スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女がフラグをおられたら 大丈夫、この体育祭は安全だから、絶対MVPを取れるわよ

あらすじ

『クエスト寮』は再建され、フラグ可視操作能力をも取り戻した旗立颯太。
そこに元七徳院No.1・ミーロワースが現れた。

体育教師として旗ヶ谷学園に逃げ延びた彼を加え、
月麦や神楽とともに『ブレードフィールド公国亡命政府』が誕生する

―折しも学園に再び“体育祭”の季節が到来。
颯太はとあるきっかけから、忍者林瑠璃と命を賭した約束を果たさねばならぬことに。
その約束とは“クエスト寮としての体育祭MVP獲得”だった!

仮想世界の時と異なり戦力大幅ダウン状態のままいざ体育祭が開幕。
復活した芹香や颯太同様フラグを扱う力を持つ凛達の助力は得たものの、
颯太達は再びMVPをつかめるのか!?

『がをられ』今ひとたびの体育祭編第12巻登場!!

感想

彼女がフラグをおられたらの12巻
表紙は瑠璃

感想は短めで

体育祭、再び!(ただし規模縮小)

クエスト寮に続々と仲間が!!

現実世界でもフラグ立ってるじゃねーか!?

瑠璃、復活!二重の意味で!!

凜のフラグ能力・・・危険?

颯太がちょっと怖い・・・そして再会へ!


って感じでこれについて書いていきます。
今回は表紙が瑠璃・・・現実世界における人間の瑠璃なので
彼女を中心とした話になっていて・・・彼女が絶望し人を寄せ付けないのが

不治の病で余命が幾許もないから

という凄まじく重いためだと颯太は知り・・・かつて仮想世界で知った
絶望を癒す希望を今度は瑠璃に信じさせるために

体育祭でクエスト寮がMVPを取る!

と頑張る事に・・・ただ今のメンバーでは心許ないって感じで・・・
仮想世界と違って1週間が2日に短縮されていて

そりゃそうだ

って感じではありましたけどね・・・現実に体育祭1週間とか・・・
考えたらないですよねー・・・ただ

こんな展開も現実にあってたまるかこのリア充!

って事はラノベだからあるんですけどね・・・ハハハ・・・
っていうか『天界騎士』だの魔法少女だの・・・リアルだからなんだよ!?
な世界ですしね・・・今更一週間あってもおかしくはないのか・・・?

まぁそれはおいておいてあのヒロインがここで再登場
颯太
が諦め掛けた時に中学の同級生で同じ放送部で
相方だった芹香が現れて応援してくれ・・・
何気に・・・彼女がアイドルになるか悩んでた時に背中を押したっていう
仮想世界とほとんど同じ事をしていて・・・というか
仮想世界よりもその前の段階から知り合いだった為に
より深い想いがあったりして・・・

こっちでも芹香が惚れてる

という・・・さらに翌日の競技の為に・・・颯太のために転校して来るとか

1日でどうやって!?

ってサンジェルマン伯爵、あんたか!?

颯太の助けになるからと許可したみたい・・・あの人も・・・色々とアレだ・・・
さらに事情を知った菊乃深雪がクエスト寮に入ってくれて
戦力増加・・・というか・・・

なんか凜が凄すぎるんだが!?

フラグ能力を持っていて・・・そして仮想世界の残念さが少なくなってるせいか
指揮官としても優れていて・・・フラグで状況判断で勝利を導き
時には

弓で勝利フラグを直接叩き込む

という・・・

なにしてんのこの人!?

って感じの颯太ですらやってない応用をしたりと・・・なんか無双してました

こんな凜は凜じゃない!?

それくらい頼もしいキャラになってます・・・何があった・・・
というか何故仮想世界ではあんなんだったんだろうか・・・
いや、こっちでもちょろくはあるんだけどね・・・

ただ頼もしい反面・・・なにかしら副作用があったみたいで
力を使いつつ気づいた”ある違和感”をすぐに忘れてしまったりと
何かしら危険性がありそうな感じ

確かに・・・こんな凄まじい能力が制限なしとかおかしいもんね・・・
颯太『ドラゴン』であるらしいけど・・・は一応、人間のはずだし・・・

そしてが感じた違和感・・・やっぱりというか何か秘密があるらしい相手

眞奈花

颯太の幼馴染である愛菜とそっくりという怪しさ満点の彼女だけど
さて・・・ここらへんについては今後に期待・・・かな?

そして・・・体育祭の結果は見事MVPを手に入れる事になったわけだけど

瑠璃、危篤

って事で颯太は急いで駆けつけ・・・なんとか生存フラグを見つけだして
励まして・・・

本当は生きたい

まだ高校生の少女が当たり前に持ってるその想いを引き出して
延命の為に・・・瑠璃の姉である和歌子が作ったアンドロイドの体に
精神を移して、肉体側はこれからの医療技術の発展に期待して
コールドスリープって事に・・・結局、ロボになるのか・・・と思っていたら

RURI、起動!

って事で仮想世界で一緒だったほうの彼女が目覚める事に。
躯体テスト用の人工知能らしいですが彼女こそが颯太が良く知る彼女
そして当然のように記憶も継承してると言う・・・よかった・・・まじよかった・・・
人間のほうの瑠璃が眠っている時に表面化するみたいで
瑠璃のほうもその後すぐに目覚めて・・・めでたしめでたし

まぁ瑠璃のほうにも・・・なんかフラグ立った気がしないでもないけどね・・・

そろそろこの王子、爆発しないかな・・・

そして第一部初期にあったクエスト寮の地下探索も第二部で起こり
神楽月麦、体育教師として赴任してきたミーロワースや茶パことマァリン
そして瑠璃の協力で挑むも・・・不調に終わる事に・・・

その一方で・・・

菜波に仮想世界の記憶の残滓が・・・

って事でソレに伴って・・・芹香から恋の応援をしてくれるように
頼まれていたのに・・・その残滓と・・・そして元々持っていた想い
自分達は似てないから・・・実の姉弟じゃないかもしれない・・・
もしそうなら・・・自分は・・・という想いもあって・・・

フラグが準備を始めました!

って感じになってます・・・ええ・・・動き出したかメインヒロイン
ってかもはやヒロインの人数が洒落にならなくなりつつあるもんね・・・
神楽まで最近はお母さん化してるけどヒロイン枠入ってるもんなコレ・・・

最後は・・・校内放送で颯太神楽とともに呼び出しをされて
行ってみたら・・・

七徳院・新”No.0”大名侍 鳴

美森くるみ子と共に現れ・・・天界に支配されているブレードフィールド公国
特使として元王子である颯太に話がある・・・ってところで今回は終了

立ち位置的に敵・・・かも?

って感じもあるけど・・・さて・・・どうなんだろうか・・・
さらっとくるみ子が再会を楽しみにしていた・・・とか言ってたし
美森が相変わらず颯太に対してあざとく喋り方を女の子らしくしようとしたりと
あんまり変わってなかったけど・・・

どこまでシリアスもつかなぁ~

って感想しか生まれなかったあたり・・・仮想世界の各キャラの
あれこれが印象として残りすぎてますからね・・・いや、マジで・・・シリアス息できるかな
さらっと重い話とかぶっこんでくるシリーズだったりするわけだけど・・・
各キャラの個性がその重々しい雰囲気をぶっ飛ばしたりするのも
このシリーズの特色だしねぇ・・・さて・・・どうなるんだろうか・・・

颯太は仮想世界での経験のおかげでだいぶ前向きな性格になっていて
絶望を前に諦めずに希望を目指す・・・って感じだけど
やっぱりそれは主に

自分以外に対して

って感じに発揮される部分が大きい感じもあるんですよね。
そして相変わらず

自分を過小評価する

って部分がある・・・というか自分の存在理由がはっきりしないせいなのかも
しれませんけどね・・・

両親の実の子供じゃないかもしれない

っていう見た目からの違和感をずっと感じていてそれゆえに
他人の子供である自分を育ててくれた両親や姉の菜波に関して
とても深く感謝している・・・って感じで彼らのためなら・・・
そしてこんな自分に優しくしてくれる友人達のためなら

自分がどうなってもいい

って発想にいってしまう部分が・・・まだまだ抜けないあたりが
ちょっと不安な部分もありますね。
そういう性格のせいか・・・自分に近しいものが傷つけられたり
不利益を被ると激しく怒り・・・

その身を、その心を、その運命をもって償ってもらう


と自分が犠牲になれば国が解放されるのではないか・・・と
自己犠牲を発揮しそうになっていた状態から一気に
『天界騎士』への怒りをあらわにして・・・歴戦の戦士で人外の力を持つ
神楽月麦ミーロワースすら怯えさせるような雰囲気をだしたりと・・・

不安定だなこの主人公!?

と・・・不安要素がかなりありますからね・・・彼が世界に弓を引く事はない

世界が彼の大切なものに弓をひかないかぎりは

っていう・・・かつての神楽の会話が伏線になってるわけで
この危うい部分も・・・これからなんとかなっていくといいんだけど・・・
さて・・・どうなっていくのか楽しみなような・・・怖いような・・・そんな感じです。

そろそろバーサーカーさんも登場して欲しいところですが・・・
そこらへんも楽しみにしてようかと・・・やっぱりリアルでも重い女なんだろうか・・・
ってかこっちだと妹属性まで付く訳で・・・なんかさらに怖い部分もあるんですけど

なにはともあれ・・・第二部もここから本番になっていきそうだけど
主人公の存在がある意味で一番謎であり・・・とりまく状況も謎
さらに超常現象やら存在やらも関ってきて・・・まさにカオス状態なのに
学園パートは相変わらず優しい感じで・・・うん、いつも通りだったな。

次回でたちの目的とかがわかれば・・・色々進展するかな?

最後に一文。

菊乃のセリフ

菜波が弟への想いに悩んでいて、とかが弟だから・・・とか
そんなの捨てて想いに素直になればいい・・・って言ったんだけど
それを聞いていた菊乃がとても怒り

姉弟関係は尊い!捨てるなんて持っての外!

と言い・・・さらに好き嫌いについてはこの一言

あ、はい

とさくっと菜波が納得してしまっていたが色々とおかしいのでコレで。

「お姉ちゃんが弟を好きなのは当たり前じゃない!!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
彼女がフラグをおられたら 大丈夫、この体育祭は安全だから、絶対MVPを取れるわよ6 (講談社ラノベ文庫)彼女がフラグをおられたら 
大丈夫、この体育祭は安全だから、
絶対MVPを取れるわよ
(講談社ラノベ文庫)

(2015/04/02)
竹井 10日

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。