンジョンに挑戦

ボスラッシュ

って感じのダンジョンでジュンたちが離脱してから36日で合流
でもこのダンジョンの最奥に挑む・・・って状況になり
戦争が本格的に勃発って事態になったのがそこから64日後って事で
今回の話は開始時点から終わりまでで100日経過してるっていう
かなりの時間経過が起きてたりします

それだけ状況も動き・・・最終的にジュンは戦争の勃発で
行動を制限されたり、下位軌道で燻ってる冒険者たちのために

かつてリュカに言われた

冒険者の希望になるために

戦争には関らずラストダンジョンを攻略してゲームクリアできると・・・
現実世界に帰れるかもという希望をみんなに知らせる事を優先する事にし
考えられる限り最高の戦力でラスボスへ・・・って事に

さすがに単純なボスラッシュに奇策とかは通じないし
正攻法が一番早いって事でトライ&エラーを繰り返して
情報を集めボスを倒していってる感じでそこは・・・ちょっと残念だったかも

そんな斜め上の発想で!?

ってのが楽しみだったんですけど・・・まぁラストダンジョンもそれだと
ゲームバランスどうなのよ・・・って事になりますけどね。

ただ昏睡状態であるはずのサクヤからの伝言をアリスが伝え
そしてアリス自身も

ジュンが”あの方”に会うのは好ましくない

って思っているみたいで・・・そこに何かとんでもないものが待ってそうな予感
絶望なのか・・・それとも希望なのかはわからないけど
でも・・・ジュンサクヤを助ける手段を諦めるはずもなく
ただ突き進むのみ・・・なわけで・・・さてどうなるんでしょうか・・・
楽しみなような怖いような・・・そんなかんじです。

残りはヒロイン関係

ジュン、爆発しろ!

で感想終了でもいいんですが・・・とりあえず色々とツッコミを・・・

かすみは・・・まさに正妻って感じで
サクヤの伝言を聞いて凹んでいたジュンを慰めてましたし
ヒロインズ全員が認める不動の正妻って感じでしたね

怒ると怖いし、すげー純真でからかった方がダメージ受けたりと
天然っぽい部分もありますが

エリについては・・・

もうジュンが好きでいいじゃん!!

ってくらいそれを認めようとしない・・・勘違いしてるだけ
これはそういうのとは違う・・・と必死に思っている感じ
ただそれはそれとしてジュンとの特別な絆は欲していて
いまのお互い気を使わなくてすむ関係性はかなり気に入ってる模様
もう1度言わせて貰う

もうジュンが好きでいいじゃん!!

ユーカリアは・・・なんか彼女の悪影響が周りに感染している気が
しないでもないけどある意味で一番不安定・・・なのかな?

ジュンがいないと生きていけない

ってのがまさにそのまんまの女の子なので常にジュンに捨てられる
不安を持っているみたい・・・まぁジュンはそういう不安定な部分を含めて
責任とって受け止めるみたいですけどね

ヒカルは基本的にすでに仕事をしていただけあって如才ない感じだけど
大切なものをしっかり見据えてそれを選ぶ覚悟がある女の子

仕事もそれによる人間関係などもあったけどそれを全部うっちゃって
サクヤを助けるために『スカイワールド』に来た彼女は
すでにサクヤよりもジュンを大切に思っているみたい

そして今回途中からジュンたちの攻略の助けのために合流したアミリィ
さすが最初の相棒だけあって二人限定のダンジョンを見事にクリアしたけど
相変わらず自己評価が低いわりに、やる時は突き抜けちゃう子で
お酒の勢いでジュンに迫ってましたね・・・
何気にクエスト報酬の指輪を

左手の薬指

ジュンに付けてもらいジュンはそれが自分の気持ちだと伝えたわけで
こっちはこっちで完全に落ちた感じ
あ、ちなみにユーカリアヒカルにも渡すとも言ってましたね

刺されないのがマジ不思議

こんな感じでハーレムがちゃくちゃくと気づかれつつも
終わりが見えてきた旅なので

現実世界に帰るか否か

って選択についても考え始めていて・・・基本的にヒロインズは

ジュン > その他

なのでジュンの選択で彼の傍にいることを選択している感じ
ユーカリアヒカルは完全にそっちだし
かすみは両親とか友人の事は気になるけどジュンが選ぶなら・・・って感じ
アミリィについては・・・答えを保留・・・かな?

サクヤはなんか聞くまでもない気がするしね・・・

やっぱり爆発しないかなコイツ

そしてヒロインズ最強・・・ってか最凶?いやそもそも

すでにヒロインという枠ですらねぇ!?

って感じの便利キャラ・・・リュカは合いも変わらず冒険者達を支配というか
経済を支配というか・・・凄いことになっていて
ジュンに恨みがある『幽幻旅団』

リュカが言うなら仕方がない

とラストダンジョン攻略に協力してましたからね・・・

いや、どんだけ!?

リュカの場合は現実への帰還は迷ってはいない感じだけど
彼女のジュンへの気持ちはさて・・・どんなものなのかはちょっとわからない感じ
好意を抱いてるのは確かだけど・・・うん・・・あれだ

リュカ>>>越えられない壁>>>ジュン

というヒエラルキーがすでにできている感じも・・・
何気にラストで色々妨害工作をしていたせいで『リザードマン』から指名手配され
『幽幻旅団』ザッカー(作中ではゲッペンと書いてあるけど多分誤植)に
助けられて難を逃れていたけど・・・さてこっちもどうなるのか

なにはともあれ・・・終幕に向かって一気に動きだした感じですね。
冒険者の中には冒険が終わるのが惜しい・・・って人もいれば
何が何でも現実世界へ・・・って人もいるし
こっちで結婚して子供もいるから帰らないって人もいる
なので強制全員帰還って感じにはなってほしくないなぁ・・・
自由に行き来できるってのが理想なのか・・・それともどっちかを選ぶ展開か
さて・・・どうなるのか楽しみ

ラストダンジョンのラスボスとの戦闘もどうなるのか楽しみだし
色々な意味で次が楽しみな感じです。

最後に一文。

ヒカルのセリフ
ユーカリアナイズについての彼女の見解

ジュンが名言と称したのでこれで・・・めっちゃ笑った
だが着々と・・・色々なところでユーカリアナイズは進んでいるんだけどね・・・

「恥ずかしいにきまってるじゃないか!

 誰だってユーカリアになれると思わないでよね!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
スカイ・ワールド (10) (富士見ファンタジア文庫)スカイ・ワールド (10)
(富士見ファンタジア文庫)

(2015/04/18)
瀬尾 つかさ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。